≪01  2017-03/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ国政府観光庁主催の研修に参加
6月19日-23日まで、タイ国政府観光庁主催の研修に参加したスタッフが現地から写真と研修の様子を知らせてくれました。
まとまったレポートは後日掲載予定ですが、まずはその熱気をお伝えしたいと思います。

-----------------
今回のタイ政府観光局による視察ツアー、「Thailand Amazing Green Mega Fam Trip」は、コミュニティベースドツーリズムを柱としたコースが3つ用意されており、日本や台湾、イタリア、フランス、スウェーデン、南アフリカ等の国から80名ほどが参加しています。
初日夜のレセプションでは、観光局からコミュニティベースドツーリズムと、7つのグリーンコンセプト、3つのコースの内容について紹介がありました。

thai_02.jpg

7つのグリーンコンセプトは持続可能な観光を目指すタイ国政府観光庁が2012年から2016にかけて実施する計画に盛り込まれていた内容で、それに基づいてこんか視察ツアーも実施されており、タイ政府の着実な歩みに感動しました。
マングローブを植林している所の写真は携帯で撮れませんでしたが、主催しているコミュニティの施設の写真を送ります。

thai_03_400.jpg


サムット・ソンクラーム県にある、クロン・コーン・コミュニティは、エビの養殖のためにマングローブが伐採されていく状況を危惧し、政府の支援を得ながら、24年前にマングローブの植林をスタートさせました。エビ養殖によるマングローブの伐採や、養殖池の餌の腐敗などにより、水質はどんどん悪化し、エビ養殖が始まる前はカニや魚、貝、小さなエビなどを獲る漁業が盛んな地域でしたが、漁師は仕事を辞め、バンコクへ出稼ぎに行かなければならない状態がありました。
ですが、地道な植林のお陰で水産資源が戻り、今では漁師が漁業で生計が立てられるまでに回復しました。
24年前に始めた植林活動は、15年前にホームステイの受け入れへと広がり、今ではレストランの経営も行われ、150人の宿泊の受け入れが可能です。

週末はバンコクなどからタイの人が多く訪れるそうですが、これまで外国人の受け入れは行われていませんでした。今回の視察ツアーを機に外国人の受け入れをしていきたいと、代表の方がお話されてました。
-------------------


【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。




スポンサーサイト
【ツアー参加者募集】日本・マレーシア エコツーリズム交流プロジェクト 2014年春
【ツアー参加者募集】日本・マレーシア エコツーリズム交流プロジェクト 2014年春

マレーシア


昨年10月に鳥取県で開催された「エコツーリズム国際大会2013in鳥取」を機に日本エコツーリズム協会(JES)、鳥取県とマレーシ ア・ランカウイ島との交流プロジェクトを実施します。
また、このプロジェクトにともない「日本・マレーシア エコツーリズム交流ツアー in ランカウイ」を催行。参加者を募集します。 

国際大会で基調講演をしていただいたアンソニー・ウォンさんからの提案をきっかけに、ジオパークという共通点のもとエコツーリズムの 導入と普及を目指す両者が、ランカウイ島で一堂に会し、互いの取り組みや課題を紹介しあい、これからの交流プログラムにつなげていき ます。

本プロジェクトにはJES理事と関係者、および鳥取県から60名の訪問団を構成し、今年5月12日(月)から18日(日)の間、マレ ーシア政府観光局の招待のもと行われます。ランカウイ島のエコツアー体験や、それらを踏まえた交流会議を開催する予定です。

このプロジェクトに参加するJES会員や一般の方向けのツアーも決定しました。マングローブツアーやバードウォッチングのツアーも組み込んでいます。日程など詳細はpdfでのお知らせをご確認ください。

>>「日本・マレーシア・エコツーリズム 交流ツアー in ランカウイ」(pdfで開きます)


【日 程】 5月14日(水)~19日(月)6日間
【訪問先】 マレーシア ランカウイ島
【参加費】 154,000円(JES会員は5千円引き)
【宿泊先】 フランジパニランカウイリゾート
【締 切】 4月10日(木)

【お問合・お申込】 下記までご連絡ください。お申込み方法の詳細をご案内します。

○プログラムの内容について   日本エコツーリズム協会(担当:高野千鶴)
Tel:03-5437-3080 
E-mail: ecojapan@alles.or.jp

