≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ラオスのエコツーリズム』開催しました
2010年6月9日(水) 18:30~19:30(18:00開場)
第43回 『ラオスのエコツーリズム』
ゲスト: Alexandra Bounxoueiさん(ミュージシャン)


ラオスからの留学生、アレクサンドラさんをお招きして、ラオスの自然や文化など紹介していただきました。

アレクサンドラさんは、「旅行者が地元住民とどうやって友達になろうとするのか」ということに興味があり、会場とのディスカッションの時間も設け、外からやってくる旅行者と地元の住民との交流について意見が交わされました。


【フォーラム】ラオスのエコツーリズム20100609


■開催概要■

【日 時】 6月9日(水) 18:30~19:30 (開場:18:00)
【会 場】モンベルクラブ渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
tel: 03-5784-4005 fax: 03-5784-4006
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851
【参加費】 1000円(資料、飲み物込み)
【主 催】 日本エコツーリズム協会
【協 力】 国際機関日本アセアンセンター ラオス国家観光庁駐日代表事務所 





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

ラオスフェスティバル
最近とみに月日のたつのが速く感じられるのですが、瀬尾まいこ著「幸福な食卓」で主人公の女の子が「高校生の1日は大人の10分なのよ」というようなことを言っていて、「ああ、確かにそうかもー」と思った次第です。セリフの内容はちょっと違うかもしれないけれど、要はそんな感じのことを言っておりました。
気付けばもう5月も末。

20100522_400_01.jpg

先週の土曜日、東京の代々木公園で「ラオスフェスティバル」が開催され、来月の日本エコツーリズム協会主催イベントに登場してくださるアレクサンドラさんもステージに出るというので、協会のスタッフが行ってきました。
アレクサンドラさんは、本当に歌が上手くて、聞きほれたそうです。

ビールラオに直撃! おいしかったそうですよ。 
20100522_400_02.jpg

そしてネクタイ販売もあったようです。
ネクタイ! ネクタイ好きにはたまらんわ。この並びは素敵。
20100522_400_03.jpg

アレクサンドラさんの出演イベントは6月9日(水)、渋谷のモンベルクラブ5F。
くわしくは⇒こちら!




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■イベント『ラオスのエコツーリズム』
2010年6月9日(水) 18:30~19:30(18:00開場)
第43回 『ラオスのエコツーリズム』
ゲスト: Alexandra Bounxoueiさん(ミュージシャン)


東京・渋谷でラオスのエコツーリズムイベントを開催します!

20100609_02.jpg

ラオスの歌姫・アレクサンドラさんをお招きしてイベントを開催します。2002年にデビューし、ラオスでは国民的な人気を誇るアレクサンドラさん。現在、日本の大学でエコツーリズムを研究しています。アレクサンドラさんにラオスの見所や、知られざる一面をお話していただきます。
 特別に会場のみなさんとの意見交換も行う予定です。「ラオスってどんなところか知りたい」「アレクサンドラさんの話を聞きたい」という方、もちろんラオス旅行を考えている方、みなさまの参加をお待ちしています。


20100609_03.jpg

【日 時】 6月9日(水) 18:30~19:30 (開場:18:00)
【会 場】モンベルクラブ渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
tel: 03-5784-4005 fax: 03-5784-4006
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851
【参加費】 1000円(資料、飲み物込み)
【主 催】 日本エコツーリズム協会
【協 力】 国際機関日本アセアンセンター ラオス国家観光庁駐日代表事務所 
【お問合せ・お申込】日本エコツーリズム協会
tel: 03-5437-3080 fax: 03-5437-3081 e-mail: ecojapan@alles.or.jp

※当日申込も可能です。お気軽にお越しください!


