≪02  2009-03/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリーンが必要です
・年度末なのでいろんなものの打ち上げです。昨日はムール貝をたらふく食べました。ムール貝うまいよムール貝。
「ベルギーに行けばいいのに」と言われましたが、ムール貝はベルギーのものが有名なのですか? でもベルギーには柔らかい豆腐がないと思う('A')豆腐も好き。
・年度末なのでいろんなものの片付けもしています。ふふふそうさ夏休み終了間近の小学生のように!! (誇張気味)
・年度末なので・・・以下略

給湯室にあるグリーンに、白い物体がくっついているのを見つけました。先日、ちょうど幸せのケセランパサランと見せかけたホコリを発見したところだったので、今度は何かしらと心躍らせながらみてみたらば。
↓左下のあたり。
P3300001.jpg

確かに白い毛むくじゃらのものがいました。しがみついてるの。
P3300003.jpg
かわいいなぁ! よし、今年は丑年をやめて未年にしよう!! ヒツジ! 

そんなことは置いておいて。
本日を持ちまして、第12回グッドエコツアーの募集を締め切りました。ご応募いただいた方には、4月中にお知らせできるかと思います。
次回のグッドエコツアー応募締切は7月31日です。みなさまお忘れなきよう。更新が迫っている団体さんにもこちらからお知らせします。エコツアー推奨制度に興味がある方、下記サイトをご覧ください。

>>グッドエコツアーについて<<

事務局からのお知らせを他にも数点。
・4月18~19日に北海道富良野市で行われる「エコツアーガイド養成講習会」は、募集定員まで残り僅かになりました。参加を考えている方は、お早めにお申込ください。
詳しくは⇒こちら
・4月8日に、渋谷でパプアニューギニアのサーフィンプロジェクト報告会を開催します。
詳しくは⇒こちら
・現在、色々なメディアから取材を受けています。掲載が決まりましたらその都度お知らせいたします。意外なところで目にされるかもしれませんが、「ふふ、見つけたよ」などとほくそ笑みながらみてやってください。
・インターンについてですが、興味がある方は個別にJES事務局までご連絡ください。あるいは、月いちフォーラム、エコツーカフェなど各種イベントにお越しください。
・その月いちフォーラムですが、6月についにあのお方が登場します。月いちフォーラムの参加者人数の記録保持者、3度目の登壇。詳細は後日お知らせしますが、今回は6月11日(木)開催。

ではみなさま、よい新年度を。

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【北海道】エコツアーガイド養成講習会開催のお知らせ
4月に北海道・富良野市でエコツアーガイド養成講習会を開催します。


■エコツアーガイド養成講習会in富良野開催■

=満員になりました。お申込を頂いたみなさまありがとうございます。=

PA230293.jpg

エコツーリズムに興味のある学生や一般の方、エコツアーガイドを目指している方向けです。初心者向けの内容になっています。実際にエコツアーガイドとして活動している方をはじめ、エコツーリズムや環境保全に興味のある方の参加も大歓迎です。

日 時: 2009年4月18日(土)13:00~20日(月)13:00 3日間
対 象: エコツアーガイドの活動、エコツーリズムに興味のある18歳以上の方
     エコツーリズムを勉強している学生の方も歓迎です。
定 員: 30名
会 場: 山部自然公園太陽の里ふれあいの家 
     北海道富良野市字山部西19線32 
      tel:0167‐42-3445  fax:0167-42-222
参加費: 無料。ただし、4,000円(18日夜の懇親会会費お1人3,500円及び翌日の昼食代500円として)を参加費として事前にお振込みいただきます。
申込締切: 4月10日(金) ※定員になり次第締切
申込方法: サイトより申込書類をダウンロードのうえ、下記までお送りください。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2009/03/post-41.html
お申込・お問合せ: 
〒076-8555 北海道富良野市弥生町1-1 富良野市商工観光室内
富良野広域圏経済活性化協議会 尾上(おのえ)宛
TEL:0167-22-1351 FAX:0167-23-2123 E-mail: onoe.yumiko@city.furano.hokkaido.jp
備 考:本講習会の受講生には、NPO法人日本エコツーリズム協会から修了証が授与されます。

内 容: 
・エコツーリズム論
・エコツアーの市場と商品化
・エコツーリズムにおける地域論
・ガイド技術
・コミュニケーション・ワークショップ
・解説の方法・ワークショップ
・自然解説の組立
・プログラムの企画立案
・環境保全の考え方と仕組み
・知っておきたい環境法規
・リスクマネジメント
・エコツーリズムの実際

講師(予定): 
山田桂一郎(やまだ・けいいちろう)氏 (JTIC.SWISS 代表)
松田 光輝(まつだ・みつき)氏 ((株)知床ネイチャーオフィス 代表(知床))
西尾 朋高(にしお・ともたか)氏 ((株)知床ネイチャーオフィス 自然解説員(知床))
金子 タカシ(かねこ・たかし)氏 (自然体験ガイド・ソルマル 代表 (小笠原))
楠部 真也(くすべ・まさや)氏 ((株)ピッキオ取締役 (軽井沢))

詳細: http://www.ecotourism.gr.jp/event/2009/03/post-41.html



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

週刊トラベルジャーナル掲載
TJ0323.jpg
【メディア掲載】 週刊トラベルジャーナルに掲載されました。
日本エコツーリズム協会のエコツアー推奨制度「グッドエコツアー」が、週刊トラベルジャーナルにちょっとだけ掲載されました。写真つきです。
しかしかっこいい表紙です。なんというか、ガイ○ックス的な(褒め言葉)。日本旅行業協会加盟の旅行会社にエコツーリズムに対しアンケートをとり、その結果が特集として掲載されています。機会がありましたらぜひご覧になってください。





↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

新しい入会案内 作成!!
桜の開花も各地で報告されてきた今日この頃。今週末はお弁当を持ってピクニック、という方もいるかもしれませんね。私もそうです。花粉? そんなのキニシナイ。
桜の季節は新しい一年の始まりの季節、そんなイメージが強いのですが、今朝、たまたま駅で卒業式に出席すると思しき、はかま姿の大学生を見かけました。真っ黒な服装が多い通勤途中の駅で、そこだけ一点あざやかな花が咲いているようでした。うちのインターンのうち、1名も無事卒業できることになり、今週卒業式なのだそうです。
(※JESでインターンをやりたい! という方がいましたら連絡くださいな。エコツーカフェなどのイベント運営や会報作成のなどが体験できます。)

そんなわけで、JESも入会案内を新しくしようよ、心機一転で!! と先日、デザインも刷新された活動紹介の冊子を作りました。
09年度入会案内
この青い空と、木道がスタッフのお気に入りなのですよ。撮影地は北海道です。いい場所だな。中身も花が飛んでてかわいらしい。お気に入り(再度)。各種イベントで配布しています。デザイナーさんの力作をみてくださいね。資料請求にもお応えします。

ところで、私は現在原稿執筆中です。たまに鼻が詰まって呼吸に苦労していますが負けない。学生時代からお世話になっているところに寄稿するのですよ。たまらん。「学生時代に勉強したことが今も活かせる」という幸せ。税金で学ばせてもらった分、お返しせねば。はやければ来月くらいに発表できるはず。ですがほら、世の中には「予定は未定」って言葉もありますからね。

さて、今週木曜日のエコツーカフェ「アイスランド」ですが、いい具合に席が埋まってきています。「いけるかどうかわからないから、とりあえず様子を見ていた」という方、様子を見ている間に満席になってしまう恐れもあるので、ここはひとつ参加を決めて予約してくださいな。
ちなみに4月は南のマーシャル諸島、5月はポーランド、そしてそのあとは、初めて発表しますがアフリカ祭りです。アフリカ!! うちにいたインターンも今はアフリカの地にいます。乞うご期待。
日時・申込方法などは⇒こちら







