≪06  2008-07/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【イベント】秩父多摩甲斐国立公園・大菩薩峠でシカを考える
レンジャーと国立公園を歩くイベントのお知らせです。

***************************

山梨県甲州市と、北都留郡小菅村境にある標高1897mの大菩薩峠。江戸時代は、青梅街道・最大の難所とされていました。その大菩薩峠は、かつては夏になると多くの花が咲き乱れる美しい草原でしたが、最近では、草花の姿は急速に消えつつあります。その原因のひとつに、シカの増加があります。シカの増加と景観の変化、そして私たちの社会とは無関係なのでしょうか? 山を歩き、シカの食害を実際に見ながら、人と野生動物の関係・人が人間に与えている影響について一緒に考えてみませんか? 専門家がみなさんをご案内します。 またこの機会に、国立公園の自然について知るともに、自然とのふれあいを楽しみませんか? みなさまのご参加をお待ちしています。

【日 時】 8月11日(月) 9:00~15:30 ※雨天中止
【場 所】 大菩薩峠 (山梨県甲州市)  
約8km、高低差400mのコースをのんびりと歩きます。
【参加費】 100円 (保険料) 
※ 安全確保には最大限の準備と努力をいたしますが、実施中
万一けが等が生じた場合は、申込時に加入する保険の定める範囲で補償いたします。
【定 員】 20名(先着順)
【服装・持ち物】 ハイキングに適した服装・靴、帽子、雨具(カッパ上下)、弁当、水筒、ゴミ袋、
タオル、上着など
【お問合せ・お申込】 奥多摩自然保護官事務所へ電話またはFAXにてお申込ください。
tel: 0428-83-2157 fax: 0428-83-2162 e-mail: Haruna_Nakagawa@env.go.jp
 [1]参加希望者全員の氏名・年齢・住所  [2]前夜に中止の連絡が可能な連絡先
(希望者が複数の場合は代表者の連絡先のみでも可)
【申込締切】 8月4日(月)
【詳 細】 http://www.env.go.jp/park/chichibu/topics/080704a.html







 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

日本エコツーリズム協会 インターン募集のお知らせ
日本エコツーリズム協会では、下記の内容でインターンを募集します。
業務を通じ、エコツーリズムやNPOの活動について学びたい方のご応募をお待ちしています。

【応募資格】
1)基本的な文章作成能力、コミュニケーションスキルがあること
2)基本的なPCスキル(MS Word、Excel、電子メール等が使える)を持っていること
外国語能力(英語に限らず他言語も歓迎)があると尚良し。
【業務内容】
以下の業務担当および補助。
・イベントの準備、運営。受付作業含む。
・イベント終了後のアンケート集計
・世界のエコツアー推奨制度調査
・日本エコツーリズム協会が行なうエコツアー推奨制度の審査補助
・会議資料作成
・メールマガジン作成
・会報(年4回発行)作成
【期間】
半年以上 ※9月から勤務できる方歓迎
【時間】
平日週1日以上 1日4-5時間程度(応相談)
(但しイベント開催に合わせて調整あり) 
【勤務地】
日本エコツーリズム協会事務局(東京都)およびイベント会場 
【給与】
なし ※交通費支給
【応募方法】
メールあるいは電話連絡後、履歴書(形式自由)と「インターンでやりたいこと」と題した作文をJES事務局までお送りください。書類選考の上、面接日をお知らせします。(応募書類は返却しません。)
【連絡先】
日本エコツーリズム協会
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9
アイ・ケイビル4F
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081
E-mail:ecojapan@alles.or.jp
HP: http://www.ecotourism.gr.jp/
*詳しくは日本エコツーリズム協会事務局までお問合せください。ご応募お待ちしております。




 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

秋葉原で打ち水をしてみませんか
 東京の秋葉原で、今週土曜日に打ち水が行なわれます。イベントを主催しているのは、秋葉原で環境保全について取組んでいる「リコリタ」。テレビでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、秋葉原の買い物でレジ袋を断ると、メイドカフェでメイドさんがお礼をしてくれる「Myメイドバッグプロジェクト」という企画を実施した団体です。
この秋葉原での打ち水は、今年で5回目を迎えます。概要は以下の通りです。

今年6月におきた事件を踏まえ、「うち水でつながろう!」をメッセージに掲げ、人と人とのつながりを大事にできるような打ち水活動を、5周年の「うち水っ娘大集合!」として企画実施することしまし。今回は秋葉原にいる様々な人たちと打ち水をすることでつながりを深めていくために、伝統ある神田明神の境内にて「うち水始め式」を実施致します。御神殿にて神主さまのお祓いご祈祷を受けたメイド店約10店舗のメイドさんたちが大参列し、「平和で楽しい、打ち水でつながれる秋葉原」を祈りながら打ち水を実施致します。その後、打ち水呼びかけイベントを秋葉原駅前などで実施致します。当日参加ももちろん歓迎です。打ち水で日本の夏を涼しく過ごしてみませんか?

 神田明神でセレモニーを行なってから、秋葉原駅前でも行なわれます。夏の日を、打ち水をして愉しく過ごしてみませんか?

