≪01  2008-02/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第17回 エコツーカフェ『フィジー』 満員御礼!!
bn080228.jpg

第17回 エコツーカフェ 『フィジー』 南の島のひとびと

 今回のエコツーカフェは、外の寒さを忘れるくらい暖かい国のお話でした。太平洋に浮かぶ「フィジー諸島共和国」。メラネシアに位置するこの諸島は、海、森、人、食べ物に恵まれた国です。
 ゲストには、フィジーに携わって18年というフィジー政府観光局の川端さん、そして写真家の飯田裕子さんをお招きしました。
 この日は、まだまだ寒い日が続いているにも関わらず、21名ものお客様が参加してくださいました。その中でも、フィジーに実際に行ったことがあるという方が数名いらっしゃいました。
 今回は、川端さんから、フィジーの基本的な情報をお話していただいた後に、飯田さんにフィジーのエコツーリズムについてお話していただきました。おふたりの話に共通していたのは、フィジアンの気質。まさに「気は優しくて力持ち」なひとびとだそうです。南国の島々としてひとくくりにされそうなタヒチ、パプアニューギニアとの違いもお話していただきました。

 飯田さんからは、多くの写真と共に、フィジアンの生活、生き方、たくましさを紹介していただきました。実際にフィジーに行かれている方からお話を伺うと、全てのお話が本当に面白く感じられます。
このカフェの様子は、後日詳細なレポートを掲載します。
 
 エコツーリズムに欠かせない、旅行先の文化や自然、伝統を紹介してもらうイベントとして始めた「エコツーカフェ」ですが、みなさまのおかげで毎回とても盛況です。お食事と資料は、ご予約を頂いた方優先になっていますので、参加される方はぜひご予約ください。
連絡先: 日本エコツーリズム協会 tel: 03-5437-3080
e-mail: ecojapan@alles.or.jp
次回は3月27日18:30から、同じく南の国「パプアニューギニア」を取り上げます。

次回以降の予定: 毎月第四木曜日 18:30~20:00(18:00開場) 
詳細: http://www.ecotourism.gr.jp/eco2cafe.html
3月27日 パプアニューギニア
4月24日 イギリス・湖水地方
5月22日 パラオ
6月26日 ヨルダン
7月24日 スリランカ

みなさまの参加をお待ちしております。
スポンサーサイト
会報38号発行
日本エコツーリズム協会会報38号発行しました

38.jpg


今回の特集は、昨年行われた「第三回エコツーリズム大賞」。日本各地でエコツーリズムに取組んでいる団体の活動内容を紹介しています。
巻頭インタビューでは、このところニュースなどでもよく出てきている「カーボンオフセット」を行っている団体代表の國田かおるさんにお話を伺いました。
その他、「月いちフォーラム」や「エコツーカフェ」報告、書籍紹介などを掲載しています。会員の方には2月22日(金)に発送しましたが、会員でない方にも一部525円(税込み)で販売しています。ご希望の方は日本エコツーリズム協会までご連絡ください。
日本エコツーリズム協会: tel: 03-5437-3080 e-mail: ecojapan@alles.or.jp

あわせて、読者の方からの意見・ご感想も受け付けております。上記連絡先までご連絡いただくか、コメントでも受け付けております。
【内容】
巻頭インタビュー:「カーボンオフセットとは何か?」 國田かおる氏
特集:第三回エコツーリズム大賞決定!
日本のエコツーリズムサイト:北海道浜中町 霧多布湿原(きりたっぷしつげん)
ガイドだより: 信越で活動している渡辺氏
地域団体だより:西表島エコツーリズム協会
グッドエコツアー参加者からのレポート: 都立奥多摩湖畔公園  山のふるさと村ビジターセンター
「お手軽大人キャンプ」
会員紹介: 山梨環境科学研究所 本郷氏
エコツーリズムの現場から:ガラパゴス諸島の危機遺産リスト登録について
エコツーリズムモデル事業地区フォローアップ: 六甲地区・屋久島地区・湖西地区


テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★第17回 エコツーカフェ『フィジー』開催のお知らせ★
fiji.jpg


第17回 エコツーカフェ『フィジー』

そろそろ春が感じられる気配になってきましたが、みなさまいかがお過ごしですか?
今月の「エコツーカフェ」は、南国フィジーを取り上げます。

ニュージーランドの北に浮かぶ国・フィジー。フィジーというと、ビーチリゾートをイメージされる方がほとんどだと思いますが、実は深い緑に囲まれた山々を有する国でもあります。
 リゾートから少し離れて、もう一歩奥まで足を踏み入れると、そこには素朴な町や村があり、フィジアンの優しい笑顔と美しい風景が、旅人を温かく迎えてくれます。
 フィジーには、海だけではなく、人間として本来あるべき姿を残した人々と、抱えきれないほどの神秘な力を宿した手付かずの自然や文化が残されています。
 そんなフィジーの魅力をたっぷりお伝えします。 

【ゲスト】川端 郁代氏 (フィジー政府観光局) 
     飯田 裕子氏(写真家) サイトは⇒こちら
【参加費】1000円(軽食・飲み物付)
【会場】Asante Sana 目黒店 (東京都目黒区三田2-7-10-102 )
【対象】どなたでも         【後援】日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会  お名前・連絡先を明記の上、下記までお申込ください。
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 
※当日参加もできますが、お食事・資料はご予約の方が優先になります。

  会場は第三世界ショップ併設のカフェ。テーブルや椅子も全て木製で温かみがあり、エコツーカフェでは、おにぎりセットをみなさまにお出ししています。雑穀入りの、とても身体にやさしいメニューです。エコツーカフェ終了後にお店でお買い物もできます。

*エコツーリズムには、旅先の「自然」のほかにも、その土地の「文化」「歴史」「伝統」などを感じるという醍醐味があります。エコツーカフェでは、毎回それぞれの国や地域に精通した方をお招きし、その土地について直にお話していただいています。*

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

オーストラリア・エコツーリズム研修レポート
昨年のものなのですが、「財団法人貿易研修センター」というところが主催した、「日豪エコツーリズム開発交流派遣事業」のレポートがネット上に出ています。
昨年10月22日(月)から10月28日(日)、 オーストラリアのクイーンズランド州で行われたものです。
クイーンズランド州⇒ケアンズがある州。オーストラリアの東北の端っこに位置しています。キュランダ国立公園など、豊かな自然の州です。
レポートはこちら⇒http://www.iist.or.jp/j/contents/ied/ja-eco.html

研修に参加したのは、実際に日本でエコツーリズムに関わっている方々です。レポートを読んでいて私が気になったのは「エコツアーにおけるバリアフリー制度」という点。具体的にどのようなことに取組んでいるのか気になります。

オーストラリア・クイーンズランド州といえば、日本エコツーリズム協会も関わった事業で、昨年7月から12月まで、クイーンズランド州の国立公園に日本人レンジャーを2名派遣していました。彼らからは毎月レポートが送られてきており、それをアップしたサイトがあります。
レポートはこちら⇒http://www.ecotourism.gr.jp/aus.html

しかしオーストラリアの景色は雄大ですね。空が広く見えます。毎日寒さと花粉に悩まされている身としては、こんなところに行ってみたくなってしまいます。


テーマ : オーストラリア
ジャンル : 旅行

平成19年度全国エコツーリズムセミナーの開催
今月の「月いちフォーラム」にゲストとして登場した江崎貴久さんが基調講演をつとめるシンポジウムが開催されます。

---ここから環境省報道発表----
環境省は、多くの方にエコツーリズムに関心を持ち、行動していただくことを目的として、平成20年3月11日(火)に「全国エコツーリズムセミナー」を開催します。
 本年4月に施行される「エコツーリズム推進法」では、政府はエコツーリズムの推進に関する基本的な方針(基本方針)を定めることとされており、現在、有識者からなる検討会を設け、基本方針に盛り込むべき内容について検討をいただいています。
 本セミナーでは、平成20年3月5日に検討会が取りまとめる提言内容の説明と質疑応答を行います。また、この検討会の委員であり、三重県鳥羽市で旅館を営みながら若手女性経営者としてエコツアー会社を運営する江崎貴久氏の基調講演をいただきます。

