≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
twitterでのお話 -2- ヌテラ流法
twitterでのお話 -2- ヌテラ流法

ズゴゴゴゴゴ

我々はこの単語を知っている!
いや!この単語を多用する青いクマを知っている!

その単語とは!
ヌテラ!!

YES★Nutella!!

皆さまはヌテラをご存じだろうか。
「あれやろ、パンに塗るやつ。「塗ってら」から「ヌテラ」になったってきいとるで」
ああ残念です、前半部分はあっているのに、後半部分が民明書房出典です。

ヌテラ(伊語: Nutella)とは、ヘーゼルナッツペーストをベースに甘い甘い砂糖やココアなんかを混ぜ合わせた、チョコレート風味のペーストです。
まあチョコペーストです、たぶん。そんな感じ。
虫歯の世界への片道切符です。

BIL6e09CIAE-yBB.jpg
(写真提供:テュフラインラント★受付のクマ・バディベア様。秘蔵のヌテラタワー)

twitterでのお話 -1- からの続きになりますが、2013年4月現在、twitter上でこの「ヌテラ」を食し飲む会が発足し、その姿を隠そうともせずTL上で活動をしています。

ハッシュタグ「#ヌッ友」を用い、日々自分が得たヌテラ瓶やヌテラの販売状況、ヌテラレシピ公開を行っています。
要はヌテラ好き達です。

ここまでだと、ただのヌテラ好きがTL上できゃいきゃいしているだけなのですが、この「ヌッ友」は、メインできゃいきゃいしているのが、各企業・団体の公式twitterアカウントさん達なのです。
前記事の続きにもなりますが、「今まで業種も全く違う、展示会などでもお会いすることはなく、本当に接点がなかった企業・団体達」が、twitterを通じて情報交換をし、自分たちのツイートで、以下にヌテラが魅惑的な食べ物なのかをおはなししています。
共通項は「ヌテラ」。
この共通項をもって、いままで接点のなかったアカウント同士が交流ができているのです。

このカッコ内は、別にヌテラでなくともよかったのです。
ある共通項を通じ、twitterを通して各企業や団体が交流しているこのさまは、広報の仕方として有効ではないのかと感じています。
いままで、堅いイメージしか持たれていなかった企業さんが、twitterやfacebookなどで、エンドユーザの皆様と交流をしていたり様子をご覧になったかたもいるかもしれません。

お時間とご興味がある方は、気になった企業さんのtwitterアカウントを探してみるのも良いかと思います。

n_02.jpg
(写真:食べつくされる前のうちのヌテラ)

話を戻します。というか戻したいです。

ある日、ヌテラを愛するひとりの青いクマが、こんなまとめをアップしました。
テュフラインランドジャパン人事課 春のパンまつり -ヌテラ潮流-

このクマ、ただものじゃありませんでした。
かなりのヌテラ好きでした。しかも重症。
そしてこのクマさん、実はドイツ系第三者認証機関のテュフラインラントのインターンや採用を担当する(たぶん)公式twitterアカウントだったのです。
テュフ。
それは、ドイツに住んでいるともろもろの製品でみかける、三角のマークを出しているところ。
日本でいうところのJI○みたいな。
正直なところ、私のイメージは「ものすごくおかたいところ」でした。
(かつてドイツに住んでいた時にそんなイメージを持ったのです。まじめーなイメージ)

そのまじめだと思っていたテュフさんとこが、こんな、こんな明らかに自らの興味と欲望に沿ったものをガンガンアップしている!
驚きました。
かつてコルピクラーニ(フィンランドのフォークメタルバンド)のPVを観たときなみにおどろきました。(好き)

そこでちょっとtwitter経由で話しかけてみたところ、最初にもらったお返事が、
「貴様 新手のヌテラ使いかー!!」

このクマ、ジ ョ ジ ョ 好 き だ。
まさかの第3部ネタをぶつけられました。

わけわからん。なんなんこのクマ。
そのうち、日本エコツーリズム協会に新しい略称を貰いました。
Nihon Eco Tourism Verein 通称:NETV
特務機関NETV。
...エヴァネタでした。

n_03.jpg
(写真提供・わたし)

折角もらったので、日本エコツーリズム協会のtwitterのプロフィールにもちょっと追加しました。
そしてこのEとTの並びを観ているうちに気付いたのです。
「これ、Essen(食事)とTrinken(飲み物)じゃね?」
両方とも、ドイツ語でいけました。
特務機関NETV: Nutella Essen und Trinken Verein: ヌテラを 食し 飲む 結社

