≪01  2017-03/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★第7回全国エコツーリズム学生シンポジウム【発表者・参加者募集】
★第7回全国エコツーリズム学生シンポジウム【発表者・参加者募集】

学生

■テーマ「人×自然」
第7回を迎える今年は「人×自然」をメインテーマにしました。
古くから人の手が加えられて保全されてきた里山里海などの自然、人の手が加わらなかったために守られてきた原生自然。私たちの周りには様々な自然があります。
成熟した社会の中で私たちはそうした自然とどう向き合うべきか。エコツーリズムの枠組みを通じて全国の学生と一緒に考えていきませんか。

【開催概要】
日 時:2015年12月6日(日) 10:00~17:30 (終了後交流会を予定)
会 場:東京大学本郷キャンパス 弥生講堂一条ホール
    (東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)

【プログラム】
09:30 開場・受付
10:00 開会・基調講演「里山里海とエコツーリズム(仮)」
    藻谷浩介氏・山田桂一郎氏
11:10 研究発表(発表10分程×4組、質疑、講評)
12:20 お昼休憩
13:20 ポスターセッション
14:30 研究発表(発表10分程×4組、質疑、講評)
16:35 ワークショップ
17:00 全体講評
17:30 閉会
17:50 交流会(希望者)
※ワークショップ
基調講演や研究発表の内容を踏まえて行います。ファシリテーター一人を含む6~8人のグループ分けを行い、議題について話し合います。

学生

【研究発表・ポスターセッション発表者募集!】
■募集要項
エコツーリズムにまつわる発表をしてくださる方を募集します。
ゼミやサークル、個人研究など論文としてまとまっていなくても結構です。門戸は広く、ユニークな研究をお待ちしています!
■発表のキーワード例■
環境保全、生物多様性、コミュニティベースドツーリズム、国立公園、モニタリング、環境教育、地域振興、地産地消、インバウンド、ホスピタリティ、国際協力・観光振興…etc
■申込資格
大学・専門学校等、学生であること。
留学生や海外で学んでいる学生の発表も歓迎です。
■申込方法
リンク先ページよりエントリーシートをダウンロードし、内容をご記入の上e-mailまたはFAX、郵送にてお申込ください。
http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/student/

■締 切
9月30日(水)必着
■交通費
研究発表者に限り国内での実費交通費は主催者が負担します。(上限規定あり)
※研究発表部門に応募された方でも、ポスターセッション部門になる可能性がありますので、ご了承ください。発表形態については10月19日(月)以降に連絡いたします。

【基調講演】
「里山里海とエコツーリズム(仮)」
 ◎山田桂一郎氏(JTIC. SWISS代表、日本エコツーリズム協会理事、内閣府、国土交通省、農林水産省認定 観光カリスマ)
 共著『知られざる日本の地域力』
 ◎藻谷 浩介氏(日本総合研究所主席研究員、地域エコノミスト)
 著書『デフレの正体』
 共著『里山資本主義』

【お申込・お問合】
NPO法人日本エコツーリズム協会事務局まで E-mailまたはFAXにて、氏名、所属、学年、電話、 E-mailアドレス、交流会参加有無をご記入の上、お申込ください。
日本エコツーリズム協会
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
Tel: 03-5437-3080
Fax: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan@alles.or.jp  
 
主催:第7回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
協賛:日本航空株式会社
後援(予定):環境省・観光庁・農林水産省・文部科学省   
協力:東京大学
★このシンポジウムは、企画・運営・進行等ほぼすべてを日本エコツーリズム協会の学生部会が行っています。学生部会ではメンバーを随時募集しています。居住地域は問いません。お気軽にお問合わせください。
学生部会ブログ: http://ameblo.jp/jesstudents/
学生部会facebook: http://www.facebook.com/jes.students



【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。


スポンサーサイト
「第6回全国エコツーリズム学生シンポジウム」連動エコツアー
★「第6回全国エコツーリズム学生シンポジウム」連動エコツアーを11月30日に開催★ 募集中

「おかえりなさい、小野路の里 ~見つけよう!道に眠る宝物~ 」

 東京との町田駅周辺は原町田と呼ばれ、その名の通り原っぱばかりの土地だったという。今となっては商業施設や飲食店が立ち並び、多くの人が行き交う若者街だ。その一方で、里山の原風景を今に残しているのが、小野路である。多摩丘陵と谷戸地形が織りなす原風景の中を流れる時間はとても緩やか。歴史の刻まれた道を歩いていくと、小野路の旧宿場町へ。里山交流館では、地元野菜や工芸品が販売され、地元のお母さん方によって地元料理もふるまわれている。初めて訪れた人でも懐かしさを感じられる雰囲気が印象的。