平成19年度 全国エコツーリズムセミナー
【テーマ】わが国のエコツーリズムの現状とエコツーリズム推進法への期待
【日時】平成20年3月11日(火)13:30~16:30
【主催】環境省
【後援】文部科学省、農林水産省、国土交通省(予定)
【場所】法学館ビル 地下1階 501AB教室
東京都渋谷区桜丘町17-5 電話03-3780-1717
【交通アクセス】
・JR渋谷駅南改札西口 徒歩4分
・地下鉄銀座線、半蔵門線「渋谷駅」徒歩4分
http://www.hogakukan.com/enterprise/space/sibuya/map.html
【内容】
(1)基調講演 「住民との交流、地域の魅力を活かしたエコツアーの展開」
~海島遊民くらぶの取り組み~
有限会社オズ 代表取締役 江崎 貴久 氏
(2)エコツーリズム推進法の概要
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室長 岡本 光之
(3)エコツーリズム推進基本方針に対する提言についての報告
エコツーリズム推進に関する基本方針検討会事務局
(4)エコツーリズム推進基本方針に対する提言の取りまとめにあたり
~エコツーリズムを推進する地域の期待に応えるために~
東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授 下村 彰男 氏
(5)質疑応答
下村 彰男 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
江崎 貴久 氏(有限会社オズ代表取締役)
寺崎 竜雄 氏(財団法人日本交通公社総務部企画課長/主任研究員)
岡本 光之 (環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室長) 7 参加申込みについて
【定員】 200名
※エコツーリズムに御関心をお持ちの方ならどなたでも御参加いただけます 参加費: 無料 申込方法: 別紙「参加申込書」に御記入の上、下記あてにはがき、封書、FAXでお送りください。
また、必要事項を記入したE-mailでも受け付けております。 申込み先: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2 第一鉄鋼ビル9階
全国エコツーリズムセミナー事務局
FAX 03-5208-4706 E-mail eco-seminar@jtb.or.jp
担当:(財)日本交通公社研究調査部 清水、吉澤 締切: 平成20年3月5日(水)
※定員になり次第締め切らせていただきます。

【詳細】 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9348

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

丹沢エコツーリズム担い手育成講座
神奈川県の丹沢でこんにゃくづくりをやってきました。
この講座は、神奈川県と日本エコツーリズム協会が2年間行っている「丹沢エコツーリズム担い手育成講座」という事業の一環で、地元の歴史や文化を学ぼうと企画されたものです。

こんにゃくいもから作るのですが、地元の方に教えていただきながら、こんにゃくいもを洗うところからはじめました。まずは3mmくらいの厚さで皮をむきます。それを適当な大きさに切り、芋1kgに対して1.8リットルの水を用意し、その水を張ったたらいか鍋のなかで、芋をすりおろします。
080316_01.jpg

水の中ですりおろさないと、削ったところから硬くなり、すりおろしにくくなります。
080316_02.jpg

その後、生成ソーダをいれ、加熱しつつかき混ぜ、いい具合に固まったところで表面を平らにしてかたちをととのえ、上から叩いて空気を抜きます。しばらく放置したあと、40分間火にかけます。その後、冷水にさらします。そしてできあがりです。 所要時間はおよそ2時間程度。芋2kgくらいを使い、下の画像の大きさのお鍋ふたつ分のこんにゃくができました。
080316_03.jpg

今回のこの講座では、「こんにゃくづくり」「わら草履づくり」「炭焼き体験」の3つがあり、それぞれ5.6人のグループになり作業をしました。わら草履づくりは、途中で何度か作っているところをみにいきましたが、足の指先に紐をひっかけ、座りながらわらを編みこんでいて、全身運動に近いものがありました。出来上がった草履を受講生のひとりが楽しそうに履いて歩いていたのが印象的でした。

