≪04  2008-05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エコツーカフェ『パラオ』 レポート
エコツーカフェもついに通算20回を迎えました。今月は南国パラオについてでした。

エコツーカフェ『パラオ』
【開催日】 5月22日(木) 
ゲスト: 芝村剛氏(パラオ政府観光局) 田中大介氏(元・イルカ調教師)

もう夏の暑さです。この暑い中、南国の話なんか聞きたくなりませんか? ということで、今回のエコツーカフェはパラオについてでした。南国パラオ。どこにあるのか、すぐには分からない、という方も多いのでは。「南の島でひとくくり」にされている感が否めないパラオ、フィジー、タヒチ…。そんなみなさんも、一度エコツーカフェに足を運んでいただければ、その違いが分かるかもしれません。(実際に「南の…島ですね」と曖昧だったスタッフも、終わった頃には「パラオ!国旗の柄もばっちりです」というレベルにまで上がりました)
P1010002.jpg


事前にJES事務所にパラオの資料が届きましたが、その青、青、青…! 海の青、空の青、なんですかこれは。毎日窓のない事務所でPC作業に追われ、昼休みに外に出れば「熱…! 溶ける!」と泣きごとを言うスタッフには目の毒です。目の毒過ぎてパラオに行こうかと思いました。ミルキーウェイという、白い泥が沈殿した場所があるのですが、そこはお肌がすべすべになるので、みんな肌に泥を塗りたくり、そのまま乾燥させ、海に入って楽しむそうです。海から上がるころにはお肌つるつる。ちなみにその泥は、サンゴ礁が細かくなったものが微生物に分解され沈殿したもの、だそうです。
P1010011.jpg

予備知識として、「ミルキーウェイ」「ジェリーフィッシュ・レイク(くらげがたくさんいる湖)」他を覚え、いざエコツーカフェ会場へ。会場にはパラオのスクリーンがセットされました。お客さんを待っている間、他の資料を読んでいたら、「パラオの言葉になった日本語リスト」が出てきました。そこにリストアップされた単語は、まずはじめに「baiking:ばい菌」「bakudang:爆弾」「bakutsi:博打」・・・。いくらアルファベット順とはいえ、いきなりばい菌から始まるのか…。読みすすめていくと「dosei:どうせ」の文字。こんなものまで! そして「kanibisket」これは蟹ビスケットでした。読んでいくうちにこのリストを作成した人の感性に感嘆するばかりです。芝村さんいわく、パラオは30年間ほど日本統治時代があったので、そこで日本語が残ったということです。

P1010021.jpg


■パラオの環境■
直行便なら東京から4時間20分でいけます。神戸市から南へまっすぐ3,000km。日本との時差はありません。そのせいか、日本エコツーリズム協会からの旅行者は徐々に伸びているそうです。ダイビングも楽しめるのですが、芝村さんいわく「ダイビングをする人より、しない人が旅行者として増えている」そうです。つまり、ダイビング初心者でも楽しめるプログラムや環境があるため、逆に「はじめてダイビングします」という方が増えているのだとか。
 そのパラオでは、サンゴ礁を見ることができます。ただ、エルニーニョ現象でサンゴの白化現象が起こってしまったそうです。今はだいぶ増えてきたそうですが、それでもところどころ、サンゴが死滅した箇所があるということです。

■パラオで楽しめること■
前述のダイビングの他にも、パラオの緑を楽しむトレッキングや、森の中の滝、カヤックも楽しめます。中でも、ヤップ島で現在でも使われている石貨(巨大な石のお金)は、パラオで採石され、その価値は「掘り出し、運搬など、どれだけの人が関わったかというバックグラウンド」で決まるそうです。そんな文化や歴史に触れてみるのはいかがでしょうか。

■パラオと日本の歴史■
日本統治時代、熱帯生物研究所があり研究が行われていたそうです。敷地跡には、今でも記念碑が建っています。

■おすすめの時期■
一年中おすすめの時期だけれど、特に5.6月は比較的空いているそうです。

次回エコツーカフェは、ヨルダンについてです。

第21回 『中東の国 ヨルダン -ヒトの歴史と地球の歴史が溶け合う国』 
6月26日(木) 18:30~20:00(18:00開場)

詳細は⇒こちら
お問合せ・お申込は日本エコツーリズム協会まで。
TEL:03-5437-3080   FAX:03-5437-3081
E-mail:ecojapan@alles.or.jp