 歴史や木々があふれる原風景の残る里山や小野路のお母さん方が作る地元料理から、ゆったりとした安らぎを感じてほしい。また、参加者がこのツアー経験を通して、自身の現住地や出身地へ関心を持つように促したい。

【開催日時】 11月30日(日) 10:00~14:30
9:15 小田急線「鶴川駅」集合 9:32 バス乗車「鶴川駅」発  9:44 「別所」着 14:30 解散 
※バス時刻 「小野神社」~「鶴川駅」15:02 / 15:52
【開催地】 東京都町田市小野路町
【対象者】 どなたでも
【参加費】 1000円(小野路うどん付)※交通費別途(往復)
【定員】 最少催行人数 2名  最大催行人数 15名 
【お申し込み、お問い合わせ】 日本エコツーリズム協会まで、お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、所属、連絡先、イベントを知ったきっかけをご連絡ください。
tel:03-5437-3080、email: ecojapan@alles.or.jp
【移動手段】 バス(鶴川駅~集合場所 / 解散場所~鶴川駅)、徒歩
【参加者のみなさまへ】 温度調節しやすい服装(長袖・長ズボン)、歩き慣れた靴、飲み物
→起伏のある里山を歩くため。
【 内容「フットパスツアー」】
1. 里山・小野路宿ガイド(「別所」バス停~里山交流館)
2. 里山交流館案内 / 昼食(里山交流館「小野路うどん」)
3. 塗り絵
コース上の景色の絵(白黒)を数パターン用意し、参加者に自由に選んでもらう。参加者はツアー中の景色を思い出しながら、思い思いの色を絵に塗っていく。完成した絵は、こちらが用意する小さい額縁(写真立てのような)と一緒に持ち帰ってもらう。

【主催】 日本エコツーリズム協会(JES)、(JES)学生部会
【協力】 NPO法人みどりのゆび

【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。



第6回全国エコツーリズム学生シンポジウム【参加者・発表者募集】
第6回全国エコツーリズム学生シンポジウム 発表者・参加者募集
6th National Ecotourism Symposium for Students

11月29日(日)、東京大学にて開催。発表者と参加者を募集しています。
このシンポジウムは、日本エコツーリズム協会の学生部会が中心となり運営をしています。

students_400_01.jpg

第6回目となる今回は「新たな出会い」というテーマで開催します。
今までの5回のシンポジウムをもとにして、今回は学びや発信の新たな段階へステップアップする機会にしたいと考えています。
エコツーリズムを学ぶ仲間との新たな出会い、エコツーリズムについての新たな学び…そんな「新たな出会い」を求めに来ませんか?

~学生シンポジウム実行委員から~
エコツーリズムに関心のある人たちが一堂に会する機会はあまりありません。
今年のシンポジウムは、その日話すだけではなく後々まで繋がれるキッカケ づくりの場になればいいなと思い、そのためのコンテンツを盛り込んでいきます。

■開催概要■
【日 時】2014年11月29日(土) 10:00~18:10(終了後、交流会を予定)  ※翌11月30日にエコツアーを企画中
【会 場】 東京大学本郷キャンパス 弥生講堂一条ホール (東京都文京区) 
      東京メトロ 南北線「東大前駅」徒歩1分
【参加費】 無料 
※交流会参加の場合、学生:1000円 一般:2000円
軽食が出ます。マイ箸、マイコップ持参大歓迎!

【基調講演】 
松本 毅氏 「屋久島のエコツーリズム」 
屋久島野外活動総合センター代表・ガイド
日本エコツーリズム協会理事
屋久島観光協会副会長

【お申込】 NPO法人日本エコツーリズム協会事務局まで、E-mailまたはFAXにて、氏名、所属・学年、電話、E-mail、交流会参加の有無をご記入の上、お申込ください。
【お申込・お問合せ】
NPO法人日本エコツーリズム協会 
東京都品川区上大崎2-24-9アイケイビル3階
TEL:03-5437-3080、FAX:03-5437-3081、Mail:ecojapan(at)alles.or.jp (at)を@に変えて送信

主催:第6回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
協賛:日本航空株式会社
後援(予定):環境省・観光庁・農林水産省・文部科学省  
協力:東京大学

■プログラム
10:00~ 開場・受付
    学生によるポスターセッション
11:00~ 開会
    基調講演「屋久島のエコツーリズム」
    ゲスト:松本 毅 氏(屋久島野外活動総合センター)
12:20~ 昼食休憩
13:20~ 学生による研究発表
   (発表1組×発表時間10分程×9組、質疑、講評)
16:35~ ワークショップ
■ワークショップについて■
基調講演や研究発表の内容を踏まえて行います。
ファシリテーター1人を含む6~8人のグループ分けを行い議題について話し合います。
17:30~ 全体講評・閉会
18:30~ 終了後、交流会開催(希望者のみ)


研究発表・ポスターセッション 発表者募集!