受講生は、これから丹沢でエコツアーガイドとして活動しようという意欲的なメンバーなので、地元の方に、昔使っていた道具を見せてもらったり、そのときの思い出などを話してもらっていました。

この丹沢エコツーリズムに関しての写真展+フォーラムが、来月28日から、町田のモンベル・グランベリーモール店で開催されます。期間中、スタッフが常時いますので、丹沢でのおすすめポイントなどを聞いてみてくださいね。皆さんの参加をお待ちしています。

【詳 細】 http://www.ecotourism.gr.jp/event/tanzawa0803.html

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

☆エコツアープロデューサー養成講習会開催!!☆
☆エコツアープロデューサー養成講習会開催!!☆

「自然と人」を結びつけるガイドを養成する「エコツアーガイド養成講習会」から
発展し、更に「人と人」を結びつけるために、縁の下の力持ちであるプロデュー
サーを養成することを目的にした講習会を開催します。※ 参加するにあたり、
「エコツアーガイド養成講習会」を修了している必要はありません。お気軽に
ご参加ください。

【日 時】 3月10日(月)~12日(水) 3日間
【場 所】 鳥取県米子市皆生温泉 観光センター 多目的ホール
【定 員】 30名(申込み先着順)
【参加費】 30,000円(講習代、テキスト代、交流会費、2日目昼食含む)
      ※宿泊費等は含まれません
【主 催】 大山・中海・隠岐エコツーリズム協議会
【お問合・お申込】「大山・中海・隠岐エコツーリズム協議会」 担当:杉谷・足立
〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉3-1-1
tel/fax: 0859-35-6785 e-mail: kaike-nature@shore.ocn.ne.jp
【応募締切】3月3日(月) ※定員になり次第締切り
【詳 細】 http://www.ecotourism.gr.jp/yonago0803.html


テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第2回 エコツーリズム推進に関する基本方針検討会 
1月29日に、第2回エコツーリズム推進に関する基本方針検討会が行われ、4月の「エコツーリズム推進法」施行に向けて、エコツーリズム推進に関する課題や取り組みについて話し合われました。
議事次第は下記HPで見ることができます。
http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/kento/02/index.html

また、環境省では「エコツーリズム推進法施行規則(案)の意見の募集(パブリックコメント)について」と題して、みなさまからの意見を募っています。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9295
2月29日締め切りです。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

トラの子に人工呼吸
エコツーリズムとは直接関係ないのですが、海外ニュースをひとつ。
みなさん、トラお好きですか。トラ。
ドイツのハレという町にある動物園で、お肉を食べようとしたトラの子供が食事の仕方に失敗(?)し、たまたま息子と動物園に来ていた女性の医学生に助けられるというニュースがありました。
医学生、トラを救う(ドイツ語)
↑ドイツの新聞のサイトなのでドイツ語ですが、このりりしい子トラの立ち姿の写真だけでも見る価値はあるかもしれません。
記事の概要は、たまたまハレの動物園を訪れていた24歳の医学生が、心臓マッサージと人口呼吸をトラに施し、トラの命を救ったというものです。彼女は「獣医」の勉強をしているわけではなく、あくまで「医学生」のわけなのですが、動物園側は大変感謝し、このトラに彼女の息子の名前(Johann:ヨハン)をつけたそうです。
Mund-zu-Maul Beatmungがこの場合「人口呼吸」という意味なのですが、Mundが人間のくち、Maulは動物のくちの意味なので、まさしくこういった場合にしか使わない単語なのでしょうね。
(通常の人口呼吸はMund-zu-Mund Beamtung)

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

環境goo大賞2007 一次審査通過!!
環境保全に取組む企業やNPOなどのHPを対象とした「環境goo大賞2007」の一次審査の結果が発表され、日本エコツーリズム協会のHPも二次審査に進むことができました。二次審査は読者投票によって決
まります。日本エコツーリズム協会以外にも、多くの企業や団体のHPがエントリーされていますので、ぜひ下記サイトをご覧の上、「ここだ」と感じたHPに投票をしてみてください。