20100609_04.jpg




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

月いちフォーラム番外編『オーストラリアセミナー』
2010年5月19日(水) 18:30~19:30(18:00開場)
月いちフォーラム番外編『オーストラリアセミナー』
ゲスト: 小林寛子さん(プロマークジャパン代表)


★オーストラリアの写真展とともに、オーストラリア情報満載のフォーラムを開催します★
(今回はクラブオーストラリアとの共催です)
201005019オーストラリアセミナー
(写真提供:キングフィッシャーベイリゾート)


今回は、日本エコツーリズム協会とクラブオーストラリアとの共催で、「月いちフォーラム番外編」を開催します。
クラブオーストラリアはオーストラリアが好きな人が集まって作ったファンクラブ。
オーストラリアの自然の魅力を堪能できるエコツアーについてもっと知っていただくために、フォーラムの開催となりました。

今回は世界で一番大きな砂の島、1992年に世界遺産に登録されたフレーザー島の魅力についてご紹介します。オーストラリアに行こうと計画されている方、またオーストラリアのエコツアーをもっと知りたいという方にお勧めです。Q&Aの時間もありますので、旅行を考えていらっしゃる方はぜひこの機会にお越しください!

※フォーラム終了後に懇親会を開催します。(希望者のみ、別途参加費が必要)懇親会に参加をご希望の方は予約時にお知らせください。

【日 時】 5月19日(水) ※第3水曜日開催
18:30~19:30 (開場:18:00)
【会 場】モンベルクラブ渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
tel: 03-5784-4005 fax: 03-5784-4006
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851
【フォーラム参加費】 1000円 
(懇親会の参加は、クラブオーストラリア会員は無料、非会員は+1000円で同時入会、参加できます。)
【協 賛】 オーストラリア・クイーンズランド州観光公社

★写真展同時開催:5月18日~21日までの4日間 
同会場にて、フレーザー島のエコリゾート、キングフィッシャーベイリゾートのレンジャーで写真家のピーター・マイヤーのフレーザー島の写真展も開催いたしますので、あわせてご覧ください。

【共 催】 クラブオーストラリア www.clubaustralia.jp

201005019オーストラリアセミナー
(写真提供:キングフィッシャーベイリゾート)











★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

11月の月いちフォーラム終了しました
今週水曜日に「月いちフォーラム」を開催しました。

11月11日(水) 18:30~20:00(18:00開場)
『「太郎流」エコツアーの歩き方』
ゲスト: 木村太郎さん(株式会社EGGS代表取締役)


今までにも「月いちフォーラム」や「エコツーカフェ」に登場してくださっていた木村さんのお話です。
今回は、日本各地のガイドさんをスカイプでつなぎ、各地の様子や会場の皆さんからの質問に答えてもらう、という初の試みを行ないました。このイベントへは、雨にもかかわらず、30名以上の方が参加してくださいました。


なにせ初めての試みのため、準備をきちんと行ないます。

091111_01.jpg
↑マイクのテストをする木村太郎さん(奥)と、ODSS(アウトドアサポートシステム)のみねさん。


091111_02.jpg
↑木村さんは手話を使ったバリアフリーのエコツアーにも取組んでいます。当日会場にはろうの方もいらっしゃったので、木村さんはしゃべりながら手話もしていました。


091111_03.jpg
↑上高地、鹿児島のガイドさんとスカイプを通じて話をしました。

【参加者のアンケートから】
・素晴しい会をありがとうございました。







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

月いちフォーラム 桑田さんレポート
★今週水曜日に開催した「月いちフォーラム」の様子をお知らせします

10月14日 18:30~20:00(開場18:00)
『エンターテイメントとしてのエコツアー完成を目指して』 
ゲスト: 桑田慎也さん(株式会社ピッキオ


091014_02.jpg

長野県の軽井沢でエコツアーを行なっているピッキオの桑田さんをお招きしました。
「参加者のみなさんに触ってもらいたくて」と、クマの毛皮や、クマのうんちから出てきた種子などを見せていただきました。

091014_01.jpg
(「スポット」という名のクマ。桑田さんにとっても、とても思い入れのあるクマだったそうです)

 「エンターテイメントとしてのエコツアー完成を目指して」というタイトルどおり、「楽しみながら、生き物にふれていく」という姿勢に高いプロ意識を感じました。
 ピッキオでは調査も行なっていて、カエルに発信機を付けたら、あるとき送信元が「空から」になっているときがあり、なぜだと調べたところ、カエルがフクロウに食べられたたことが原因だったとわかったそうです。ただ、そこは「エンターテイメント」を掲げている桑田さん率いるピッキオ、そのカエルのエピソードを映画にしてしまったのだそうです。ちなみにその発信機をつけていたカエルの名前はアベル。
他にも、女王バチに「エリザベス」や「篤姫」と名づけ観測を行なったり、話を聴いているだけでも、とても楽しそうでした。でも一番光っていたのは桑田さん。いろいろなお話を、目をきらきらと輝かせながら、「みなさん、どう思われます?」とクイズ形式にしてお客様と一体になりながらイベントを盛り上げてくれました。
冬の軽井沢も、いろいろな楽しみ方があるそうです。これからの季節、長野の自然を素敵なガイドさんと楽しむのもいいですね。