【募集要項】
エコツーリズムにまつわる発表をして下さる方を募集します。

キーワードの例:
環境保全、生物多様性、国立公園、モニタリング、環境教育、地域振興、地産地消、コミュニティベースドツーリズム、国際協力、観光振興、世界遺産、インバウンド、ホスピタリティ など ゼミやサークル、個人研究など論文としてまとまっていなくても結構です。
門戸は広く、ユニークな研究をお待ちしています!
 
《申し込み資格》
大学・専門学校等、学生であること。留学生や海外で学んでいる学生の発表も歓迎です!  

《申し込み方法》
下記ページより応募用紙をダウンロードし、内容をご記入の上、EメールまたはFAX、郵送にてお申込みください。  
応募用紙(ワードファイル)
http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/student/

《締切》
9月30日(火)必着  

《交通費》
研究発表者に限り国内での実費交通費を支給します。(上限規程有り)

  ※研究発表部門に応募された方でも  ポスターセッション部門になる可能性がありますので、ご了承ください。発表形態については 10月15日(水)以降に連絡いたします。



日本エコツーリズム協会の学生部会では、メンバーを随時募集しています。
エコツーリズムに興味のある学生、このシンポジウムの運営に関わってみたい学生など、興味がある方はぜひご連絡下さい。居住地域は問いません。お気軽にお問合わせください。
学生部会ブログ: http://ameblo.jp/jesstudents/
学生部会facebook: http://www.facebook.com/jes.students







【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
★第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム ポスター発表者★
★第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム ポスター発表者★

11月30日に東京にて開催します「第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム」のポスタータイトルが決定し、サイトにて公開されています。

全18発表となり、会場となる東京大学(本郷キャンパス)の弥生講堂・一条ホール内にて掲示および発表者による説明が行われます。
受付を済ませた方からこのポスターセッションはご覧いただけます。(受付は10:00から開始)

(参考:同会場でのポスターセッションの様子(第3回開催時))
学生シンポジウム

---ポスターセッション発表者(敬称略)---

【環境】
■魅力的なバードウォッチング・プログラムの開発
(赤尾将司、長濱光佑 他:長野大学 環境ツーリズム学部 里山再生学ゼミ)
■ウミガメに人が集まる町 ~どのようにエコツーリズムをとりいれるべきか~
(中崎裕子:関西学院大学、総合政策学部 都市政策学科)
■環境税は地球温暖化に効果がある?ない?
(広瀬雄一:関西学院大学 院総合政策研究科)
■世界遺産と観光-富士山観光を中心に
(小野セレスタ多聞 他:中央大学 経済学部)
■体験型環境教育プログラムの効果の検証 体験型と非体験型で“つたわり”方に違いはあるか?
(齋藤愛子、森恭一、花園誠:帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科)

【地域】 
■さんさんびと 南三陸町におけるエコツーリズムの提案・検討
(小池洋平 他:中央大学FLP環境プログラム)
■佐渡と能楽‐日本の古典芸能のあらたな一面‐
(山本美季子:東京学芸大学大学院 教育学研究科)
■茅ヶ崎市北部の魅力発見!!
(文教大学国際学部観光学科)
■人と文化をことばで紡ぐ ―愛媛県喜多郡内子町における方言「ぞぶる」を事例に―
(小池佑太、玉里壮司、野本梨紗:愛媛大学 法文学部 人文学科)
■商店街の発展と観光-観光と地域活性化
(小泉実里 他:中央大学経済学部)
■長岡市東山地域の自然、歴史、文化をエコウォークで楽しもう
(池田隆祥 他:長岡大学 経済経営学部 人間経営学科)
■五箇山合掌造りが「結」ぶ地域と観光 域学連携による持続可能な観光地域形成モデルの構築
(田開寛太郎:富山県立大学大学院 工学研究科)