とりあえず、朝の挨拶でつかってみました。
「おはようございます。特務機関NETV(Nutella Essen und Trinken Verein)」です。
そしたら、また公式アカウントさんが乗っかってきた。
駅すぱあとさんです。
駅すぱさんは、前から「ちゅーす」だの「げずんとはいとー」だのやり取りをしていたような覚えがあり、ドイツ語がお分かりになる方だとは分かっていたのですが、駅すぱさんったら、呑兵衛みたいなことをいいました。

「この機関は、ヌテラを肴に呑む会ですか?」
別にヌテラを肴にしてもいいんですが、むしろ私はヌテラを飲みたい。

そんな流れのまま、公式アカウントと、そのフォロワーさん達が「ヌテラ! ヌテラ!!」とヌテラを崇拝し始め、ついに来たのです。あれが。


生ヌテラ超会議 が。

ニコニコしません飲むまでは(ヌテラを)
気をつけろ、ヌッ友 急に 止まれない。

n_01.jpg
(写真:うちのヌテラ)

ということで、ヌテラ祭りがおこなわれることになったのです。
4月30日(火)18:30、下記の「ヌッ友」さんたちをぜひフォローしてお楽しみください。
そしてぜひ #ヌッ友 #ヌテラ祭り #生ヌテラ超会議 などのハッシュタグをつけて、みなさまもヌテラを片手に参加してみてください。
...ハッシュタグこれでいいのかな...

【ヌッ友のみなさん(一部)】
■ テュフラインランドジャパン受付のクマ(バディベア)さん
■凪砂出版さん
■駅すぱあと宣伝課長団さん
■小峰玩具製作所さん








【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。


スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

twitterでのお話 -1-
気付けば久しぶりの更新です。
私が「じぇ じぇ じぇ!!」などと言っているうちに、そろそろGWです。なんてこった。

今日はtwitterのお話をば。
日本エコツーリズム協会では、事務局のアカウントと、学生部会のアカウント、ふたつのtwitterアカウントを運用しています。
※学生部会の方は、学生さんがbot設定で書籍の紹介をしたり、合宿の様子をツイートしたりしています。

日本エコツーリズム協会 事務局のアカウント
日本エコツーリズム協会 学生部会のアカウント

今日は、このうち「事務局のアカウント」のほうの話しをしたいと思います。
各企業や団体さんのtwitterアカウントは、イベントや商品のお知らせ、プレスリリースなどのお知らせをしているところが主です。日本エコツーリズム協会では、このうちイベントの開催告知や会報の発行お知らせ、メルマガやご入会についてのご案内などをお知らせしていました。

しばらくはこういったものをツイートしていたのです。
それが2012年9月、流れが若干かわりました。

「twitterを企業の広報ツールとしてもっと効果的に使いたい」というアカウントがあつまり、「 #華麗なる公式名簿 」というのが作られたのです。

★そのときの経緯はこちらでまとめられています・
【日々進化する】華麗なる公式名簿の華麗な面々【編集続行中】

お堅い企業イメージをなんとか親しみやすくしたい、あるいは、プレスリリースを出すまでもないが、ちょっとしたお知らせをリアルタイムで出したい、というような、ちょっと「ゆるゆるした」アカウントがリストに纏められました。(自己申告制)

そこに日本エコツーリズム協会もまど☆マギネタをぶつけて仲間入りしたのが、2012年9月のこと。
そこから一気にフォローしていただくことも増え、たまにお叱りをうけながら、今もこの「 #華麗なる公式 」タグとともにツイートをしています。
(でも最近タグ付け忘れてる)

・深夜の抹茶菓子テロが得意な 伊藤久右衛門様 (通称いともんちゃん)、
・リアル10代高校生を遠慮なくぶつけてくる 立命館高校お菓子研究班様 (通称りっちゃん)
・にっこり笑いながら、東方好きを落としにかかってくる セーラー万年筆(日本橋)のntさん 
・お掃除用品を扱ってるはずなのに、浜松ネタと○○ネタにすごい勢いで反応してくれる アズマ工業様 (通称あず(ま)にゃん)
・ドイツ系第三者認証機関でインターンや新卒採用を担当している テュフラインランドジャパン受付のクマ様(通称テュフたん)