【参加者の方から】
・ガイドとして、また経営の面からのお話が聴けて、大変勉強になりました。
・プログラムの開発手法について、もっと具体的にききたかったです。
・ピッキオのツアーに参加したことがあります。内容の説明もエンターテイメント性があり、わかりやすかったです。
・惹き付けられる話だった。ピッキオはいつも通っているけれど、ツアーには参加したことがなかったので、少し興味をもった。
・軽井沢に行ってみたくなりました! ありがとうございました・
・本日はありがとうございました。是非ツアーにも参加させていただきたいと思います。
・桑田さんのキラキラの目にひき込まれました。楽しかったです。





★2009年10月17日に東京大学で「第1回全国エコツーリズム学生シンポジウム」を開催します!!
詳しくはこちら↓
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2009/07/2009.html

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

月いちフォーラム『海の底に触れてみよう』レポート
2009年7月8日
第37回月いちフォーラム『海の底の世界に触れてみよう』
ゲスト:佐藤孝子さん(独立行政法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC))


最近、かぐやのニュースもあり、何かと話題の宇宙、そして宇宙旅行。でも逆に地球の海の深い部分、深海についてはあまり知られていないのでは?
(知識として知られていない、というよりも、深海を研究しているひとたちのことがあまり出ていないのかもね、ということです)
そんななか、海洋研究開発機構という国の機関で深海のことを調べつつ、「いつか深海旅行を」と画策(?)している佐藤孝子さんをお招きしました。

090708_01.jpg
↑深海の生き物をかわいらしいイラストにして説明する佐藤さん。

 今回のお話の中で、お客さんの心をつかんだのはチョウチンアンコウの話。深海にすむチョウチンアンコウは、メスがとっても大きくて、3回りくらい小さいオスは、深い海の中でメスに出会うと、「このひと(さかな)しかいない!」とばかりに、そのメスのおなかに噛み付いてくっついてしまい、その後どこへ行くにも一緒で、ついには血管まで繋がってしまうんだそうです。すべては、めったに出会えないメスともうはぐれないがために。
 佐藤さんいわく、「共生」なのだそうですが、どうみてもヒモです。栄養補給もメス由来ときたらそれはもうその表現になってしまいます。
 深海の生き物って、かたちだけでなくその生態も深海に適応するために、陸上の生物である人間からは想像もつかない機能をもっているんですね。これは・・・みてみたいかも・・・。

wikipediaより
体格上の性的二形が顕著で、雄は雌の3分の1~13分の1程度の大きさしかない。このように雌と比較して極端に小さい雄を矮雄(わいゆう)と呼ぶ。ミツクリエナガチョウチンアンコウ科など少なくとも4科の雄は、雌に寄生して生活することが知られている。これらの寄生性の雄は種特異的なフェロモンを介して雌を発見し、腹部に噛み付いて一体化する。雄の体には雌の血管が伸びて栄養供給を完全に依存するようになり、生殖以外の機能は退化する。



090708_10.jpg
↑会場に並べられた深海生物の標本。

 「深海ならでは」のお話が続いた後、最後のほうで佐藤さんが取り上げた話題が「深海ならではのゴミ問題」。映像を見せていただいたのですが、海の底、深海なので、もうとっても暗いのですが、そこにはビニール袋が流れ着いて溜まってしまっている場所がありました。黒や濃い緑の景色の中、浮かび上がる白い物体。これを実際に深海で目にしたらどんな気分になるのでしょう。

 佐藤さんが研究者の視点として説明してくれました。「微生物によって分解される生分解性プラスチックというものがあるのですが、あれは『陸上ならば』分解ができるんですね。でも海の中ではまったく違う生態系が出来上がっています。微生物も違う。私は、これからは深海と陸上、両方の事を考えた生分解性プラスチックが必要だと考えています。深海エコマークというものがあってもいいのではないでしょうか」