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】『パプアニューギニアのサーフィンとサーフィンキッズプログラム』
毎月行なっている「月いちフォーラム」のお知らせです。
---以下転載歓迎---

第35回 4月8日(水) 18:30~20:00 (開場18:00)
『パプアニューギニアのサーフィンとサーフィンキッズプログラム』
ゲスト:パプアニューギニア政府観光局 他


月いち パプア

パプアニューギニア政府観光局は、2008年秋からパプアニューギニアの子供達にサーフボードを贈るプロジェクトをはじめました。
 このプログラムは、サーフィンに絶好の波の立つパプアニューギニアに住みながら、サーフボードがないため、サーフィンをしたことがなかったり、指導者がいないため、素質がありながら自己流のサーフィンで終わってしまっていたりする地元の子供たちに、日本で集めた未使用のサーフボードを届けるものです。
 さらに2009年1月、日本人のプロサーファーが子供たちにサーフィンを教えに行きます。このプログラムの実現により、パプアニューギニアの子供たちにサーフィンの楽しさを伝え、パプアニューギニアのサーフィンを活用した観光ビジネスの発展に寄与し、さらにはパプアニューギニアと日本両国のさらなる親交にも貢献できると考えています。
※当初予定していたプロサーファーの吉川さんと堀口さんは、バリでのサーフィン大会参加のため、ゲスト出演ができなくなってしまいました。お詫びいたします。
当日は、彼らの活動の様子を映像でお送りします。パプアニューギニアに興味がある方の参加も歓迎です!

【パプアニューギニアサーフィン協会】
1988年に現在の会長アンディー・アベルにより設立された。アンディー氏は2005年にパプアニューギニアの政府観光局のボードメンバーに選出されている。同氏のサーフィンへの熱意及びオーストラリアへのサーフィン留学の経験を生かした活動は国内でも高く評価されている。2007年には初のナショナル・サーフィン大会を協会が主催し、成功に導いた。

【パプアニューギニア】
パプアニューギニアは、赤道のすぐ南に位置しており、日本からは直行便を利用すると6時間25分の距離にあります。ニューギニア島は、世界で2番目に大きな島で、その東半分は600の島々からなっています。"南太平洋最後の楽園"と呼ばれるパプアニューギニアには、美しい海と、山々の深い緑、長い歴史の中で受け継がれた伝統の文化が息づいています。
★2008年3月にエコツーカフェに登場し、大好評でした。

【日 時】2009年4月8日(水)18:30~20:00 (開場18:00)
【場 所】モンベルクラブ渋谷店(渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル5F)
【お申込】 日本エコツーリズム協会 tel: 03-5437-3080 e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み)
※日本エコツーリズム協会会員特典有
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!




http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

事務局に届く質問にお答えします
昨日と今日、東京は強風が吹き荒れています。何かが飛んできている! 花粉以外の何かが!!

おかげさまで、このブログも順調に記事数を増やしていっています。大会のお知らせや各種イベント報告にも拍手をいただき、ありがとうございます。日本エコツーリズム協会の会員さんからも、「みてるよ~」とお声がけをいただいたこともあります。

ところで、「会員になりたい」という方からくる質問や、それ以外にも事務局に来る質問について答えようと思います。もちろん、事務局に頂いた連絡には、その都度返信しています。

■海外在住ですが、会員になれますか?
⇒もちろん会員登録できます。会報発送も海外宛まで行なっていますし、実際、海外在住の会員の方もいらっしゃいます。まずはご連絡を。

■海外在住ですが、書籍購入できますか?
⇒これも可能です。日本エコツーリズム協会が発行している会報や調査報告は、一般書店にはいっていないため、どちらにしろ、事務局に連絡をください。ご希望書籍の総重量、送付希望先への配送料金を確認します。※書籍は入金が確認された後に発送します。

■エコツーカフェや月いちフォーラムって、当日参加できないの?
⇒当日参加は可能です。ただ、特にエコツーカフェの場合、最近特に予約で席が埋まることが多いので、あらかじめのご予約をオススメします。食事、資料は予約の方が優先です。

■エコツアーガイド養成講習会の開催予定を教えてください。
⇒不定期開催のため、「いつどこでやりますよ」というのは、本当に決まったときにしかお知らせできません。こまめにサイトやブログをチェックしてください。
ちなみに、現時点では4月18,19,20日に北海道富良野市で、5月15,16,17日に石川県の能登で行うことが決まっています。

■エコツーリズムに関する情報をください。
⇒会員になっていただければ、毎週のメールニュースや年四回の会報発送などのサービスが受けられます。

あとは学生さんからくる質問・・・。いや・・・ちょっとフォントサイズちっさくしておきますよ('A')
■エコツーリズムについて卒論を書いています。エコツーリズムの問題点はなんですか。提出まで時間がないのですぐに連絡をください。
⇒自分が興味のあるエコツアーに参加してください。
本当にあった質問なのですが、提出まで時間がないからといって、メールなどで質問を送ってきて、答えを急かされたことがあります。ですが、「どこまで調べて、何がわからないのか」ということを説明してくれないと、こちらも答えようがありませんよ・・・。あと、聞きっぱなしではなく、きちんとその後の経過を報告してくれるとありがたいです。







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーリズム大会 東京大会 開催速報
■全国エコツーリズム大会 東京大会 開催しました■

速報というほど速報じゃないだろ! とどこかからか突っ込みを受けそうですが、本家サイトのほうには既にアップされてますよ(目をそらしながら)。下記リンクをどうぞ。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2009/03/post-75.html

15日にはプレイベントで新宿御苑でエコウォークが開催されました。こちらは100名以上の参加。ありがとうございます! お天気もよかったですしね。日本国民の約半数が気にしているだろう花粉もばんばん舞っていたのかもしれません。
その日、JES事務局は前日の準備でおおわらわ。その日に届く資料があったため、みんなで集まって袋詰めをし、会場(新宿の京王プラザホテル)へ発送し、自分達も会場へ行って確認。京王プラザホテルでは、ちょうどつるし雛の展示をやっていて思わず携帯カメラで撮ってしまいました。かわいかったな。

そんなちょっとした和やかさがあったのですが、当日使用される部屋に入り、資料が続々と届いてくると段々無言になってきます。緊張と空腹と眠気。資料を確認したりして、翌日を迎えました。

3月16日、晴天の中、日本エコツーリズム協会設立10周年記念大会が始まりました。今年度、3箇所で行なわれてきたエコツーリズム大会のいわばラスボスです。

10周年大会01

「これが京プラ(京王プラザホテル)でやるってことなんだよね・・・」と感慨深げにつぶやいたスタッフもいましたが、結婚披露宴なみに豪華でした。今日はJESの10歳を祝う誕生日パーティーではあるけれど、元服のようなお披露目会でもあるのかしら。
9:00からの開始にあわせ、それこそ全国各地、海外からの参加者もいらっしゃいました。この本大会には430名ものお客様が参加されたのですが、JES会員さんにもお会いすることができ、かつ励ましのお言葉もいただきとても嬉しかったです。

今回は、基調講演、各大会の報告、10の分科会、こどもエコツーリズムガイドからの提言、分科会総括、そして大会宣言採択などが行なわれました。最後には記念パーティーも開催され、沖縄の西表島から石垣金星さんも来て下さり、三線の演奏がありました。

ではちょっと写真で大会の様子を追ってみましょう。
10周年大会02
主催者として挨拶をする愛知和男JES会長。今回発行された10周年記念誌では、本保観光庁長官、田川JES副会長との鼎談の様子が掲載されています。

10周年大会03
分科会の様子。三重県鳥羽で旅館の女将とエコツアーガイドをしている江崎貴久さんは、着物姿で発表をされました。きくさん、と呼ばれて親しまれている江崎さん。「月いちフォーラム」にも登場していただいたことがあります。