○旅行について   株式会社 風の旅行社(担当:嶋田京一)    観光庁長官登録旅行業第1382号   
tel:03-3228-5173 fax:03-3228-5174     
E-mail: shimada@kaze-travel.co.jp

【主な内容】
マングローブツアー
バードウォッチングツアー
・エコツーリズムカンファレンス

マレーシア

マレーシア










【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【日本・マレーシア エコツーリズム交流プロジェクトを実施!】
【日本・マレーシア エコツーリズム交流プロジェクトを実施!】

マレーシア

昨年10月に鳥取県で開催された「エコツーリズム国際大会2013in鳥取」を機に日本エコツーリズム協会(JES)、鳥取県とマレーシア・ランカウイ島との交流プロジェクトを実施します。

国際大会で基調講演をしていただいたアンソニー・ウォンさんからの提案をきっかけに、ジオパークという共通点のもとエコツーリズムの導入と普及を目指す両者が、ランカウイ島で一堂に会し、互いの取り組みや課題を紹介しあい、これからの交流プログラムにつなげていきます。

本プロジェクトにはJES理事と関係者、および鳥取県から60名の訪問団を構成し、今年5月12日(月)から18日(日)の間、マレーシア政府観光局の招待のもと行われます。ランカウイ島のエコツアー体験や、それらを踏まえた交流会議を開催する予定です。

プロジェクトに参加するJES会員や一般の方向けのツアーも予定していますので、決まり次第ご案内します。

マレーシア

【日程】2014年5月12日(月)~18日(日)
JES会員・一般向けツアーは、5月14日(水)~19日(月)を予定。
【場所】マレーシア・ランカウイ島
【宿泊】フランギパニランカウイリゾートほか
http://www.frangipanilangkawi.com/

【概要】
・エコツアー体験(ケーブルカー・ネイチャーウォーク、マングローブクルーズ、バードウォッチング、ホームステイ見学、グリーンホテル見学)
・エコツーリズムエクスチェンジ会議
【協賛】マレーシア政府観光局
http://www.tourismmalaysia.or.jp/

マレーシア

NPO法人日本エコツーリズム協会(JES)では、こういったエコツーリズムに関する様々な事業を行っています。エコツーリズムはもちろん、環境保全や地域振興、観光振興に興味のある方々のご入会を随時歓迎しています。ご入会はJESのHPから行えます。
http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/jes/member/

マレーシア









【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■韓国のエコツーリズムについての資料■
■韓国のエコツーリズムについての資料

先日、韓国のエコツーリズム推進に関わっている方々とお会いし、韓国が今後どのようなかたちでエコツーリズム推進に取り組んでいこうとしているのかなどを伺いました。

2013年末に、韓国でのエコツーリズム推進地区12ヶ所が決まり、そのリストを頂きましたので紹介します。
※pdf、英語資料
http://www.ecotourism.gr.jp/images/pdf/Eco-tourism_in_Korea2014.pdf

・韓国にはエコツーリズム関連の法律として「自然環境保全法」があり、それは環境部(Ministry of Environment:略称ME)の担当となっている。
・2013年に韓国国内にエコツーリズムのモデル地区12ヶ所を決めたが、2017年までに50地区に増やしていきたい。
・12ヶ所それぞれでエコツアーに参加できる。

【モデル地区】
1. Estuary of the Nakdong River, Busan釜山:渡り鳥の飛来地
2. The Taehwa River, Ulsan 蔚山:
3. Inje County, Gangwon Province 江原道:
4. DMZ Primitive Ecosystem Experience Tour, Yanggu 楊口郡:
5. Donggang Ecotourism Destination, Pyeongchang 平昌:2020年オリンピック開催地
6. Stopover and Wintering Site for Migratory Birds in Cheonsuman Bay, Seosan瑞山市:
7. Estuary of the Geumgang River and Yubudo Island, Seocheon舒川郡:
8. Suncheon Bay, Suncheon 順天市:
9. Wangpicheon Valley, Uljin 蔚珍郡:
10. Anggang Bay, Namhae 南海郡: 
11. Upo Wetland, Changnyeong 昌寧郡:
12. Dongbaekdongsan Wetland, Jeju 済州:

※詳細と各地区の写真はpdfにて掲載

関連サイト: http://www.ecotour.go.kr/home/s01-1.asp (韓国語)




【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【会員さんから】ガラパゴス旅行の魅力
 ガラパゴス旅行のお話 

