FC2ブログ
≪03  2021-04/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05≫
全国エコツーリズム大会inびわ湖高島 【レポ2日目】
全国エコツーリズム大会inびわ湖高島 2日目のレポートです。

私にとってのメインの日です。
なぜなら、各地域で開催されるエコツアーに参加できる日なんですよ。私は今回、福井よりの地域、「朽木(くつき)」というところで行なわれる山のツアーに参加しました。

参加コース: Cコース 奥山に生きる「猟師の味」
いったんホテルに集合し、そこから各コースに分かれます。とてもいいお天気で、琵琶湖がきらきら輝いていました。
P2060072.jpg

バスの中には、参加者15名程度が乗り、スタッフの方が今日のコースの説明をします。
自分でつくった「かんじき」で雪原を歩き、あとは猟師の方の話を聞きながら鹿肉を食べます。しかにく。NIKU!! そして温泉!!
私がこのコースを選んだ理由はまさに鹿肉と温泉でしたからね。狩猟免許をかつて持っていたのですが、実際に猟をしたことがない私。猟師さん!! ということで、今日のコースを楽しみたいと思います。
P2060071.jpg
高島森林体験学校の坂井田さん。今日のコースで話をしてくれる方の紹介や、コース内容が変更になったことを説明します。
だんだん眠気に誘われる参加者。坂井田さんの「到着までしばらくお休みください」という言葉に眠りこむ方も。

Cコースメンバーが到着したのは森林公園くつきの森「やまね館」。
森の中にたたずむ施設です。まわりは雪景色。寒い・・・。寒すぎて建物の外観を撮るのを忘れました。
寒さに震えながら建物内に入り、入り口にある火鉢に感動しながら荷物を置き、広間に行くと、こんなものが並べられていました。
P2060073.jpg
人数分の袋と木枠。袋の中には紐がくるくるまきになったものが入っています。あとは針金。
今から「かんじき」を作るのですよ。体験プログラムのひとつ。
参加者でかんじきを実際に作ったことがあるひとは皆無の模様。というか、かんじきを実際の生活で使ったことはないよ? 少なくとも私はない。静岡の海側って雪が降らんでね。製茶はしたことがあってもかんじきをはいたことがないのです。
スタッフの方の手を借りて、もくもくと説明をききながら木枠にロープをまきつけていきます。完成形をみてもさっぱり意味がわからない。一体何がどうなっているのか。「これを考えた人、頭良すぎだろう・・」と思いながらもくもくと、ひたすらもくもくと手を動かす。
P2060080.jpg
けれども、実際にかんじきを使ったことがない私は、要所要所でスタッフの方の手をかり、結果的に私のかんじきは1/3くらいを人の手をかりて作りました。楽しかったけどね! 
「かんじきの枝は夏の間に集めるんです。「冬のことは夏に、夏のことは冬に」という言葉があるんですよ」
「かんじきづくりは、かつてはとても大事な仕事でした。」
スタッフの方の話を聞きながら、ようやく片方だけ作り上げました。

いいかげん集中力も切れ掛かった頃、ついにお昼ご飯の時間です。
おいしいごはんに「せんば汁」という、鯖入りのおつゆ。そして漬物と煮物がでました。
P2060085.jpg

午前はここまで。午後の雪原歩きはまた後日。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手をおねがいします。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

全国エコツーリズム大会inびわ湖高島終了!【レポ1日目】
西より帰還しましたよ ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 

全国エコツーリズムinびわ湖高島」に参加してきました。寒かったけど楽しかったですよ!!
そして「ブログみてますよ」と声をかけてもらったことに驚きました。声をかけてもらったことに、ではなく、ブログを見ていてくれるひとが、大会に参加している!これは・・・!ある意味 未知との遭遇(違)。

ということで、早朝東京駅に行き、ひっさびさの新幹線に乗って、まずは京都へ向かいます。その後、滋賀県高島市、安曇川(あどがわ)駅を目指します。大体東京から新幹線で3時間半くらいです。
P2050025.jpg

