≪01  2017-03/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★求人情報★ 【株式会社 知床ネイチャーオフィス】(北海道)
★求人情報★ 【株式会社 知床ネイチャーオフィス】(北海道)
北海道の知床(斜里町)で、自然ガイドなどを行うスタッフを募集しています。

知床ネイチャーオフィス


※締切は4月22日必着ですが、適任者がいたらその時点で締め切るとのこと。はやめのご応募をおすすめします。
今回募集をしている「知床ネイチャーオフィス」様は、環境省と日本エコツーリズム協会による第9回エコツーリズム大賞(2013年度)で優秀賞を受賞されています。
また、日本エコツーリズム協会の「季刊エコツーリズム」でも何度か紹介をしています。

----以下概要。詳細はリンク先にて確認。---

採用予定人数:1名
業務内容:自然ガイドおよび関連業務
給与:弊社規定による
待遇:各種社会保険など
資格など:普通自動車運転免許
応募方法:
弊社まで採用希望をご連絡くください。こちらから応募にあたっての書類をお送りいたします。(下記にご連絡ください)
応募締切:
2016年4月22日必着 ※適任者がいましたらその時点で締め切ります。
選考方法:書類審査の上、面接を行い採用を決定します。
採用社員は、2016年5月より勤務していただきます。
お問い合わせ:
株式会社 知床ネイチャーオフィス
人事担当: 松田光輝(まつだみつき) 宛て
〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウトロ東365
Tel: 0152-22-5041 Fax: 0152-22-5061
e-mail: discover@sno.co.jp
http://www.sno.co.jp/index.html

知床ネイチャーオフィス


【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

スポンサーサイト
講習会開催のお知らせ 「自然や文化でもてなすエコツーリズム インバウンド現場のための講習会」
講習会のお知らせです。

■伊勢志摩国立公園指定70周年■
★自然や文化でもてなすエコツーリズム インバウンド現場のための講習会★


12190122_825695104216856_1198055579029285966_n.jpg


地域資源を活用した観光を活かし、日本の宝でもある国立公園でのインバウンド受入を積極的に進めていくことはとても有効だと思われます。
今回の講習会は、現場で安心して受け入れるためのノウハウと効果を上げるための学びとなることを期待してしています。
ガイド・体験事業をはじめ、宿泊業者観光事業に関わる方々もぜひご参加ください!

講師:※各講義の後、質疑応答の時間があります。
【講義(1)】伊勢志摩国立公園について(30分)
:志摩自然保護官事務所 雨宮俊氏
伊勢志摩国立公園についての基礎知識を学ぶ。国立公園の歴史、制度など。

【講義(2)】予約時・現地でのオペレーションについて(60分)
:株式会社JTB グローバルマーケティング&トラベル 松林孝治氏
予約の際、実施の際に気を付けること、特に実際のクレームやトラブルを事例に対応方法についてのお話です。世界各地での旅行業展開を行っているJTB GMTでのご経験から、国や文化の違いから準備しておきたい対応を実際の事例に基づいて具体的に学ぶ講義です。また、送客の立場からも、現地との信頼関係の構築と連携体制についてお話いただきます。

【講義(3)】広報におけるリスクマネジメント(60分)
:NPO法人日本エコツーリズム協会 事務局長 辻野 啓一氏
旅行会社のハワイ支社長のご経験から、企業の広報において重要な、事前告知から、事後報告、情報開示におけるリスクマネジメントノウハウを学びます。現地で、ケガをしたり病気を発症したりした場合の対応方法やその備えのための保険についてもお話しいただきます。

【講義(4)】インバウンドマーケットにおけるエコツーリズム(80分) :
ピッキオ 楠部 真也氏
外国人観光客の調査をもとに、国立公園の自然や地域資源を活かした売れる商品づくりやそうした商品の活用のヒントを学ぶ講義

【日時】2015年12月4日(金) 13:00-18:00
【場所】南伊勢町役場南勢庁舎( 重県度会郡南伊勢町五ケ所浦3057)
【参加費】無料
【定員】30名
【対象】伊勢志摩地域で活動するガイド、及び観光事業関係者の他、国立公園・国定公園等で活動するガイドや観光事業関係者の皆さま
【お申込・お問合せ】有限会社オズ(海島遊民くらぶ)
電話:0599-28-0001 FAX:0599-25-1300
メール:kurage@oz-group.jp
下記項目をお知らせ下さい。
氏名(ふりがな)、性別、年齢、ご住所、電話番号、緊急連絡先、ご所属(会社、団体等ご所属がある場合のみ)、担当部署(フロント、接客係、ガイド、インフォメーション等、所属がない場合も活動内容をお知らせください)、懇親会参加希望かどうか
※懇親会:講習会会場周辺にて。会費5,000円、18:30-20:30
【締切】 11月30日
【主催】伊勢志摩国立公園指定70周年事業実行委員会