世界自然遺産でもある、ガラパゴス諸島。
太平洋の赤道そばにうかぶこの島々は、南米エクアドル領の島です。

この度、日本エコツーリズム協会の会員で、ガラパゴス諸島旅行を含め、南米旅行を主に扱っている「株式会社アートツアー」様から、ガラパゴス旅行の見どころをお寄せいただきました
写真は全てアートツアー様からのご提供です。

「ガラパゴスの楽しみ方いろいろ」

アートツアーガラパゴス

ガラパゴス諸島は赤道直下に位置し、名前の付いている島だけでも123の大小の島々が分散して諸島を形成しています。
全陸地面積のおよそ97%が国立公園に指定されて、厳正に自然が保全されています。残りの3%程は5島に分散しており、21,000人程の人々もガラパゴスの自然と共に暮らしています。

ガラパゴス諸島のツアースタイルは、宿泊施設の無い島々に固有種の動物たちが生息しているので、船に泊まりながら各島々を見学をする”クルーズスタイル”が一般的です。ほとんどのプログラムは、一日に2箇所の上陸を繰り返しながら15日間で諸島内を周回する定期クルーズとなっています。1航海が15日間では長いので、多くの船が4日間、5日間、8日間のショートプログラムに分割して利用できるようにしています。
クルーズの魅力は広域に分散している島々を効率的に訪れる事ができること。都合の付く限り乗船期間を長くできれば、比例して多くの動物の見学が可能です。

アートツアーガラパゴス

人々の暮らす4島の町にはホテルがあるので、島に宿泊をしてガラパゴスを体験する事も可能です。もともとこのガラパゴスに辿りついた最後の動物が人間なので、町の中でもガラパゴスを代表する動物達が共存していて、驚かされる事も数多くあります。国立公園内には自由気ままに足を踏み入れることができませんが、ホテルに泊まりながらビジターサイトの見学ができるツアーも数多く販売されています。
1日で往復できる範囲の見学しかできなくても、ガラパゴスの魅力は楽しく感じることができます。またホテルに滞在する事で、朝から夜までガラパゴスの社会に身を投じ、離島に漂う空気と時間に浸ることができるのは、最大の魅力のひとつです。プログラムにより島々のホテルを泊まり歩きながらガラパゴスを楽しむツアーもあります。

ガラパゴスの楽しみ方は数多くありますので、目的に合ったツアーを探してお楽しみください。

(意外?かもしれませんが、赤道近くのガラパゴスにもペンギンが生息しているのです)
Bird-Penguin-IsabelaPier.jpg


ガラパゴス旅行のお手配は:株式会社 アートツアー
TEL:03-3862-6363
E-mail:arttour(at)galapagos.co.jp ※(at)を@に変えて送信
URL:www.galapagos.co.jp



ガラパゴスの動物たち。
↓グンカンドリのオス。繁殖行動で赤くなったのどを膨らませていますが、この姿は1年に1週間くらいしか見られないとのこと。
アートツアーガラパゴス

↓鮮やかな青い脚が名前の由来、アオアシカツオドリ
アートツアーガラパゴス

↓ガラパゴスの固有種であるウミイグアナ
アートツアーガラパゴス








【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★世界旅行ツーリズム協議会代表からのお礼状が届きました★
★世界旅行ツーリズム協議会代表からのお礼状が届きました★

世界旅行ツーリズム協議会のディビッド・スコウシル代表から、日本エコツーリズム協会の愛知和男会長にお礼状が届きました。(2012年5月22日着)

★クリックすると別タブで拡大画像が出ます。
WTTC

【内容】
Dear Mr Aichi,

With another successful Global Summit and 2012 Tourism for Tomorrow Awards Ceremony accomplished, I wanted to take a few moments to personally thank you for your sponsorship and general support of the WTTC Tourism for Tomorrow Awards.
Your continued commitment and contribution to the Awards and other WTTC activities is invaluable.
Its successes depend upon the hard work and determination of so many different levels but particularly of our sponsors and partners.
The Tourism for Tomorrow Awards have gone from strength to strength each year, and next year will be no exception.
If you have any feedback on how to improve the Awards and the ceremony, please feel free to pass this on to me and we will ensure to incorporate your respected opinion.
Once again, many thanks for your generous sponsorship, your support is not something we take likely and is very much appreciated by everyone at WTTC and involved in the Awards.
We will keep you updated about the 2013 Tourism for Tomorrow Awards process.

