FC2ブログ
≪01  2020-02/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03≫
【イベント】月いちフォーラム 山田さん講演
昨日の月いちフォーラム、おかげさまで満席でした。満席を超えて椅子を追加したほどです。
詳細は後日お知らせしますが、写真を一枚アップします。

090611_s_01.jpg

さて次回は、深海研究者の佐藤孝子さんが登場します。今回もクジラの骨の展示はあるのか? 鉄のウロコをもつスケーリーフットは展示されるのか? 深海の映像は見られるのか?
詳細の打ち合わせをこれから詰めていくので、ご希望があるかたはおはやめにご連絡ください。


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

小笠原のイベントを開催しました
『蒼い海も緑の山も、小笠原の魅力を丸ごと! ~現地ガイドが語る、1,000km離れた東京都~』
ゲスト:金子タカシさん
(小笠原・「自然体験ガイドソルマル」ガイド、「このガイドさんに会いたい100人」選定ガイド)


5月20日に東京・渋谷で行なわれた「月いちフォーラム」。小笠原のエコツアーガイド、金子タカシさんにお話をしていただきました。
090520_01.jpg
↑画像の左側にあるのは、金子さんがこの日のためにわざわざ用意してくださったタコの木の実や「ぎょさん」と呼ばれるサンダル、小笠原の塩飴などなど。途中で「カカ」という楽器の演奏もしてくださいました。
詳細はまた後日アップします。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第36回月いちフォーラム『蒼い海も緑の山も、小笠原の魅力を丸ごと! ~現地ガイドが語る、1,000km離れた東京都~』
小笠原のガイドさんを招いてのイベントを開催します。

--------以下転載歓迎-------
エコツアーの現場で活躍する方の経験を通して、エコツアーについて語り合う場として、毎月1回フォーラムを開催しています。日常から開放され、心と体が癒され、地球にやさしい旅を、お茶でも飲みながら一緒に考えてみませんか?
「エコツアーって何?」「まだよく分からない」という方、ぜひご参加ください。

第36回 5月20日(水) 18:30~20:00 (開場18:00)
『蒼い海も緑の山も、小笠原の魅力を丸ごと! ~現地ガイドが語る、1,000km離れた東京都~』
ゲスト:金子タカシさん
(小笠原・「自然体験ガイドソルマル」ガイド、「このガイドさんに会いたい100人」選定ガイド)


PHkao_13-001.jpg

 小笠原諸島のことを知っていますか? 東京の竹芝桟橋から船で約25時間、東洋のガラパゴスと呼ばれる島々です。グリーンペペという、夜になると緑色に光を放つキノコや、綺麗に広がった湾があります。
 ちなみに小笠原はれっきとした東京都。走っている車は品川ナンバー。
 その小笠原でエコツアーガイドをしている金子さんをお招きします。「ガイドさんって何をするの?」「小笠原はテレビでしか見たことないからもっと話をききたい!」というかた、ぜひお越しください。
 南の島らしい陽気なガイドさんの話を堪能してください!
 ★金子さんは日本エコツーリズム協会「このガイドさんに会いたい100人」に選ばれています。

【日時】 5月20日(水)18:30~20:00(開場18:00)
【場 所】モンベルクラブ渋谷店(渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル5F)
【お申込】モンベルクラブ渋谷店 tel:03-5784-4005
【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み)
日本エコツーリズム協会会員特典有
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!





↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : 環境ニュース
ジャンル : ニュース

『パプアニューギニアのサーフィンとサーフィンキッズプログラム』レポート
4月8日に行なわれた第35回月いちフォーラム『パプアニューギニアのサーフィンとサーフィンキッズプログラム』のレポートです。

IMG_4249_20090417163014.jpg

今回の月いちフォーラムは、パプアニューギニアと日本の間で行われている「サーフィン・キッズ・プロジェクト」についてのお話でした。

このプロジェクトがはじまったきっかけは、プロサーファーの吉川共久さん・堀口真平さんが、雑誌の取材でパプアニューギニアを訪れたときに、パプアニューギニアの波の素晴らしさに心奪われたことだそうです。そして、ふたりはこうも思ったそう。「こんなに素晴しい波があるけれど、パプアニューギニアではの人たちはサーフィンを楽しんでいるのだろうか」