【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。



ヘルスツーリズム大賞 募集開始のお知らせ
ウォーキングや森林、温泉などを活用した「ヘルスツーリズム」に取り組む個人や事業者、自治体などを対象とした表彰制度「ヘルスツーリズム大賞」の募集が始まりました。(主催:NPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構)
(※日本エコツーリズム協会は、日本ヘルスツーリズム振興機構の会員です)

ヘルスツーリズム大賞とは
ヘルスツーリズムに取り組む個人、事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取り組みを表彰し、広く紹介するもので、全国のヘルスツーリズムに関連する活動の向上を図ることを目的としています。

募集対象は「組織・団体部門」と「個人部門」。
それぞれの詳細をご覧いただき、皆様の活動に合致するものでぜひご応募ください。

★締切はどちらも2014年12月24日です。

詳細: http://www.npo-healthtourism.or.jp/gp/index.html
【求人】海島遊民くらぶ(三重県)
【求人告知】海島遊民くらぶ(三重県)

第5回エコツーリズム大賞で大賞を受賞した、三重県の「海島遊民(かいとうゆうみん)くらぶ」様から、求人のお知らせが出ています。

【募集職種】事務・ガイド・コーディネーター・企画
【募集期間】1/20~3/15まで ※募集期間を延長しました。
【募集人数】1名
【応募資格】伊勢志摩が大好き・自然が大好きな方・人とふれ合うのが好きな方、EXCEL・Wordの基本的な機能レベル(表作成・文章が打てる程度)が使える方、土日祝日の出勤ができる方。
【勤務内容】エコツアー、ネイチャーツアーのガイド、企画・コーディネーター、事務所運営
【勤務地】三重県鳥羽市

★お問い合わせ★
〒517-0011
三重県鳥羽市鳥羽1丁目4-53
(有)オズ海島遊民くらぶ企画部
℡0599-28-0001
(担当:兵頭)
e-mail: kurage@oz-group.jp

★その他待遇で「時間内でのまかない付き・海月での大浴場使用(無料)」とあります。海月のお風呂は眺めも良く、それにごはんもおいしいですよ。

【詳細】http://oz-group.jp/recruit.html











【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【募集中!】北海道日高町企画 日高でリフレッシュモデルツアー
★ 北海道日高町企画 日高でリフレッシュモデルツアー 実施★

hidaka_20140110_10.jpg

来年1月に、北海道日高町で乗馬や草木染などを組み込んだツアーを開催します。
さらさらの雪のうえで寝っころがってみたり、アイヌの食事を楽しんでみたり...
「ちょっと年末頑張ったから、年明けにゆっくり北海道旅行をしたいな」という方におすすめしたいツアーです。

詳細は下記をご覧ください。サイトにて申込用紙や詳しい日程表のダウンロードもできます。

【実施日】 2014年1月10日(金)~13日(月/祝) 3泊4日
【募集人員】 10名(最少催行人員5名)
【参加費】 おひとり様 50,000円 (東京発着航空運賃、現地交通費、宿泊費(3泊9食)、体験料込)
【宿泊】 沙流川温泉「ひだか高原荘」(3泊)
【お申込締切】 2013年12月25日(水)

【お申込・お問合せ】 申込用紙(Word)
NPO法人 日本エコツーリズム協会
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F 
電話: 03-5437-3080 メール: ecojapan★alles.or.jp ★を@に変えて送信してください。

http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/component/content/article/790

hidaka_20140110_11.jpg







【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

新しい白神山地世界遺産地域管理計画策定

■新しい白神山地世界遺産地域管理計画が策定されました■


10月15日付にて、林野庁、環境省、環境省 東北地方環境事務所、青森県及び秋田県で新しい白神山地世界遺産地域管理計画の策定がされたことが発表されました。

新しい白神山地世界遺産地域管理計画のポイントとして、「世界遺産としての価値を将来にわたって維持していくため、地域に暮らす人たちの知恵や技術を活かしながら、自然環境に配慮したエコツーリズムを推進すること」も管理方針として位置づけられました。