「環境goo大賞2007」
 http://eco.goo.ne.jp/business/event/taisyou/taisyou_2007/
月いちフォーラム 「女将兼ガイド」
0803_02.jpg


エコツアーの歩き方 「月いちフォーラム」


2月12日(火)、東京・渋谷のアウトドアショップ「モンベルクラブ渋谷店」で、「月いちフォーラム」を開催しました。
今回のゲストは、三重県鳥羽市で老舗旅館の女将、江崎貴久(えざき きく)さん。
「エコツアーのイベントなのに『女将』?」と思われるかもしれませんが、江崎さんは現役のエコツアーガイドでもあるのです。日本エコツーリズム協会の「このガイドさんに会いたい100人」のひとりに選ばれたり、テレビに出たりと、色々なところで活躍している江崎さんは、とても親しみやすい人柄で、みんなから「きくさん」と呼ばれ慕われています。
今回は、着物姿で登壇してくださいました。鳥羽の魅力をお話してくださいましたが、今回はなんと会場に集まったお客様の半分近くが、鳥羽に行ったことがあるということで、きくさんからさらに鳥羽のお話をきくことで、次回はまた違った旅行ができそうな内容でした。

また後日、詳しい内容をアップしますので、お楽しみに!!

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第5回 全国ほんもの体験フォーラムinおきなわ
okinawa.gif


第5回 全国ほんもの体験フォーラムinおきなわ開催!!

 「ほんもの体験」… みなさんはこの言葉から、どんなものを想像しますか?
体験に「ほんもの」も「にせもの」もあるのかな? 自分が体験したことが結局「ほんもの」じゃないの? ・・・色々あると思います。
 私個人の意見ですが、例えば何かエコツアーに参加したとします。そのとき、ガイドさんが「プロ」だと、自分の中にとても大きなものが残る、という体験をしたというものが「ほんもの体験」なのかな、と思います。ガイドさんの言葉が、誰かの受け売りの言葉ではなく、自分の体験や調査結果から得たものだと、何か安心感があるのではないでしょうか。

 3月に、沖縄で「全国ほんもの体験フォーラム」が開催されます。沖縄の生活文化を体験したり、農村民泊をしたり、塩をつくったり洞窟に入ってみたり・・・。様々な体験ツアーが目白押し。体験ツアーだけでなく、事例発表やパネルディスカッションも行われます。研究者の方から一般の方まで、多くの方のご参加をお待ちしています。

-----ちょっと硬い案内はこちら-----
農村漁村が抱える「過疎化」「高齢化」の問題とともに、地域の様々な
技術が消滅の危機に瀕しています。一方都市部では、心と身体に様々
な問題を抱えた人がいます。こうした農村漁村に暮らす人々と都市部
の人々が交流することで、新たな可能性が生み出されます。本フォー
ラムでは、体験型観光の先進地や旅行会社の方々をお招きし、地域の
価値の再発見と全国に誇れる『ほんもの体験』の理念や手法について
考えます。体験ツアーも開催されます。
-----ここまで---------
*開催概要*
【日 時】 3月7日(金)~9日(日)
【メイン開場】 うるま市石川会館(沖縄県)
【お問合せ】 沖縄体験ニライカナイ  tel: 098-964-1616
e-mail: info@niraikanai.co.jp
【詳 細】 http://honmono-taiken.com/