【観光】
■富山県富山市八尾町のツアーガイド養成について
(坂下裕哉、佐藤彩香 :富山国際大学 現代社会学部 現代社会学科)
■源流から河川文化を学ぶエコ学習ツアー ―愛媛県東温市重信川を事例に―
(宇根田茉歩、藤井稀子:愛媛大学 法文学部人文学科)
■自治体WEBにおけるマーケティング戦略と可能性 ~エコツーリズムと広報戦略の関連について~
(藤川遼介:一橋大学大学院 商学研究科)
■ビジターセンターの更なる可能性 ~国立公園と観光客の架け橋として~
(中村愛樹、中村早季、熊谷あかね、高橋涼、阪東由佳梨、保坂有哉:高崎経済大学 地域政策学部 観光政策学科)
■ドルフィンスイムなど自然体験活動を通して世界農業遺産「能登の里山里海」を世界の子どもたちに伝えます。
(砂田信一郎 他:東京コミュニケーションアート専門学校 エコ・コミュニケーション科)
■ジオパーク活動による地球科学学習観光の推進と観光再編
(坂口豪:首都大学東京 都市環境科学研究科・観光科学域)

【開催概要】
■ 日 時: 
2013年11月30日(土)10:00~18:10、 交流会 18:30~20:00
■ 会 場:東京大学 本郷キャンパス 弥生講堂・一条ホール
(東京都文京区弥生1-1-1 
最寄駅:東京メトロ南北線「東大前駅」徒歩1分、東京メトロ千代田線「根津駅」徒歩8分)
■ 参加費:無料(交流会参加費:学生1,000円 一般2,000円)
※マイ食器持参大歓迎!!
■ お申込:氏名、所属、電話またはE-mail、交流会参加の有無をご記入の上、E-mail、またはFAXにて日本エコツーリズム協会まで、お申し込みください。

【お申込・お問合せ】
NPO法人日本エコツーリズム協会(担当:高野)
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
電話: 03-5437-3080
ファクス: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ★(at)を@に変えて送信してください。

■ 主 催: 第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
■ 協 賛: 日本航空株式会社
■ 後 援: 環境省・観光庁・農林水産省・文部科学省
■ 協 力: 東京大学
http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/student




【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students













↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム 【参加者募集中】
第5回全国エコツーリズム学士シンポジウムの参加者を募集しています。

 申し込みはオンラインからでもできます 
>>「こくちーず」によるオンライン申込ページ<<

■ 日 時: 
2013年11月30日(土)10:00~18:10、 交流会 18:30~20:00
■ 会 場:東京大学 本郷キャンパス 弥生講堂・一条ホール
      (東京都文京区弥生1-1-1 
      最寄駅:東京メトロ南北線「東大前駅」徒歩1分、東京メトロ千代田線「根津駅」徒歩8分)
■ 参加費:無料(交流会参加費:学生1,000円 一般2,000円)
※マイ食器持参大歓迎!!
■ お申込:氏名、所属、電話またはE-mail、交流会参加の有無をご記入の上、E-mail、またはFAXにて日本エコツーリズム協会まで、お申し込みください。











【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。


テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム 参加者・発表者募集中★
第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム
参加者・発表者募集中
 


students_2013_400_01.jpg


 2009年から開催している「全国エコツーリズム学生シンポジウム」。
 「エコツーリズムを研究しているけれど、発表の場がなかなかない」という学生達からの声に応えてはじまったものです。
 基調講演ではエコツーリズムに関わる方々をお招きし、そして研究発表では、「環境」「観光」「地域」などのカテゴリーに分かれて学生が発表を行います。また会場ではポスターセッションの場も用意されています。

 このシンポジウムでの研究発表者、ポスターセッション発表者、そして一緒にエコツーリズムについて話をしたいという聴講者(参加者。学生、一般を問いません)を募集しています。

 今年のテーマは?
今回のテーマは、『つたえる・つたわる』。
『つたえる・つたわる』には互いに寄り添い、理解する、そしてそこから、知らなかった「声」や新たな「気づき」を感じてほしい、という想いを込めました。
「人」とつき合うとき、「地域」とつき合うとき、「自然」とつき合うとき、自分の想いだけをぶつけていてはうまくいきません。
その相手が何を思い、何を求めているのか、寄り添うことが大事ではないでしょうか。 皆さんが伝えたい想い、皆さんだけが知っている声を届けてください!そしてその「声」を聴いてください。