 いろいろな風景や生き物を擁する深海。地球そのものを感じられる場所でもありますが、今回のお話と映像で、深海に潜んでいる様々なものごとにもっと興味がわきました。いつか見てみたい風景ですが、でもその前にやることはたくさんありそうです。

 質問の時間で、お客様が、「もう、質問がありすぎて、どこからきいていいのか・・・」とちょっと困りながら、ども楽しそうに質問してくださったときの笑顔が、主催者側にとってとても嬉しかったです。
今回は、会場のモンベルクラブさんのご協力により、ちょっと終了時間に余裕ができたので、会場に用意された深海生物の標本や写真をみんなで囲み、佐藤さんに直接質問をしてもらうことができました。
 しかも、これまた佐藤さんとJAMSTECの厚い(そして熱い)ご好意で、普段だったらあまり手に取るのは控えているようなものまでも、「私の目の届くところなら」とびんを持ち上げてまじまじと見ることが出来ました。
 また、もっと深海を知ってもらおうと、佐藤さんが行なっている、絵本の読み聞かせのお話もありました。

佐藤さんによる絵本、「くじら号のちきゅう大ぼうけん」⇒詳細

【会場から出た質問】
・なぜ深海エコツアーをやろうと思ったのですか?
⇒この「月いちフォーラム」で2007年に講演をしたときに、旅行会社の方がいらっしゃり、「これ、エコツアーになりますよ」とアドバイスをいただいたことがきっかけです。

・しんかい6500は、どのくらいもぐっているのですか?
⇒20年間でおよそ1000ダイブです。

・しんかい6500ってどういう造りになっているのですか?
⇒水圧があるので、ひとが乗るところはチタン製の直径2メートルの真球です。定員は3名で、2名がパイロットです。最近、女性のパイロットが加わりました。
あと、深海での調査時間はおよそ3時間なんですが、半径5mのところしか調べられないので、逆に言うと深海のことってほとんどのことがわかっていないんです。

いつも楽しいお話をきかせてくれる佐藤さん。みなさんも、この夏、深海についても興味を持ってくれると嬉しいです。
独立行政法人 海洋研究開発機構HP

では、当日の様子を画像でお伝えします。
090708_09.jpg
↑カニ。カニ。カニ。と、あとはエビみたいなもの。

090708_02.jpg
↑エビみたいなもののアップ。

090708_03.jpg
↑カニアップ。

090708_05.jpg
↑水圧で小さくなったカップラーメンのカップ。

090708_04.jpg
↑もともとのものと比べてみるとこんな感じ。

090708_06.jpg
↑非売品の写真集。あまりの写真の綺麗さにお客さんから「ほしいんですが、売ってないんですか?」と懇願の声も。
私もこれは自分用、プレゼント用、保管用に欲しいです・・・。


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■海の研究者とのトークイベント『海の底の世界に触れてみよう』
エコツアーの現場で活躍する方の経験を通して、エコツアーについて語り合う場として、毎月1回フォーラムを渋谷で開催しています。
今回は、深海を研究している方をゲストに招き、海の底で起きている意外なゴミ問題などについて語っていただきます。

■第38回月いちフォーラム
『海の底の世界に触れてみよう』
ゲスト:佐藤孝子さん (独立行政法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC))
日時: 7月8日(水) 18:30~20:00 (開場18:00)

090708.jpg
(↑潜水調査船「しんかい6500」と佐藤さん)

 地球上の海面面積のうち、約80%を占める深海。大きなイカや鉄のウロコをもつ生き物などが棲んでいます。
 でも水圧が高いためその探査は難しく、深海には未知のことがいっぱいです。
 たとえば、生物に分解される『生分解性プラスチック』。陸上では分解されていきますが、海の中ではいったいどうなっているのでしょう?
 深海の調査を行なっている佐藤さんに、わかりやすく海の中の世界についてお話していただきます。
 触れる展示物も多数用意していますので、お子様から一般の方までお気軽にお越しください。