国内格安航空券サイトe航空券.com



テーマ : 沖縄
ジャンル : 地域情報

丹沢の写真展+フォーラム開催!!
tanzawa


神奈川県・丹沢の写真展+フォーラムを、町田市で開催します。

 「そもそも丹沢ってどこ?」という方へ。丹沢(たんざわ)は、神奈川県の北西部に広がる山地です。神奈川県の面積の6分の1をしめ、登山やハイキング、渓流釣りが楽しめます。映画「ゴジラVSモスラ」の舞台にもなったそうです。
 この丹沢で、地元の方と行政、それにNPOが一緒になり、エコツーリズムをすすめていく事業が行われています。地元の有志の方が、エコツアーガイドとして活躍できるよう、数々の講習会を重ね、実践のモニターツアーも行ってきました。
 そしてこのたび、丹沢自然学校が誕生します。その記念として、写真展とフォーラムを開催します。この事業はここで終わらず、丹沢で自然や歴史、文化を楽しみたいと希望しているお客さまに、もっと楽しんでもらおうとこれからも進んでいきます。まずは、丹沢ってどんなところ? 何ができるの?という方、ぜひ写真展においでください。会場には森の様子や風景を、写真とジオラマで再現しています。会期中、「丹沢よろず相談所」も設置。「帰りに温泉につかりたいけどおすすめのルートは?」「富士山がきれいに見えるところは?」などなど、お気軽にご質問ください。

1)写真展
【開催期間】 3月28日(金)~4月4日(金)
【会  場】 モンベルクラブ グランベリーモール店(田園都市線・南町田駅すぐ) 
東京都町田市鶴間3-4-1
tel: 042-788-3535
【入  場】 無料
【主  催】 NPO法人 日本エコツーリズム協会
       丹沢自然学校
【協  力】 神奈川県自然環境保全センター、神奈川県山北町、小田急電鉄(株)、(株)モンベル

2)月いちフォーラム 丹沢編 エコツアーの歩き方
~丹沢エコツーリズムへの挑戦~
「丹沢から発信しよう、真のエコツーリズム」を合言葉に、2006~2007年度の2年をかけて神奈川県が行ったエコツーリズムの担い手育成講座。講座を企画・担当した神奈川県自然環境保全センターの吉田さんが、講座の内容やこれからのエコツーリズムにかける夢について熱く語ります。講座の修了生が立ち上げた「丹沢自然学校」のメンバーと、日本エコツーリズム協会(JES)理事の海津さんとのトークセッションを行います。
【日 時】3月28日(金) 18:00~19:30(開場17:30)
【参加費】無料
【お申込】モンベルクラブ グランベリーモール店 tel:042-788-3535
【定 員】50名
【主 催】神奈川県自然環境保全センター
     日本エコツーリズム協会

春休みのちょっとしたお楽しみではないでしょうか。みなさまのお越しをお待ちしています!!

テーマ : 東京
ジャンル : 地域情報

エコツアーガイド養成講習会開催!!
エコツアーやガイドに興味のある人におすすめのイベントです。

☆エコツアーガイド養成講習会開催!!☆

 東京都・目黒で「エコツアーガイド養成講習会」を開催します。エコツアーガイドとして必要な知識・考え方や、身につけておくべき技術など、盛りだくさんの内容です。
 講習修了者にはJESより修了証が発行されます。
 全国で活動するエコツアーガイドのクオリティー・能力の向上を図り、参加者が安心してツアーに参加できる環境作りと、各地域における適正なエコツーリズムの推進を図ることを目的としています。多くの方のご参加をお待ちしています!

【日 時】 3月7日(金)~9日(日) 3日間
【場 所】 日本エコツーリズム協会 (東京都品川区・JR目黒駅そば)
【定 員】 30名(申込み先着順)
【参加費】 29,000円(講習代、テキスト代) ※宿泊費・食費は含まれません。
【主 催】  NPO法人 日本エコツーリズム協会
【お問合せ】 NPO法人 日本エコツーリズム協会
TEL:03-5437-3080  FAX:03-5437-3081  E-mail:ecojapan@alles.or.jp
【お申込】 申込用紙に必要事項を記載し、日本エコツーリズム協会までメール、
FAX、または郵送にてお申込ください。(電話による受付は不可)
【応募締切】2月29日(金) ※定員になり次第締切り
【詳 細】 http://www.ecotourism.gr.jp/meguro0803.html

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

環境の情報サイト
環境のニュースやイベント情報などを多数掲載しているEICネットというサイトがあります。読み応えのある記事が多いのでよく見ているのですが、先日、エコツーリズムに言及した記事がアップされました。
『観光と生物多様性』
興味がある方はぜひごらんください。それぞれの用語にもリンクがはってあり、分からない言葉の意味をすぐ調べることができるというのも利点のひとつです。 