そして、サーフボードを持っていき、パプアニューギニアの人々とサーフィンの楽しみを広げているのですが、さらにサーフィンが職になる、ということも彼らに伝えることができたそうです。

政府観光局の山田さんは「寄付したボードに乗った子ども達の笑顔は忘れられない」と語っていました。そんな山田さんの一番好きなパプアニューギニアの景色を聞いてみました。

IMG_4314.jpg
↑質問にこたえる山田さん

「パプアは、行くたびにテストされている気分になるあなたは純粋に国を理解できるのか、って。それに、貧しい国なのにすごいニコニコしているんだ。お金がなくても、食や住に苦労していないし、自給自足ができている。それに助け合いのコミュニティーもすごい。僕はパプアニューギニアの人達の笑顔が、一番好きだよ。」

そして海以外にも、山田さん達が訪れたときもこれでもか、というほど数時間も歓迎会をしてくれたらしいです。
パタカイ村での歓迎で演奏された太鼓は、「もしもしかめよ、かめさんよ」。パプアニューギニアには日本軍が在留していた国でもあり、この歌は昔、日本軍からならったそうです。パプアニューギニアには、昔から何かと日本と縁があるのかもしれません。

ところで、
「サーフィン・キッズ・プロジェクト」にはまだまだ課題があるそうです。

1.自然を守りながら、サーフィンを楽しむことを教える難しさ(手本となる教科書がない)
2.観光を産業として成立させるための知識、経験
3.ローカルコミュニティーの理解


これらの課題を解決し、さらにパプアニューギニアと日本が海を介して、繋がるようにサーファー達に頑張ってもらいたい、そう思えるプロジェクトでした。

IMG_4294.jpg





↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】『パプアニューギニアのサーフィンとサーフィンキッズプログラム』
毎月行なっている「月いちフォーラム」のお知らせです。
---以下転載歓迎---

第35回 4月8日(水) 18:30~20:00 (開場18:00)
『パプアニューギニアのサーフィンとサーフィンキッズプログラム』
ゲスト:パプアニューギニア政府観光局 他


月いち パプア

パプアニューギニア政府観光局は、2008年秋からパプアニューギニアの子供達にサーフボードを贈るプロジェクトをはじめました。
 このプログラムは、サーフィンに絶好の波の立つパプアニューギニアに住みながら、サーフボードがないため、サーフィンをしたことがなかったり、指導者がいないため、素質がありながら自己流のサーフィンで終わってしまっていたりする地元の子供たちに、日本で集めた未使用のサーフボードを届けるものです。
 さらに2009年1月、日本人のプロサーファーが子供たちにサーフィンを教えに行きます。このプログラムの実現により、パプアニューギニアの子供たちにサーフィンの楽しさを伝え、パプアニューギニアのサーフィンを活用した観光ビジネスの発展に寄与し、さらにはパプアニューギニアと日本両国のさらなる親交にも貢献できると考えています。
※当初予定していたプロサーファーの吉川さんと堀口さんは、バリでのサーフィン大会参加のため、ゲスト出演ができなくなってしまいました。お詫びいたします。
当日は、彼らの活動の様子を映像でお送りします。パプアニューギニアに興味がある方の参加も歓迎です!

【パプアニューギニアサーフィン協会】
1988年に現在の会長アンディー・アベルにより設立された。アンディー氏は2005年にパプアニューギニアの政府観光局のボードメンバーに選出されている。同氏のサーフィンへの熱意及びオーストラリアへのサーフィン留学の経験を生かした活動は国内でも高く評価されている。2007年には初のナショナル・サーフィン大会を協会が主催し、成功に導いた。

【パプアニューギニア】
パプアニューギニアは、赤道のすぐ南に位置しており、日本からは直行便を利用すると6時間25分の距離にあります。ニューギニア島は、世界で2番目に大きな島で、その東半分は600の島々からなっています。"南太平洋最後の楽園"と呼ばれるパプアニューギニアには、美しい海と、山々の深い緑、長い歴史の中で受け継がれた伝統の文化が息づいています。
★2008年3月にエコツーカフェに登場し、大好評でした。