【日 時】 8月2日(土) 15:30 ~ 17:00
【場 所】 神田明神(15:30~)、秋葉原駅前ほか(~17:00終了) (東京都千代田区)
【お問合せ】 秋葉原で社会貢献を行う市民の会 リコリタ e-mail: uchimizukko@iv.chu.jp
【詳 細】 http://uchimizukko.chu.jp/08.html







 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : 環境ニュース
ジャンル : ニュース

【メディア掲載】「あの国でこれがやりたい!」
anokuni2008_36.jpg

雑誌「あの国でこれがやりたい!」2008 vol.36(7月25日発売)に、日本エコツーリズム協会のイベント「エコツーカフェ」が掲載されました。
サイトは⇒こちら
63pに掲載されています。環境問題に取組むほかの団体とともに掲載されています。ぜひご覧ください。


 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーカフェ『スリランカ』
第22回 エコツーカフェ『スリランカ』
7月24日(木) Asante Sana カフェにて開催
ゲスト: 藤井晶子氏・野黒泰正氏(スリランカ航空)

080724_03.jpg
毎月、世界のさまざまな国や地域をとりあげ、そこで行なわれている環境保全の取り組みや、歴史や文化の紹介をしている「エコツーカフェ」。
「旅行先の自然や文化を大事にする」というエコツーリズムの考えに基づき、「旅行にいくときには、まず旅行先のことを知り、そこにすんでいる人たちのことにも思いを寄せる」という考えからこのイベントを行っています。旅先の自然や文化を知ることで、旅先にできるかぎり負担をかけない旅行形態にすることができるのではないか、という思いで開催しています。そこへ実際にその地に旅行できなくても、外国の話は知らないことばかりで楽しいもの。平日の夜、おいしい食事をしながら、旅行気分を楽しんでもらえれば嬉しい限りです。
(エコツーカフェでは、毎回取り上げた国の現地の言葉で、「ありがとう」「こんにちは」を言えるようになる、ということもテーマのひとつにしています)

今月は「スリランカ」。お茶の産地として有名な島国です。

さてそもそも、なぜスリランカを取り上げようと思ったのかというと・・・。
東京の多摩動物公園にいるゾウは、スリランカから来ているため、調教の言語はシンハラ語で行なっているそうです。(と、先日テレビ番組で取り上げられていました)
その多摩動物公園で、昨年スリランカフェアをやっていて、そこでいただいたスリランカの小さなパンフレットにたいそう感激した覚えがあります。スリランカの自然についてだったのですが、表紙がヒョウだったのですよ。ヒョウ!! 猛禽類とならび、ヒョウやらチーターやらは大好きです。
その頃から、「いつかイベントでスリランカを取り上げられたら」と思っていました。今回、縁あってスリランカ航空の方にエコツーカフェにご登壇いただけることになり、決まったときからうきうきしていました。(余談ですが、紹介してくださったのは日本エコツーリズム協会もお世話になっているポノピープルの方。スリランカ特集が組まれているので、ぜひご覧ください。)

080724_02.jpg
(写真提供:スリランカ航空)

「ガイドブックには書かれていない、現地情報をお伝えしたい」と藤井さんがお話してくださる内容は、何度もスリランカに行ったことがある方ならではのお話。「スリランカのトイレでは、小さなシャワーがついています。これ、いわゆるウォシュレットなんです。けしてこれで身体を洗わないでくださいね。」「これはスリランカのスーパーで売っている歯磨き粉。アーユルヴェーダ(伝統医学)に基づいているのですが、色が灰色で、胡椒をつぶしたような味がします。」
藤井さんは、スリランカの国立公園でのジープサファリツアーに参加されたことがあり、その写真も見せていただきました。藤井さんは、とても運のいいことに、野生のヒョウを見ることができたそうです。
スリランカの国立公園でのツアーにはかならずガイドがつき、ガイドは英語のものもあります。サファリ
ツアーに参加するときは、動物達の動きが活発な早朝6時頃や、15時頃がよいそうです。野鳥が好きな方にはブンドゥラ国立公園がおすすめだそうです。
ただ、場所によっては外務省から「渡航検討」が出ている地域もあるので、下記のサイトで確認をしてください、という注意もありました。
外務省海外安全ホームページ⇒スリランカ

【スリランカのゾウ】
今回のエコツーカフェでスリランカをとりあげるにあたり、藤井さんが「これは絶対みなさんに知って欲しかった」と熱意を持って紹介してくださったのが、「ゾウの孤児院」。ジャングルの環境破壊により棲む場所がなくなったゾウや、密漁などで親を失ったゾウが保護されている”ゾウの孤児院”が、ケーガッラの郊外のピンナワラというところにあります。そこから毎日大量に出るゾウのフンを乾燥、煮沸し、紙をつくりノートやカードに加工されていますが、日本でも動物園や書店で販売しています。
ゾウのうんちからつくった紙についてはこちら⇒michicorporation
この孤児院は、近年個体数が減少しているゾウを、国として保護しようとはじめられました。スリランカ
の小学校の児童が、社会科見学にも来るそうです。

001.jpg
(写真提供:スリランカ航空)

【お祭り】
藤井さんが紹介してくださったのは、5月に行なわれるウェサック祭と、7~8月のキャンディ・ペラヘラ祭。

ウェサック祭: スリランカの仏教徒にとって最も重要なお祭りで、5月の満月の日に仏陀の生誕・成道・涅槃(ニッバーナ)を祝います。寺院での宗教的習慣に加えて、町中をカラフルな提灯(パンダル)で装飾したり、オイルランプで家並みを照らします。
キャンディ・ペラヘラ祭:7~8月の満月の日の間に行われるお祭り。このお祭りは、仏陀の歯を入れた仏塔をきれいに装飾された象の上に乗せて、キャンディ市内をパレードします。このペラヘラは1週間以上開催され、特に夜のパレードは圧巻です。
(スリランカ航空サイトより)