10周年大会04
別の分科会。今回はガイドさんによる分科会、国際協力からエコツーリズムをみる分科会、本当に盛りだくさんでした。

10周年大会03
第二部では、北海道弟子屈町からこどもエコツーリズムガイドの2人が登壇。弟子屈の魅力を自分なりに伝えていました。

この後、大会宣言が採択され、閉会となりました。

【大会宣言】

本日、「エコツーリズムは地球を救う」を合言葉に、「日本エコツーリズム協会設立10周年記念大会」が開催されました。
南北3000kmにのびる日本列島は、世界にも類を見ないほど多様性に富んだ自然と文化資源の宝庫です。日本各地にうもれている地域の宝を発掘し、磨き、誇るという作業を通じて地域に住む人々の郷土愛をはぐくみ、環境保全と地域振興に役立てていこうというのがエコツーリズムの基本的役割です。
私たちは、これまでの10年間のエコツーリズム運動の地道な歩みをとおして、今日の様々な課題を克服し21世紀の国づくりを推進するために、エコツーリズムの力が極めて大きいことを認識いたしました。さらに、「サステイナブル・ツーリズム」の主役であるエコツーリズムは、地域を越え国境を越えて、世界の平和と社会・経済の繁栄につながる原動力となりうることも確認いたしました。
私たちは、これからの10年を迎えるにあたり、地球環境の新しい時代を構築する牽引役として、地域の人々と手を繋ぎ、エコツーリズムを推進する責務を果たしてゆくことをここに宣言いたします。

平成21年3月16日

NPO法人日本エコツーリズム協会設立10周年記念大会 参加者一同

参加者代表 NPO法人日本エコツーリズム協会 
会長 愛知 和男



閉会式のあとは場所を移して記念パーティーへ。エジプトの研究で有名な吉村作治先生の挨拶からはじまったパーティーは、セグウェイの試乗ができたり、石垣金星さんの演奏があって内容が充実していました。
個人的にはグラタンが美味しかったです。あとは果物のゼリー寄せ。色々なガイドさんともお話ができました。
食べ物によって胃が満足すると幸せですよ。

さて大会報告はいずれJES会報などに掲載する予定です。
この大会を開催するにあたり、本当に多くの方にご協力いただきました。ありがとうございます。

エコツーリズムに興味のある方は、とても多いのだと実感したこの大会。JESの次の10年はどういう風になっているのでしょうか。JESの活動に興味がある方、ご連絡をお待ちしています。
各種イベントへの参加も歓迎です。

こそっと書きますが、次のイベントは26日のエコツーカフェ・アイスランドです。
詳細はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/event/cafent/
そしてその次は4月8日の月いちフォーラム。パプアニューギニアで行なわれているサーフィンプロジェクトの様子を、パプアニューギニア政府観光局の方にお話していただきます。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/forumnt/


テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第1回エコツアーガイド就職説明会を開催しました
■第1回エコツアーガイド就職説明会を開催■

なんだか久しぶりにブログ記事アップをしています。さっき別記事をアップしたときに、あまりにも久しぶりすぎて、やり方を忘れていました。アラヤダ。
3月15日に全国大会プレイベントのエコウォーク、16日にJES設立10周年記念大会、17日に第1回エコツアーガイド就職説明会を開催したため、ブログを放置していました。(大会開催報告はJESの本家サイトに掲載済です)

さて、今週火曜日に、JES初の試みとして「第1回エコツアーガイド就職説明会」を開催しました。これは、JESのガイド部会から開催希望が出ていたもので、お知らせの期間が短かったにも関わらず、当日駆け込みの方もいて、とてもよい説明会になりました。

参加者は学生さんのみならず、一般の方も来て下さり、3社のそれぞれの説明を聞いた後、個別にもうけられた質問時間でも、ガイドさんに熱心に質問をしていました。
今回は、知床、軽井沢、屋久島の事業者による3社合同説明会でしたが、今後も開催していく予定です。おそらく、次は夏のシーズンが終わった秋頃になる予定です。詳細は決まり次第お知らせします。

ガイドさんに直接自分の疑問をぶつけられる場です。また、ガイドだけでなく、事務所仕事の説明も行ないますので、興味のある方は次回ぜひ参加してみてください。

DSC_1116.jpg

---開催概要---
第1回エコツアーガイド就職説明会開催概要

【日 時】 3月17日(火) 13:00~17:00(途中入退場可)
【場 所】 株式会社ジェイアイシー会議室 
     (東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F)(JR山手線・目黒駅近く)
【参加団体】
知床ネイチャーオフィス =北海道・知床=
http://www.sno.co.jp/
ピッキオ =長野県軽井沢町=
http://picchio.co.jp/sp/
屋久島野外活動総合センター(YNAC) =鹿児島県・屋久島=
http://www.ynac.com/
【形 式】3社合同説明会形式
【スケジュール】 各1時間の3部形式
【参加費】無料







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

10周年記念誌発刊
■日本のエコツーリズム 10年の軌跡の冊子完成■

10_20090319173409.jpg

3月16日に、日本エコツーリズム協会設立10周年記念大会にあわせ、「エコツーリズム 未来への課題と展望 10年の軌跡を踏まえて」という記念誌を発行しました。
この、厚さ5ミリの冊子は昨年12月から作っていたもの。10周年記念大会の参加者の方には会場で配布しました。さっそく会場で読んでいただいた方もいて、大会中にも感想をお寄せいただきました。
販売もしますので、興味のある方は日本エコツーリズム協会までご連絡ください。※注文方法は下記に記載。

=目次=
・観光元年を迎えた日本とエコツーリズムの未来(本保観光庁長官、愛知JES会長、田川JES副会長による鼎談)
■第一部 日本のエコツーリズム20年の歩み■
・JES設立からの10年を降り返って
・世界と日本のエコツーリズム年表
・日本におけるエコツーリズム推進の意義(環境省自然環境局自然ふれあい推進室 岡本室長)
・エコツーリズムの現場から(ガイド6名による座談会)
・研究者の目(観光、地域振興、自然保護、国際協力、4分野の研究者達によるページ)
・数字でみるJESの実績
■第二部 エコツーリズムの未来へ■
・エコツーリズムマーケットを展望する
・数字でみるエコツーリズムマーケットの広がり
・エコツーリズムの未来、私はこう思う
・私たちはなぜエコツーリズムを学ぶのか
・理論から実践、そして未来への課題
・JES10周年によせて
■第三部 データでみるエコツーリズム■
・旅行会社の「エコツアー」の取り扱い実態調査(社団法人全国旅行業協会ご協力)
・旅行会社の「エコツーリズム」に関する取り組み実態調査(社団法人 日本旅行業協会、週刊トラベルジャーナルご協力)
・全国各地のエコツーリズム推進団体
・「エコツーリズム大賞」受賞団体一覧
・海外のエコツーリズム推進団体
・その他のエコツアー、エコツーリズム関連地域団体
・ガイド育成に関する講習会や認定制度
・観光について学べる大学一覧
・エコツーリズム関連書籍一覧
・JES会報誌 季刊『ECOツーリズム』バックナンバー
・あとがきにかえて

【発行日】 2009年3月16日
【発 行】 NPO法人 日本エコツーリズム協会
【定 価】 1,800円(税込み)

【注文方法】※一般書店での販売はしておりません。
氏名、住所、電話番号、希望図書名、部数を明記の上、e-mail・fax・郵便あるいは電話にて、日本エコツーリズム協会まで直接ご連絡ください。入金を確認次第お送りいたします。(送料別途必要:160円)
e-mail:ecojapan@alles.or.jp
fax:03-5437-3081
tel:03-5437-3080
住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F 日本エコツーリズム協会

振込先:銀行:みずほ銀行 神田支店 普通預金 口座番号1853020
名義: ニホンエコツーリズムキョウカイ
郵便振替:口座番号 00190-2-82228
名義: 日本エコツーリズム協会