 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

世界のエコツーリズムの動き
「ところでエコツーリズムについて、世界ではどんな動きがあるの?」という疑問をお持ちの方もいるかと思います。
日本エコツーリズム協会でも、取材を受けるときにそういった質問を受けることがあります。アメリカにThe International Ecotourism Society(TIES)という団体があり、今のところ、この団体が世界最大のエコツーリズム協会団体、といっていいかもしれません。情報のやり取りも頻繁ですし。このTIES(タイズ、と読みます)は、エコツーリズムに関する大会を行ったりしています。TIESのHPにも、日本エコツーリズム協会のページがあり、英語で団体紹介がされています。
他にも、世界のエコツーリズム団体の紹介ページがあります。
TIESの次回のイベントとしては、10月にカナダでエコツーリズム北米大会が行われます。国際的なエコツーリズムについて知りたい!という方はこまめにHPをチェックしてみてください。



 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

カーボン・オフセットの本、でました!
bookcover.jpg

昨年10月に「月いちフォーラム」に出ていただき、その後会報でもカーボン・オフセットについて話していただいた國田かおるさんが、カーボン・オフセットについての本を書かれました。

カーボン・オフセット―自分の出したCO2に責任を持つしくみ
第一章 カーボン・オフセットとは何か
第二章 進む温暖化とカーボン・オフセット
第三章 カーボン・オフセットの土台となるもの
第四章 「暮らしの中のCO2排出」を正しく理解する
第五章 企業活動におけるカーボン・オフセット
第六章 日本のカーボン・オフセット事情とオフセットプロバイダー

価格: 1,575円(税込)
出版社: 工業調査会   

アマゾンでの該当ページは⇒こちら 

今月出たばかりの本です。興味のある方は、ぜひ探してみてください。




 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

恐竜化石が渋谷に!
月いちフォーラムレポ ?『世界珍恐竜紀行(+生物多様性』

5月14日(水)、渋谷のモンベルクラブ渋谷店にて、第25回月いちフォーラムを開催しました。
今月のゲストは、恐竜の化石発掘をしている富田京一さん。化石のお話以外にも、富田さんご自身が飼っている生き物のお話もありました。

IMG_1234.jpg

↑会場には化石がずらり。 (クリックすると拡大します。)
「わかるひとにはわかる、でもわからない人にはわからない」ものが勢ぞろいしました。富田さんに「これがサーベルタイガーの牙だよ」「ウニの化石がこれ」と説明をしていただきました。

P1010010.jpg

月いちフォーラム開催初のお子様のお客さんも! 「触れる展示」がとても好評でした。
次回、6月11日も、「触れる展示」があります。
くわしくは⇒こちら

4月の月いちフォーラムのレポートもまだ途中だったのですが、富田さんのレポートもまだ続きます。
(来週くらい・・・かな)
今週木曜日はエコツーカフェ(満員御礼。ご予約いただいた方のお越しをお待ちしております)、23日には会報39号を発送します。日本エコツーリズム協会会員の方、お手元に届くのを楽しみにしていてください。
今号は北海道特集、そして海外のエコツーリズムサイトとしてケニアを取り上げました。今月末に開催されるアフリカ開発会議にも少し触れられていますので、ぜひご覧ください。

※会員以外の方にも一部525円+送料でお送りいたします。詳しくは日本エコツーリズム協会までご連絡ください。
日本エコツーリズム協会
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081
E-mail:ecojapan@alles.or.jp



 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : 生物学、生態学
ジャンル : 学問・文化・芸術

アイルランドのミミズ、年間7億ユーロ以上の働き 家畜の排泄物分解で貢献
この間、たまたま見つけた記事なのですが、アイルランドのミミズが、アイルランドに対し、年間約7億ユーロ(約1100億円)以上相当の働きを行っていることが、同国の環境・遺産・地方自治省が委託した研究の報告書で明らかとなったそうです。
詳しくはこちら↓
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2390631/2923846

アイルランドには約700万頭の牛が生息し、牛1頭につき年間9トンの排泄物が出るが、報告書の試算では、ミミズが排泄物を分解して除去し栄養素を土に返すことで、年間約7億ユーロ相当の働きを行っているという。


一次ソースはまだ見ていないのですが、「アイルランドの生物学的多様性の利益とコストに関する197ページにわたる報告書」において、「その社会的・経済的側面」が掲載されているそうです。

今年1月には、エコツーカフェでアイルランドについて取り上げましたが、そのときにも「アイルランドの生乳生産量は、EU内でもずば抜けている」という話があったような覚えが。