管理計画他はサイトにてもご覧いただけます。
エコツーリズム関連の箇所は以下の箇所です。

---【白神山地世界遺産地域管理計画】抜粋始め---

5.管理の方策
 (2)遺産地域の適正な利用
  ウ.エコツーリズムの推進


世界遺産としての価値を将来にわたって維持していくため、入山者が白神山地の自然環境とその保護の重要性についてより一層理解を深められるよう、緩衝地域(B地域)及び遺産地域周辺地域において体験型のプログラムに基づく利用を推進する。

エコツーリズムの推進に当たっては、地域に暮らす人たちの知恵や技術を活かしながら、野外での自然解説や展示施設での解説等を行う人材の育成及び利用プログラムの構築と実践に向けて取り組んでいく。

また、自然解説等を行う際に、利用に伴う自然環境への悪影響が生じることのないように配慮するためのガイドラインを関係行政機関と地元市町村が関係団体等の協力を得て作成し、持続可能な利用と保全の両立を図っていく。

5.管理の方策
(7)関係行政機関及び地元市町村の体制
  カ.鰺ヶ沢町・深浦町・西目屋村・能代市・藤里町・八峰町


各担当課において、遺産地域の保護と適正な利用に向け、各行政区における自然保護業務、野生生物の保護管理、エコツーリズムの推進、環境対策、文化財の管理等に努める。

---【白神山地世界遺産地域管理計画】抜粋終り---

http://www.rinya.maff.go.jp/tohoku/press/kouhou/atarashiisirakamikanrikeikakusakutei.html


【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。


テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

秋葉原で「うち水っ娘」!!

あれは数年前になるでしょうか(曖昧)、季刊「ECOツーリズム」の「エコツーリズムの現場から」のページで、「各地で行われている活動」の紹介として、東京は秋葉原で「圧電素子を駅の改札の床に埋め込めないか」「秋葉原で夏に打ち水イベントをやって、街なかから冷やす」といった野望(?)をもっている方に原稿をお寄せいただいたことがあります。

「秋葉原? エコツーリズムの冊子に秋葉原?」と掲載当時は一部で話題になったのですが、そのうちの「うち水っ娘(うちみずっこ)」の活動が、今年10年目を迎えました。

うち水っ娘とは? (うち水っ娘のサイトから)

『うち水っ娘大集合!』は秋葉原にて、
みんなで「うち水っ娘」に変身して、
楽しく打ち水をして、暑い夏の秋葉原をちょっと冷やす。


浴衣を着た方や、秋葉原のメイドさんたちが桶を持って、いちど使用した水を撒く。
「ただそれだけ?」と思うかもしれませんが、その「ただそれだけ」が実はとても綺麗な景色を生み出すのです。
秋葉原駅は複数の路線が乗り入れ、駅の使用人数も多い街です。
そこで真夏に、日差しを浴びて、イベントらしく打ち水をみんなでやると、撒かれた水がキラキラと輝いて、その水滴ごしに見る街並は、いつもとまた一味違ったものになるのです。
しかも水を撒く方は、秋葉原のメイドカフェのメイドさんや、浴衣姿の方々。夏らしさが一気にアップします。

その「うち水っ娘」が、ボランティアスタッフを募集しています。

「うち水っ娘」は、
2013年8月3日(土)、10:30-11:30に、JR秋葉原西口交通広場にて開催されますが、ボランティアスタッフとして参加ご希望の方は、下記のサイト「ボランティア募集」のところからご連絡下さい。
http://uchimizukko.chu.jp/

【うち水っ娘大集合! 2013 みんなで虹をかけようよ。」
主催: NPO法人秋葉原で社会貢献を行う市民の会リコリタ
後援: 千代田区

↓ 過去開催の様子。(写真提供:NPO法人秋葉原で社会貢献を行う市民の会リコリタ)
うち水っ娘





【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【求人】長野県飯山市「なべくら高原 森の家」にスタッフ募集
第7回エコツーリズム大賞(環境省・日本エコツーリズム協会)で大賞を受賞した「信越トレイルクラブ」。

日本エコツーリズム協会の会員様もいらっしゃるこの団体様から、スタッフ募集のお知らせが届きました。
募集をしているのは長野県飯山市にある「なべくら高原・森の家」。
いつもスタッフに欠員が出た時に募集をしていますが、先日スタッフの方から、募集をしているというご連絡がありました。

以下転載です。


詳細:  http://www.nabekura.net/about/recruit.html



求めている人は・・・
募集対象:30歳前後の健康な方(男女問わず)

仕事内容:森の家の業務全般
宿泊事務業務・自然体験・田舎体験メニューの提供
クラフト作り・そば打ち体験
森林セラピー事業の推進・信越トレイルクラブ事業の推進
ビジターセンターの運営業務
里山の景観再生の活動・トレッキングルートの整備
信州最北の小さな村の活性化取り組み
宿泊コテージの維持管理
などなど・・・。多岐にわたります!