【日 時】 7月8日(水)18:30~20:00(開場18:00)
【場 所】 モンベルクラブ渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
tel: 03-5784-4005 fax: 03-5784-4006
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851
【お申込】モンベルクラブ渋谷店 tel:03-5784-4005
あるいは日本エコツーリズム協会 tel:03-5437-3080
【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み)
当日申し込み・参加も可能です。
【お問合せ】日本エコツーリズム協会
Tel: 03-5437-3080 e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【詳 細】http://www.ecotourism.gr.jp/event/forumnt/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

藤井慶輔さんの出演イベント
この間の日曜日に、NHK BS-1「ファーストジャパニーズ」で、オーストラリアのエコツーリズムガイド藤井慶輔さんが紹介されたせいか、このブログにも藤井さんの名前で検索してきてくださる方が増えました。ありがとうございます。
その藤井さんが9月に一時帰国されるので、それにあわせて藤井さん出演のイベントを開催する予定です。決定しているのは、9月9日の渋谷でのイベントと、9月24日の恵比寿での2つのイベントですが、もしかしたら増えるかもしれません。

-------
第39回 月いちフォーラム
9月9日(水) 18:30~20:00(開場18:00)
『ゴールドコースト・オーストラリア 世界遺産-エコ-マス=○○○』
ゲスト: 藤井慶輔さん(クレストツアーズ所属 エコツーリズム・オーストラリア協会認定エコツーリズムガイドおよび査定官)

0909fujii.jpg

世界遺産を考え、エコを考え、マスを考え、ゴンドワナの森を考え、どのようなコンセプトでツアーを創っているかを紹介。そしてオーストラリアのエコガイド認定制度について紹介します。
また会場内で体験エコツアーを行なう予定です。

【日 時】 9月9日(水)18:30~20:00(開場18:00)
【場 所】 モンベルクラブ渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
tel: 03-5784-4005 fax: 03-5784-4006
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851
【お申込】モンベルクラブ渋谷店 tel:03-5784-4005
あるいは日本エコツーリズム協会 tel:03-5437-3080【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み)
※当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!
【お問合せ】日本エコツーリズム協会
Tel: 03-5437-3080 e-mail: ecojapan@alles.or.jp

--------
これともうひとつ、JR恵比寿駅そばのカフェを貸しきってイベントを行います。
第36回エコツーカフェ
・9月24日(木) 18:30~20:00 
『世界自然遺産ゴンドワナ多雨林地域のGreat walk』
 
オーストラリアで活動しているガイドさんをお招きして、太古の森が残るゴールドコーストのゴンドワナ多雨林地域の自然についてお話を伺います。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

『観光カリスマが考えるエコツーリズムと地域振興』レポ
第37回 月いちフォーラム
『観光カリスマが考えるエコツーリズムと地域振興』
山田桂一郎さん(JTIC.SWISS代表)


今回で「月いちフォーラム」には3回目の登場となる山田さん。なぜ3回も? と思われるかもしれませんが、それほどまでにお客様からの「もう一度山田さんの話を!」という声が多いためです。

今回の参加者は最終的に50名。文字通り「ぎっしり」並べられた椅子が埋まりました。
090611_02.jpg

目標は日本の国民生活満足度指数(Life Satisfaction)を世界1位にすること。

こう最初から言い切る山田さん。
そんな山田さんの話を聞きにこられた皆様に、以下の質問をしてみました。当てはまるものに手を挙げていただいたのですが、↓このような数になりました。

1)山田さんの話を既に聞いたことがある: 3割
2)エコツーリズムという言葉をきいたことがある: 9割
3)エコツーリズムを、「ちゃんと理解している」と自信を持っていえる: 0


3番目の質問には、お客様からも苦笑いがもれ、とても困りながら、でも手を挙げようかどうか迷っているかたもいらっしゃいました。そこで山田さんから、「では、みなさんで一緒に考えていきましょう!」という言葉が。

・本当に優れた観光、集客交流地域とは? 人気があればよいのか?
⇒知名度を上げることと認知度を上げることは全く違います。
・たくさんの人がくればよい?
⇒日帰り旅行で雑踏を歩いた、という思い出だけではどうですか?
・観光、商業、事業者だけが儲かればよい?
⇒地域内での大きなマネーフローの仕組みを持つためにも他産業との連携は必要。地域内利潤を高めることが最重要。そうでなければ、個々の利益も上がらない。
観光資源はただ消費するだけではなく、利活用と保全を!!