オレンジ色のやわらかい色に包まれたお祭りの写真をみながら説明していただきました。
スリランカのお祭りについては⇒こちら(スリランカ航空サイト内)

【キーワード】
・国立公園のツアーには必ずガイドがつく。
・アーユルヴェーダが生活に根付いている。
・ゾウの孤児院から出る大量のフンを使い、紙をつくり、販売。

【参加者の声】
・改めてスリランカのことを認識することができました。ありがとうございました。

終了間際、藤井さんが「スリランカの世界遺産のことを話すだけで1時間かかりますよ」とにこやかに仰っていました。最後に出てきた「シギリヤ」という古代遺跡の壁画があるのですが、そこは世界遺産に指定されている宮殿跡だそうです。4世紀につくられた、高さ約370mの山の上にある宮殿跡ですが、477~495年のカシャパ王の時代のものだとか。王が弟の報復を恐れ、山の上に宮殿を建てたのですが、その十数年後、弟の報復により宮殿は主を失いました。頂上まであるいていけるそうですが、その途中、美しい壁画が色あざやかなまま残っているといいます。
次回お願いするときは、スリランカの世界遺産について、歴史や自然を合わせてのお話を伺いたいと思います。

スリランカについてもっと知りたい方は、下記イベントへどうぞ!
代々木公園でのスリランカフェスティバルでは、スリランカ料理が楽しめます。
特別展では、スリランカ政府が協力し、国宝級の至宝が展示されます。
今年のスリランカ関連イベント:
スリランカフェスティバル2008(代々木公園) 9月13~14日
特別展 スリランカ 輝く島の美に出会う(東京国立博物館 表慶館)9月17日~11月30日
特設サイト⇒http://www.serendipity2008.jp/

次回のエコツーカフェは、『南フランス』です。ワインやチーズの農産物が有名ですが、農家宿泊のツアーも手がけている方をゲストにお招きします。
8月28日(木)、恵比寿で開催します。詳しくは⇒こちら
お申込は日本エコツーリズム協会まで。
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081
E-mail:ecojapan@alles.or.jp



 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

深海生物展のお知らせ
新江ノ島水族館 深海生物展 ~君もえのすい深海研究員~

8月20日開催の月いちフォーラムでは、深海をテーマに取り上げますが、神奈川にある新江ノ島水族館で、深海生物展が開催されます。

深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っているJAMSTECの紹介や、JAMSTECが所有する世界で唯一水深6,500mまで潜水できる有人潜水調査船「しんかい6500」の1/2模型、えのすいトリーターの「しんかい6500」乗船映像、深海生物追跡調査ロボットシステム「PICASSO」(実物)を展示紹介いたします。
貴重な深海生物の標本は、期間中合わせて100種以上を展示。
他にも迫力あるダイオウイカの実物サイズ模型や、ダイオウグソクムシの触れる標本、深海グッズもご紹介いたします。


「深海の音」を聞けるブースや、トラザメやナマコに触れるタッチングプール、クイズラリーも開催されます。9月4日まで開催されているので、夏休み中にぜひお越しください!!

詳細は⇒こちら


 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【カナダ】バンフ国立公園 エコツアー
先週、カナダのバンフ国立公園に行ってきた、というスタッフからお土産をもらいました。
P1010001.jpg

バンフ国立公園内には多くのエコツアーがあり、レストランに行くとパンフレットが沢山おいてあるそうです。乗馬やスキーなど、カナダの雄大な自然を楽しめるものを、自分好みで選ぶことが出来ます。
上の写真は、左から、
"Handbook for Interpretive Guides": バンフ国立公園でガイドをするには、このガイドブックをもとにした講習をうけなければいけない。
"We have great stories to tell you.": ツアー会社掲載パンフレット。フランス語版と英語版です。
ハンドブックは厚さが2cm近くあり、インタープリテーション技術や、地質学、気候、ロッキー山脈の生態系、歴史、公園管理などについて書かれています。
これは、ガイドの講習会を開催している協会が発行しているものです。
バンフ国立公園でスタッフが参加したきたツアーでは、日本人2名、フランス人5名の参加者にガイドが1人つき、英語とフランス語でガイドさんがバンフの自然や歴史について解説してくれたそうです。
そして、ツアーによっては日本語のもののあるそうです。
今日はまだ時間がなく、カナダのエコツアーの話は少ししか聞けなかったのですが、また何か聞けたらお知らせします。

↓これもおみやげでもらったもの。カナダのメイプルシロップと、エルク(大型のシカ)のぬいぐるみ。
メイプルシロップはとろりとした綺麗なウイスキー色で、光に透かすととても綺麗でした。
エルクには既にジョナサンという名前をつけました。つぶらな瞳がかわいい子ですが、ドイツ語読みでヨナタンとも呼ばれています。
P1010003.jpg



 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【霧ヶ峰】オリジナル日本てぬぐい新作
 霧ヶ峰、というところをご存知ですか? 長野県、諏訪湖の北東部に位置する、八ヶ岳中信高原国定公園の一部です。 ニッコウキスゲ、オミナエシなど1,280種類以上の植物や多くの動物が生息する貴重な草原・湿原が広がっています。
 そこで「霧ヶ峰エコツーリズム」を普及・啓発をしているのがNPO法人霧ヶ峰基金
 日本エコツーリズム協会にも定期的にお知らせが届いているのですが、前々から気になっていた「手ぬぐい」の新作ができた、とブログにお知らせが載っていました。
 日本国内ならば通販も可能だそうです。新作手ぬぐいのデザインは「コウリンカ」というキク科の花。草原の減少により、絶滅の危険が増大している種だそうです。
 この夏、白地にオレンジ色の花が咲いた手ぬぐいを使ってみませんか?