待遇:給与等については当社規定に基づき決定する
当初は通年雇用の臨時職員
勤務状況を判断してその後、嘱託、正職員への移行。
希望者には社宅を用意します。
(独身者は古民家での共同生活の場合もあります)
社会保険・労働保険・厚生年金加入

勤務時間:月20日、1日8時間のシフト制

応募〆切:決定次第終了
応募者の中から書類選考の後面接を実施します。
(該当者に連絡します)

応募方法:履歴書及び作文1200字程度(内容自由)を下記まで
送付して下さい。履歴書及び作文は直筆のもの。
詳細はお問い合わせ下さい

◆お問い合わせ・書類送付先◆

〒389-2601
長野県飯山市なべくら高原柄山

一般社団法人 信州いいやま観光局
なべくら高原・森の家(高野)

電話:0269-69-2888
mail:k.takano@nabekura.net








【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第1回アジア国立公園会議開催のお知らせ【発表者募集中】
第1回アジア国立公園会議開催のお知らせ【発表者募集中】

ogasawara_for_APC.jpg

日本を含め、アジア地域の保護地域を対象とした国際会議が、2013年秋に宮城県仙台市で開催されます。
テーマは「国立公園がつなぐ(parks connect)」

環境省とIUCN(国際自然保護連合)が主催となるこの会議では6つのワーキンググループにおいて口頭発表が行われます。またポスター発表も予定されています。

2013年3月より、この両発表において発表者募集が行われています。
6つのワーキンググループのうち、
【2.保護地域における環境教育・観光】では、日本エコツーリズム協会の海津理事が議長となり、エコツーリズムや環境教育等について発表が行われる予定です。

■ワーキンググループ テーマ■
1.自然災害と保護地域
2.保護地域における環境教育・観光 ⇒下記にて詳細
3.文化・伝統と保護地域
4.保護地域の協働管理
5.保護地域に関する国際連携
6.生物多様性と保護地域

■発表応募■
言語: 
(口頭発表)要旨の提出および口頭発表は英語。質疑応答は日本語可能。
(ポスター発表)英語または英語を含む多国語
申込用紙: 「第1回アジア国立公園会議」サイトからダウンロードできます
締切: 6月15日

■ワーキンググループ「2.保護地域における環境教育・観光」について
議長: 海津ゆりえ(文教大学教授、日本エコツーリズム協会理事)
副議長: 姜美姫(韓国エコツーリズム協会理事)

★期待されるサブテーマと発表★

1)観光及び持続可能な開発のための教育(ESD)の資源としての自然保護地域
 ・保護地域を活用した観光・ESDプログラム
 ・資源価値の評価
 ・保護地域の活用と空間計画
 ・資源の維持管理と企業・観光者の参加
 ・保護地域におけるツーリスト満足度等  など

2)保護地域の保全と活用における情報通信テクノロジー
 ・利用に伴うモニタリングにおけるICT活用事例
 ・保護地域の観光情報発信におけるICT活用事例
 ・ESDとICT
 ・ICT関連企業の自然保護や管理への取組  など

3)持続的な地域開発と自然保護のための観光運営システム
 ・観光による地域の持続的発展戦略
 ・課題が生じた地域事例
 ・政策による解決策
 ・ガイドラインやルール
 ・認証制度
 ・運営組織  など

4)保護地域におけるツーリズムの経済的効果とビジネスモデル、パートナーシップ
 ・エコツーリズム市場事例
 ・ツーリストに関する指標・データ
 ・保護地域の市場価値
 ・観光による資源保護実績
 ・事業者の新たな取組等  など

5)青少年(young generation)の教育における保護地域の役割
 ・保護地域における青少年に対する環境教育プログラムの事例
 ・保護地域における青少年の自然体験プログラムの事例
 ・青少年を対象とした保護地域や自然地域について情報発信の事例

6)その他
 ・保護地域における観光及び持続可能な開発のための教育(ESD)に関わる法制度
 ・観光・ESD関連NGOの活動事例
 ・都市の保護地域、都市近郊の保護地域におけるエコツーリズムと環境教育  など