090611_01.jpg

会場とのやり取りを大事にする山田さん。ご自身の体験を踏まえ、お客様へ質問をされていました。

僕は鳥取県西部(特に大山・皆生)の観光にも関わっているのですが、この中で境港市に行かれた方いらっしゃいますか?
 (ひとり手があがる)
何か買われましたか?
 (海産物を買いました、という答え)
あなたは境港市ではまれなとってもいいお客さんでしたね(笑)。
旅行先でものを買って頂けるのは「地域にとって有難い良いお客様」なんです。年間約170万人まで観光客が増えているのに、境港市の地元小売・商業動向は右肩下がり。境港市のゲゲゲの水木しげるロードと境港の海産物は全く無関係で、観光的に相互が結びついていないので経済的な相乗効果がありません。
あのPRポスターでも、鬼太郎やいったんもめんが海鮮丼を持っていてくれればよかったのに!! 地域内で一致団結した全体的な動きになっていないのが残念! それ以上に残念なのが、多くの地元関係者が入込数増加だけを喜んでいること。地域内のビジネス的成果がほとんど無く、地域の本質的な魅力も蔑ろにされている・・・。これでは地域は良くはならない。


さらに山田さんの話は続きます。そこにも、エコツーリズムへの思いが感じられます。

その地域の本当の豊かさとは? 市場経済的、金銭的な豊かさではなく、心の豊かさを感じられる地域の魅力や宝がとても大事。そして、地元住民がその大切さに気付き、自らが保全(維持管理)を行いながら、地域の観光素材としても大切に活用されなければならないのです。

・観光、旅は「異日常」の生活体験が基本。自然の真只中やレジャー施設の中などの「非日常」だけではなく、普段の日常とは異なる他の地域のライフスタイルや生活文化の豊かさを感じることが出来なければその地域まで行く必要性がない。エコツアーは「異日常」と「非日常」の双方のフィールドで行われる商品であり、地域ならではの魅力を最大限に発揮することが出来る商品である。また、エコツアーそのものへの顧客の顕実化した欲求だけではなく、お客様の潜在的欲求まで満たすことが可能な商品である。



「戦略なき戦術では必ず失敗する」と力説する山田さん。「地域の目指すべきゴール(目的)と目標(長中短期別に)を決めることが重要なのです」という言葉に、今回のテーマである「地域振興」の基盤が感じられました。

【JESインターンの感想】
どうやったらその町に自信を持って、観光開発に取組めるのか? 方法としてどういったものがあるのか? を知りたいと思います。
個人的には、山田さんが使われていた、感じる幸せ、幸せを感じるという意味の「感幸(かんこう)」という言葉が好きです。

【今回のキーワード】
・地域振興
・リアリティ
・地元についての誇り
・サービス業のいいところは、雇用が確保できているところ。外からのお金が確保できる。
・地域のこと、環境のことを考える

【参加者からのコメント】
・単なるエコツアーに限らず、如何にすれば地域振興ができるか、目的・方法よりも、理念・理想が大切であることを認識できた。ありがとうございました。
・自己実現=幸せ度の向上を追及して行きたいと思った。今回の話は、どの仕事/職業に通じる理念と思います。
・(一緒に参加した)妻の満足度が高くて大成功です。ありがとうございました。
・観光について、濃い内容のお話で面白かったです。是非また今度はスイス・ツェルマットのお話を聞きたいと思います。
・できれば山田氏の講演要旨を協会HPにて掲載してほしい。
⇒レポートという形ですが、掲載しています。
2006年8月9日『マッターホルンの麓から -スイス・ツェルマットのエコツーリズム』
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2006/08/post-56.html
2008年7月11日『スイスにみる観光の本質 ~エコツーリズム、地域とのつながり~』
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2008/07/post-4.html
・飲み物は最初にあったほうがよい。講演時間をもっと長くして欲しい。
⇒事務局より:お飲み物を配る際に不手際があったようで失礼いたしました。いただいたご意見を今後に活かしていきたいと思います。講演時間につきましては、今の時間を動かすことは難しいです。ご不便をおかけいたしますが、どうぞご理解いただけますよう、お願い申し上げます。







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。