【日 時】2009年4月8日(水)18:30~20:00 (開場18:00)
【場 所】モンベルクラブ渋谷店(渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル5F)
【お申込】 日本エコツーリズム協会 tel: 03-5437-3080 e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み)
※日本エコツーリズム協会会員特典有
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!




http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

『北海道からのたより -アイヌ文化に触れる-』レポート
第33回月いちフォーラム
『北海道からのたより -アイヌ文化に触れる-』
2009年1月14日
ゲスト:弓野恵子さん((財)アイヌ文化振興・研究推進機構アドバイザー)

2009年最初の月いちフォーラムは、アイヌ文化について。神謡(しんよう)やアイヌのお話など、そして楽器演奏含め、弓野さんご夫妻にお話していただきました。
IMG_4036.jpg

そもそも、なぜ「月いちフォーラム」でアイヌのお話をしていただこうと思ったのか、ということから。
エコツーリズム、というと、やはり自然の話が主になるんじゃないの? という風に思われている方が多いようです。けれど、人が自然と暮らしてきたその形、人々の営み、そこから生まれた民謡、民話、根付いている文化や神話もすべて囲んで、エコツーリズムという考え方のもとでツアーを行なっているところもあります。
そんななか、ちょっとしたきっかけで、アイヌ文化振興・研究推進機構アドバイザーの派遣制度を知り、今回弓野さんに、アイヌの神話や自然観などをお話していただくことになったのです。

当日は、アイヌの着物をきて現れた弓野さんご夫妻。模様にも意味があり、袖口やすそに刺繍されているトゲのような模様は、「魔物が入ってこないよう、魔よけになっている」のだそうです。

IMG_4029.jpg
触れる展示や楽器演奏などをしていただけたら、というスタッフの希望にお答え頂き、敷物や、楽器の演奏をしていただきました。「ムックリ」や「トンコリ」という、木でできた楽器の演奏とともに、ユカラをうたっていただきました。会場には小学生から大人まで集まっていたのですが、演奏がはじまると、今までとは全く違う雰囲気に包まれ、アイヌの言葉・音を通じて伝わってくる感情を、確かに感じることができました。

弓野さんは、演奏の合間合間に、アイヌの文化や動物達との関わり方について話してくださいました。

「アイヌの人々は、自然の情景や草や木、色々なものを歌にして、敬って生きてきた」
「語り継がれてきた物語の中に、”生きるためにはこうするんだよ”という教訓がある」
「自然をただ大切にするだけではなく、感謝の気持ちを忘れないこと」
「水はとても大切。洗濯などで出た水は、”汚い水をきれいにしてくれるところ”に流す。」
「アイヌは神様だらけ」
「自然と対話して、風の音に耳を傾けて聞く。観察をする。」


今回のお話を聞いて思ったことは、「その文化はそれを育んだ土地で感じるのが一番よい」ということです。
東京でアイヌの音楽を聴くことももちろんよいのですが、北海道の地で、そこの風や土を感じて、そこから発生した音楽を聴くのが一番じゃないだろうか、と改めて感じた一夜でした。

【お客様のアンケートから】
・生で見ることができて感動しました。








↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

『インドネシア ―野蚕からはじまるエコツーリズム』レポート
第34回 2009年2月18日(水)18:30~20:00(開場18:00)
『インドネシア ―野蚕からはじまるエコツーリズム』
ゲスト:黒田正人さん(ロイヤルシルク財団アドバイザー)


★2008年10月のエコツーカフェ「バリ島」で大好評だった、インドネシアで行なわれているエコツーリズムの話の続編です。★

会報40号の「エコツーリズムの現場から」で取り上げたインドネシア・ジョグジャカルタの「黄金の繭」。
今回は、その記事の中でも活動が紹介されていた、ロイヤルシルク財団の黒田正人さんをお招きしました。

会場には黄金の繭そのものと、それから作られた布やお財布などが会場に展示されました。(この繭は、イベント終了後に参加者の方に分けていただきました。ひとつひとつ色が違って、光に透かすととってもきれいでした)

P2180018.jpg

赤道に近いインドネシアに生息している蚕は、強い紫外線から身を守るために、繭そのものがUVカットをしているのだそうです。その繭から紡いだ糸を使った帽子なども、UVカットできるそうです。

