≪05  2009-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『観光カリスマが考えるエコツーリズムと地域振興』レポ
第37回 月いちフォーラム
『観光カリスマが考えるエコツーリズムと地域振興』
山田桂一郎さん(JTIC.SWISS代表)


今回で「月いちフォーラム」には3回目の登場となる山田さん。なぜ3回も? と思われるかもしれませんが、それほどまでにお客様からの「もう一度山田さんの話を!」という声が多いためです。

今回の参加者は最終的に50名。文字通り「ぎっしり」並べられた椅子が埋まりました。
090611_02.jpg

目標は日本の国民生活満足度指数(Life Satisfaction)を世界1位にすること。

こう最初から言い切る山田さん。
そんな山田さんの話を聞きにこられた皆様に、以下の質問をしてみました。当てはまるものに手を挙げていただいたのですが、↓このような数になりました。

1)山田さんの話を既に聞いたことがある: 3割
2)エコツーリズムという言葉をきいたことがある: 9割
3)エコツーリズムを、「ちゃんと理解している」と自信を持っていえる: 0


3番目の質問には、お客様からも苦笑いがもれ、とても困りながら、でも手を挙げようかどうか迷っているかたもいらっしゃいました。そこで山田さんから、「では、みなさんで一緒に考えていきましょう!」という言葉が。

・本当に優れた観光、集客交流地域とは? 人気があればよいのか?
⇒知名度を上げることと認知度を上げることは全く違います。
・たくさんの人がくればよい?
⇒日帰り旅行で雑踏を歩いた、という思い出だけではどうですか?
・観光、商業、事業者だけが儲かればよい?
⇒地域内での大きなマネーフローの仕組みを持つためにも他産業との連携は必要。地域内利潤を高めることが最重要。そうでなければ、個々の利益も上がらない。
観光資源はただ消費するだけではなく、利活用と保全を!!



090611_01.jpg

会場とのやり取りを大事にする山田さん。ご自身の体験を踏まえ、お客様へ質問をされていました。

僕は鳥取県西部(特に大山・皆生)の観光にも関わっているのですが、この中で境港市に行かれた方いらっしゃいますか?
 (ひとり手があがる)
何か買われましたか?
 (海産物を買いました、という答え)
あなたは境港市ではまれなとってもいいお客さんでしたね(笑)。
旅行先でものを買って頂けるのは「地域にとって有難い良いお客様」なんです。年間約170万人まで観光客が増えているのに、境港市の地元小売・商業動向は右肩下がり。境港市のゲゲゲの水木しげるロードと境港の海産物は全く無関係で、観光的に相互が結びついていないので経済的な相乗効果がありません。
あのPRポスターでも、鬼太郎やいったんもめんが海鮮丼を持っていてくれればよかったのに!! 地域内で一致団結した全体的な動きになっていないのが残念! それ以上に残念なのが、多くの地元関係者が入込数増加だけを喜んでいること。地域内のビジネス的成果がほとんど無く、地域の本質的な魅力も蔑ろにされている・・・。これでは地域は良くはならない。


さらに山田さんの話は続きます。そこにも、エコツーリズムへの思いが感じられます。

その地域の本当の豊かさとは? 市場経済的、金銭的な豊かさではなく、心の豊かさを感じられる地域の魅力や宝がとても大事。そして、地元住民がその大切さに気付き、自らが保全(維持管理)を行いながら、地域の観光素材としても大切に活用されなければならないのです。

・観光、旅は「異日常」の生活体験が基本。自然の真只中やレジャー施設の中などの「非日常」だけではなく、普段の日常とは異なる他の地域のライフスタイルや生活文化の豊かさを感じることが出来なければその地域まで行く必要性がない。エコツアーは「異日常」と「非日常」の双方のフィールドで行われる商品であり、地域ならではの魅力を最大限に発揮することが出来る商品である。また、エコツアーそのものへの顧客の顕実化した欲求だけではなく、お客様の潜在的欲求まで満たすことが可能な商品である。



「戦略なき戦術では必ず失敗する」と力説する山田さん。「地域の目指すべきゴール(目的)と目標(長中短期別に)を決めることが重要なのです」という言葉に、今回のテーマである「地域振興」の基盤が感じられました。