安曇川駅には、すでに送迎バスのプラカードも用意され、そのまま高島市内の朽木(くつき)というところにある会場へ。朽木、というのは、「朽ちるほど木がたくさんある」という由来があるのだそうです。
P2050027.jpg

迎えてくれる高島市の人が口をそろえて「今年は雪が少ない」と。2日目のエコツアーには、雪を楽しむプログラムもあるのだそうですが、雪が少ないため若干の変更があった模様。
いそいそと会場でブース設置をはじめ、一通り終わったところで食事。お弁当がおいしかったです。ウェルカムぜんざい、ということで、トチモチのぜんざいをいただきました。

ご飯を食べ終わってブースに戻ると、一般のお客様がたくさん! JESのブース人気! 持ってきたかいがありましたよ。(実際は送ったんだけど) 高島特集と、海東市長のインタビュー掲載号の会報が特に人気でした。この会報がきっかけで、色々な方とお話もできました。
P2050036.jpg
ブース設置に関しては、大阪芸術大学の学生スタッフさんにお世話になりました。ありがとうございました。JES理事の下休場先生のところの学生さんだそうです。
ところで、食の暦カレンダーというものを資料でもらったのですが、これの作成には、京都嵯峨芸術大学の学生さんが関わっていたそう。柿の写真や唐辛子の写真など、高島の風景を撮った写真に心和みました。彼らは、JES理事の真板先生の学生でした。

そんなこんなで、開会式、基調講演、パネルディスカッションがはじまりました。
P2050039.jpg
会場は満員。後ろには、テレビ局や新聞社の方もいました。
高島で活動している団体紹介のブースもあり、くるくるまわっていました。そしたらですね、ニゴロブナが実際にいたのですよ。水槽持込ニゴロブナ。写真をとってきたんですが、違うカメラなので掲載が今できませぬ。

無事にシンポジウムが終わり、会場を今津サンブリッジホテルに移して交流会です。交流会。つまりはごはんですね。食事ですね。今回の大会のテーマはなんといっても「食」と「ひと」。
P2050049.jpg
画像が揺れているのは、要は撮影した人間とカメラの相性が悪いからです。気にしないでください。
この料理は焼き鯖そうめん。鯖の脂身がそうめんに絡み、一番のお気に入りになりました。

P2050056.jpg
会場の真ん中に料理の島があり、好きな料理を試すことができます。
同じテーブルになったひとと、「どこから参加されたのですか?」「どの料理がおすすめ?」と、料理やお酒を話題のきっかけに話が弾みました。
私は裏磐梯の方や能登の方、宮津の方と話をしていましたが、会場をくるくる回っていると、あらやだ知った顔が結構いるわ。昨年11月の、京都町屋エコツーカフェの参加者の顔も。みんなごはんを食べて満足そうです。
私も料理を堪能しましたが、もともと語彙が少ないため、感想が「おいしい」「超おいしい」「うま」「まじうま」「ばかうま(静岡弁)」ばかりになりました。ようやく搾り出したセリフは「ガッツのあるお酒です」。深いとか重いとか、そういうことですよ。

P2050061.jpg
鯖ずしがおいしくてねぇ。あと、魚の天ぷらを抹茶塩で食べたのもおいしかったです。熱かったけど。あとはデザートでアドベリーという果物のムースがでました。

P2050062.jpg
地元の太鼓隊も登場。お腹に響く音でした。

1日目はこんな感じで終わりました。夜、少し雨がふりましたが翌日は快晴。いよいよ各地域に分かれてのエコツアーに参加です。

レポはまた別記事で。ひとまずここまで。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。



テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

全国エコツーリズム大会inびわ湖 高島開催迫る
いよいよ今週木曜日から、全国エコツーリズム大会inびわ湖 高島が開催されます。
いままで1年かけて、地元の方が作り上げてきた成果が発表される場です。
JES事務局からもスタッフが数名同行しますので、開催終了後に大会の様子がアップできればと思います。