【その他の霧ヶ峰基金のグッズ】
ポストカードや洒落た手ぬぐいを扱っています。
http://kirigamine-fund.jp/goods/index.html

NPO法人 霧ヶ峰基金について サイトは⇒こちら
上記サイトからの引用 

霧ヶ峰は、そのなだらかで広大な草原景観で国内有数の観光資源であるのみならず、湿原や樹叢などの独特の生態系を有し、学術的にも貴重な地域です。また、霧ヶ峰は諏訪地方の水源として多くの人がその恩恵をうけて暮らしています。
ところが、年間300万人以上と言われる霧ヶ峰への観光客はそのほとんどが夏期に集中し、人の踏みつけによる裸地の増加や登山道の雨水による表土の侵食、野生動物への脅威や帰化植物の繁茂など自然環境に与える悪影響が懸念されています。
また、江戸時代~昭和30年ころまで採草地として入会権を持つ地区が草原を利用・管理していました。しかし、戦後の高度成長期のエネルギー革命や法規制などにより、管理が成されにくくなってきました。その結果、霧ヶ峰の誇る草原景観は森林に移り変わろうとしています。
近い将来、私たちを魅了する草原はその姿を変えてしまう恐れがあるのです。

霧ヶ峰のように人の手によって草原が維持されてきた草原は、国内ではごくわずか。
NPO法人霧ヶ峰基金は、この霧ヶ峰とその歴史、そしてそこに暮らす生き物の姿を100年、1000年先にも伝えていくために、霧ヶ峰の自然環境保全を「持続可能な利用」という観点からとらえ、保全と利用が両立する「霧ヶ峰型エコツーリズム」の普及・啓発活動をしています。








 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーカフェ・スリランカ開催のお知らせ
先週、全国的に梅雨明けになったようですが、ここ最近の東京は暑い日が続いています。さて、今月の「エコツーカフェ」のお知らせです。

080724_02.jpg

取り上げるのは、インドのそばに浮かぶ島国・スリランカ。
紅茶が有名ですが、他にも多くの動植物が生息しています。あざやかな民族衣装をまとう踊り、伝統のお祭り・・・。スリランカに何度も行かれている、スリランカ航空の方をお招きし、街角の様子などをお話していただきます。もちろん、自然や文化についてのお話も。
当日申込も可能ですが、あらかじめご連絡頂けると幸いです。

第22回 『スリランカ』 7月24日(木) 18:30~20:00(18:00開場)
 インド洋に浮かぶ、光輝く島-スリランカ。
 北海道をひとまわり小さくしたこの国には、7つの世界遺産だけではなく、本場のアーユルヴェーダやセイロンティー、野生の象やヒョウが見られるサファリ、建築家ジェフリーバワのホテルなど、魅力にあふれています。
 ゾウの○○○から紙をつくる究極のリサイクル!? など、おもしろ現地情報もまじえながら、スリランカをご紹介いたします! 

【ゲスト】スリランカ航空 
【参加費】1000円(軽食・飲み物付) 【定員】25名
【会場】Asante Sana 目黒店
(東京都目黒区三田2-7-10-102 )
【対象】どなたでも        
【後援】日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
 お名前・連絡先を明記の上、下記までお申込ください。
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 
※資料・お食事は予約の方優先です。
【詳 細】 http://www.ecotourism.gr.jp/eco2cafe.html

 会場は第三世界ショップ併設のカフェ。テーブルや椅子も全て木製で温かみがあり、エコツーカフェでは、おにぎりセットをみなさまにお出ししています。雑穀入りの、とても身体にやさしいメニューです。エコツーカフェ終了後にお店でお買い物もできます。

 平日の夜、ちょっとした旅行気分を味わいにいらっしゃいませんか? みなさまのお越しをお待ちしています。




 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーリズム、地域とのつながり。山田桂一郎氏の講演レポ
第27回 月いちフォーラム ~エコツアーの歩き方~
『スイスにみる観光の本質、エコツーリズム、地域とのつながり』
ゲスト:山田桂一郎氏(JTIC.SWISS代表、観光カリスマ)

日時:2008年7月11日(金)
場所:モンベルクラブ渋谷店
IMG_2387.jpg
月いちフォーラムには、2006年8月以来、2度目の登壇になる山田氏。スイスと日本でエコツーリズムに携わる山田氏のフォーラムには、観光振興のきっかけをつかもうと、多くのお客様が参加されました。
「普遍的なものを理解しているところでエコツーリズムが根付く」と山田氏。そのためにはまず、「地域らしさ」「地域ならでは」を出すこと。地域の人々が持続可能な地域を維持する、その生活そのものが商品、ブランドになると言います。「人気のパラメータはリピーター数に表れる」「ホスピタリティ溢れる、地域丸ごとツーリズム」、力強く続く言葉に、会場の熱気も高まっていました。

40_12_yamada.jpg

山田氏からは、いくつもの質問が会場に投げかけられました。「あなたが住民として、この地域で一番大事なものは何ですか?」「今後、地域振興や観光産業に携わる中で、あなたが一番大事にしなくてはならないものは何ですか?」「30年後の理想の姿は想像できますか?」…などなど。
お客様の中には、苦笑を浮かべながらも、自分の地域のことを考え、自らの答えを出そうとしている姿も。
途中で山田氏は、とある地域の事例をあげられ、その地域では、「周りがいうからそれが魅力なのだろう」という固定観念に縛られてしまっていということを示唆されていました。
かと思えば、「最高のリゾート」と海外からのお客様の評価が高い、とある宗教施設のある地域のお話も。