【JESインターンの感想】
どうやったらその町に自信を持って、観光開発に取組めるのか? 方法としてどういったものがあるのか? を知りたいと思います。
個人的には、山田さんが使われていた、感じる幸せ、幸せを感じるという意味の「感幸(かんこう)」という言葉が好きです。

【今回のキーワード】
・地域振興
・リアリティ
・地元についての誇り
・サービス業のいいところは、雇用が確保できているところ。外からのお金が確保できる。
・地域のこと、環境のことを考える

【参加者からのコメント】
・単なるエコツアーに限らず、如何にすれば地域振興ができるか、目的・方法よりも、理念・理想が大切であることを認識できた。ありがとうございました。
・自己実現=幸せ度の向上を追及して行きたいと思った。今回の話は、どの仕事/職業に通じる理念と思います。
・(一緒に参加した)妻の満足度が高くて大成功です。ありがとうございました。
・観光について、濃い内容のお話で面白かったです。是非また今度はスイス・ツェルマットのお話を聞きたいと思います。
・できれば山田氏の講演要旨を協会HPにて掲載してほしい。
⇒レポートという形ですが、掲載しています。
2006年8月9日『マッターホルンの麓から -スイス・ツェルマットのエコツーリズム』
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2006/08/post-56.html
2008年7月11日『スイスにみる観光の本質 ~エコツーリズム、地域とのつながり~』
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2008/07/post-4.html
・飲み物は最初にあったほうがよい。講演時間をもっと長くして欲しい。
⇒事務局より:お飲み物を配る際に不手際があったようで失礼いたしました。いただいたご意見を今後に活かしていきたいと思います。講演時間につきましては、今の時間を動かすことは難しいです。ご不便をおかけいたしますが、どうぞご理解いただけますよう、お願い申し上げます。







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【報告書】全国エコツーリズム大会in小笠原
■全国エコツーリズム大会in小笠原■ 報告書完成

昨年12月に、小笠原諸島で行なわれた「全国エコツーリズム大会in小笠原」。本日、小笠原村の方がJES事務局にお立ち寄りになり、報告書をいただきました。
20090629112652_00001.jpg
大会中に行なわれたエコツアーのアンケートの他、統括シンポジウムの内容が掲載されています。日本エコツーリズム協会の事務局で閲覧もできます。
誠に勝手ながら、販売・譲渡・貸出は行なっておりません。あらかじめご了承ください。)

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

カラスは恋の季節の模様
昨日は東京で「エコツーカフェ・インドネシア」を開催しました。クリキュラという、黄金の繭をつくる蚕による、持続可能な観光についてのお話を、ロイヤルシルク財団の黒田さんに伺いました。レポートはまた後日アップします。
その前日、水曜日には、京都・町家エコツーカフェを開催しました。カメルーンのある地域のエコツーリズムへの取り組みについて、大阪芸術大学の下休場先生にお話していただきました。楽しそうな写真とともに、さきほどレポートをアップしました。

P6250056.jpg
↑黒田さんが持ってきてくださった「黄金の繭」。光の加減ではなく、本当に濃い黄色というか、金色なのです。お客様にもひとりひとつ、おみやげとしてご提供いただきました。


--------------

さて、今日で今週のお仕事日が終わりです。ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ キャホーイ
今夜はロシア料理食べてきます。ロシア料理!! スパシーバ!! ボルシチ!! (←あんまり言葉をしらない)

ところで事務局が入っているフロアの給湯室からは、東京の景色が楽しめるのですが(楽しめる、というか何というか)、すぐ目の前に、大きなケヤキの樹があります。
いつも洗い物をしているときに、そのケヤキを眺めたり、道行く人々を眺めたりしているのですが、この一週間、そのケヤキにカラスが2羽、よくとまっていたのです。
コップを洗いながらその2羽を見ていると、片方のカラスが、もう片方のカラスに、枝を横とびしながら近付いていくのですが、近付かれたカラスは「ぷいっ」とあっちを向いて、ちょっと遠ざかったりしていました。
さらに見ていると、その「気を引きたい」と一生懸命なカラスは、今度はケヤキの枝を折って、くちばしに加えて、「この緑の葉、きれいじゃない?」とふりふりしながら、つれない様子のカラスに近付いていきます。
給湯室から眺めるカラスの恋模様。なんだ、今ってカラスの求婚シーズンか? と思って他の事務局スタッフにきいてもたところ、その「気を引こうとしているカラスとつれないカラス」の2羽は、よく目撃されているようです。
カラス・・・がんばれカラス。
その後、誰かが「そういえば花婿検定ってあるんだって」といいはじめ、JES事務局内はある意味盛り上がったのでした。
花婿検定・・・。結婚指輪の材質は、とかあったような気がする。