最初は、野蚕(やさん)の説明からはじまり、段々と黒田さんご自身の活動の話になりました。
ガルーダ・インドネシア航空と組んで、植林を行い、「あなたが植えた木を見に行きませんか?」というプログラムを作ったりもしているそうです。
「より高価値のものを」
「”もの”の交流から”ひと”の交流へ」
「宿泊施設でも、設備投資による五つ星ではなく、エコに対しての五つ星を」

途中、インドネシアだけでなくモンゴルなどの話も出てきて、「エコツーリズムとは?」「フェアトレードとは何に対してフェアなのか?」などの話題について、黒田さんが見聞きしたことを熱心に語ってくださいました。

P2180001.jpg

単一栽培から多用な樹種の栽培に転換するときに人の手が必要だという箇所で、「人が関わらない限り、持続できない」という最後の言葉が、とても力強く感じられました。

【お客様のアンケートから】

・野蚕の理解がよくできました。





↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

インドネシアのエコツーリズムについてのイベント開催
今週水曜日、18日に渋谷で開催するイベントのお知らせです。

第34回 2009年2月18日(水)18:30~20:00(開場18:00)
『インドネシア ―野蚕からはじまるエコツーリズム』
ゲスト:黒田正人さん(ロイヤルシルク財団アドバイザー)

★2008年10月のエコツーカフェ「バリ島」で大好評だった、インドネシアで行なわれているエコツーリズムの話の続編です。★

インドネシアは世界最大の多島国家、1万7千の島々には地域固有の多くの生物が生息しています。蛾もまたその例外ではありません。 
 しかし、野性の蛾の幼虫(野蚕)の多くは今まで農林業の「害虫」として駆除の対象でした。

 それが1994年、低所得農業従事者の収入向上と環境保全、及び伝統工芸の育成を目的として、『野性の蛾の繭』の活用による地場産業進行育成事業が始まりました。
同時に繭を育てる美しい本来のジャワの森復活に向けて植樹活動を続けながら、自然環境との共生による持続的な社会の構築に向けての活動を進めています。 

その土地にあるものを使い、持続可能な観光形態をつくる・・・黒田さんのお話の中から、今の日本のエコツーリズムにも繋がるものがあるのではないでしょうか。みなさんの参加をお待ちしています。

【黒田さんプロフィール】
1956年東京生まれ。建築家として国内外で設計活動と並行して、インドネシアでの野蚕開発事業での経験を活かした、途上国地方農村域での「農林副産物」「未活用資源」の活用による地場産業進行支援事業を展開。また、「持続的な環境」や「伝統文化の維持活動」と経済活動との両立を目指し活動中。妻はインドネシア共和国ジョグジャカルタ出身。

【日 時】2009年2月18日(水)18:30~20:00 (開場18:00)
【場 所】モンベルクラブ渋谷店(渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル5F)
【お申込】モンベルクラブ渋谷店 tel:03-5784-4005
【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み)
※日本エコツーリズム協会会員特典有
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!


----------------
もう春一番も吹いたこともあり、春の訪れもそこかしこで感じられるようになって来ました。昨日はカメラを抱えて梅の花の写真を撮りに行っていたのですが、いい香りにうっとりです。
ヒヨドリが梅の木にいたので撮ろうとしたのですが、ありがちなことに、カメラを構えたところで飛び立っていってしまいました。
私はヒヨドリを「ヒヨッピー」、ムクドリを「ムッキー」と呼んでいます。トンビは「ピーヒョロロ」。すずめはそのまま「すずめ」と呼んでいますがな。ヒヨッピー、って言うと、なんだかこう・・・かわいげがある感じがするんですよ。
そういえば、この間 自転車でチャリチャリ走っていたら、どこぞの鳥にフンをたらされました('A')コートの上に・・・!!
鳩か・・・? 鳩なのか・・・!? 