そこにはフランスからのお客様が多い。なぜかというと、”日本らしいセレモニー”のおつとめがあり、かつ24時間参拝可能。山にあるので山道を毎日参拝のために歩く。食事は精進料理。日本らしい伝統、生活、料理。来たときはふっくらしていた年配の女性が、帰るときにはやせて帰るので、『最高のリゾート』と呼ばれている。


フォーラム後半は、スイスのツェルマットに話が移りました。
ツェルマットの観光は、住民が確立してきたもの。「地域らしさ」「地域ならでは」が魅力となっているツアーが多いそうです。
そして数あるツアーの中でも、面白い取り組みとして、大学の先生がガイドになって地質学のツアーを行い好評だったそうです。
そのツアーがなぜ好評だったのか。山田氏は、「価値の解説があったから」といいます。ツェルマットの地質の魅力を、歴史と交えながら、大学の先生が伝えることで、ツェルマットをより深く理解する手助けとなります。そして、そんなツアーができる人がいるツェルマット。お客様を満足させるのは、ひと!
マッターホルンと言う名勝があるが、やはりひとである、と強く言う山田氏。
地域を大切にしている=お客様を大切にしている。ツェルマットの観光から学ぶべきことはまだまだ多くありそうです。

そんな山田氏からは、最期にいつも言う言葉として、
NATO廃絶。No Action, Talk Onlyの廃絶を!!
が会場に伝えられました。
P1010012.jpg
↑会場入り口に掲げられたスイスのポスター。スイス政府観光局より提供していただきました。

【今回のフォーラムのキーワード】
・自立と自律
・地域らしさ
・普遍的なものを理解しているところが、エコツーリズムをやっていける

【お客様からのアンケートより】
・時間がたりず、もう少したくさんの話をききたいと思いました。また、このような機会があることを希望します。
・エコツーリズムの仕組み、具体例の良いものも悪い者も、非常にわかりやすく面白かった。また山田さんをお願いします。もしくは彼の推薦者を。
・山田さんのガイドするツアーに参加したいです。
・これからの日本が何を重要としているのかがわかった。とてもわかりやすかったです。
・エコツーリズムに役立つ旅行プランとは? 配慮すべきことは? など知りたいので参加しました。
・とても考えさせられる内容のお話でした。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました!!

P1010015.jpg
↑山田氏からのおみやげ。会場で配られました。左は折りたたみ式のツェルマットの地図。右は、ハーブキャンディーです。

*次回の月いちフォーラムのお知らせ*
8月20日(水) 18:30~20:00(開場18:00) モンベルクラブ渋谷店にて
『あなたの知らない地球にご案内します ~深海へのバーチャル・ツアー~』
ゲスト: 佐藤孝子氏(独立行政法人 海洋研究開発機構)
夏の盛りに、深海について語っていただきます。水深11,000mに沈めたカップラーメンの容器を展示予定。他にも、「ウロコフタマネガイ」「シロウリガイの生サンプル」などが登場します。
申込は、モンベルクラブ渋谷店まで(tel: 03-5784-4005)
くわしくは⇒こちら






 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーリズム大会in洞爺湖
今年は日本エコツーリズム協会設立10周年にあたります。
そこで、今年10月から来年3月にかけ、各地で「エコツーリズム大会」を開催します。
一番近い開催は、10月3日(金)~5日(日)に、北海道洞爺湖周辺で行なわれる「エコツーリズム大会in洞爺湖」。
先日、サミットが行なわれたこの地で、『火山と共生する持続可能な地域づくりをめざして』をテーマに開催します。
会報39号(5月25日発行)でもお伝えしていますが、洞爺湖周辺の伊達市、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町は、有珠山や昭和新山もあり、火山とともに生きる地域です。

(会報39号から)
洞爺湖周辺地域は、地域の資源を最大限活用して地域づくり・人づくりを勧めるエコミュージアム構想に基づき、環境と調和する観光や経済活動をめざす取り組みをすすめてきました。
環境と調和する持続可能な観光のあり方を主要テーマに掲げて様々な角度から議論していくと共に、「火山と共生する」この地域ならではのフットパスコースをエクスカーションに提供していこうと考えています。


(会報39号をお求めの方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡ください。1部525円+送料にて販売しています。tel: 03-5437-3080, e-mail: ecojapan@alles.or.jp)

下記は、今年5月にでた書籍ですが、北海道の事例が多く掲載されています。執筆者も北海道の方ばかりなので、大会に興味をもたれた方は、ぜひご一読ください。

地域からのエコツーリズム―観光・交流による持続可能な地域づくり地域からのエコツーリズム―観光・交流による持続可能な地域づくり
(2008/05)
敷田 麻実森重 昌之

商品詳細を見る






 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

カエルツボカビ症勉強会 開催のお知らせ
大阪で行なわれるカエルツボカビ症勉強会のお知らせです。
今年は「国際カエル年」だということ、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
詳しくは⇒こちら
いま、日本のカエルに「カエルツボカビ症」という感染症への感染が確認されているのをご存知でしょうか。この感染症、致死率が90%ともいわれ、生態系への大きな影響が懸念されています。
カエルが減少すると、カエルを食べている猛禽類や他の動物達にも影響が出てきます。大阪で、そのカエルツボカビ症についての勉強会が開催されます。