さてそろそろいい具合の時間になったんで、ボルシチ食べに帰ります。
ボルシチといえば野菜、野菜といえば菜園、菜園といえば。
毎日チェックしている「秋葉原菜園」というサイトがあるのですが、秋葉原での地産池消を目指しているそうです。こういうの大好き。秋葉原も好きだ。米も好きだ。

ではみなさま、よい週末を。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
京都・町屋エコツーカフェレポ
今週水曜日に京都の町屋で行われた「エコツーカフェ」の様子をお伝えします。

第3回 京都・町屋エコツーカフェ 『カメルーンで貴族の一員になる!?』
6月24日(水) 18:30~20:00(18:00開場)
ゲスト: 下休場千秋氏(大阪芸術大学環境デザイン学科教授)


090624_02.jpg

 京都では3回目となるエコツーカフェ。
 今回お話してくださるのは、大阪芸術大学の下休場先生。まずDVDでカメルーンの様子や、儀式の様子を見せてくださいました。

 その後パワーポイントにて、カメルーンの概要や研究地域の紹介をしていただき、先生自身が貴族の一員となる加入儀礼に参加されたことをお話くださいました。この地域は焼き畑による森林破壊が進んでおり、少しずつエコツーリズムに移行していこうとしているとのことでした。

 その村に貢献した人が貴族の一員になる許しをもらえるそうで、先生はこの地域の文化や歴史を日本に伝えるということで貢献され、貴族の一員となりました。

090624_01.jpg

 またその儀礼の際、現地でもらったという衣装と帽子もご持参いただき、せっかくなので着ていただきました。一瞬でカメルーンの空気が伝わてくるようでした。

 そして、なんとお土産までご持参いただきました! それは真鍮でできた小さい人形で、何かの楽器を奏でているではありませんか! なんとも味のある人形です。抽選で10名様にプレゼントしていただきました

 その後、懇親会を行い和気あいあいの雰囲気の中、町家エコツーカフェの夜はふけていきました。

090624_03.jpg


=開催概要=
【日 時】 6月24日(水) 18:30~20:00(18:00開場)
【場 所】 亀笑邸 (京都市中京区西ノ京円町冷泉町4 旧二条通御前西入ル)
http://www.f2d.net/kisshoutei/
【参加費】 1,000円(資料・軽食付)  
【定 員】 30名(定員になり次第締切)
【お問合せ・お申込】 日本エコツーリズム協会事務局 
tel: 03-5437-3080 e-mail: ecojapan@alles.or.jp  

※次回の京都・町屋エコツーカフェは9月に開催予定です。内容がきまりましたら、またお知らせします。今回参加できなかった方、お楽しみに!!






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

尾瀬を親子で楽しむプログラム
尾瀬でのキャンプのお知らせが届きました。

●●●三井物産・森林体験教室「森と自然とふれあおう!」●●●

    IN 三井物産の森 田代山林 (尾瀬国立公園内)

   http://wens.gr.jp/program/special/09mitsui.html

 三井物産株式会社が社会貢献・地域活動の一環として行う、親子を対象とした森林体験教室です。尾瀬国立公園内にある三井物産田代社有林を舞台に、汗を流しての間伐体験で、日本の森が抱える問題、そして生物多様性の源でもある森を守るヒントを学びます。
 夜にはナイトハイクで五感を研ぎ澄ませ、自然の中に溶け込みます。
キャンプファイヤーでは火を囲んで、仲間との絆を深めましょう!
 2日目は田代山登山です!登るにつれて表情を変える山の姿。 天空に広がるお花畑の湿原で過酷な自然環境で生きる植物や動物たちの知恵を目の当たりにできる、そんな登山体験です。

【日時】2009年7月18日(土)~19日(日)
【活動場所】三井物産の森 田代山林(福島県)
【対象】小学5年生以上の親子 
※保護者1名、お子さまは小学5年生以上2名までを1組としてご応募いただけます。
【集合】電車の方/10:00JR那須塩原駅
    お車の方/ 11:30会津アストリアホテル
【解散】お車の方/15:30会津アストリアホテル  
    電車の方/ 18:00 JR那須塩原駅
【料金】5,000円/お1人様(税込)
【定員】40名 ※定員以上になった場合は抽選となります。
【応募閉め切り】7月7日    【抽選発表】7月8日
 ●お申込み・お問合せ