----------------
先日、JESがお世話になっている方から電話があり、「10周年誌作成おつかれさま。がんばっているみたいだね」と、とても嬉しい励ましをいただきました。普段なかなかお目にかかれない方からだったので、とても嬉しく、ありがたかったです。その言葉を励みに、「いいものを作ろう!」と今日も校正に励んでいます。
・・・でもちっちゃい字たくさんあると、それだけでくらくらするんですよ・・・。

前にもお伝えしたように、「データ編」「いままでのエコツーリズム」「これからのエコツーリズム」の3部校正なのですが、データ編をみていると、日本でのエコツーリズムの広がり具合の片鱗がみえます。環境省の「エコツアー総覧」や、日本エコツーリズム協会が毎年調査している「エコツーリズムに関する消費者ニーズ調査」などの数字にも、それは表れています。

最近、「エコツーリズムは広がっている」「エコツーリズムは全然広がっていない」という、両方の意見を頂くことがあります。みなさんそれぞれの立場からおっしゃっているので、今回出るこの10周年誌、その中の「数字で見るエコツーリズム」が少しでもそのなかで役に立つことがあれば嬉しいです。作っている甲斐があるってものです。

そういえば、まったく話が変わるのですが、昨年、とある学生さんチームの調査を受け入れ、その報告書が本日届きました。
「NPOにおけるモチベーション研究」というテーマなのですが、今まで学生さんからは、エコツーリズムについての調査依頼を受けたことは多々あれども、このテーマで受けたことはありませんでした。
せっかくの機会だし、ほかのNPOはどうなのか知りたいですよね、ということで、報告書提出を条件に受け入れたのが、昨年の秋頃です。
読んでみた感想ですか? これがですね、面白いんですよ。前述したように、このテーマで調査を受けたことが初めてだったこと、つまりJESが今までにない切り口で報告書に登場しているのです。
確かに、調査を受け入れたときは、学生さんが(当然ですが)不慣れなため、「どういった形で書かれるのだろう?」とはちょっと不安になりつつ受けていたのですが、こういった報告書を提出してもらえると、受け入れてよかったと思います。

ありがたいことに、最近はエコツーリズムを学べる大学も増えてきています。ECO―TOPプログラムのインターンも受け入れもJESは行なっていますし、これからもエコツーリズム、NPO,旅行、観光、自然、色々な切り口で学生さんは調査を行なっていくんだろうと思います。
ただ、調査を行う際、「どこでこの団体のことを知ったのか」「どうしてこの団体を選んだのか」「何を調べたいのか」「そもそも、どういったところが疑問なのか」などのことを、予め具体的に示してもらえると、受け入れ側もOKを出しやすいのではないでしょうか。
「NPOならどこでもいい」「卒論の締め切りが近いので、とりあえずどこかを調べたい」というような方は、少なくともJESでは受け入れを断ることがあります。
※それ以外でも、その時期はそこまで時間がとれなくて、ということで残念ながらお断りすることもあることをご了承ください。

どちらにしろ、今回のこの調査は受け入れてよかったと思います。学生さんも誠実でしたし。
そういえば、話が二転三転しますが。
「JESはインターンを募集しないのか」と問合せをもらうことがあります。
もし募集をすることになったら、改めてお知らせを出すので、こまめにサイトをチェックしてみてくださいね。












↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーリズム大会 びわ湖高島【要確認】
2月5、6、7日に滋賀県高島市で行われる「全国エコツーリズム大会inびわ湖高島」のお知らせです。
詳細⇒特設ページ

申込日が過ぎてしまった、どうしよう、という方が意外にいらっしゃったため、大会参加の締め切り日が延長されました。
1月30日(金)が締め切りです。みなさまの参加をお待ちしています。

ごはん、温泉、雪をまるごと楽しめますよ。ぜひぜひお越しくださいませ。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