さて、生物多様性についてですが、おりしも19日からドイツで「生物多様性条約第9回締約国会議」が開催されています。
環境省のサイトに詳細がでています↓
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9660
公式サイトはこちら↓ (英語)
http://www.cbd.int/cop9/

以前お知らせしたEICネットでも関係記事が出ています。
http://www.eic.or.jp/library/pickup/pu080508.html
興味のある方はどうぞ。

※6月11日は「月いちフォーラム」の日です! 
『オーストラリア・ゴールドコースト 世界遺産地域のエコツーリズム』




 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

オーストラリア・ゴールドコースト 世界遺産地域のエコツーリズム
第26回 『月いちフォーラム ~エコツアーの歩き方~』
毎月行っているイベント「月いちフォーラム」のお知らせです。

6月ゲスト

『オーストラリア・ゴールドコースト 世界遺産地域のエコツーリズム』
【日 時】  6月11日(水) 18:30~20:00 (18:00開場)
【ゲスト】 藤井慶輔氏
(オーストラリア、クレストツアーズ所属 エコツーリズム・オーストラリア協会認定エコガイドおよび査定官)

 オーストラリア・ゴールドコーストにある、スプリングブルック国立公園とラミントン国立公園で活躍するエコツアーガイドをお招きします。ここの地域は世界遺産として登録されており、正式名称は「オーストラリア・ゴンドワナ多雨林地域」といいます。ここは、恐竜が繁栄を謳歌していた頃に南半球に存在したゴンドワナ超大陸時代の景観や生態を今に伝える森です。

 「世界遺産は観光地なの?」「世界遺産の本当の価値って何?」「エコツアーって何?」「他のツアーと何が違うの?」「その楽しみ方は?」「オーストラリア・エコツーリズム協会のガイド認定制度って?」今回は、世界遺産と認定エコガイドとエコツアーを結ぶ取り組みを皆様にご紹介します。

 また、日本とはひと味違うゴンドワナ多雨林地域の景観や、そこに住む様々な生き物や古代植物をご紹介します。エコツアーだから出来る事、世界遺産だから伝えられる事、資格を持ったエコガイドだから出来る事があります。この森の生態の不思議や世界遺産の価値、自然の楽しみ方をみんなで分かち合いましょう。

■当日展示予定■
・カンガルーの毛皮。
・ユーカリの葉数種類(特徴の実演をします)。
・ユーカリの新鮮な枝(ぽきっと折ると強烈な香りがします)。
・ユーカリの実(分類の仕方を紹介します)。
・コアラのうんち。
・生マカデミアナッツ(その場で割ります)。
・バンクシアの実。 

*触れる展示や実演を行います。お子様もお気軽にご参加ください。(小学生以上)

【ゲストプロフィール】
1976年東京北区生まれ。12歳の頃に家族でオーストラリアへ移住。地元高校卒業後、ガイドである父の影響でガイド業の道へ。
2003年エコツーリズム・オーストラリア協会(通称EA)の認定エコガイドとなる。現在はゴールドコーストを拠点とするクレストツアーズに所属し、エコツアーの基盤をつくる傍らEAの査定官としてエコガイド認定の査定を担当する。

【場 所】 モンベルクラブ渋谷店(JR渋谷駅から徒歩約10分)
   東京都渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル5F
【お申込み】モンベルクラブ渋谷店 tel:03-5784-4005
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!
【詳 細】 http://www.ecotourism.gr.jp/forum.html




エコツーリズムブログランキング
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

富田京一氏講演 『世界珍恐竜紀行(+生物多様性)』
第25回 月いちフォーラム 『世界珍恐竜紀行(+生物多様性]』)
5月14日(水) 18:30~20:00 (18:00開場)
ゲスト: 富田京一氏(肉食爬虫類研究所代表)
5月 月いち


開催から2年目を迎えた「月いちフォーラム」。毎回毎回、違った分野のゲストをお招きしてきましたが、今月は「恐竜+化石」をテーマに、富田京一氏の講演会を開催します。
富田氏は恐竜図鑑の監修や、アウトドア雑誌「B-PAL」で生き物についての連載を行っています。当日は化石も展示するよていです。
渋谷で解説員つき化石展示が楽しめるかもしれないこの機会、ぜひお立ち寄りください。