 今年の基調講演は?
今年世界文化遺産に登録された「富士山」のエコツーリズムについてです。
誰よりも富士山を近くに感じ、富士山を知る 富士登山ガイド による講演を予定しています。

students_2013_400_03.jpg


【開催概要】
■ 日 時: 
2013年11月30日(土)10:00~18:10、 交流会 18:30~20:00
■ 会 場:東京大学 本郷キャンパス 弥生講堂・一条ホール
      (東京都文京区弥生1-1-1 
      最寄駅:東京メトロ南北線「東大前駅」徒歩1分、東京メトロ千代田線「根津駅」徒歩8分)
■ 参加費:無料(交流会参加費:学生1,000円 一般2,000円)
※マイ食器持参大歓迎!!
■ お申込:氏名、所属、電話またはE-mail、交流会参加の有無をご記入の上、E-mail、またはFAXにて日本エコツーリズム協会まで、お申し込みください。

【お申込・お問合せ】
NPO法人日本エコツーリズム協会(担当:高野)
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
電話: 03-5437-3080
ファクス: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ★(at)を@に変えて送信してください。

■ 主 催: 第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
■ 協 賛: 日本航空株式会社 JALロゴ
■ 後 援(予定): 環境省・観光庁・農林水産省・文部科学省
■ 協 力: 東京大学

20110129stu_400_08_20130712175331.jpg

【プログラム】
●10:00~ 開場・受付(弥生講堂・一条ホール)
       [同時進行] 学生によるポスターセッション
●11:00~ 開会・基調講演 
       「富士山のエコツーリズム(仮)」
       ゲスト:近藤光一氏(富士山登山学校ごうりき代表)
●12:20~ 昼休憩
●13:20~ 学生による研究発表
       (発表1人10分程度×3名、講評15分)×3テーマ
     ワークショップ
       (6~8人のグループを作り、会場参加型ワークショップを行います。) 
●17:30~ 意見共有・全体講評・学生からの提言・閉会
●18:30~ 交流会(希望者)

~研究発表・ポスターセッション発表者募集要項~ 07
研究発表またはポスターセッションの発表者を募集します。
下記の「環境保全」「地域振興」「観光振興」のテーマよりひとつを選びご応募ください。

「環境保全」...生物多様性・国立公園・モニタリング・環境教育…etc
「地域振興」...食・文化・国際協力・コミュニティ・民族・地産地消…etc
「観光振興」...世界遺産・産業観光ホスピタリティ・インバウンド・…etc

発表内容は、各テーマのキーワード例を参考にしてください。ゼミやサークル、個人研究など論文としてまとまっていなくても結構です。ユニークな研究をお待ちしております!
研究発表持ち時間: 約10分
●申込資格:大学、大学院、専門学校などに在籍している学生であればどなたでも。
      (留学生や、海外で学んでいる学生の発表も歓迎!)
●申込方法:下記ページからエントリーシートをダウンロードし、内容を記入した上、Eメール、またはFAX、郵送にてお申込みください。
http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/student

●締め切り:9月30日(月)(必着)
●交通費:研究発表者には国内での実費交通費を支給いたします。(上限規程あり)
※エントリーしていただいた方には研究発表か、ポスターセッションのいずれかの発表の場を用意したいと考えております。発表形態については、エントリーシートをもとに実行委員会にて協議の上、10月15日(火)以降にご連絡いたします。

★日本エコツーリズム協会では、「全国エコツーリズム学生シンポジウム」の運営や、学生部会に興味のある学生を歓迎しています。興味のある方は日本エコツーリズム協会までご連絡下さい。

学生部会facebook: https://www.facebook.com/jes.students
学生部会ブログ: http://ameblo.jp/jesstudents/
学生部会twitter: http://twitter.com/jes_students


students_2013_400_02.jpg










【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

和歌山の南方酒造さんから荷物が届いたよ!
ヽ(*´∀`)ノ

このブログや本サイト、それにtwitterでもお知らせしていますように、11月10日に東京大学本郷キャンパスで「全国エコツーリズム学生シンポジウム」を開催します。

これは、「エコツーリズムを研究しているけれど、発表の場が意外にないんです...」という学生さん、大学関係者からの声を受け(というか、何年か受け続け)、2009年から毎年度開催しているものです。
11月にやったり、かと思えば1月にやったりしていましたが、場所は変わらず東京大学の農学部です。
(個人的には農学部好きです)