 ホールアース自然学校内
 三井物産・森林体験教室「森と自然とふれあおう!」事務局
 担当:吉田 洋子
 TEL 0544-66-0152 FAX 0544-67-0567





テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

NZからのお客様
■今日はエコツーカフェ「インドネシア」の開催日です■
18:30~ 場所:AsanteSanaカフェ
詳細: http://www.ecotourism.gr.jp/event/cafent/

P5160095.jpg

さて今日はニュージーランドから、エコツアー事業者の方がお客様でお見えになりました。オーストラリアのガイドさんとはよく連絡をとっていたのですが、ニュージーランドの方と直接お話しする機会があまりなかったので、とてもよい機会になりました。
そのオーストラリアのガイドさんは、9月に一時帰国するため、日本エコツーリズム協会のイベントに出演していただく予定です。


----------------------------------

梅雨の晴れ間といいますか、今日は蒸し暑く、それだけで体力を奪われていきます。ああ あつい・・じめじめだよ。
今欲しいものはなんだろう、と昨日つらつら考えながら、行きつけの医院までの道を歩いていたのですが、欲しいもののトップに「ながぐつ」が出てきました。やはりこの天気のせいか!!
ここ数年、武骨な長ぐつだけでなく、水玉模様とかカエルの顔が付いたのとか、かわいいのがたくさんでていますが、じゃあどんなのがいいのかしら、と思い描いていたところ、ほしいものが固まってきました。
相変わらずのウサビッチ好きなんで、白い長ぐつをまず買ってきて、それに油性のマジックか何かで、片方はピンクと白のしましま、もう片方には緑と白のしましまを描けば、もう私のほしい長ぐつの理想形になります。どこからどうみてもウサビッチ模様です。
・・・ということをニタニタしながら考えて歩いていたら、行きつけの医院の診察券を持って行くのを忘れてました('A') しかも保険証が新しくなってから行ってなかったので、待ち時間が予想よりえらい長くなりました。

相変わらず、信条として「気をつけろ、○タクは急に止まれない」などといっているのですが、この間ネットをふらふらしていたら、お台場のガンダムを見に行くツアーがある、と出ていました。
ガ ン ダ ム ・・・!! 
あのガンダム、たしかファーストガンダムのものだったと思うのですが、今年の頭にスカパーで「ガンダム30周年記念」として一挙全話放送をしていたのです。アムロのやつ。そうしましたら、その最初のシリーズのガンダム、非常に濃くて、キャラひとりひとりが、もう「濃い」以外に表現が浮かばないのです。みながら「濃・・・!」と思っていたわけですが、途中で見るのつかれてやめてしまいました。体力が・・・。
この間は箱根町がエヴァ補完マップを出していましたし、アニメ好きは意外にそこかしこに潜んでいるんじゃないかと思っている次第です。私はウサビッチのほかには攻殻が好き。
昨日は、コンテンツツーリズムの話も別のところで知りましたし、探していくと面白そうなことがいっぱいのようです。







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【雑誌】エココロ掲載
■雑誌「ecocolo」で、日本エコツーリズム協会が紹介されました

・・・日本エコツーリズム協会が紹介された、というよりも、エコツーリズムを紹介するときに日本エコツーリズム協会も紹介された、という感じなんですが、紹介されたことには変わりありません。
このecocoloの109ページ、エココロジャーナル:vol40「エコツーリズム」に掲載されています。

ecocolo0908.jpg

エココロサイト: http://www.ecocolo.com/editorial/index.php
掲載誌: ecocolo No.40 2009年8月号(580円(税込))


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

「平成21年度ニューツーリズム創出・流通促進事業」実証事業募集のお知らせ
観光庁から出た報道発表です。

「平成21年度ニューツーリズム創出・流通促進事業」実証事業を募集します!2009/06/16

観光庁では、国内旅行需要拡大のため、地域資源を活用した「体験型」「交流型」の新たな形態の旅行商品(長期滞在型観光、エコツーリズム、ヘルスツーリズム等の「ニューツーリズム」旅行商品)の創出と流通の促進に平成19年度から取り組んでいます。  本事業では、平成19年度より実証事業(モニターツアー催行)の実施しており、今年度も引き続き実証事業の計画を募集いたします。  募集については、『「平成21年度ニューツーリズム創出・流通促進事業」実証事業募集要綱』により行いますので、応募の際には実施地域を所管する地方運輸局又は沖縄総合事務局へ必要書類を提出してください。 なお、募集要綱本文については、各地方運輸局のホームページから入手頂けます。