開催概要:
日時:5月14日(水) 18:30~20:00 (18:00開場)
参加費: 1000円(資料・飲み物代込)
場所: モンベルクラブ渋谷店 (渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル5F) 
     JR渋谷駅から徒歩約10分
お申込:モンベルクラブ渋谷店 tel:03-5784-4005
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!
詳細: http://www.ecotourism.gr.jp/forum.html


エコツーリズムブログランキング
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : 生物学、生態学
ジャンル : 学問・文化・芸術

生物多様性の日
ドイツ環境大臣 世界中の子供たちへ植樹を呼びかける
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&word=&category=&oversea=1&serial=18497 (日本語)

ドイツのガブリエル環境大臣は、「一つの学校に、一本の木、自然への贈り物」というスローガンの下、国連の定めた5月22日「生物多様性の日」に、木を植えて緑の波を起こすよう世界中の子供たちに呼びかけた。
 その日にまずボンで1本目の木が植樹されるのを皮切りに、世界中を緑の波が駆け抜ける。ボンでの植樹には、ガブリエル大臣をはじめ、生物多様性条約事務局長、連邦環境庁長官、そしてボン市長が参加する。
(略)


EICネットの海外ニュースに出ていたものです。詳細は上記リンクをご覧ください。




エコツーリズムブログランキング
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


テーマ : 生物学、生態学
ジャンル : 学問・文化・芸術

大西洋に浮かぶエメラルドの島 アイルランド
1月のエコツーカフェでも取り上げた「アイルランド」。 そのアイルランドの特集記事が環境系ポータルサイトの「ポノピープル」で組まれました。多くの写真と、エコツーカフェでは取り上げきれなかった話などが掲載されています。

大西洋に浮かぶエメラルドの島 アイルランド 
http://world.ponopeople.com/ireland/index.html

緑の豊かさから「エメラルドの島」と呼ばれるようになったアイルランド。
世界保健機関のレポートによると、ヨーロッパ27カ国の中で一番治安が良い国に選ばれており、急速な経済発展を遂げている国である。また、ユーモアのセンスや人懐っこく親切な国民性が評価を受け、旅行ガイドブックの出版を手掛けるロンリープラネット社より「世界で最も友好的な旅先」に選ばれている。
この地の美しい緑は、まさに天からの贈り物。夏は17℃~21℃、冬でも4℃~7℃という気温、そしてシャワーと呼ばれる霧雨が降る少ない降水量が、どの季節も途絶えることのない美しい緑の世界を維持している。ヨーロッパ各国の主要都市からアクセス可能な、意外に便利?なアイルランドのグリーンな歩き方を特集文字色です!


官民一体で行われている全国規模の景観美化キャンペーン「タイディー・タウンズ・コンペティッション(こぎれいな街コンテスト)」というものが行われているそうなのですが、環境美化に取組んでいったことで、それが「自分達の住みやすい町」になっていったといいます。
町づくりや、アイルランドで楽しめるウォーキングについてなどが、豊富な写真と地図付で掲載されています。下記リンクからぜひご覧ください。


エコツーリズムブログランキング
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

環境保護の宣伝効果
どの会社も「地球フレンドリー」~環境保護の催し増え、宣伝効果薄れる

少し前の記事ですが、「多くの企業が環境保護をうたってさまざまな催しを行っているが、催しがあまりに多くなり、宣伝という意味では魅力が薄れた感もある。」という記事が出ていました。

【どの会社も「地球フレンドリー」~環境保護の催し増え、宣伝効果薄れる】
http://www.usfl.com/Daily/News/08/04/0423_025.asp?id=60255

企業のブランド戦略を専門とするランドア・アソシエイツのアレン・アダムソン氏は、地球の日キャンペーンについて「やるのはいいことだが、大々的に行って努力を当日以外にも広げない限り、個々の取り組みにはだれも気付かない」と指摘した。また「きちんとした計画に沿って実効ある運動にしなければ意味がない。1日ならだれでもできる」とも述べた。




エコツーリズムブログランキング
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

環境省生物多様性センター設立10周年記念イベント
イベントのお知らせです。

環境省生物多様性センター設立10周年記念イベント「生物多様性ってなんだろう 
~五感で感じる日本の自然~」の開催について


環境省では、平成20年6月1日に河口湖ステラシアターと生物多様性センターにおいて、生物多様性センター設立10周年記念イベント「生物多様性ってなんだろう ~五感で感じる日本の自然~」を開催いたします。イベントは参加無料、一部のプログラムを除き事前申込みは不要です。