毎回こんな感じで発表したり↓
第2回学生シンポ

こんな感じでポスターセッションしたり↓
第2回学生シンポ

最後にこんな感じで交流会やったりしています↓
第2回学生シンポ

さて今回、この交流会用に和歌山の「南方酒造(株式会社世界一統)」様から、協賛の形でお酒のご提供をいただきました

なぜお酒の提供を
実は今回の「全国エコツーリズム学生シンポジウム」、和歌山大学の学生による、「南方熊楠とエコロジー~神社合祀反対運動を事例に~」の研究発表があるのです。
「南方熊楠」。
読めますか? みなかたくまぐす、です。
「みなみかたくまくすのき」だの「なんぽうくまくすのき」ではありません。
この南方熊楠さん、生態学や博物学、生物学の分野では結構な有名人でして、植物学の牧野富太郎さんとともに「この人の絵が好き!」というファンを多く持つ方なのです。
ちなみに昔の方です。
どのくらい昔かというと、それでも19世紀ですね、1867年(慶応3年)から1941年(昭和16年)だそうです。(wikipediaより)
だいたい、高橋是清さんや柳田國男さんともかかわりがあったというくらいです。(いま個人的好みが入りました)

その南方熊楠さんのお父様、弥右衛門さんが創業したのが、この「南方酒造(株式会社世界一統)」さんなのです。
さすがというか、そのレパートリーには「熊楠」の名がついたお酒もあり、前に○天の該当ページをみながら「いーなー...」と思っていたのですが、なんとまあ、各企業の公式・非公式・公認・もしかして公式のアカウントが集まる #華麗なる公式 メンバーに、この「南方酒造(株式会社世界一統)」さんがいらっしゃったのです

なので、「実はこれこれこういうのがあるんですが...いかがでしょう?」と相談を差し上げたところ、熊楠のお酒を送っていただく事をご快諾いただきました
ありがとうございます

そして本日、熊楠さんのお酒がとどきました!! みてください、このたたずまい! そしてきのこ!(重要)
南方酒造

きのこ! きのこ!!
南方酒造

スタッフ曰く、「このキノコの部分、切り取ってポストカードにしたい」と。
(日本エコツーリズム協会の事務局は、物理、生物、野生動物、森林生態などを専攻していたスタッフばかりなのです...なので南方熊楠さんのキノコ絵で、テンションがぐわっと上がるのです)

頂きましたこのお酒、全部で3本ありますので、大事に交流会で出していきたいと思います。

★このお酒は交流会での提供です。
未成年、運転手への提供はお断りします。

【第4回全国エコツーリズム学生シンポジウム詳細】http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/student/553-4




【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★全国エコツーリズム学生シンポジウム★ よくあるご質問
★全国エコツーリズム学生シンポジウム★ よくあるご質問


2012年11月10日(土)、東京大学本郷キャンパスにて、「第4回全国エコツーリズム学生シンポジウム」を開催します。
開催概要や参加申し込み方法については、サイトをご覧ください。
>>全国エコツーリズム学生シンポジウム<<

発表や聴講について、いくつかご質問を頂いておりましたので、こちらでご紹介いたします。
申込を考えている方、ぜひ参考になさって下さい。

=開催概要について=
【1】開催日程が11月10日、11月11日と書いてあるサイトをみましたが、どちらが正しいのですか?
⇒10日(土)が東京大学でのシンポジウム、11日(日)が東京都内でのエコツアー参加を予定しているため、このような表記になっています。
第3回まではなかった日程になっており、せっかくシンポジウムに参加するため遠方からも学生さんが集まる機会を活かせないかという学生部会の発案により、シンポジウム翌日にエコツアーに参加する日程を組んであります。
このエコツアーへの参加は任意であり、義務付けられているものではありません。
ただ、ご都合がよい方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。ツアー場所や日程など、詳細は決まり次第日本エコツーリズム協会のサイトにてお伝えいたします。

=発表について=
【2】研究発表したいけど、遠方だから交通費がかかりそう。
⇒研究発表者の場合、日本国内の交通費は実費支給されます。
海外へ留学生している学生で、このシンポジウムで研究発表をすることになった場合、成田や関空などの国内空港から東京大学までの交通費をお知らせください。
発表者への交通費の支給は、基本的には1グループ2名までです。
どちらにしましても、複数名で発表を考えている場合、お手数ですが日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。

【3】発表は日本人学生のみ?
⇒発表者の国籍は問いません。「日本国内の大学で学んでいる外国人学生」の発表も歓迎です。実際に、第1回のポスターセッションではイラン人の学生さんに来ていただきました。
また【2】にもありますように、「海外の大学で学んでいる日本人学生」の発表も歓迎です。

【4】研究発表やポスターセッションに出たいけれど、どうしても1日中は会場にいることができません。途中退場は可能ですか?
⇒できれば閉会の「学生からの提言」「全体講評」の時間までいていただきたい、というのが理想です。ただやはり秋の大学祭等がある時期ですし、研究発表やポスターセッションでの申し込みの際に、お手数ですが日本エコツーリズム協会までその旨お知らせください。