(財)日本自然保護協会・特別企画
 【 カエルツボカビ症勉強会 】

カエルツボカビ症とは?
フィールドでできることは?
~ 一人ひとりがカエルを守ろう! 自然を守ろう! ~

2007年、国内の野生の両生類からも感染していることが確認されま
した。カエルツボカビ症は、両生類とくにカエルに感染・発病すると
致死率は90%。海外の事例では、短期間で感染し、一定地域のカエ
ルが絶滅してしまうほどの威力。これは、両生類のみの危機に留まら
ず、食物連鎖を介して生態系全体をゆるがす危機。
感染した個体をいち早く発見し、拡散防止のために、私たちができる
ことは何か?
カエルツボカビ症についての最新の情報と対処方法を学ぶための勉強
会を開催します!

■日時:7月19日(土) 13:00開場受付  13:30開始~16:45終了
■場所:大阪市弁天町市民学習センター・講堂
    (大阪市港区弁天1-2-2-700(オーク2番街7階))
    http://www.osakademanabu.com/bentencho/
■対象:野外調査活動・保全活動を行う方 約100名
■参加費:無料
■事前申込不要

主催:NACS-J自然観察指導員大阪連絡会・(財)日本自然保護協会
後援:(社)大阪自然環境保全協会
協力: NACS-J自然観察指導員兵庫連絡会、
   NACS-J自然観察指導員奈良連絡会、NPO自然観察指導員京都連絡会
助成:(財)自然保護助成基金

<<< スケジュール >>>
13:30 趣旨説明 大野正人(日本自然保護協会) 
13:40 講演「カエルツボカビ症とは、その最新の状況と対策」
             講師:宇根 有美(麻布大学准教授)
14:40 講演「関西における両生類の生息状況~カエルやサン
       ショウウオの棲む環境は今~」
              講師:松井 正文(京都大学教授)
15:40 休憩
15:55 「Q&A 各フィールドでの対処」
     講師、参加者とのフロアディスカッション
16:45 終了

<<< 会場までの交通案内 >>>
・JR環状線「弁天町駅」北口より徒歩約5分
・地下鉄 中央線「弁天町駅」西口2A出口より徒歩3分

<<<問合せ先>>>
NACS-J自然観察指導員大阪連絡会 担当:廣嵜(ひろさき)
TEL: 090-4568-6457  / E-mail: frog@jinenjo.org

※ ツボカビ症は両生類の病気なので、人間には感染しません。
※ レジュメ等は十分にご用意していますが、なくなりましたら
 ご容赦下さい。お早い目に会場入られることをオススメします。
※ 特に関心がある方のみですが、ツボカビ症についてのテキストを
  3,000円で購入できるように準備中です。
※ 【PDF版】 http://www.jinenjo.org/tubokabinacsjosaka.pdf








↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ




 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

平成20年度 自然公園ふれあい全国大会
8月30、30日に、尾瀬国立公園で「平成20年度 自然公園ふれあい全国大会」が開催されます。

【大会の基本方針】
1)自然保護の原点に立ち返り、自然への負荷に配慮した適正な参加規模とする。
2)環境全般に配慮する。
3)国とともに、尾瀬国立公園関係4県による初の共同開催とする。
4)尾瀬国立公園誕生1周年を記念し、尾瀬の自然を改めて全国に発信する。
5)エコツーリズム推進法施行を記念し、エコツーリズムの取組みが発展していく契機とする。


【開催日時】 8月30日(土)、31日(日)
【場所】 尾瀬国立公園全域(式典等会場:福島県南会津郡檜枝岐村)
【主催】 環境省、福島県、栃木県、群馬県、新潟県、(財)国立公園協会、平成20年度自然公園ふれあい全国大会実行委員会(仮称)

期間中は、尾瀬でのエコツアーや、シンポジウムが開催されます。
詳しくは公式サイトをご覧ください。




 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

『観光コーディネーター』募集のお知らせ =沖縄=
沖縄県の東村から、人材募集のお知らせが届きました。


沖縄県国頭郡東村では、エコツーリズム、グリーンツーリズム、ブルーツー
リズムのコーディネイトを行なう東村観光推進協議会の事務局長を募集します。

【勤務地】沖縄県国頭郡東村   【募集人員】1名
【勤務開始日時】平成20年9月1日(ただし3ヶ月は試用期間)
【応募資格】やる気のある方、普通自動車運転免許、パソコン(ワード/エクセル/
インターネット/メール)、25歳~50歳までの男女
【業務時間】8:30~18:00 (体験受け入れ時は延長有り、観光業務につき臨機
応変に対応できる方)        【給与】月給16万
【待遇】各種社保完備、賞与(0.5ヶ月:2回)、通勤手当無し(村内に住める方希望。
宿の斡旋はします。)        【休日】2週3休
【応募方法】1)履歴書(写真貼付)、2)応募動機を1,000字以内までに郵送
【応募期間】7月22日(火)~8月10日(日) 必着
【面接】一次審査(書類審査)を行い合格者のみ二次審査(面接)のお知らせをします。
なお一次審査に関する合否の連絡は8月20日までに行います。
【お問合せ・応募先】 東村観光推進協議会
〒905−1204 沖縄県国頭郡東村字平良809−1
tel: 0980−43−2931 fax: 0980−43−2503 e-mail: kanko-kyo@higasi.or.jp
【サイト】 http://www.higasi.or.jp/index.html