全国エコツーリズム大会 東京大会
来月にはいよいよ「全国エコツーリズム大会inびわ湖 高島」が開催されます。
「面白そうだけど、まだ行くかどうか迷っている」という方。琵琶湖畔のお酒や鮒寿司、竹釜ごはん、鹿肉料理などなど、高島でしか味わえないものがたくさんありますよ。ぜひぜひ来てみて下さい。地元の女性達が1年がかりで作成したという「食の暦カレンダー」もあるそうです。
「かばた」という、小川を自宅の台所に引き込みスイカをひやしたりするところもあります。ホームステイもできますので、詳しいことが知りたい方はサイトをご覧ください。詳細はこちら

さて、高島に続いては、3月に東京で「日本エコツーリズム協会設立10周年記念大会」が開催されます。今年度、4回にわたって開催されてきた全国大会の集大成です。

今回は、事務局担当の方に大会について説明してもらいました。
JES: 今回の大会は、何をテーマにしているのですか?

担当Tさん: エコツーリズムの新たな役割と展望をさぐる、と題し、これまでのエコツーリズムの10年、それにこれからの10年をさぐっていきます。


JES: 開催までの背景を教えてください。

全国エコツーリズム大会は、エコツーリズムを推進している日本各地にて毎年場所を移しながら開催してきました。全国大会の東京での開催は初めてです。

昨今、地球温暖化をはじめとする環境問題がクローズアップされる中、生活必需品に始まり、日常使用の家電製品、自動車、移動手段に至るまでエコロジーを意識、推進していくことが時代の要請となってきました。ツーリズムの世界においては、環境になるべく負荷をかけず、資源を守りながら観光を振興することが90年代初頭から意識されるようになり、その結果、時代を先駆けるように、1998年にエコツーリズム推進協議会(現・NPO法人日本エコツーリズム協会・JES)が発足しました。
今回の大会は、JESの10周年設立記念大会にもなります。


JES: 大会の流れを教えてください。

今回の10周年記念大会は、「エコツーリズムの新たな役割と展望をさぐる」をテーマに、これまでの10年間における各地の取り組みを振り返り、エコツーリズムが地域の振興、環境の保全、観光の振興にどのように 貢献してきたかを検証し、さらにエコツーリズムが目指すべき、これからの10年間への提言を行います。

 基調講演はエコツーリズムに造詣の深いC.W.ニコルさんが行い、午後の10の分科会はエコツーリズム推進法の活用、エコツアーガイドと起業、持続可能な観光としてのエコツーリズムの役割と課題、エコツーリズム市場の拡大、国際協力としてのエコツーリズムなどについて活発な議論を行います。


JES: 分科会はどんなことを行なうのですか?

エコツアーガイドと企業、地域振興、国際協力、教育、持続可能などについての分科会を10つ行ないます。それぞれに特色がある分科会ですよ。詳細のHPでも見ることができるので、ご覧ください。



前日の15日には、新宿御苑でプレイベントも行われます。詳細はHPにでていますので、ぜひみなさまお誘いあわせのうえお越しください。
エコツーリズムのお祭りですよ。お祭り開催ですよ。みんなでエコツーリズムを楽しみましょう。

開催概要:
【場所】京王プラザホテル(東京都新宿区)
【時間】
●受付:8時~9時 ●開場:8時30分
●開催:9時~18時(記念パーティは18時開始)
【内容】基調講演、分科会、全体会議、記念パーティー
【参加費】
●10,500円(個人会員・法人会員)、15,500円(会員外)、
5,500円(学生)
●記念パーティー参加費:8,000円(別途)
※参加費には500円のカーボンオフセットが含まれています。
【お問い合わせ先】NPO法人日本エコツーリズム協会
TEL:03-5437-3088、E-mail:ecojapan@alles.or.jp
【詳細】 https://entry.jtb.ne.jp/me/registryj/registryj.asp?id=1171











↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

滋賀県高島市のエコツーリズム大会
「全国エコツーリズム大会inびわ湖高島」の開催が来月に迫ってきました。あと1ヶ月をきりましたよ! 今回の柱は「食とひと」。その地域でどんなものが食べたられてきて、どんな文化が育まれていったのか、それをエコツーリズムの視点で探ります。エコツアーの中には猟師さんと一緒にまわるツアーも。

takashima.jpg

交流会も開催されますので、エコツーリズムに取組んでいる方で、他地域の話も知りたい方、ぜひお越しください。「寒い中、行くのは面倒・・・」と思っていらっしゃる方、それを覆すだけの魅力はある大会です。エコツアーは6コースあり、中には温泉も楽しめるものが。関西圏の方のみならず、色々な地域の方の参加をお待ちしています。