=参加者として(研究発表、ポスターセッション登録者以外)=
【5】学生ではないのですが、聴講はできますか?
⇒もちろんです。今までにも、学生のみならず一般の方にも多くご参加いただいています。
ワークショップにも入っていただけますし、学生とのお話を楽しんでください。

【6】発表者は外国人もOKみたいだけど、参加者として外国人も参加できる…?
⇒参加して頂けます。エコツーリズムに興味がある方ならばどなたでも。
実際、「日本語はまだ勉強中だけど、日本のエコツーリズムについて知りたい!」というメキシコ出身の方が参加されたこともあります。

=その他=
【7】ひとりで参加するのが不安
⇒今までの参加者をみていると、一人での参加者が圧倒的に多いです。
「研究発表者の友人で」という方はある程度まとまって参加されていましたが、各地からの参加者内訳は、お一人の方が多いです。会場で何か不安なことがあれば、お気軽にスタッフまでお問合せください。会場スタッフも学生ばかりです。

【8】一日いるとして、お昼はどうしたら。あまり東大の周りには詳しくないので不安。
⇒会場から歩いて2.3分のところにコンビニがあります。
また会場で「周辺のお食事処」の地図をお渡しする予定です。

他にもご不明な点がありましたら、お気軽に日本エコツーリズム協会までお問合せください
NPO法人日本エコツーリズム協会
〒141-0021 
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081
e-mail:  ecojapan@alles.or.jp

 みなさんからのお申込お待ちしています

学生シンポ














【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★第4回全国エコツーリズム学生シンポジウム開催します★
★第4回全国エコツーリズム学生シンポジウム開催します★

毎年度開催している「全国エコツーリズム学生シンポジウム」。
第4回を迎える今年のテーマは「資源を守り、伝える ~エコツーリズムを日本の魅力に架け橋に~」です。

このシンポジウムは、日本エコツーリズム協会の学生部会が中心となり開催します

↓ 過去開催の様子。発表者は10分の持ち時間で自分の研究成果を発表します。
第2回学生シンポ

■学生部会メンバーから■
私達「学生シンポジウム実行委員会」は、エコツアーへの参加を通して、地域の魅力を伝えるためには、資源を守っていくことがどれほど大切なのかを改めて実感しました。
守ってきたからこそ伝えることができる。
「守る」には、そんな原点をもう一度しっかり見つめなおしエコツーリズムを日本の魅力の架け橋にしたいという思いを込めました。
⇒学生部会メンバーは随時募集中です。活動メンバーは関東を中心に日本各地にいます。
活動内容は学生部会のブログでも読むことができます。

★第4回全国エコツーリズム学生シンポジウム 開催概要★

【日 時】 2012年11月10日(土) 10:00-18:00 (交流会18:30-20:00)
【会 場】 東京大学 本郷キャンパス 農学部1号館2階8番教室および弥生講堂アネックス
 (最寄駅: 地下鉄南北線「東大前」徒歩1分、地下鉄大江戸線「本郷三丁目」徒歩15分)
【参加費】 無料(交流会参加費:学生1,000円、一般:2,000円)※交流会は先着100名様限定
【主 催】 第4回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
【後 援】 環境省・観光庁・農林水産省・文部科学省・国際エコツーリズム協会(予定)
【協 力】 東京大学
【協 賛】 日本航空株式会社

◆プログラム◆
10:00- 開場・受付(農学部1号館2階8番教室)、学生によるポスターセッション(弥生講堂アネックス)
11:00- 開会
基調講演「野生動物の観光利用と保全 小笠原のホエールウォッチングを例に」
ゲスト:森 恭一氏(帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科 准教授)
11:50- 昼休憩(ポスターは引き続き弥生講堂アネックスイにて掲示しています)
13:00- 学生による研究発表
(発表1人10分程度×3名、講評15分)×3テーマ、ワークショップ(6-8人のグループをつくり、会場参加型ワークショップを開催)
17:10- 意見共有・全体講評・学生からの提言・閉会
18:30- 交流会(弥生講堂アネックス)