【日時】6月1日(日)10:00~16:30
【場所】環境省生物多様性センター(山梨県)他
【詳細】 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9645



エコツーリズムブログランキング
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

会報39号作成中!!
現在、5月25日の会報39号発行に向け、作業をすすめています。
特集では、今年7月にサミットが行われる北海道洞爺湖周辺を取り上げます。海外のエコツーリズムサイト紹介では、アフリカ・ケニアについて、ケニア大使館の方に執筆していただきました。5月末には横浜でアフリカ開発会議が行われるため、会議についてにも触れられています。
また、ボスニア・ヘルツェゴビナで行われているエコツーリズムについての記事もあります。その他、日本各地からのエコツーリズム報告やエコツアーガイドのコラムもありますので、楽しみにお待ちください。

※日本エコツーリズム協会会員の方には、5月23日にお送りする予定です。
入会ご希望の方は、こちらをご覧ください⇒日本エコツーリズム協会入会について

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーリズム/地域活性化の起爆剤に
少し古い記事ですが、日本農業新聞の論説にエコツーリズムのことが掲載されています。
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/news1/article.php?storyid=517

(省略)
エコツーリズムは、ガイドの案内や助言を受け、自然保護に気を付けながら、自然と触れ合い、学び、知る新しいタイプの旅行で、海や山などの自然に加えて、里山や棚田などの景観、農村の文化や暮らしも魅力的な観光資源になるとして注目されている。

 しかし、一部でツアーにより環境が傷つく例が出てきたことなどから、昨年6月、議員立法で同法が制定された。同法では、国が地域の取り組み状況を公表、助言、広報を行い、支援する。一方で、市町村から申請された構想を認定する。認定を受けると、市町村は大切にしたい地域を「特定自然観光資源」に指定、保護することができる。必要に応じ、その地域への立ち入りが制限できる。
(省略)


農業の目からみたエコツーリズムについても少し触れられています。全文は上記リンクへどうぞ。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

環境ボランティアプログラム in JAPAN
環境ボランティアプログラム in JAPAN

オーストラリアの環境ボランティア団体(CVA)と北海道・霧多布湿原トラストが共同で日豪環境ボランティアプログラムを実施します。オーストラリアからの参加者と霧多布湿原トラスト会員ならびに地元、浜中町の人々と一緒に湿原とその周辺の環境保全活動を7日間にわたって行います。
このプログラムに国内からの参加者を4名限定で募集します。(男性2名、女性2名、もしくは同性4名、ご夫婦や年配の方も歓迎です。)
ボランティアを通じて、環境保全と国際交流を図るユニークなプログラムです。ぜひ、ご参加ください。

【開催期間】 5月20日(火)~5月26日(月)6泊7日
【場 所】 北海道厚岸郡浜中町、 霧多布湿原とその周辺
【お問合せ】 プロマークジャパン (担当:小林)
TEL&FAX: 03-3489-3144 携帯: 090-3345-2292 
e-mail: info@promarkj.com (霧多布ボランティアプログラムとお書きください。)
【詳 細】 http://www.promarkj.com/volunteer/volunteer_program_japan.htm

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

野菜作りはじめました
みなさんはGWをどのように過ごされましたか? 今日たまたま屋久島の方とお話する機会があり、縄文杉について話をきくことができました。

さてこのGWから、JESのスタッフが自家採種(じかさいしゅ)をはじめました。シシトウとレタスとトマト、それにモロヘイヤを、自宅のベランダで育て始めるそうです。夏にぴったりの野菜ですね。
そのスタッフが参考にしているのが、、『岩崎さんちの種採り家庭菜園』という本。イラストが豊富で、初心者にも分かりやすい本だそうです。岩崎政利さんという方が書かれている本です。
「初心者にもわかりやすい」。何かを始めるときには、こういった本があると嬉しいですね。
そのスタッフは、野菜が育つのを楽しみにしているようです。これから暑い夏がやってきますが、この夏を楽しめるものを自分で作るのはとても楽しそうだと感じました。

GWの次は夏休み! 今から楽しみですね。

日本エコツーリズム協会の今月の予定:
5月14日(水) 月いちフォーラム『世界珍恐竜紀行(+生物多様性)』
5月22日(木) エコツーカフェ『パラオ』
5月23日(金) 会報39号「特集・北海道洞爺湖周辺」 発行(会員の方にはこの日にお送りします)


エコツーリズムブログランキング
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。