他にも、このtwitterで、いままでお話する機会もまったくなかった様々な企業・団体の方と、情報のやり取りやお話をすることができています。
(たまーーにオフ会があるので参加したり)
せがっぷすさんはデスカレー試食会したり、出版社さんなのに誤字連発しちゃうぶくをかさん、それに鋭い突っ込みを入れるおでさん
他にも、「あの企業、ものすごくオカタイ印象だったのに、実は親しみやすいんだね」というところ、色々あります。

興味のある方は、ぜひ色々探してみてください。

次回は、このtwitterから始まった、特務機関NETV: Nutella Essen und Trinken Verein についてご紹介します。
キーワードは。
#ヌッ友
#ヌテラを食す会
#川べりでヌテラをぼっちで食す会

です。













【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

この時期の禁句
3月です・・・・・・


このところ、日本エコツーリズム協会の事務局では「今年も○分の1が終わったね」というのが禁句になっています。
1月15日の頃は、「今年も24分の1が終わってしまったわけですが」
2月の終わりの頃は「今年もそろそろ6分の1が・・・」
そして3月。
「あれ・・・もしかして今月が終わるときって、今年の4分の1が終わるときってこと・・・?」と、現実を受け入れたくない状態でつぶやいていました。

いえまだ4分の3が残っている!!

さて今週は、TV番組制作の方が質問に来られたり、パラオの現地の方からフルーツコウモリのことを伺ったりしていました。
あとはムール貝をたくさん食べた! ムール貝大好きだ!

来週は、3月8日に東京都の新宿で「五感でたのしむまちフォーラム」があり、「エコツーリズム検定賞」の授与が行なわれます。受賞された、藤枝観光協会の方にお会いできるのが楽しみです。
そして、先日このブログでもお知らせしました「学生インターン」の募集ですが、おかげさまで募集があり、来週面接を行います。(※まだ募集は継続中です)

ところで、ひっさびさに本の話でもしてみようかと思います。
日本エコツーリズム協会事務局内では、まず浅田次郎氏の「蒼穹の昴」シリーズが大人気であり、現在NHKにて放送中のTVドラマも観ている、というスタッフもいます。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る


あとは、池波正太郎氏と山田風太郎氏の著作も人気。

私個人が読んで面白かったのは、小説ではないのですが、「ゴシック小説を読む」という書籍です・・・といまご紹介しようとしたところ、タイトルをうろ覚えだったらしくamazonで出てこない・・・読書日記をつけていないからか・・・。
そもそも「なぜゴシックという名前がついたのか」「フランケンシュタインの小説が出てきた遠因」など、もともと講義で話されたことをまとめた書籍のため、大変読みやすく編集されています。(でもタイトル忘れたんだな。)

あとは、アメリー・ノートン氏の「畏れ慄いて」を読んだあと、メアリー・ノートン氏の「小人の冒険シリーズ」を読んでいたら、作者の名前がだんだん混ざってきて、そこに女性作家のシャーリィ・ジャクスン氏の「ずっとお城で暮らしてる」を読んだものだから、「○○(ィあるいは延ばす「-」)・○○ン」の作家名が混在してきています。
今週末は小野不由美氏が大幅リライトして出したという「ゴースト・ハント」を読もうと思います。(怖いのに耐えられたら!) 










★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR

★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

ロブスターonでんわ(しかも黒電話)
ドイツのフランクフルト観光局からのメールマガジンにあった「Marilyn Monroe」を「Marilyn Manson」と読み間違えてPCの前でちょっと固まりました・・・そのくらいには目が乾いてる(←ドライアイ)

フランクフルト観光局からのメールマガジンでは、フランクフルトで開催されている展示会のお知らせなどが掲載されているのですが、なんだか面白い(愉快な?)作品が紹介されていました。
下記のサイトに出ている電話です。電話というか・・ロブスター電話・・・
http://www.schirn.de/ausstellungen/2011/surreale-dinge/surreale-dinge-skulpturen-und-objekte-von-dali-bis-man-ray-ausstellung.html

スペインの画家、サルヴァドール・ダリの作品のひとつで、日本語だと「ロブスター電話」、あるいは「えび電話」と呼ばれているようです。
2月11日から5月29日まで開催されているシュルレアリスムの展示会にて展示されているそう。
寡聞ながら、フランクフルト観光局からのメールマガジンではじめてこの作品のことを知ったのですが、なかなか強烈なインパクトを与えるロブスターですな。いや電話か。
しかも黒電話。ジーコ・ジーコとなるあの音が大好きだ。いつだったか、田町あたりにあった「昭和記念館」だかで黒電話が展示されているのをみましたよ。
いまや一般家庭で使われている率はどのくらいなのか。
あのレトロな感じがたまりませんが、でもやっぱりロブスターは・・・いいや・・・