Kind regards,
David Scowsill
President & CEO
World Travel & Tourism Council

【日本語訳】
愛知様

今回の「世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)世界会議」と「明日のツーリズム賞2012」の成功に際し、貴殿(日本エコツーリズム協会)よりいただきましたスポンサーシップと全般的なサポートに、個人的に時間を取り感謝申し上げます。
この「明日へのツーリズム賞」ならびに他のWTTC活動への継続的な参加といただいた貢献は、非常に貴重なものです。
この成功は、多くの背景の異なる多彩な人々、そしてとりわけ我々のスポンサーやパートナーの、熱心な協力と決断力のおかげです。
「明日のツーリズム賞」は、年々その存在感を増してきており、来年(2013年)もその例外ではありません。
この賞と表彰式を向上させるためのご意見などありましたら、お気軽にお知らせください。我々は、貴殿からいただいた貴重なご意見をしっかりと取り入れて参ります。
あらためまして、寛大なスポンサーシップに感謝申し上げます。今回のご助力は我々が軽々しくいただくものではなく、この賞の関係者やWTTC全員によって大変感謝されております。
これからも、我々は、「明日のツーリズム賞2013」についてお知らせして参ります。

敬具

ディビッド・スコウシル
世界旅行ツーリズム協議会 代表






【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

マレーシアで震災支援イベントが開催されました
■マレーシア在住のJES会員の方から、お便りをいただきましたので、ご紹介します。

20110430マレーシア

2011年4月30日に、マレーシアのランカウイ島、西海岸にあるレストラン(BOAT QUAY)を貸切り日本の震災復興へのチャリテイーデイナーが行われ、島のホテル、レストラン、エージェントなど、約300人近くが集まりました。
本イベントは、島に住む中国系マレーシア人が今年はじめ、仕事で日本に行き日本人の優しさ、温かさ、礼儀正しさ等に感銘を受けていた所、帰国直後に大震災が発生し、「被災された方に何か出来ないだろうか?」と友人同士に伝わり、旅行業界に携る者たちの協力で実施されました。子ども達のパフォーマンスやスライドショーが行われ、当日は約28,000リンギット(約75万円)が義援金として集まりました。義援金は、日本赤十字系を通じて送金されました。


20110430マレーシア

20110430マレーシア








【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。









テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

ヨーロッパ エコツーリズム会議開催のお知らせ
昨年開催された「ヨーロッパ・エコツーリズム会議(EuroEco)」の第2回目が、今年5月30日から6月4日までノルウェーで開催されます。

EuroEcoは、昨年9月にエストニアで第1回目が開催され、120名以上の参加がありました。
第2回目となるEuroEcp2011のテーマは以下の通りです。

■Marketing & PR: What are some of the key ingredients of successful marketing strategies for ecotourism businesses?
■Business Development: Why do some ecotourism projects and initiatives manage – and why do others fail – to become financially successful tourism enterprises?
■Destination Management: What are some best practice examples of developing, managing and promoting ecotourism destinations?
■Conservation & Communities: How are communities, businesses and destinations working together to support conservation and communities through ecotourism?


詳細は下記をご覧ください。
http://www.euroeco2011.com./





★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR

★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【海外会員からのお知らせ】ニュージーランド地震救援金
ニュージーランド・クライストチャーチ在住の、日本エコツーリズム協会会員の方からお知らせが届きました。
先の地震について、赤十字が募金を募集しているそうです。

ゆうちょや、コンビニ、インターネット募金などで受付けているということです。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002021.html



★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

アラスカの河内さんがTV番組で取り上げられます
昨年、「JESフォーラム」や「エコツーカフェ」でアラスカのお話をしてくださった、アラスカ在住のエコツアーガイド・河内さん。
その河内さんから、明日放送のTV番組で取り上げられるというお知らせが届きました。
明日1月20日(木)放送のTBS「スパモク 世界の果ての日本人!~ここが私の理想郷~ 」という番組です。
オーロラの様子も放送されるのでしょうか? お時間に都合のつく方、ぜひご覧ください!

★河内牧栄さんは、NATURE IMAGE/ネイチャーイメージという事務所を立ち上げアラスカでガイドをしていらっしゃいます。「地球の歩き方」にも寄稿をされています。
⇒昨年のJESフォーラムの様子
⇒昨年のエコツーカフェの様子。東京のエコツーカフェ京都のエコツーカフェ







★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。