「月いちフォーラム」「エコツーカフェ」などの各種イベントでも販売予定です。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーリズム大会およびエコツアーガイド就職説明会開催
エコツーリズム関係のイベントのお知らせです。

■全国エコツーリズム大会 東京大会■
日時: 3月16日(月) 9:00-18:00
場所: 新宿・京王プラザホテル
主催: 日本エコツーリズム協会
詳細: https://entry.jtb.ne.jp/me/registryj/registryj.asp?id=1171

■第1回エコツアーガイド就職説明会開催■
日時: 3月17日(火) 13:00-17:00 (途中入退場可)
場所: 株式会社JIC 会議室
主催: 日本エコツーリズム協会
詳細: http://www.ecotourism.gr.jp/event/2009/03/1-2.html

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第5回エコツーリズムに関する消費者ニーズ調査 完成
日本エコツーリズム協会が毎年行なっている「エコツーリズムに関する消費者ニーズ調査」の最新版が出来上がりました。

20090312121813_00001.jpg

これは、首都圏在住の男女500名を対象に、インターネットを使って毎年行なっている調査です。
エコツーリズムの分野で、定期的に一般に対し行なわれている調査としては唯一の調査になっています。
毎年調査、発行をしているのですが、この最新号は、来週月曜日に開催される全国エコツーリズム大会にて、初お披露目になります。その場で販売も行ないますので、参加される方はぜひ手にとってみてください。
また、注文も承りますので、下記内容をご覧になり、注文をご希望される方は、注文方法を参考のうえ、日本エコツーリズム協会までご連絡ください。

=目次=
第1章 調査概要
第2章 エコツーリズムに関するアンケート調査結果
1)「エコツアー」という言葉の認知度
2)「エコツーリズム」および観光関連ワードの認知度
3)「エコツアー」で想起できる場所
4)「エコツアー」への参加意向
5)「エコツアー」の問題点・課題点
6)「エコツアー」への参加促進方策
7)参加したい「エコツアー」
8)「エコツアー」に参加する場合の限度額(1日コース想定)
9)「観光」と「環境」の共生を目的にした旅先での「環境保全協力金」や「温暖化防止」「カーボンオフセット」などの支援について
10)日本エコツーリズム協会の活動への興味について
第3章 エコツーリズムの普及・参加促進方策
1)エコツーリズム・アクション・プラン
2)エコツーリズムの概念普及のためのアクション
3)エコツアー普及のためのアクション
4)エコツーリズムを普及する人材を育てる
【参考資料】
「エコツーリズムに関するアンケート調査票」

【発行日】 2009年3月16日
【編 集】 NPO法人 日本エコツーリズム協会、株式会社 ジェイ・アイ・シー
【発 行】 NPO法人 日本エコツーリズム協会
【定 価】 1,470円(税込み)

【注文方法】※一般書店での販売はしておりません。
氏名、住所、電話番号、希望図書名、部数を明記の上、e-mail・fax・郵便あるいは電話にて、日本エコツーリズム協会まで直接ご連絡ください。入金を確認次第お送りいたします。(送料:160円)
e-mail:ecojapan@alles.or.jp
fax:03-5437-3081
tel:03-5437-3080
住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F 日本エコツーリズム協会

振込先:銀行:みずほ銀行 神田支店 普通預金 口座番号1853020
名義: ニホンエコツーリズムキョウカイ
郵便振替:口座番号 00190-2-82228
名義: 日本エコツーリズム協会

「月いちフォーラム」などの各種イベントでも販売予定です。






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。


テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

『北海道からのたより -アイヌ文化に触れる-』レポート
第33回月いちフォーラム
『北海道からのたより -アイヌ文化に触れる-』
2009年1月14日
ゲスト:弓野恵子さん((財)アイヌ文化振興・研究推進機構アドバイザー)

2009年最初の月いちフォーラムは、アイヌ文化について。神謡(しんよう)やアイヌのお話など、そして楽器演奏含め、弓野さんご夫妻にお話していただきました。
IMG_4036.jpg

そもそも、なぜ「月いちフォーラム」でアイヌのお話をしていただこうと思ったのか、ということから。
エコツーリズム、というと、やはり自然の話が主になるんじゃないの? という風に思われている方が多いようです。けれど、人が自然と暮らしてきたその形、人々の営み、そこから生まれた民謡、民話、根付いている文化や神話もすべて囲んで、エコツーリズムという考え方のもとでツアーを行なっているところもあります。
そんななか、ちょっとしたきっかけで、アイヌ文化振興・研究推進機構アドバイザーの派遣制度を知り、今回弓野さんに、アイヌの神話や自然観などをお話していただくことになったのです。

当日は、アイヌの着物をきて現れた弓野さんご夫妻。模様にも意味があり、袖口やすそに刺繍されているトゲのような模様は、「魔物が入ってこないよう、魔よけになっている」のだそうです。

IMG_4029.jpg
触れる展示や楽器演奏などをしていただけたら、というスタッフの希望にお答え頂き、敷物や、楽器の演奏をしていただきました。「ムックリ」や「トンコリ」という、木でできた楽器の演奏とともに、ユカラをうたっていただきました。会場には小学生から大人まで集まっていたのですが、演奏がはじまると、今までとは全く違う雰囲気に包まれ、アイヌの言葉・音を通じて伝わってくる感情を、確かに感じることができました。

弓野さんは、演奏の合間合間に、アイヌの文化や動物達との関わり方について話してくださいました。

「アイヌの人々は、自然の情景や草や木、色々なものを歌にして、敬って生きてきた」
「語り継がれてきた物語の中に、”生きるためにはこうするんだよ”という教訓がある」
「自然をただ大切にするだけではなく、感謝の気持ちを忘れないこと」
「水はとても大切。洗濯などで出た水は、”汚い水をきれいにしてくれるところ”に流す。」
「アイヌは神様だらけ」
「自然と対話して、風の音に耳を傾けて聞く。観察をする。」


今回のお話を聞いて思ったことは、「その文化はそれを育んだ土地で感じるのが一番よい」ということです。
東京でアイヌの音楽を聴くことももちろんよいのですが、北海道の地で、そこの風や土を感じて、そこから発生した音楽を聴くのが一番じゃないだろうか、と改めて感じた一夜でした。

【お客様のアンケートから】
・生で見ることができて感動しました。








↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーカフェ『ネパール』レポート
第28回 『ネパール』 
2009年1月22日(木) 18:30~20:00(18:00開場)
【ゲスト】マハルジャン・ゴビンダさん(株式会社S.I.Tトラベル)


今年最初のエコツーカフェ。あいにくの雨模様でしたが、当日参加の方もお越しくださり、ゴビンダさんから生のネパールのお話を伺うことができました。

P1220006.jpg

日本に住んでもう7年になるというゴビンダさんは、ネパールの帽子をかぶって登場しました。
ゴビンダさんの軽快なトークとともに、ネパールの自然や文化、食事、トレッキングについて紹介していただき、実際にネパールの紙やお菓子も持ってきていただきました。

今までのエコツーカフェで、特にお客様から好評なのが、その国の食事や市場の様子。ゴビンダさんが紹介してくれたのは、「ヒマラヤのお蕎麦」を売りにしているお蕎麦屋さんの話。
「ネパールでは、蕎麦の実もあるのですが、それはカレーとして食べます。でも最近、長野で修行をしたひとがお蕎麦屋さんをひらいて、お蕎麦も食べられるようになりました。」そのお蕎麦、結構お高いようなのですが、それでもヒマラヤを見ながら食べられるというのはとっても珍しいんだそうです。
そして、ある時期には、「蕎麦の花、桜、菜の花、セミの声が一緒に楽しめる」んだそうです。なんだか聞いてるだけでもにぎやかですね。

ネパールはお花もきれいで、国の花でもあるシャクナゲが咲き誇る様は圧巻。36種類あるというシャクナゲは、白、ピンク、赤以外にも、茶色のものまであるのだそうです。
そんなネパールを訪れるおすすめのシーズンは、9月から翌年3月。「自然を楽しんで欲しい。」とゴビンダさんがおすすめをしてくれました。

■ネパールのちょっとしたお話
・ネパールの言葉で「モモ」は「餃子」のこと
・ロクシー、という米からできたお酒がある。香りはとても強く、接着剤のようなにおいがする。
・クマリという生き女神様がいる。仏教徒から選ばれてヒンズー教の神様になる

【お客様のアンケートから】
・とても軽快なお話で聞き入ってしまいました。ぜひネパールに行ってみたいです!!