■会議概要■
開催期間: 2013年11月13日(水)~17日(日)
想定参加人数: 500名
参加費: 無料(交通費・宿泊費・食費等は自己負担)
使用言語: 英語 ※開会式、基調講演、全体会合等は同時通訳付き

■備考■
・会議では保護地域を代表するものとして一般に知られている「国立公園」という言葉を用いますが、 すべての保護地域(原生自然環境保全地域、自然環境保全地域、国立公園、国定公園、都道府県立自然公園、鳥獣保護区、生息地等保護区、名勝・天然記念物、 文化的景観、保護林、保安林、特別緑地保全地区、ラムサール条約湿地、世界遺産、ユネスコエコパーク、ジオパーク、地域の自主的な管理区域など)を対象と します。
・日本エコツーリズム協会はこの会議の実行委員会メンバーとなっています。

その他詳細は「第1回アジア国立公園会議」サイトにてご確認ください。





【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

地域振興事業 岩手県二戸市視察へ行ってきました
JESの地域振興・震災復興支援事業の一つとして、「岩手県宮古市1000年の絆を紡ぐエコツーリズム推進事業2012~宝探しから震災復興へ~」を実施しています。
これまでに宮古市の方々への聞き取り調査を行い、様々な宝を掘り起こしてきました。昨年は10月に再発見した宝を活用した「エコウォーク」プログラムを10月13、14日に開催しました。
コースは2コース作成し、一つは黒森神社を訪ねる「海と山と人々と神をつなぐ黒森神楽 黒森神社、山口集落を歩く」コース。もう一つは、震災の爪痕を残す田老地区を訪れ、震災からの学びと、自然の美しさ、自然と共に暮らしてきた人々の営みを訪ねる「三陸の宝・陸中海岸と田老 復興する宮古の自然と生業を訪ねる」コースでした。

今回は、地域が主体となった体験プログラムの実施、受け入れの体制について学ぶために、宮古市の方々と岩手県二戸市を視察訪問した様子をご報告します。

二戸視察は、3月9、10日にかけて行われ、
1日目は、
・天台寺ボランティアガイドの案内で天台寺散策
・門崎集落「浄門の郷」の取り組み視察
・懇親会(二戸市の方々と)
2日目
・お豆腐づくり見学
・足沢集落「ぎばって足沢」の取り組み
・意見交換会

天台寺の散策
天台寺の境内で集合

参加者は、宮古市からは黒森神社総代会の方々と宮古市の観光課、観光協会の方、環境省レンジャーの方、パークボランティアの方々が参加され、本プロジェクト担当の文教大学准教授、JES理事の海津さんと、その学生さんたちです。あと、二戸での受け入れについて色々と調整いただいた二戸市の観光課の方、総勢20名ほどです。

宮古市の皆さん

天台寺観光ボランティアガイドの方から天台寺のゆかりと宮古市とのつながりについて聞きました。
天台寺は近隣からも多くの方が参拝訪れ、宮古からもいらっしゃる方がいるそうです。
本殿の中で

「浄門の里づくり協議会」で取り組みについてお聞きしました。取り組みのきっかけは、平成6年ころから「盆、正月には必ず帰省していた息子夫婦や孫が帰らなくなった。田植えや稲刈りの農繁期にもあれこれ言って帰ってこない。」などの話が聞かれるようになり、このままでは村が廃れて無くなる、という危機感からだったそうです。
そこで平成7年に40~50代を中心とした担い手10名が活動を始めました。
活動の理念は
1「21世紀に向けたむらづくり10カ年計画」の実施に優先順位をつけない
2共同作業参加を決して強要しない
3農業農村に住むことの誇りと喜びがもてるむらづくり
です。
協議会は19戸、52名で6つの専門部会を設置し、一人一役を担う体制にしているとのこと。
浄門の郷

活動が認められて今年度、農林水産祭の村づくり部門賞で天皇杯を受賞されたそうです。
興味深かったのは、参加を強要しないという点です。各家々にはそれぞれの事情があるのだから参加を強要して、無理が生じたり、参加しにくい雰囲気を作らないようにした点です。
組織の運営においては非常に大切なことだなあと思いました。
下の写真は串もちです。小麦粉でねったお団子にじゅうねんを塗ってあるのですが、これがすっごくおいしかったです。なんと1本90円で販売しているとのこと。小麦粉のねり加減が絶妙でした。
串もち

そして1日目の最後は二戸市の方々も交えた懇親会。二戸市の皆様、お休みのところ駆けつけていただきありがとうございました!
懇親会

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。