 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

白山登山
夏が近付いてきました。
関東はまだ梅雨明けしていませんが、それでも30度越えの日が続き、ぐったりしています。
そんななか、石川県白山のガイドさんからお知らせが届きました。

白山に登ってみたいけれど、1人では不安という方や、登山は初めて。でも、念願の白山に登ってみたい! などなどのご要望に応え、登山のお手伝いをしています。
感性を大切にした内容で、ゆっくりゆったり。お花を愛でたり、歴史を訪ねたり、自然の力を感じたり・・・
あなただけのプライベートガイドだから、心ゆくまで白山を満喫できます。


お知らせを送ってくれたのは、日本エコツーリズム協会が推薦する「100人ガイド」の一人、湯原敦子さん。森林インストラクターや、学校の理科の先生の免許をお持ちです。
夏の山を、ガイドさんと一緒に登ってみませんか? 湯原さんの紹介はこちら↓
http://www.ecotourism.gr.jp/guide100/17_006.html
白山名物だという、「堅豆腐」も楽しめるかもしれません。


 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

観光に関する研究論文募集のお知らせ
財団法人アジア太平洋観光交流センタ-が、観光に関する研究論文を募集しています。

観光振興や観光交流は、我が国において地域振興のための重要な柱の一つとなって おり、今や国家戦略として観光立国を目指して様々な施策が展開されるに至っています。また、諸外国においても、外貨獲得、雇用創出、地域開発等を目的にして観光に力を入れており、特に開発途上国からは我が国に対し観光分野における国際協力の要請が増大しております。
 一方、観光振興や観光交流には、単にホテル、空港などハ-ド面だけではなく、推進体制、法制度、税制度等の整備、観光統計の作成、マ-ケティング、プロモーション、トレ-ニングなどソフト面をも含めた総合的な取り組みが求められています。
 このような観光をめぐる様々な要請に適切に対処するためには、法学、経済学、経営学、社会学、財政学、地域開発学、建築学、都市計画学、歴史学、考古学、文化人類学など多様な分野に おいて取り組まれている観光に関する研究成果を収集・整理し、観光学として体系化していくことが必要です。
 以上のような観点から、今般「観光に関する研究論文」を募集いたします。
また、募集に当たっては、
(1) 特定の問題に焦点を当てた研究や具体的、個別的な事例研究も歓迎します。
(2) 実務家、若手研究者、学生など幅広い方々からの応募を歓迎 します。
広く様々な視点からの観光振興や観光交流に関する提言を期待しています。


【応募資格】 個人、グループ、研究機関及び国籍を問いません。
【募集期間】 平成20年7月1日(火)から同年9月30日(火)まで(当日消印有効)

詳しくはこちら↓
http://www.aptec.or.jp/ronbun14.htm


 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ
明日は『スイスにみる観光の本質』フォーラム
明日11日は、渋谷で「月いちフォーラム」を開催する日です。
いつもは毎月第二水曜日に行っているのですが、今月は金曜日にずらして開催です。
今月のテーマは『スイスにみる観光の本質 ~エコツーリズム、地域とのつながり』。ゲストにJTIC.SWISS代表の山田桂一郎氏をお招きしてお話していただきます。
既に多くの方からご予約をいただいていますが、昨日はその準備を事務局でやっていました。スイスの資料をまとめ、袋詰めしていましたが、エコツーリズム関連書籍も販売する予定です。

P1010002_20080710115131.jpg

当日参加も受け付けています。時間は18:30~20:00(開場18:00)。場所はモンベルクラブ渋谷店(JR渋谷駅から徒約10分。東急ハンズ向かい)。
詳細は⇒こちら

つきいちのコピー


お時間のある方、ぜひお越しください。




 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーリズム調査
このブログも、おかげさまで毎日多くの方に閲覧していただいているようです。
毎回、どこがオチなのかわからない記事をべたべたと書いていて、未だに迷走中ですが・・・。
「とりあえずこのニュースどうかね」というようなノリで書いていますが、あとで読んで、「これは…もっとましなことないのか」と自分で眉根を寄せることもあります。

日本エコツーリズム協会って何してるところなのさ、と訊かれることがたまにありますが、イベントの開催やら書籍出版やら、色々と行っています。
そんななかで、現在作成中なのが下のこれ↓

080709_153834.jpg


エコツーリズムに関する消費者ニーズ調査と題して、今年で4回目の調査になります。その冊子を今作成しています。なのでまだ表紙もついていない状態ですが、これからチェックを重ねていき、発行しますので、興味のある方、もう少々お待ちください。
首都圏在住の20代から60代以上の男女に、「エコツアーに参加したことがありますか」「エコツーリズムという言葉を知っていましたか」というようなアンケートをしていき、まとめてあります。巻末には調査項目書もつけます。
昨今、名前をよくきくようになったカーボン・オフセットの項目も入る予定です。
無事に発行したらまたらお知らせしますが、過去の調査結果の冊子の販売も行っています。
詳しくは⇒こちら
通信販売も行っていますが、各種イベントでの販売もしています。詳しくは日本エコツーリズム協会までお問合せください。
日本エコツーリズム協会
tel: 03-5437-3080 e-mail: ecojapan@alles.or.jp




 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【お知らせ】ガラパゴスでエコツーリズム記事
産経新聞のHP上でガラパゴスのエコツーリズムの記事が掲載されています。
http://sankei.jp.msn.com/culture/arts/080702/art0807021511002-n1.htm