当日ゴビンダさんに持ってきていただいたネパールの品々。
P1220008.jpg
↑よくネパールのイメージ写真にうつっている5色の旗。

P1220011.jpg
↑広げると、こんな感じです。

P1220014.jpg
↑ネパールの岩塩。白、ピンク、茶のものがあります。

P1220015.jpg
↑カレーにして良く食べるという豆。ネパールには、日本の冬至のカボチャのように、「6月に食べると1年健康に過ごせる豆」というのもあるのだそうです。

いろいろな国の話が聞けるエコツーカフェ。みなさんもぜひ参加してみてくださいね。
今決まっている予定です。
2009年3月26日(木): アイスランド
2009年4月23日(木): マーシャル諸島
詳細は⇒こちら




↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
『インドネシア ―野蚕からはじまるエコツーリズム』レポート
第34回 2009年2月18日(水)18:30~20:00(開場18:00)
『インドネシア ―野蚕からはじまるエコツーリズム』
ゲスト:黒田正人さん(ロイヤルシルク財団アドバイザー)


★2008年10月のエコツーカフェ「バリ島」で大好評だった、インドネシアで行なわれているエコツーリズムの話の続編です。★

会報40号の「エコツーリズムの現場から」で取り上げたインドネシア・ジョグジャカルタの「黄金の繭」。
今回は、その記事の中でも活動が紹介されていた、ロイヤルシルク財団の黒田正人さんをお招きしました。

会場には黄金の繭そのものと、それから作られた布やお財布などが会場に展示されました。(この繭は、イベント終了後に参加者の方に分けていただきました。ひとつひとつ色が違って、光に透かすととってもきれいでした)

P2180018.jpg

赤道に近いインドネシアに生息している蚕は、強い紫外線から身を守るために、繭そのものがUVカットをしているのだそうです。その繭から紡いだ糸を使った帽子なども、UVカットできるそうです。

最初は、野蚕(やさん)の説明からはじまり、段々と黒田さんご自身の活動の話になりました。
ガルーダ・インドネシア航空と組んで、植林を行い、「あなたが植えた木を見に行きませんか?」というプログラムを作ったりもしているそうです。
「より高価値のものを」
「”もの”の交流から”ひと”の交流へ」
「宿泊施設でも、設備投資による五つ星ではなく、エコに対しての五つ星を」

途中、インドネシアだけでなくモンゴルなどの話も出てきて、「エコツーリズムとは?」「フェアトレードとは何に対してフェアなのか?」などの話題について、黒田さんが見聞きしたことを熱心に語ってくださいました。

P2180001.jpg

単一栽培から多用な樹種の栽培に転換するときに人の手が必要だという箇所で、「人が関わらない限り、持続できない」という最後の言葉が、とても力強く感じられました。

【お客様のアンケートから】

・野蚕の理解がよくできました。





↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーカフェ「アイスランド」開催
毎月第4木曜日に、各国・地域の自然や文化、ひとびとの暮らしを紹介する「エコツーカフェ」を開催しています。今月は、北の国 アイスランドです。

----転載歓迎---
第30回 エコツーカフェ 『アイスランド』 (東京開催)
3月26日(木) 18:30~20:00(18:00開場)
ゲスト: 杉原氏、長谷川氏(アイスランド大使館)


hs010253 jpg_copy

ヨーロッパの北に位置するアイスランド。間欠泉が湧き出す国であり、地熱発電にも取組んでいます。ヴァイキングに興味のある方、サガが好きな方、アイスランドの話を聞いてみませんか?

【参加費】1000円(軽食・飲み物付)  【定員】25名 
【会場】Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 )
【対象】どなたでも        
【後援】日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
 お名前・連絡先を明記の上、下記までお申込ください。
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 
【詳細】 http://www.ecotourism.gr.jp/event/cafent/
 
※資料、お食事はご予約の方優先です。

会場は第三世界ショップ併設のカフェ。テーブルや椅子も全て木製で温かみがあり、エコツーカフェでは、写真のおにぎりセットをみなさまにお出ししています(お味噌汁のかわりにお茶をご提供)。雑穀入りの、とても身体にやさしいメニューです。エコツーカフェ終了後にお店でお買い物もできます。

asante02.jpg








↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【高校生向け】観光プランコンテスト「観光甲子園」
高校生向けに、「観光甲子園」という企画があります。興味のある方は詳細ページをご覧ください。

 「観光プランコンテスト」とは高校生が主役となって地域をアピールし、実際に商品化をめざすことのできる「地域観光プラン」を募集するコンテストです。
 高校生の「おもしろい」「そうだったんだ」という感動と発見をもとに地域の自然や歴史、文化を再発見し、それをどのようにして人々に伝えていくか。どんな工夫が人々の興味や関心をより高めることにつながるのか、そして人々をもてなすにはどんなことに注意するべきなのか…
 実際に行って、見て、人々の声を聞き、調べ、仲間と議論し、地域の様々な人と協力しながら創造する全国各地からの「地域発、観光プラン」を募集します。


募集開始: 2009年4月1日(水)
応募締切: 2009年7月10日(金)必着
予選発表:  2009年7月21日(火)
結果発表は、2009年7月上旬にホームページ上で発表
(予選通過校には結果通知とともに本選実施要項を郵送)
本選開催日: 2009年8月23日(日) AM 9:30 ~ PM 5:30
詳細: http://www.kobeshukugawa.ac.jp/kanko-koshien/
お問い合わせ、応募書類送付先 :
事務局:神戸夙川学院大学
〒650-0045 兵庫県神戸市中央区港島1丁目3番11
TEL:078-940-1154
FAX:078-303-1561
E-Mail:kanko-koshien@kobeshukugawa.ac.jp


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : 環境ニュース
ジャンル : ニュース

第1回エコツアーガイド就職説明会開催のお知らせ
3月17日に東京で「エコツアーガイド就職説明会」を開催します。
現役エコツアーガイドが集まり、ガイドの仕事について説明をしてくださいます。
概要は以下の通りです。エコツーリズムの分野での求人を探している方も含め、興味のある方、ぜひご参加ください。

----------転載歓迎---------
第1回エコツアーガイド就職説明会開催のお知らせ

  「エコツーリズムの分野で仕事をしたい!」とい方の声を受け、日本エコツーリズム協会のガイド部会によるエコツアーガイド就職説明会を開催します。
 学生・一般どなたでも参加できます。第1回の今回は、知床、軽井沢、屋久島のエコツアー事業者3社による合同説明会です。
 これからガイドになりたいと考えている方、エコツーリズムの分野に就職をしたいと考えている方、ぜひご参加ください。

※不定期開催。決まり次第HPや日本エコツーリズム協会会員向けメールニュースでお知らせします。是非ご期待ください。

【日 時】 3月17日(火) 13:00~17:00(途中入退場可)
【場 所】 株式会社ジェイアイシー会議室 
(〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F)(JR山手線・目黒駅から徒歩約5分)
【参加団体】
知床ネイチャーオフィス =北海道・知床=
http://www.sno.co.jp/

ピッキオ =長野県軽井沢町=
http://picchio.co.jp/sp/

屋久島野外活動総合センター(YNAC) =鹿児島県・屋久島=
http://www.ynac.com/


【形 式】3社合同説明会形式

【スケジュール】 
各1時間の3部形式
・各事業者の業務内容説明: 約30分
・全体での質疑応答: 約15分
・個別の質疑応答(3ヶ所に分かれる): 約15分
計約1時間

【参加費】無料

【お申込】
プロフィールシートを下記サイトからダウンロードあるいは印刷し、日本エコツーリズム協会へ、3月17日までにお送りください。
※当日持込になる方は、あらかじめご連絡ください。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2009/03/1-2.html


【書類送付先・お問合せ】
日本エコツーリズム協会(担当:大森・三崎)
e-mail: ecojapan@alles.or.jp
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーカフェ番外編『イエローストーン国立公園のオオカミ』レポ
エコツーカフェ番外編
 『イエローストーン国立公園のオオカミ』 
3月3日(火) 18:30~20:00(18:00開場)
ゲスト: スティーブ・ブラウンさん (Yellowstone Glacier Adventures, Inc.)