動物に愛称をつけて勝手によんでいますが、あとはカモシカは「カミー」ですわ。前に山の中で寒さに震えながらカモシカの定点観測をしていたときに、カミーはどこですかー、とぼそぼそつぶやきながらホッカイロを握り締めていたのもいい思い出。カミーはその後、私が観測していたところとは別地点に子連れで出没しました。
あとツキノワグマは「ツッキー」。これも山を双眼鏡で見渡していたら見つけたことがあるのですが、黒いお耳が最高にかわいかったです。なんだあれ。
その後、NHKのアニメ「おじゃる○」に「ツッキー」という生き物が出てくるのを知りました。
最近ではもうあのアニメを見る回数も減りましたが、たまに観るとなんだか癒されますわ。

アニメ・・・。次シーズンはProduction I.Gの新作が出てくるのでそれは観ます。「東のエデン」というタイトルで羽海野チカさんが制作に関わっているのだそうですよ。






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】北海道からのたより -アイヌ文化に触れる-
第33回 1月14日(水)
『北海道からのたより -アイヌ文化に触れる-』
ゲスト:弓野恵子さん((財)アイヌ文化振興・研究推進機構アドバイザー)
 


kitakitsune.jpg

12月から2ヶ月続けて北海道関係のフォーラムを開催します。アイヌ文化アドバイザーの弓野さんをお招きし、北海道の大地に根付いてきたアイヌの文化を、伝統楽器や口承文芸「カムイユカラ」を通して体感します。

当日の内容
 ・伝統楽器ムックリの演奏
 ・北海道・浦河地方に伝わるウポポ(歌。母のイフンケ(子守唄))
 ・カムイユカラのお話


★弓野さんからのメッセージ★
私達の祖先には、文字がないけれども生きていくうえでの大切な約束ごとなどを、口承伝承という形で残していっていました。そのカムイユカラ(神謡)などを通して、アイヌの文化をお伝えします。

池澤夏樹さんの「静かな大地」が好きな方、アイヌ文化に興味のある方、カムイユカラを生で聴いてみたい方、みなさんの参加をお待ちしています。

【プロフィール】

1948年北海道浦河町生まれ。アイヌ文化の理解・普及のため、小中高校、教育機関などで口承伝承の講演活動を行う。講演の他にも、アイヌ民族楽器「ムックリ」の演奏、アイヌの民謡、子守唄、料理、刺繍の分野でも活動。アイヌ語弁論大会の口承文芸部門で、カムイユカラにて2002、2007年に最優秀賞を受賞。

※1月のフォーラムは、「アイヌ文化活動アドバイザー派遣」を申請し開催します。
くわしくはこちら⇒財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構

【場 所】モンベルクラブ渋谷店(渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル5F)
【お申込】モンベルクラブ渋谷店 tel:03-5784-4005
【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み) ※11月のみ参加費が変わります
※日本エコツーリズム協会会員特典有
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!




↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

月いちフォーラム「霧多布湿原」レポ
第32回 12月10日(水)
『3100ヘクタールの花の湿原-その魅力と保全とまちづくり』
ゲスト: 阪野真人さん(NPO法人 霧多布湿原トラスト


おかげさまで、このブログもみなさんから温かい拍手やご感想を頂いております。ありがとうございます。そして今日もこうやってパチパチとキーボードをタイプすることができます。・・・最近買ったキーボードカバー、なんだか使いにくいんですけどやっぱり汎用タイプの一枚ものだからですかね。

さてさて、先週水曜日に、今年最後となる「月いちフォーラム」が開催されました。ちょうどこの日は「全国エコツーリズム大会in小笠原」とも重なっていました。
今月のスピーカーは、昨年の環境省主催「第3回エコツーリズム大賞」で大賞に輝いた、北海道の霧多布湿原トラストの阪野(ばんの)さんです。阪野さん、実は今までの「月いちフォーラム」のゲストの中で最年少でした。ついに80年代の波がここにも・・・。

PC100016.jpg
が、会場も負けていません。小学生のお客さんから、エコツアーガイドに興味のある学生さん、それに東京在住の霧多布湿原ファンの方など、多くの方に参加していただきました。

まずは、阪野さんの紹介、そして霧多布湿原の紹介からです。会場では冬景色の写真などが上映され、阪野さんが「この中に、ある動物がいます。どこに、なにがいるでしょう?」と質問をなげかけ、分かった方が手を挙げていきました。シマリスや、冬毛になったウサギ・・・北海道の冬の景色を楽しむことができました。
PC100029.jpg
さて、霧多布湿原のある浜中町には、世界最小の哺乳類のひとつである「トウキョウトガリネズミ」(上の画像の中のネズミ)がいます。北海道なのになぜ東京。疑問に思った方はぜひ霧多布湿原センターか、東京・日野市の多摩動物公園へ。説明書きとともにそのネズミくんが飼育されています。