おかげさまで、新聞でも取り上げていただいています。
京都新聞:
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009010400022&genre=I1&area=S00
時事ドットコム:
http://www.jiji.com/jc/c?g=jfn&k=2009010600695&mogi

大会についての詳細は⇒こちら

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

滋賀県で全国エコツーリズム大会開催
★全国エコツーリズム大会inびわ湖高島 開催のお知らせ★

日本エコツーリズム協会(JES)は、2008年で設立10周年を迎えました。それを記念し、2008年度に4ヶ所で「エコツーリズム大会」を開催します。エコツーリズムの考えをより多くの方に知っていただき、かつエコツーリズムに関わる方々の関係作りに役立てていただければと考えています。2008年には北海道と小笠原で大会を行い、2009年2月に滋賀県で、3月には東京で開催します。多くの皆様の参加をお待ちしています。

【テーマ】森に生かされ、水に寄り添う『SATO・YAMA』~びわ湖淡水文化圏高島から日本を見る~
【開催期間】2009年2月5日(木)~7日(土) 
 高島市は、琵琶湖から里地、奥山にかけて古くからの農山漁村集落が点在し、中央分水嶺から母なる琵琶湖に注ぐ「水の流れ」がつくりあげた様々な淡水の生活文化や日本の原風景というべき風土を生み出しました。
 「淡水の食文化」があり、全国有数の発酵食文化を有しております。当日はご来訪いただいた皆様を「心づくしのおもてなし」でお迎えし、日本初の「食体験のエコツーリズム」を味わってください。
【開催場所】滋賀県高島市内各地
【内容】
2月5日 開会式・シンポジウム(高島市交流施設やまびこ館)
13:30 開会セレモニー 挨拶 高島市長  海東 英和
           JES会長 愛知 和男(予定)
           来賓 滋賀県知事 嘉田 由紀子氏(予定)
14:00 基調講演   グローバル時代の国興し「淡水文化圏高島からの新観光宣言」京都嵯峨芸術大学教授 JES理事 真板 昭夫氏
15:15 地域ガイダンス  プレゼンター 高島市商工会女性部
15:45 パネルディスカッション 「びわ湖淡水文化圏高島から生まれた食文化の魅力を探る」
コーディネーター プロマークジャパン代表 JES理事 小林 寛子氏   パネリスト 喜多品老舗 北村 眞一氏
山菜じゅうべえ 西澤 恵美子氏
針江のんきぃふぁーむ 石津 大輔氏
18:00~20:00 交流会(今津サンブリッジホテル)

2月6日~7日 エコツアー(市内6コース、1泊4食)
Aコース(マキノ) 【今昔発酵食の味覚】「やまおやじ」と出会う冬のマキノ、風土が育んだ発酵食の今昔物語
Bコース(今津)  【湖漁師の賄い料理】冬のびわ湖周航、湖漁師の賄い料理を味わう
Cコース(朽木)  【奥山に生きる「猟師の味」】おっちゃんの「こし巻き弁当」道中~びわ湖水源の郷「朽木」に暮らす~
Dコース(安曇川) 【安曇川の恵み、郷土料理と竹釜飯】新竹取物語冬の祭典 ~中江藤樹先生の教えと安曇川の恵み(匠の技とこだわり食)にふれる旅~
Eコース(新旭)  【かばたの家庭料理】水と寄り添う暮らしと生業~冬の里山から生水「かばた文化」・春を待つ琵琶湖畔と水鳥物語~
Fコース(高島)  【寒の水がもたらす棚田料理】「寒の水」がもたらす棚田の暮らしと城下町に伝わる発酵食品の味わい