今回のゲストは、アメリカ・イエローストーン国立公園でガイドをしているスティーブ・ブラウンさん。達者な日本語で、アメリカの自然保護の歴史、そしてオオカミの再導入の話をしていただきました。
いつもと違う、火曜日での開催だったのですが、自然に興味があるお客様に集まっていただきました。

0303_01jpg.jpg

会場には、オオカミ、コヨーテ、クマの毛皮が展示されました。
クマの毛皮を手にし、イエローストーンに生息する動物の話、生態系の仕組みの話、そこを訪れる観光客が気をつけなければいけないことなど、熱心に語っていただきました。
0303_02.jpg
スティーブさんは、イエローストーン国立公園をガイドできる正規の免許を持っているそうです。その画像も見せていただきましたが、これから旅行をしようとしている人には、「ガイドがきちんと免許を持っているかどうか確認して欲しい」と強調をしていました。
自然の中を、きちんとしたガイドとともに歩いて楽しんでもらいたい、そのためには事前に確認すべきことはしてほしい、そんな思いを感じました。

さて、当日の様子を、参加者として客席に座っていたJESインターンが書いてくれました。いったんは絶滅したオオカミが再導入された話を聞いて書いた内容です。

日本の自然はもう元に戻らない場所もある。だがまだ間に合う、ギリギリの境界線に立っている自然もある。早く手を打たなければとスティーブさんは力説した。

写真あり、動きありのプレゼンテーションのあとは、野生生物保護などがもたらす利益は、どう計算しているのかなどといった質疑応答の時間が長くとられた。

ときに面白く、ときに深刻に話すスティーブさんとの時間は、いつもよりも時が経つのが早く感じさせてくれた。日本語も達者で、カフェにいながら、イエローストーンの大自然を満喫した気分。

アメリカにはなんと、オオカミと暮らし、「オオカミの目を通して自然を考える」のテーマのもとに、ネイチャースクールを開いて活動している桑原康生さんという方がいらっしゃるそうだ。

スティーブさんは、ぜひ一度、イエローストーンの大自然を満喫しにきて欲しいとお勧めしてくれた。一週間ぐらいの滞在で、心ゆくまで自然を堪能してみたい。


【参加者から寄せられたコメント】
・オオカミが生態系のてっぺんに属しているということを初めて知りました。面白かったです。

当日の参加者には、配布資料としてスティーブさんが執筆した世界遺産アカデミーの会報誌も配布されました。イエローストーン国立公園は世界遺産にもなっているため、執筆をされていたのです。

関連サイト:
スティーブさんが所属している会社。
・Yellowstone-Glacier Adventures, Inc.


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーカフェ『フィンランド』レポ
第29回 エコツーカフェ『フィンランド Luonto(フィンランド語でNature)、フィンランド式自然体験』 
2月26日(木) 18:30~20:00(18:00開場)
ゲスト: 能登重好さん(Visit Finland-Finpro Japan)


090226_01-thumb-300x208.jpg

2月26日にエコツーカフェ「フィンランド」を開催しました。「Vappu」という夏祭りのお話や、春夏秋冬、それぞれで楽しめるイベント、おすすめポイントなどをお話していただきました。
そして参加者の方には、フィンランドの地図やトラベルノート、フィンランドの環境政策についての冊子もいただき、希望者の方には「TORi」という雑誌もいただきました。ありがとうございます!
フィンランド好きな方が集まったせいか、とても好評でした。

TORI(トリ)/ Vol.6 特集・おいしいフィンランド。TORI(トリ)/ Vol.6 特集・おいしいフィンランド。
(2008/09/01)
Visit Finland

商品詳細を見る


さて、当日の様子をJESインターンの学生さんが書いてくれましたので掲載します。


フィンランドは遠い国かと思いきや、お隣(ロシア)を挟んだ次の国が「フィンランド」。

ムーミンとサンタで有名な「フィンランド」。
フィンランドは、北極圏をラップランド、その下をフィンランド南部と分けている。
寒い国だからか、約束は絶対に守る誠実な一面がある。
約束時間にちょっと遅れると、かなり寒いため死活問題になるのかもしれない。

また寡黙でもある彼らだが、夏至祭りの時はがらりと人柄が変わり、祭りだ祭りだと大騒ぎするそうだ。冬から夏に変わるその日に、空も人も衣替え。昨日までダウンジャケットを羽織っていた人が、翌日から半そでに。

ところで、私は、「沈まない太陽」と「白夜」が違うということを初めて知りました。
「白夜」は太陽は沈むが、空が暗くならない夜。
「沈まない太陽」は名の通り、地平線まで太陽は降りるが、沈まずにまたそのまま昇ることらしい。

フィンランドといえば「サウナ」。
日常生活に欠かせないサウナは会社にもあり、重要会議がサウナの中で行われることも。
昔はサウナが家の中で一番清潔な場所だったため、お産が行われたりもしたらしい。
サウナに入り、そのまま凍った湖に穴を開けてダイブしたりと。サウナの利用方法はいろいろ。

「オーロラ」も有名で、フィンランド人にとってオーロラは、日本人にとっての「夕焼け」みたいなものだとか。赤いオーロラは滅多に見れないらしい。観光客も見ようと頑張るが、多くの人は見る前に、寝てしまうらしい。サウナでほかほかになってから、オーロラを見るのもなかなか乙…?

ヘルシンキの観光は、徒歩と路面電車で充分堪能できるそう。マリメッコをはじめ、モダンでお洒落な北欧デザインが街中にあふれ、若者達のお店が並ぶストリートは散歩に最適。ヘルシンキを中心に北へ西へ東へ列車も出ていて、移動には困らない。

「Every man's right」という法律は、細かい規制はあるものの、所有者に関わらず、土地でのキャンプやベリー、きのこの採取をしていいという素敵な法律。

日本人の男性は何もないところから火をおこせますか?
フィンランドの男性はほぼ全員できるそうだ。
週末に別荘を持っている人が多く、その別荘は何もなければないほどいい別荘。
「上下水道がない、電気がない、なんて素敵な別荘なんだ」
都会的な日常と、原始的な生活を、週末に大自然の中の別荘で過ごすことでバランスをとっている。
ちなみに今回のゲスト、能登さんのオススメは、「レンメンヨキ公園」。

そうそう、今この公園を探すためにマップを広げてみたのだが、ヘルシンキでマップを広げると、すかさず誰かが声をかけてくれるらしい。

寡黙だけれど、誠実で、寒いけれど暖かい、そんなフィンランド。

日本でもオーロラは見れなくもないということなので、見れる日まで待とうと思っていましたが、やっぱりフィンランドに見に行こう。

東京にも雪が降る季節に、フィンランドの話が聞けたことが、なんだか嬉しいエコツーカフェ「フィンランド」でした。



みなさんもぜひ、外国の気分を味わいにエコツーカフェへ参加してみてください。
次回は3月26日(木)、アイスランドを取り上げます。
詳細はこちら。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/cafent/