★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

「鳥獣害にアキバが出来ること」にいってきた
絶賛空腹中である・・・

気がつけば更新せずにはや数日。
放置! もはや放置か! というような状況でしたわ。
「なるべく毎日更新しよう!」と土日も予約投稿で記事を突っ込んでおくほどの熱のいれっぷりだったのに・・・

サーカスのクーザの広告を見るたびに、あのお兄さんがJOJOに出てきそうなキャラに見えて仕方ありません。
黄色と青の素敵なスーツ姿。
この間、秋葉原のゲーセンのクレーンゲームで徐倫のフィギュアが出ているのを見つけたのですが、どうせならエンポリオもセットにして出して欲しかった・・・「おねえちゃん」とかふきだしつけて遊びたいくらいだ。

その秋葉原で、今年度「アキバで環境を考える」という勉強会が毎月開催されていまして、昨日は鳥獣害についてだったのでいそいそと参加してきました。
農林水産省の方や、シカやクマ肉を使っての料理を提供しているシェフの方達による講演のあと、メイドカフェのメイドさんたちによる「勇者に食べてもらいたい料理教室」が開催されました。
メイドさんたちが、プロのシェフから料理を教えてもらっていたのですが、そのときのようすがこちら↓のブログで紹介されていました。
【メイドさんが作った!?「クマー肉料理」を食べてきた - 100ps】
http://d.hatena.ne.jp/kikuiri/20110216/1297784260

私はヘタレな携帯電話カメラしか持っていなかったので、せっかくのメイドさんのお料理姿もうまくとれず、クマ料理が作られていくのを眺めていましたが、シカやクマ肉はどうしてもケモノクササがあるため、あまり販路が開けていないのだとか。
あと、時期にもよるけれど、エゾシカ肉は100g300円程度だそうです。
私は残念ながら途中退席しましたが、なかなか面白いイベントでした。
受付のおねいさんいわく、「今日は食べ物関係だからか、いつも来ない人がきていて全体的に人が多いね」といっておりました。
食だからネ!!
次回はどんなテーマになるのか楽しみです。








★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

モンベルの辰野会長がラジオ出演!
2月5日(土)の夜、ラジオ番組(J-WAVEのMAKE IT 21)を聴いていましたら、ゲストで株式会社モンベルの辰野会長が出演されていました。
モンベルは日本エコツーリズム協会の法人会員であり、かつ渋谷店では「JESフォーラム」を開催させていただくなど、いつも大変お世話になっているところです。

そのモンベルは、約1000人の社員さん、ほとんどすべてがアウトドア愛好者のため、店舗での商品の説明も、実体験に基づいたものになり、ラジオのDJさんもその説明で、ご自分の要望にぴったりあう商品を選ぶことができたのだそうです。

社員の方のなかには、南極観測隊に参加されていた方もいて、そのときの経験をもとに、たとえば上着のチャックの向きや、ポケットを付ける高さも、冬用の商品などに意見が反映されているのだそうです。

モンベル店舗に行かれたことがある方はご存知だと思いますが、入り口そばにいつもにこやかに立っている高さ2mくらいの黒いクマのぬいぐるみ、あの子にはちゃんと名前があって、「もんた君」というのだそうです。
「モンタ」なのか「もん太」なのかは分かりませんが、こんどお店にいったら、もんた君と握手してこようと思います。

その他、お店の外観に関するこだわりや、モンベルの会員の方へのサービス提供等についてをお話されていました。
少し時間はかかるようですが、番組のHPでインタビューのテキストがアップされるかもしれないそうですので、気になる方はチェックしてみてください。
>>J-WAVE WEBSITE : MAKE IT 21<<



★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

最近のジョナサンさん
一部で人気のジョナサンさんの画像をひさびさにアップしたいと思います。
ほらジョナ。新年のご挨拶。
2010JO.jpg
みかんがおいしい季節ですね。(遠くをみながら)


-----------------------------------


(=゚ω゚)ノ
関東の大学を覚える基準は「箱根を走っているかどうか」になっている地方出身者ですこんにちは。
しかし今年のシード権争いはすごかった。
完全にお昼ご飯を食べ損ねました。
あと東農大の大根踊りも堪能した。
そして一部で話題になっている東洋大学応援団にいたというフリーザ様は、いったいどういうことなのだね・・・?