2月7日 
9:00~ 評価会
エコツアーに引き続き、各コースごとにご参加いただきます
全体会・閉会式(高島市藤樹の里文化芸術会館)
13:30 全体会(報告会)各コース評価会の報告
全体講評 大阪芸術大学教授 JES理事 下休場 千秋氏
14:45 閉会式 大会宣言 実行委員長 青木 繁

【参加費】シンポジウム・交流会・全体会(交流会費4,000円含む) 
一般:8,000円  JES会員:6,000円
【エコツアー】
Aコース(マキノ) 19,000~21,000円
Bコース(今津)  15,000円
Cコース(朽木)  16,500円
Dコース(安曇川) 17,000円
Eコース(新旭)  18,000円
Fコース(高島)  15,000円
※1日目(交流会終了後)の宿泊につきましては、別途必要です。
【締め切り】 平成21年1月16日(金)※締め切りを過ぎてしまった場合でも、参加ご希望の方はご連絡ください。
【詳細】 特設ページはこちら
【お申込】
全国エコツーリズム大会高島実行委員会(事務局:高島市役所商工観光課内)
Tel: 0740-25-8514
Fax: 0740-25-8518
Mail: shoko@city.takashima.shiga.jp
■主催 高島市
■共催 NPO法人 日本エコツーリズム協会
■主管 全国エコツーリズム大会高島実行委員会
■後援 環境省、滋賀県、(社)びわこビジターズビューロー
(社)びわ湖高島観光協会、高島市商工会、鯖街道交流促進会議





↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

全国エコツーリズム大会in小笠原
昨日12月7日から、小笠原で「全国エコツーリズム大会in小笠原」が始まりました。JES関係者も参加し、6日の船で小笠原に向かったのですが、小笠原のガイドさんのブログによると、天気が荒れ、母島への船も出ていないとか。
「離島はこんなものですよ」と別の方のブログにありましたが、残っている身としては大丈夫なんだろうかとどきどきします。
明日は分科会が行われる予定です。

木曜日に帰ってくるので、参加者のみなさんの体験を聞いてみたいと思います。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【小笠原】全国エコツーリズム大会
来月12月に行なわれる、全国エコツーリズム大会in小笠原のお知らせです。

 全国エコツーリズム大会は、日本エコツーリズム協会(JES)が中心となって年に1回開催されており、今年は、同協会設立10周年の節目となることから、小笠原と北海道洞爺湖、滋賀県高島市の3箇所で特別大会が開かれます。
 小笠原大会のテーマは「小笠原エコツーリズムの明日を考える」。
 エコツアーという言葉が世に広まる前、1988年に日本で初めてのホエールウォッチングツアーが母島で行なわれて以来、小笠原は様々なエコツアーの開発・実施、自主ルールづくり、村の観光振興計画への位置づけなど、常に日本のエコツーリズムをリードしてきました。
 今大会では20年を迎える小笠原エコツアーの歩みを見直すとともに今後の向上を図ることを目的に、一人でも多くの方の参加を呼びかけています。リーズナブルな金額設定になっているので、この機会にあなたもぜひ小笠原のエコツーリズムに触れてください。


【テーマ】小笠原エコツーリズムの明日を考える
【開催期間】12月7日(日)~9日(火)
【主催】小笠原諸島返還40周年実行委員会
【お問合せ】小笠原諸島返還40周年実行委員会事務局 tel: 04998-2-2140

詳しくはこちら:
http://www.e-ogasawara.com/tour/tour004.html






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 
にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

全国エコツーリズム大会in洞爺湖 終了
10月3日~5日まで、北海道洞爺湖周辺で「全国エコツーリズム大会in洞爺湖」が開催されました。
「次世代ツーリズムが拓く地域の未来」と題した基調講演や、5つのエクスカーション、6つの分科会などが行なわれました。
詳細については、会報等でも後日お知らせいたします。
F1000009.jpg
↑会期中の資料など

次の大会は、12月に開催される「全国エコツーリズム大会in小笠原」です。詳細は順次大会ページやブログにてお知らせしていきます。

★北海道新聞でも取り上げられました⇒こちら








 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析