翌11月11日(日)は都内・近郊でのエコツアー体験を企画中です

このシンポジウムに・・・・
 ■一般参加者として参加したい!
⇒お申込方法: お名前、ご所属(学生の方は大学・学部名、学年をお知らせ下さい)、電話番号、メールアドレス、交流会参加の有無をご記載の上、日本エコツーリズム協会までご連絡下さい。
学生・一般の方、どなたでもご参加いただけます。
【日本エコツーリズム協会】
tel: 03-5437-3080、 fax: 03-5437-3081、 e-mail: ecojapan@alles.or.jp

 ■研究発表者・ポスターセッション発表者として参加したい!
⇒募集内容:
下記キーワードをもとに応募をお願いします。発表内容は、ゼミやサークル活動、授業などで調査した結果から分かったこと、中間のまとめ、大学院で研究していることなどで、論文としてまとまっていなくても結構です。
ユニークな研究発表を待っています! 口頭発表は1件10分程度が持ち時間です。
【開催テーマ】 資源を守り、伝える ~エコツーリズムを日本の魅力の架け橋に~
【キーワード例】
環境保全:生物多様性、環境影響評価、ルールづくり、国立公園、環境教育など
地域振興:食、文化、宝探し、グリーンツーリズム、国際協力、民俗、地産地消、インバウンド、海外での地域振興など
観光振興:世界遺産、温泉、ホスピタリティ、ヘルスツーリズム、産業観光など
【申込資格】大学、大学院、専門学校などに在籍している学生であればどなたでも。
日本への留学生や海外で学ぶ学生も歓迎!
【申込方法】エントリーシートをサイトからダウンロード、記入の上、メールまたはファックス、郵送にてお申し込みください。
ダウンロードが出来ない方は、日本エコツーリズム協会事務局までお問合せください。

>>【発表申込】 エントリーシート (ワードファイル)<<

【締切】 2012年9月30日(日) ※必着
【交通費の支給】 研究発表を行う学生には国内での実費交通費を支給いたします。
エントリーいただいた皆様には、研究発表かポスターセッションのいずれかの発表の場を用意したいと考えております。発表は無料です。発表の形態については、エントリーシートをもとに実行委員会にて協議の上、決定し、2012年10月12日(金)以降にご連絡いたします。

↓過去開催時のポスターセッションの様子。ご来場いただいた方に直接研究成果をお話しいただけます。
第2回学生シンポ

【第4回全国エコツーリズム学生シンポジウム お知らせ】
大学等で配布等をご希望の方は、日本エコツーリズム協会までご連絡下さい

【お知らせ 表面(pdfファイル)】
第4回学生シンポ

【お知らせ 裏面(pdfファイル)】
第4回学生シンポ

★本シンポジウムおよび学生部会についてのお問合せ先★
NPO法人日本エコツーリズム協会
〒141-0021 
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081
e-mail:  ecojapan@alles.or.jp



【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

学生シンポジウム開催に向け 会場下見!!
今年秋の「第4回全国エコツーリズム学生シンポジウム」開催に向け、開場予定の東京大学農学部に行ってきました

下見に向かったのは、日本エコツーリズム協会学生部会のメンバー。今年の学生実行委員長や、2月から新しく学生部会のメンバーになった学生さん達です
しかも下見に集まったのは、全員女の子という…学生部会にはもちろん男子学生もいますが、この日はたまたま都合が悪く、女の子たちだけで下見に向かいました

今までの学生シンポジウムは、第1回・第2回は農学部の教室で、第3回は弥生講堂で行いました。
シンポジウムではワークショップも行うため、教室タイプの方がいいかもね、ということで教室を下見。

学生シンポ

農学部のこの教室は、2回部分があるタイプ。発表者からはこう見える、ということですね。
上から見るとこんな感じ

学生シンポ

黒板部分にスクリーンをあて、投影ができるようにする予定です。
参考として、前のシンポジウムのとき、上から見た時の様子がこちら

学生シンポ

発表時は照明を落としてあるので、少し薄暗く感じますが、人が入るとやはり見える景色ががらりと変わりますね

昨年使用した弥生講堂も下見をし、さらに福武ホールも下見をし、学生部会のメンバーの中で会場候補が決まったようです。

そして最後に、「東大と言えばここだろう」というお決まりの場所で記念撮影をして下見は終了しました
学生シンポ

これからの学生部会の活動などは、ぜひ学生部会のブログをご覧ください

>>日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ<<

「関東在住じゃないけど、学生部会に入れる?」というお問い合わせを頂きますが、もちろん参加できますよ。
実際に関西地区の学生さんも参加しています。
MLで情報のやり取りをしていますし、自分の都合にあった参加の方法をご検討くださいな。
お問い合わせは日本エコツーリズム協会( ecojapanalles.or.jp を@に )まで



【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。