箱根駅伝をみておりましたら、電気自動車が伴走車として出ていたのですが、見間違いかしら。
あと地元でもプラグインの電気自動車を見かけました。
どこで充電しているのかしら、バスが1日に1本しか通らないような田舎なのに。
EV・pHVタウン構想については、富士山周辺などエコツーリズム関係の地域も入っているので気になるところです。
(え・・・入っていたよね? 不安。)

気にしていけば世の中のあらゆるところでエコツーリズム関係の話のネタを見つけられると思います。
観光振興、地域振興、環境保全をひっくるめた考え方のエコツーリズムは、なかなか広範な可能性を持つ分野じゃないのかしら、と希望的観測を述べてみる。
コンテンツツーリズムも大好きなのですが、今週末(15と16日)に、学園都市マップが多摩市と立川市で配布されるというのでいてもたってもいられません。
アニメでまちおこしがどこまでうまくいくのかはわかりませんが、気にしてみていこうと思います。
え、マップ貰いに行くよ? 

とりあえず、今年のニュースは攻殻の映画をやるということです。
3Dだって。
気になる。気になるついでに観にいく。

ということで、みなさま今年もよろしくお願い致します。






★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/


↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【TV番組】「タヒチへの旅」
2008年にエコツーカフェでお話をしていただいたタヒチ観光局の方からお知らせをいただきました。
>>2008年12月 エコツーカフェ『タヒチ』<<

タヒチを紹介する新番組が始まっているそうです。

TBS新番組「タヒチへの旅」全22話
2010年11月3日より毎週水曜日21:54~スタート
藤原紀香さんによるナレーションでタヒチの奥深い魅力を放送
http://www.tahiti-tourisme.jp/
タヒチ観光局 日本支局は、エア タヒチ ヌイと共同で2010年11月3日から来年の3月までの毎週水曜日、TBSのミニ番組枠(21:54~22:00)で、新番組「タヒチへの旅」でタヒチの魅力を全22話にわたり放送いたします。

タヒチとその島々は、南太平洋に広がる118の島々から構成されており、類い希な自然の美しさと、そこに住む人々の
温かさ、ゆったりと流れる時間など、世界中から究極のバカンスを求める人々が集まってくる常夏の楽園です。

新番組「タヒチへの旅」では、そのような目を見張るタヒチの美しい風景やホテル、そして奥深いタヒチの魅力などを、
素晴らしい映像と、女優・藤原紀香さんのナレーションで、大人のタヒチとして紹介していきます。
また、実際にタヒチを旅行している人たちのインタビューも交え、旅での高揚感をお伝えしていく予定です。

「タヒチへの旅」 概要
名   称 : 「タヒチへの旅」
放送回数 : 全22話
放送期間 : 2010年11月3日(水) ~2011年3月29日(水)予定 
放送時間 : 毎週水曜日21:54~22:00
ナレーター: 藤原紀香

<11月のOA時間変更について>
※11月3日と10日が特別編成により、放送時間が変更となります。
・11月3 日(水)23:13~23:19(予定)※世界バレー放送延長により時間移行の可能性があります。
・11月10日(水)22:48~22:54(予定)※世界バレー放送延長により時間移行の可能性があります。
・11月17日(水)21:54~22:00(通常)
・11月24日(水)21:54~22:00(通常)



お時間都合つく方、ぜひご覧ください★


★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

ほんのはなし
ほんのはなしなんかしてみようと思います。
(この記事は日時指定予約投稿です。日本エコツーリズム協会事務局は土日祝はお休みです。あしからず)

いつだったか、事務局スタッフのおすすめ本やらおすすめDVDの話題を投稿したところ、おもいのほかWEB拍手をいただけたので、ちょっと間があきましたが続編を投げてみようと思います。
わたくし、直木賞作家でもある桜庭一樹さんが大好きで大好きで、新宿の歌舞伎町を歩いているときもいつか遭遇しないかなと思いながらお散歩しています。(※歌舞伎町在住だったらしいので。今もそうなのかは不明)
この間、大山・中海・隠岐エコツーリズム協議会の方がいらしたときも、桜庭一樹さんの著作に出てくる「ぷくぷく茶」の話やら山陰の話を聞いていました。ああ幸せだったヨ!
一昨日くらいまで、「GOSICK」を再読していました。来年アニメ化されるそうです。ヴィクトリカの「金色のターバンをたらしたような」髪がどんなになって出てくるのかが楽しみ。