他にも、環境goo環境らしんばんなどのサイトでも、環境に関する情報が手に入れられます。
現在、JESでは「グッドエコツアー」というエコツアーの推奨制度を設けていますが、登録されているツアーを毎月2回、定期的にお知らせしてもらっているサイトがあります。ポノピープルというサイトですが、家電や野菜についてなど、幅広い情報が掲載されています。

来週火曜日、12日には、東京・渋谷でエコツーリズムについてのイベントを行います。ネットでエコツーリズムを知ったけれど、具体的にどんな人が活躍しているの? という方、ぜひぜひ参加してみてくださいね。
『エコツアーの歩き方 ~月いちフォーラム~』今回は、三重県鳥羽で旅館の女将をしながら、鳥羽の海をガイドしている江崎貴久さんをお迎えします。 当日参加も可能です。お気軽にどうぞ!!

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

会報発行
会報

【会報発行のお知らせ】
日本エコツーリズム協会では、年4回会報を発行しています。最新号は「スカンジナビアのエコツーリズム」を特集しました。デンマークやノルウェー、スウェーデンのエコツーリズム事情をお届けし、他にも日本のエコツーリズムサイトとして石川県の加賀温泉郷を取り上げました。
環境省のエコツーリズムモデル事業地区からの報告や、秋葉原で行われている環境への取組み、エコツアーガイドのインタビューなど盛りだくさんの内容です。
こちらの会報は、1部525円(税込み)で販売しています。バックナンバーも取り揃えていますので、興味がある方はぜひご覧ください。
書籍申込⇒NPO法人日本エコツーリズム協会(JES)
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081
E-mail:ecojapan@alles.or.jp

※次号は2月25日に発行予定です。


テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

日本エコツーリズム協会の活動
【日本エコツーリズム協会の活動】
NPO法人日本エコツーリズム協会(JES)は、エコツーリズムの理念を日本全国に普及し、
ひとりでも多くのエコツーリストを育てることを目的に設立されました。各種イベントや会報発行、エコツーリズムに関する調査・研究等を行っています。

*エコツーリズムについて知りたい方におすすめ*
・エコツアーの歩き方「月いちフォーラム」
⇒エコツアーの現場で活躍する方の経験を通し、エコツアーについて語り合う場として毎月1回、渋谷でフォーラムを開催しています。今までにも、現役エコツアーガイド、研究者、冒険家など多くのゲストをお招きしています。なかなかエコツアーに参加する機会がない方、そもそもエコツアーって何? という方、どなたでもお気軽にご参加ください。
エコツーカフェ
⇒「エコツアー」や「エコツーリズム」、名前は聞いたことあるけどいまいち意味がわからない・・・、そもそも、「どこで」「どんなことが」できるの? という方々に向けて、毎月第4木曜日にJR恵比寿駅近くのオーガニックカフェで「エコツーカフェ」を開催しています。世界の魅力ある地域にスポットをあて、各地の環境や文化、歴史などの紹介、それにエコツーリズム事情などの情報満載のイベントです。 ゲストには毎回、各国・地域の政府観光局や旅行会社、現地在住者の方などをお招きし、リアルな話を提供していただいています。
 
*エコツアーに参加したい方へ*
⇒ご自分が参加したいエコツアーを検索することができます。
・エコツアー総覧
・グッドエコツアー⇒エコツアーの醍醐味は、しっかりとしたガイドがつくこと。
・「このガイドさんに会いたい100人」プロジェクト

*エコツアーガイドに興味がある方へ*
⇒多彩な講師陣による講習会を行っています。(不定期開催)
・エコツアーガイド養成講習会

*調査・研究*
⇒毎年4回の会報を発行し、日本や海外のエコツーリズムについてまとめています。
・季刊「ECOツーリズム」
⇒毎年1回、「エコツーリズムに関する消費者ニーズ調査」を行っています。
・書籍販売

他にも「研究者部会」、日本全国のエコツアーガイドを繋ぐ「ガイド部会」があります。

※インターン随時受付中

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。