【募集期間(締切日必着)】 平成21年6月16日~6月30日(7月~翌年1月催行分)
【詳細】 http://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000026.html



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】エコツーカフェ『インドネシア』
東京で毎月開催しているイベント『エコツーカフェ』。
毎回エコツーリズムに縁の深い方を講師としてお招きし、各地の環境、文化や歴史などの紹介、エコツーリズム事情をお届けしています。「ツアーではどんなことが楽しめるの?」「その街の人々はどんな暮らしをしているの?」など、写真や映像で紹介していきます。
(※京都では不定期に開催しています)

------以下転載歓迎------

第33回エコツーカフェ『インドネシア』
6月25日(木) 18:30~20:00 (開場18:00)
ゲスト:黒田正人氏(ロイヤルシルク財団アドバイザー)


P2180020.jpg
(上の画像は黄金の繭でつくられたブローチ)

 インドネシアで野蚕(やさん)を使って持続可能な観光の仕組み作りに取組んでいる黒田さんをお招きします。
今 までにも月いちフォーラムでお話していただいたことはありましたが、そこでのあまりの盛り上がりぶりに、今回再度エコツーカフェにてご登壇いただくことになりました。
  「フェアトレードという言葉があるが、いったいどこに対して"フェア"なのか」「対価としてお金をもらえばいい、というわけではないのです」など、現地で活動している方ならではの思いを伝えてくださった黒田さん。

 今回は、黄金の繭をつくる蚕を使い、持続可能な観光、地域振興は可能なのか、インドネシアでの活動をもとにお話を伺います。

【参加費】1000円(軽食・飲み物付) 【定員】25名 
【会場】Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 )
【対象】どなたでも        
【後援】日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
 お名前・連絡先を明記の上、下記までお申込ください。
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 

※資料、お食事はご予約の方優先です。

会場は第三世界ショップ併設のカフェ。テーブルや椅子も全て木製で温かみがあり、エコツーカフェでは、薫り高い海苔で包んだおにぎりセットをみなさまにお出ししています。雑穀入りの、とても身体にやさしいメニューです。エコツーカフェ終了後にお店でお買い物もできます。


↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】京都・町屋エコツーカフェ
京都市内の町屋を貸しきって行なっている「町屋エコツーカフェ」。今回はアフリカのエコツーリズムについて取り上げます。

 「町家エコツーカフェ」では、毎回エコツーリズムに縁の深い方を講師としてお招きし、各地の環境、文化や歴史などの紹介、エコツーリズム事情をお届けしています。
 「ツアーではどんなことが楽しめるの?」「その街の人々はどんな暮らしをしているの?」など、写真や映像で紹介していきます。
 会場は京都ならではの町家です。和気あいあいとした雰囲気のなか、エコツーリズム
に親しんでいただけると幸いです。お気軽にご参加ください。

------以下転載歓迎-------

第3回 京都・町屋エコツーカフェ 『カメルーンで貴族の一員になる!?』
6月24日(水) 18:30~20:00(18:00開場)
ゲスト: 下休場千秋氏(大阪芸術大学環境デザイン学科教授)


IMG_0648[1]
(写真は前回の様子)

アフリカ・カメルーンのエコツーリズムについて、大阪芸術大学の下休場先生をお招きします。カメルーンの伝統的な首長制社会において、貴族の一員になるために加入儀礼を受けた経験などをもとにお話していただきます。
お茶菓子付のイベントです。お気軽にお越しください。

【日 時】 6月24日(水) 18:30~20:00(18:00開場)
【場 所】 亀笑邸 (京都市中京区西ノ京円町冷泉町4 旧二条通御前西入ル)
http://www.f2d.net/kisshoutei/
【参加費】 1,000円(資料・軽食付)  
【定 員】 30名(定員になり次第締切)
【お問合せ・お申込】 JES事務局 
tel: 03-5437-3080 e-mail: ecojapan@alles.or.jp   








↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

2008年アジアの環境重大ニュース
■2008年アジアの環境重大ニュース■

財団法人地球環境戦略研究機関は、1998年から毎年、アジア太平洋地域における環境重大ニュースとして公表しています。
2008年のものがpdfで見られるようになっています。興味があるかたはごらんください。

2008年のアジアの環境重大ニュースでは、3機関、24ヶ国から合計127件のニュースを収集することができた。これらのニュースは、必ずしも各国や機関等の公式見解ではないが、環境分野の協力機関または各国の専門家によって選定されたものであり、アジア太平洋地域における最近の環境問題を巡る主な動向がまとめられている。
(財団法人地球環境戦略研究機関サイトより)


サイトはこちら:
http://enviroscope.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=2147


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

四国の「かおり米」
先週の月いちフォーラム(山田桂一郎さんの回)は、本当にたくさんの方においで頂き、アンケートにもコメントを多くいただきました。ありがとうございます。はやくも山田さんのフォーラムの次回開催はいつですか、という問い合わせもありました。ありがたい限りですが、開催するのはもう少し先になってしまうと思います。
その間にも、月いちフォーラムは深海の研究者や現役エコツアーガイドさんをお招きしての開催を予定しています。これこそ乞うご期待、というものです。

深海といえば、先週末に横浜港開港150周年記念イベント「Y150」で、深海調査船「しんかい6500」が一般公開されるというので行って来たのですが、公開時間をきちんと調べなかったがために、残念ながら見ることができませんでした。
これは・・・JAMSTECの一般公開までまて、ということでしょうかね。

今日は、スタッフのひとりから四国のお土産をいただきました。「かおり米」というお米で、普通の白米を炊くときに、すこしだけ混ぜて炊くと、とってもよい香りがするのだそうです。
しかし、このお米のパッケージ(?)がとってもかわいいのです。ミニチュア好きにはたまらんだろ、というくらいかわいい。
JESの密かなるマスコット、カナダ出身のジョナサンと一緒にとってみました。
P6150002.jpg
ジョナサンかわいいなジョナサン。

地元の方おすすめのお米だそうなので、さっそく試してみたいと思います。





↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】月いちフォーラム 山田さん講演
昨日の月いちフォーラム、おかげさまで満席でした。満席を超えて椅子を追加したほどです。
詳細は後日お知らせしますが、写真を一枚アップします。

090611_s_01.jpg

さて次回は、深海研究者の佐藤孝子さんが登場します。今回もクジラの骨の展示はあるのか? 鉄のウロコをもつスケーリーフットは展示されるのか? 深海の映像は見られるのか?
詳細の打ち合わせをこれから詰めていくので、ご希望があるかたはおはやめにご連絡ください。


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

北海道のチーズ職人さん
今週も今日でお仕事が終わりです。
昨日開催した「月いちフォーラム」は、おかげさまで満員御礼でした。最初に用意していた席がたりなくなって、途中で椅子を追加したくらいです。
ちなみにゲストはスイス在住の観光カリスマ・山田桂一郎さん。軽快な語り口で深いテーマを語る方です。
フォーラム後、場所を移してイタリアンレストランでワインやサラダ、チーズ料理などを食べていたのですが、チーズといえば、私の大好きなブログ、「ゆっくりずむ北海道」さんでも取り上げられていました。

「道南のチーズ職人たち」というシリーズで記事がアップされていたのですが、牛乳からチーズを作る過程の写真がいくつか掲載されていて、それがもう、みただけできゅんきゅんですよ。とある人に言わせれば「牛さんの分泌物」と表現されてしまう牛乳ですが、それがこんな素敵なカタマリの食べ物になるのです。そしてそのチーズをつくっていく職人さんの技。和菓子職人さんを彷彿とさせるのだそうだそうです。
長く愛されるチーズを作り続けている職人さんたち、という文意がブログにありましたが、確かにチーズは「ここのものがおいしい!」というのがあったら、それを買い続けると思います。自分にあったチーズ、こういう気分の時にはこのチーズが食べたいな、というのは確かにあると思うので、そういったチーズを探していくのも楽しいと思います。人生はたのしく! ごはんはおいしく!!
ちなみに私はカマンベールチーズのあの外側の皮の部分が好きです。
でも一番すきなのは、カタマリ状態のチーズの断面です。見てると幸せ(=゚ω゚)