ところで、今回会場から出た質問。能登さんがジョークをまじえ、答えてくれました。
1)フィンランドのオーロラの見ごろはいつですか? 天気が悪いときとあまりかぶりたくないのですが・・・。
⇒全体的に出現率は高いのですが、12月は避けてください。3月25日から4月10日ころを特におすすめします。オーロラを見るには粘りが必要ですよ。ビールを飲んでそのまま寝ないでくださいね。朝起きてがっくりしちゃいます。

2)フィンランドの食事って、どんなものなのですか?
⇒不規則にとります。大体お昼を抜くことが多いのですが、それも午前の会議でシナモンパイを食べてしまうから。夜がメインになります。

3)フィンランド国内を旅行するとき、交通をどうしたらよいのでしょう?
⇒電車も飛行機も、みんなフィンランドが起点になっています。どこか行きたい町があったら、三つの手順で調べてみてくださいね。
1・鉄道でいけるかどうか
2・高速バスもあるので、それが使えるかどうか
3・トラム(路面電車)でいけるかどうか

4)もし、10日間休みが取れたら、能登さんだったらどこに行きますか?
⇒6月にハワイへ行きます(笑)。それは冗談ですが、国立公園に行きますね。とてもお気に入りのところがあるのです。フィンランド、ノルウェー、スウェーデンの国境そばにあるところ、そこでしばらく過ごしたいですね。

P2260020.jpg

【参加者の方のコメント】
・一度は行ってみたい国のことを詳しく知ることができて、さらに行きたくなりました。もっともっと聞きたかったです!
・フィンランドに行きたくて仕方ないです!! ありがとうございました。


楽しいお話とおいしい食事を堪能できるエコツーカフェ。ぜひ足を運んでみてくださいね!
お申込は日本エコツーリズム協会まで。
Tel: 03-5437-3080 e-mail: ecojapan@alles.or.jp   


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

大山のエコツーリズム
今まで鳥取県の米子でエコツアーガイド養成講習会やプロデューサー養成講習会を何回かやってきましたが、先日、とても嬉しいお話が届きました。

2009 大山・山陰絵日記 「小さな大山でエコツーリズム」 2月26日
http://web.sanin.jp/p/daisenking/1/1/19/

大山が水面に映りこみ、「逆さ大山」になっている写真が掲載されています。そして笑顔のお客様3名。
この写真にいたるまでにお話がとても心温まるものでした。エコツアーをやるだけがエコツーリズムではない、どんな状況であれ、お客様に喜んでいただくこと、という文章に心打たれました。
ぜひご一読ください。


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

全国エコツーリズム大会 東京大会 分科会6-10
3月16日の全国エコツーリズム大会 東京大会で開催される分科会のうち、第6から第10分科会の紹介です。時間は14:35~16:00です。
第1から第5分科会は⇒こちら


第6分科会
"訪日観光とエコツアー~地域らしいおもてなしへの期待~"

地域の資源を見直し、地域を見直す作業から見えてきた訪日観光への可能性。外国から人に来てもらうためにはいったい何が必要なのか?そしてそれは、どうやって作っていくのか?実践から見えてくる地域らしさのおもてなしの工夫と難しさ。そして外国人が求めている真の魅力ある日本の旅とは、、、。

コーディネータ:小林寛子(JES理事・プロマークジャパン代表)
パネリスト:
水嶋智(観光庁観光地域振興部観光資源課長)
饗庭英隆(饗庭里山の会代表)滋賀県高島市 
小林俊夫(アルプカーゼ代表(延齢草))長野県大鹿村

第7分科会
"エコツーリズムと子供たち~地域教育とエコツーリズム~"

環境・観光教育としてのエコツーリズム、子どもたちとエコツアー、児童・生徒によるエコツアーガイド

コーディネータ:山田桂一郎(JES理事・JTICSWISS代表)
パネリスト:
江崎貴久(海島遊民くらぶ((有)オズ)代表)三重県鳥羽市
岡本純一郎(広島県廿日市市立宮島中学校教諭)
萩原寛暢(てしかがえこまち協議会人財育成部会長)北海道弟子屈町

第8分科会
"国際協力としてのエコツーリズム エコツーリズムが世界平和に貢献するには"

JICAのエコツーリズムプロジェクトなど、紛争や貧困などにエコツーリズムを通じてできることとは。

コーディネータ:真板昭夫(JES理事・京都嵯峨芸術大学芸術学部教授)
パネリスト:
草野孝久(独立行政法人国際協力機構広尾センター(JICA地球ひろば)所長)
阪本日出雄(株式会社パデコJICAボスニア・ヘルツェゴビナ国エコツーリズムプロジェクト)
下休場千秋(大阪芸術大学芸術学部教授)

第9分科会
"環境問題とエコツーリズム  ~地球温暖化、生物多様性保全時代の観光として"

マスツーリズムとカーボンオフセット、マスのエコ化への取り組み。世界の取り組み、世界遺産地域など

コーディネータ:吉田正人(江戸川大学社会学部教授)
パネリスト:
日比保史(コンサベーション・インターナショナル・ジャパン代表)
松本毅(JES理事・屋久島野外活動総合センター代表)
樋口誠司(株式会社JTB関東交流文化事業チーム企画開発マネージャー)

第10分科会
"広がるエコツアー、問われる質 ~エコツアーの評価は必要か?"

品質を問う社会には評価や認証が生まれるもの。だが、なかなか評価制度が定着しないのが日本。環境保全、地域社会との関わりなど様々な側面をもつエコツアーに、果たして評価は必要なのか。現場の担い手は、地域は、ツーリストはどう考えているのか。海外と日本の違いは。エコツアーに関わる様々な角度から考える。

コーディネータ:海津ゆりえ(JES理事・文教大学国際学部准教授)
パネリスト:
せきねきょうこ(インディシア ホテル・ジャーナリスト)
松田光輝(株式会社知床ネイチャーオフィス代表)北海道斜里町
工藤正壽(二戸市 市民協働部地域づくり推進課副主幹)岩手県二戸市"


★パンフレットをご希望の方にはお送りいたします。ご連絡ください。
また、HPでもご覧いただけます。
https://entry.jtb.ne.jp/me/registryj/registryj.asp?id=1171

【お問合せ・お申込】
日本エコツーリズム協会
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
Tel: 03-5437-3088
ecojapan@alles.or.jp   
http://www.ecotourism.gr.jp






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

全国エコツーリズム大会 東京大会
今日は東京は雪予報です。今のところ、まだ目黒近辺には降っていないようです。
ひなまつりの今日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
私はひなあられを買い占めました。なぜならあまりに懐かしすぎてひなあられの味を忘れていたからです。今までそんなにひなあられ好きでもなかったのですが、昨日スーパーに立ち寄ったところ、ふと「そういえばひなあられってどんな味だっけ・・・?」と。いくら記憶の底のほうをさらってみても、なかなか「ひなあられの味」が出てきません。忘却! 忘却のかなた!! 何かよくない危険を察知したため、買って来ました。役に立つのかしらこの危険予測・・・。

さていよいよ全国エコツーリズム大会・東京大会が16日に開催されます。この大会、正式名称は「NPO法人日本エコツーリズム協会設立10周年記念大会」といいます。長いな。なので事務局では「東京大会」と呼ばれています。
日本エコツーリズム協会は今まで日本各地でエコツーリズム大会を開催していましたが、意外なことに初の東京開催です。ついに都会へ上陸。