 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

環境・循環型社会白書を読む会 開催のお知らせ
『環境・循環型白書』を読む会が、各地で開催されます。

 環境省では、6月3日に閣議決定された「平成20年版環境・循環型社会白書」について、全国9カ所で「白書を読む会」を開催します。この会では、総説の内容を中心に、テーマやねらいなどを執筆担当者が直接解説し、会場参加者と質疑応答を行います(入場無料)。
 今回の総説のテーマは、「低炭素社会の構築に向け転換期を迎えた世界と我が国の取組」及び「循環型社会の構築に向け転換期を迎えた世界と我が国の取組」です。


詳細は⇒こちら
 


 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : 環境ニュース
ジャンル : ニュース

第32回世界遺産委員会
TBS系列で、毎週、世界遺産についての番組が放送されています。たまに観ますが、自分が行ったことがない場所を、綺麗な映像で見せてくれるので気に入っています。
日本エコツーリズム協会でも、オーストラリアの世界遺産について、現地のエコツアーガイドさんをお招きしてイベントを開催したことがありますが、その世界遺産についての会議が7月2日からカナダのケベックで始まっています。
下記サイトでその様子がレポートされていますが、岩手県平泉がどう扱われるか気になるところです。

【第32回世界遺産委員会 TBSサイト内】
http://www.tbs.co.jp/heritage/feature/200806_01.html



 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

夏フェス 環境対策
 まだ関東は梅雨から抜け出せていませんが、そろそろ夏の音楽フェスティバルの季節がやってきます。
 先日、友人に「歌舞伎を観にいかない?」と誘ったところ、「その日はフェスに行くから無理!」と、るんるんで断られてしまいました。そういえば、そのフェスは友人がずっと前から楽しみにしていたものだったので、日にちを忘れていた私もうっかりしていましたが。

 静岡・掛川でのap bank fes、新潟・苗場のFUJI ROCK FESTIVAL、いろいろありますが、音楽フェスでの環境対策は、どこがどんなものを行っているのだろう? と疑問に思い、少し調べてみたところ、こんなサイトを見つけました。2年前のものなので、情報が古いことは否めませんが、逆に2年たって、今年はどんな取り組みをしているのか比較できる材料にはなりそうです。

【環境goo内 学生レポーター 2006夏フェス・エコウォッチ】
http://eco.goo.ne.jp/topics/ecowatch/index.html







 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : 環境ニュース
ジャンル : ニュース

『スイスにみる観光の本質 ~エコツーリズム、地域とのつながり~』
しばらく何も書いていなかったのですが、この土日は雨の中、近くも森まで散歩をしてきました。けぶる森の中で目を凝らし森の奥を見ていると、湿気の多いこの土地で暮らしていることがなんだか嬉しく思えてきました。梅雨のおかげで湿気をたっぷり含んだ空気が満ちている時期ですが、そのおかげで、晴れているときとはまったく違う森の様子を楽しむことができます。晴れているときの森も、緑があざやかで好きなのですが、雨が葉に落ちる音を楽しめる日も同じくらい好みです。(湿気のおかげでカビが生えやすくなるのは困りものですが。)

7月、8月の「月いちフォーラム エコツアーの歩き方」のお知らせです。さきほどようやくチラシが出来上がりました。
7月11日(金)には、スイスのお話もからめたフォーラムを開催します。
スイス好きの方、観光が好きな方、もちろんエコツーリズムに興味がある方、みなさまのお越しをお待ちしています。

つきいち


第27回 月いちフォーラム ~エコツアーの歩き方
7月11日(金)18:30~20:00(18:00開場)※金曜日に変更
『スイスにみる観光の本質 ~エコツーリズム、地域とのつながり~』
ゲスト:山田 桂一郎氏(JTIC.SWISS代表)


「世界のトップレベルの観光ノウハウを各地に広めるカリスマ」として活躍している山田氏。これまでのヨーロッパを中心とした環境保全と世界各地におけるプログラム・ツアーの実施と観光・集客交流の事業化、マーケティングの経験を生かし、観光振興やまちおこし、自立型地域経営、人材育成、及び 環境保全等に関する講演やセミナーを開催しています。

 また、日本国内でも地域振興・再生のコンサルタントとして様々な事業化を進め、多方面で積極的に活動を展開し、多くの結果を残しています。
 最近は、民間企業やNPO法人の他にも, 多くの省庁や地方自治体、行政団体のプロデューサー、コーディネイター、アドバイザーを務め、大学や高等教育機関での講師も行っています 。

【ゲストプロフィール】
1996年 環境省環境カウンセラー(事業者部門)として登録
2003年 環境省環境カウンセラー(市民部門)として登録
2004年 特定非営利活動法人 日本エコツーリズム協会 理事
2004年 まちづくり観光研究所主席研究員
2005年 内閣府、国土交通省、農林水産省「観光カリスマ百選」認定
2006年 日本エコウォーク環境貢献推進機構 委員

【日 時】7月11日(金)18:30~20:00 (18:00開場)
【場 所】モンベルクラブ渋谷店 (東京都渋谷区・東急ハンズ向かい・JR渋谷駅から徒歩8分)
【参加費】 1,000円 (飲み物・資料代込) 
※日本エコツーリズム協会会員特典有!!
【お申込み】モンベルクラブ渋谷店 tel: 03-5784-4005
※当日申し込みも可能です。
【お問合せ】NPO法人日本エコツーリズム協会
tel: 03-5437-3080 fax: 03-5437-3081 e-mail:ecojapan@alles.or.jp
【詳 細】 http://www.ecotourism.gr.jp/forum.html





 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。