さて全く話は変わりますが、エヴァンゲリヲン箱根補完マップをいただきました。観光資源としてのアニメがあるとしたら、これから観光業界はどうアプローチしていくんでしょうか。こういった地図はまたこれから出てくるのか? 目が離せない分野です。
アニメ好き(・∀・)このあいだエウレカみてきた




↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : 環境ニュース
ジャンル : ニュース

緑のgooに登場
【緑のgoo】という検索サービスがあるのをご存知でしょうか。

緑のgooが収益の15%相当分を社会貢献団体に寄付し、活動を支援します。(緑のgooサイトより)

緑のgooサービスを使って検索する⇒gooに収入が入る⇒収益の一部が環境関連団体や社会貢献団体に寄付される、という流れです。
詳しくはこちら↓
http://green.goo.ne.jp/info/

この6月より、半年間、その寄付先に日本エコツーリズム協会がはいることになりました。他にも、日本自然保護協会やJUONネットワークが入っています。

この緑のgoo、ブログパーツでもあるので、興味のある方は上記サイトをご覧ください。









↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : 環境ニュース
ジャンル : ニュース

【ニュース】トリニダード・トバゴでツーリストセンター開設
海外のエコツーリズム関係のニュースです。


カメの観測地にツーリストセンター開設 : Tourist centre opens at popular turtle site
6月6日配信 トリニダード・トバゴエクスプレス

http://www.trinidadexpress.com/index.pl/article_news?id=161487366

トリニダード・トバゴエクスプレスのオンライン版に掲載されていた記事です。

(以下概要)
この度、南米トリニダード・トバゴにある、カメの産卵が見られるビーチのそばに、ツーリストセンターが新しくオープンしました。
これは、トリニダード・トバゴの観光省と、カメの保護団体(Turtle Village Trust)と、BHPビリトン(世界最大の鉱業会社)がコラボしてオープンしたものです。
このセンターのオープンによって、エコツーリズムの推進はもちろん、観光省は村の住民に対してもエコツアーガイドになるための育成プログラムを行い、コミュニティベースドツーリズムとなることを目指しています。


その他のニュースに関しては下記をご覧ください。
>>エコツーリズム関連ニュースまとめ<<


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】エコツーカフェ『ポーランド』レポート
第32回エコツーカフェ『ポーランド』
5月28日(木) 18:30~20:00 (開場18:00)
ゲスト: 石川みゆき氏(ポーランド政府観光局)


今回お話をしてくださったポーランド政府観光局の石川さんは、ポーランドに4年間住んでいた経験があるそうで、「この写真だとわからないんですが、実際はこうなっているんですよ」「ガイドブックには載っていませんが、私のオススメはこの道です」などなど、とても気さくな雰囲気でお話してくださいました。
実は自然が豊なポーランド。お客様からも「ポーランドがこんなに自然に恵まれた国だったなんて!」と驚きの声がきかれました。

2009年5月カフェ・ポーランド
(今回お話をしてくださった石川さん。この日はポーランドで購入したという琥珀のネックレスをつけていらっしゃいました)

「エコツーリズムがテーマのイベントなので、自然について特にお知らせしようと思って準備しました」という石川さん。ポーランド国内の国立公園のうち、特におすすめの公園と、そこで楽しめることなどをお話していただきました。

ポーランド北部に、海に面したスウォヴィンスキ国立公園という場所があるのですが、そこは砂丘が広がり、高さ40mもの砂の丘もあるそうです。
自然も大切なところで、ユネスコのMan and Biosphare Programme(人間と生物圏計:MAB計画)による生物圏保護区にも指定されています。

他にもヨーロッパバイソンの暮らすビャウォヴィエジャ国立公園や、自転車でめぐると楽しいビェブジャ国立公園などを紹介していただきました。

今回、とても面白かったのは、ポーランドで暮らした経験のある石川さんだからこそお話していただけた、数々の体験談。

「クラクフの町は、第二次世界大戦で破壊されなかったので、築500年の建物は珍しくないんですよ」という言葉のあとに、「でもだからこそ、暖房器具も古いものしかなくて、最近日本でも出てきている、温水の暖房、セントラルヒーティングのようなものはないんです。ポーランドで最初の冬を迎えたとき、ペチカという暖房器具を使っていました。石炭を路上で売っていたので、そこで1トン単位で買ったんです」といったお話、水辺にいったとき、水鳥の羽ばたきや風の音を聴きながらカヤックを楽しんだことなど、本当に親しみやすく、楽しくお話してくださいました。