以下開催概要です。
-----転載歓迎----
■日本エコツーリズム協会設立10周年記念大会開催のお知らせ■

 日本エコツーリズム協会設立10周年を記念して、全国エコツーリズム大会を東京で初めて開催します。これまでの10年間 おける各地の取り組みを振り返り、エコツーリズムは地域の振興、環境の保全、観光の振興にどのように貢献してきたかを検証し、さらに日本エコツーリズム協会が目指すこれからの10年間への提言を行うことをテーマとしています。
 C.Wニコル氏による基調講演の後、10の分科会を開催します。エコツアーガイド、旅行会社、行政の関係者がそれぞれのテーマで話し合います。みなさまの参加をお待ちしています。

【日 時】 3月16日(月) 9:00~18:00 (8:00受付開始)
【場 所】 京王プラザホテル(東京都新宿区)
【参加費】 10,500円(個人会員・法人会員)、15.500円(会員外)、5,500円(学生)
■記念パーティー参加費:8,000円(別途)
※参加費には500円のカーボンオフセットが含まれています。
【お問合せ】
NPO法人日本エコツーリズム協会
TEL:03-5437-3088 E-mail:ecojapan@alles.or.jp
【詳 細】 https://entry.jtb.ne.jp/me/registryj/registryj.asp?id=1171
-----------------------------------

↓ここから下はちょっと長いですが、それぞれの分科会の概要です。まずは第1から第5分科会まで。
時間は13:00~14:25です。

第1分科会
"エコツーリズムによる地域おこしの実践~いかに参加し、いかに事業化するか?"

観光によるまちおこしを地域としてどのように進めるか。地域社会の自律的な運営を目指した取り組み、地域の小規模エコツアーサイトとユーザーを結ぶ中間組織の紹介と課題。旅行会社とどうつきあうか。

コーディネータ:前田弘(阪南大学国際コミュニケーション学部教授)
パネリスト:
高橋充(南信州観光公社専務取締役)長野県飯田市
中川重年(京都学園大学バイオ環境学部教授)
工藤正壽(二戸市 市民協働部地域づくり推進課副主幹)岩手県二戸市

第2分科会
"エコツーリズム推進法の活用と課題~観光立国への道標とエコツーリズム推進法の活用を考える"

地域の宝を地域の力によって持続的な活用を目指すエコツーリズムは、21世紀型観光の柱。その規範となるエコツーリズム推進法の意義と活用法そして課題を、地域の推進関係者と国の政策担当者が知恵を出し合います。

コーディネータ:高梨洋一郎(JES理事・サイバー大学世界遺産学部教授)
パネリスト:
犬井 正(飯能市エコツーリズム推進協議会会長・獨協大学経済学部教授)埼玉県飯能市
垣花武信(慶良間自然環境保全会議理事長)沖縄県
岡本光之(環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室長)
水嶋智(観光庁観光地域振興部観光資源課長)

第3分科会
エコツアーガイドと起業~ガイド業はどうすれば「職業」になるか

JESガイド部会からテーマを提案していただくが、想定としては独立起業していくための認知度の向上、雇用の促進に結び付けるには。エコツアーガイドのニーズや役割を社会に訴えていくには。

コーディネータ:松本毅(JES理事・屋久島野外活動総合センター代表)
パネリスト:
楠部真也(JES理事・株式会社ピッキオ取締役)長野県軽井沢町
松田光輝(株式会社知床ネイチャーオフィス代表)北海道斜里町
平井和也(ネイチャーワークス代表)沖縄県読谷村

第4分科会
"持続可能な観光~エコツーリズムを通じた保全はどうすれば実現するのか?"

「保全」について、この10年間でどのような仕組みが地域で育ち、ツーリストは参加するようになったのか。また企業による参加や費用負担がどのように展開しているのか。

コーディネータ:高橋進(共栄大学国際経営学部教授)
パネリスト:
西原弘(NPO法人日本ガラパゴスの会事務局長)
瓜田勝也(NPO法人霧多布湿原トラスト理事)北海道浜中町
壱岐健一郎(有限会社リボーン代表、NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン)

第5分科会
"エコツアーは、何故もうからない!?~エコツアー独自のマーケッティング確立に向けて~"

多品種少量生産の典型であるエコツアーは、大量流通に乗らず、一般的な観光ツアーのような利益構造が作り出せない。しかし、独自のマーケッティング手法は今だ確立されておらず、現場ではエコツアーの意義は認めつつも、その継続に苦慮しているケースも多い。今、エコツアー独自のマーケッティングを確立することこそが急務である。

コーディネータ:原優二(JES理事・風の旅行社代表)
パネリスト:
橋川史宏(有限会社伊勢福代表取締役社長)三重県熊野市
坂元英俊(JES理事・財団法人阿蘇地域振興デザインセンター事務局長)熊本県阿蘇地域



★パンフレットをご希望の方にはお送りいたします。ご連絡ください。
また、HPでもご覧いただけます。
https://entry.jtb.ne.jp/me/registryj/registryj.asp?id=1171

【お問合せ・お申込】
日本エコツーリズム協会
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
Tel: 03-5437-3088
ecojapan@alles.or.jp   
http://www.ecotourism.gr.jp








↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

明日はイエローストーンのオオカミの話
3月3日(火)に、エコツーカフェの番外編として、アメリカからガイドさんを招いて『イエローストーン国立公園のオオカミ』というイベントを行います。
まだ席に若干余裕があるので、「オオカミ!!」「イエローストーン!!」と反応した方はぜひお越しくださいな。JR恵比寿駅そばのカフェで18:30からの開催です。
詳細はこちら。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/cafent/
―――転載歓迎---
番外編 『イエローストーン国立公園のオオカミ』 (東京開催)
3月3日(火) 18:30~20:00(18:00開場)
ゲスト: スティーブ・ブラウンさん (Yellowstone Glacier Adventures, Inc.)


 今回のゲストはイエローストーン国立公園をはじめ、各地で大自然のすばらしさを伝える仕事をされているスティーブさん。
 日本の生活経験も長く、日本の自然を愛するスティーブさんは、日本の人々にもっとそのすばらしさを再認識してほしいと語ります。
 飛行機から見下ろした日本は、緑の森に包まれ、荒涼としたイエローストーン地域とは段違い。
  しかしイエローストーンではかつての日本同様、生き生きとしたドラマが日々繰り広げられています。
 今回は一度失いかけたイエローストーン生態系の均衡を取り戻すことに成功したオオカミ導入プロジェクトの話を中心に、オバマ政権の影響等最新の話題も含めお話します。
★スティーブさんは日本語でお話してくださいます。お気軽にお越しください!

【参加費】1000円(軽食・飲み物付) 【定員】25名 
【会場】Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 )
【対象】どなたでも        
【後援】日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
 お名前・連絡先を明記の上、下記までお申込ください。
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 
 
----ここまで---

アメリカの自然について知りたい方、野生生物について興味がある方、歓迎です。
あとは。
オオカミの再導入について知りたいんだ、という方はさらに歓迎です。
「日本全国のみならず海外までオオカミを見に行ったんだ」という方もさらに歓迎です。
動物の再導入について疑問を持っている方、海外の事例を知りたい方にもよい機会かと思います。
※このイベントは当日参加も可能ですが、資料、お食事は予約の方優先となっています。(定員25名)

ヨーロッパではオオヤマネコの導入がされたりもしていますが、日本ではそういった例があるのでしょうか。寡聞ながらそういった事例は聞いたことがないのですが、もしご存知の方がこのイベントにいらっしゃったら訊いてみたいと思います。


--------
今日は、昨日までのどんよりした天気とは一転、とても良い天気となりました。つまりですよ。あれですよ。
花粉戦隊カフレンジャーが舞ってるってことです('A')
なにゆえ彼らはあんなにちっこいのか。しかもやたら数が多い。隙間から入ってくるし。
最近ティッシュの消費量が飛躍的に伸びました。保湿ティッシュは高いというのに・・・。
みなさまもお気をつけてくださいませ。きっとやつらは影からみてるんだ。「ふふ・・・次のターゲットはあいつだ」みたいな感じで。




↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。