今は畠中恵さんの「ゆんでめて」をメインで読んでいるのですが、他のおすすめがこれ。

文盲 アゴタ・クリストフ自伝文盲 アゴタ・クリストフ自伝
(2006/02/15)
アゴタ・クリストフ

商品詳細を見る

「悪童日記」の作者でもあるアゴタ・クリストフの自伝です。ハンガリーからスイスに移民した作者の、「言語が違うために陥った苦しみ」が随所にでてきます。そもそも、冒頭の文章から引き込まれます。4歳のころから身の回りにあるものを読んでいた、と。雑誌、新聞、などなど・・・
活字を追うのが生活のなかで当たり前になっていて、それがないと自我が保てないかのような活字(おそらく)中毒の作者。移民先のスイス(フランス語圏)での、「読めるようになるまでの心の動き」が表れています。けれど、フランス語を使うようになって彼女は「自分の中の母語がフランス語に侵食されていく」思いになったそうです。
自ら望んで身につけた母語以外の言語。さまざまな理由はあれども、生存のための言語獲得のストーリーとして、この書籍は非常に深遠な部分を描いているのだと思います。
よろしければぜひ。

あとはこれ。「少女の友」の昭和11年ごろのものが大好きな(現物読んだことないけど!!)な人にはたまらんと思う。

オトメの祈り―近代女性イメージの誕生オトメの祈り―近代女性イメージの誕生
(1993/12)
川村 邦光

商品詳細を見る


明治後期から大正、昭和初期にかけて、婦人あるいは少女向けの雑誌が続々観光されたのだそうです。
そしてそれらに掲載された読者からの便りや、写真などで、当時の流行やことばづかい、「エス」と呼ばれる擬似姉妹関係のことなどが考察されています。たまに「え、この作者もしかして女の人のこと嫌いなんじゃない?」と思わせる部分もありますが、まぁそれはおいておいて。
当時の紙面の抜粋がそのまま画像として貼り付けられているページがあるのですが、読者からのお便りで「作家の○○先生の住所を教えてください」という問いに、編集者が「東京市本郷区5丁目です」と答えてましたよ。
え、いいの!? と時代のギャップに驚きます。愉快です。正直考察部分を読むより原文読んだほうが楽しいと思う。

それとは別に、ちょっと学生時代にかえりたいなという気分になっている方にはこれ。おそらくはほぼ理系限定

なつかしの理科室―今でも手に入る理科教材154なつかしの理科室―今でも手に入る理科教材154
(2008/07)
高井 ジロル

商品詳細を見る


人体模型高!! でもほしい。胆嚢がすき。あと腎臓のかたちも好き。
知り合いに「このインキュベーター(保温器)がほしい」と申し上げましたら、「何に使うのさ」とあっさり返されました。
確かに・・・何に使うのか・・・観賞用・・・? ←参考書などを「買って安心する」タイプ。

ではまたー。








★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

お盆明け。
みなさま おひしぶりです(´ω`)
世はお盆休み明けですが、しかしこの夏は暑いですね。

先週末、あまりの暑さに近所にある森へお散歩に出かけたのですが、明け方まで降っていた雨のせいか、霧が立ち込めたようになっていて、木々の緑がとても幻想的な色合いになっていました。
早朝であまり人もいなくて、なかなか気持ちの良いお散歩でした。
途中までは。

私、すっかり忘れていたのです(´ω`)
そう、この世にはヒルという生き物がいることを…!
学生時代、研究補助でヒルを見つけに山まで行っていた時期がありました。
(ヒルを見つけるだけの簡単なお仕事)
その時、何回かの経験則で、この気象状況でこの気温で自分がこのくらい動いたらヒルが来るということを覚えたはずなのに。
数年でふきとびましたね。
経験則ってあてにならんわ。

それっぽいのに遭遇しました。
ヒルって、上からも降ってくるんですよ。
降ってくるというか、たまたまヒルが「やっべぇ落ちる!」と落ちた先に私がいただけなんですが。
うん、まぁ、ダッシュで逃げかえってきました。
私にとっての対ヒル装備はつなぎ服に長靴ですが、さすがに朝のお散歩でそれはできなかったわ…。

ということで、今週もよろしう。




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。