頭胴長約50mm、尾長約30mm、体重約1.5~2gである。(wikipediaより)

↑形態はこんな感じ。素手で触ったら死んでしまうのだそうです。浜辺に植木鉢を埋めて捕獲するのだとか。素手では死んでしまうのに、植木鉢はOKなのはなぜ。

阪野さんは、生息している動物の説明の他に、湿原の歴史や役割、そして一番重要な「湿原を守っていくこと」についてのお話がありました。
湿原を守る、ひとことで言うととても簡単ですが、そこに関わるものごとはとても多く、地元の人、外からやってくる人、この活動を支えている考え・・・などを、堅苦しくなく話していただきました。
「人と自然のいい関係に気付くことは、その自然を好きになることがきっかけにもなる」
「浜中町は少子高齢化が起こっているけれど、それを解決するひとつのツールがエコツーリズムではないかと思う」
「外部からのお客さんを受け入れた漁師さんが、「役に立てて嬉しい。こんなことで喜んでくれるなんて」と感激していた」
いろいろなお話の中で、阪野さんが「壊すの反対、ではなく、残すの賛成、のひとを増やしたい」と話していました。これは、この活動の原点にも近い考え方なのではないでしょうか。
最後にエコツアーガイドの心得として、「ガイドは芸人であれ。コメディアンではなく芸人。笑わせるだけでは駄目なんだと思うのです」と締めくくられました。
エコツアーの効果として、「地域の人と、旅行者の間での『価値観の交換』がある」と話していた阪野さん。北海道の霧多布の地でガイドとして活動している阪野さんに、みなさんも会いに行かれてみてはいかがでしょうか。

PC100041.jpg
漁師さんの網について説明する阪野さん。

PC100007.jpg
恒例の「触れる展示」。何かが来た、何かが・・・・。とぐろを巻いている何かがきましたよ。これは一体なんでしょう?

PC100043.jpg
答えは、「くるくる丸まっていた昆布」。長さ10mもの昆布でした。湿原の恵みたっぷりで、いい出汁がとれるそうです。会場内でほどくと上の写真のようになりました。

【会場で出た質問】
・湿原は歩くとどのくらいの時間がかかるのですか?
⇒2kmくらいの距離を、3時間かけて歩きます。冬になると凍るので、また時間が変わります。
・トウキョウトガリネズミはどこに住んでいるのですか?
⇒海岸線に多く住んでいます。夜行性なんですよ。
・酪農家へのホームステイがあるそうですが、どうやって申込をしたらよいですか?
⇒霧多布湿原トラストに連絡をくれれば大丈夫ですよ。
・阪野さんが自身を持っておすすめするエコツアーはなんですか?
⇒「おいしいエコツアー」です。具体的には漁師さんといっしょにいくものです。秋刀魚とか、いろいろなお魚が味わえます。
・阪野さんは、どういう経緯で霧多布湿原で働くようになったのですか?
⇒友人のすすめで。はじめて行った翌日の、霧多布湿原の朝の景色がとても素晴しかったです。今では霧多布が大好きです。
・一緒に活動しているひとは何人くらいですか?
⇒トラストには8人います。


さて、次回、来年最初の「月いちフォーラム」は2009年1月14日(水)に開催します。
『北海道からのたより -アイヌ文化に触れる-』と題し、弓野恵子さん((財)アイヌ文化振興・研究推進機構アドバイザー) にお越しいただきます。
 
12月から2ヶ月続けて北海道関係のフォーラムを開催します。アイヌ文化アドバイザーの弓野さんをお招きし、北海道の大地に根付いてきたアイヌの文化を、伝統楽器や口承文芸「カムイユカラ」を通して体感します。
詳しくは⇒こちらへ
お申込は、モンベルクラブ渋谷店へ。 tel:03-5784-4005
【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み)
※日本エコツーリズム協会会員特典有
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!




↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析