ポーランドでにはペンションがたくさんあり、お値段もお手ごろなのだそうです。食事付で1泊1000円程度というのもあるため、長期滞在にはよいそう。ただ、多くのペンションはネット環境がなく、ファックスがあればよいほう。ペンション検索については、ポーランド政府観光局のサイトからも探すことができるので、旅行を考えていらっしゃる方はぜひ試してみてください。

2009年5月カフェ・ポーランド

かつてNHKで放送された「世界里山紀行」のポーランド編を少し上映していただいたのですが、画面からつたわわるポーランドの自然の豊さ、水と風とともに暮らす人々の姿に参加者の方も画面に釘付けになっていました。

最後は石川さんの、「旅行は安ければいい、というものでもないけれど、安くて楽しいのがいいと思うんです」と、旅行者の視点にたった言葉で締めくくられました。


2009年5月カフェ・ポーランド
↑お客様への資料としていただいたパンフレット。エコツーカフェの主旨にあわせ、国立公園や世界遺産のパンフレットもいただきました。

2009年5月カフェ・ポーランド
↑このウサギさんの絵、どこかで目にした覚えはありませんか? 「鳥獣戯画」のウサギさんですが、足袋を履いているのです。「足袋」と「旅」をかけてあるんだそうです。とってもかわいらしいですね。


【参加者からのコメント】
・リアリティのあるお話が聞けてよかったです。また来ます。




ポーランド政府観光局公式サイト:
http://www.poland-tourism.jp/

紹介していただいたDVD
NHKスペシャル 世界里山紀行 ポーランド 水辺に響きあういのち [DVD]NHKスペシャル 世界里山紀行 ポーランド 水辺に響きあういのち [DVD]
(2007/11/22)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る




















↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】月いちフォーラムレポ(小笠原)
第36回 5月20日(水) 18:30~20:00 (開場18:00) 
『蒼い海も緑の山も、小笠原の魅力を丸ごと! ~現地ガイドが語る、1,000km離れた東京都~』
ゲスト:金子タカシさん
(小笠原・「自然体験ガイドソルマル」ガイド、「このガイドさんに会いたい100人」選定ガイド)


 「小笠原諸島には、聟(むこ)島、嫁島というのがあって、ちょうどその間に「媒(なこうど)島」があるんですよ」という豆知識で会場を沸かせた金子さん。  

0905_03.jpg

まずは小笠原諸島の歴史や、どうやって島ができていったのか、という基礎知識からはじまりました。 参加者の方の中には、実際に小笠原に行かれた方もおり、中には移住を計画していらした方もいました。

 そんな小笠原好きの方が集まった今回のフォーラムでは、小笠原情報の他にも、エコツアーガイドとしてのお話も伺うことができました。

 たとえば、「ガイド 金子タカシの日常」というコーナー(?)では、金子さんが普段どんな活動をしているのか、ということが紹介されました。
 
 ガイドさんの日常は、ツアーを行なったりしている以外に事務仕事も多いのだろうと思っていたのですが、金子さんは「ガイドの地域貢献の重要性」についてお話してくださいました。
 といっても、最初はご家族の写真を見せてくださり、「そろそろホームシックなんです。子供に会いたくて」とほくほくしながらお話してくださり、しかしそこから、モクマオウという植物やヤギ、ネコやグリーンアノールといった外来種との関わりのお話が続きました。 

  「ツアーを行なう以外に、モクマオウを伐採したり、ヤギを駆除したり、雑草を抜いたり・・・ふと気づくと、毎日何かを殺しているときがあるのです。そうすると、とても心がすさんでくる。こういう活動をしていると、"気持ちの落としどころ"が大事なんです。人間の心が続かない」「(外来種だから)この生き物は悪い、というように、生き物に白黒つけてはいけないと思うんです」 ひとことひとことかみ締めるように話す金子さんの言葉を、会場のみなさんも真剣に聞いていらっしゃいました。

0905_02.jpg
(絶滅危惧種「アカガシラカラスバト」をめぐる生き物同士の関係について解説していただきました)

 会場には金子さんが用意してくださった小笠原の特産品も並べられました。カカという木でできた打楽器の演奏にあわせ、民謡も歌ってくださいました。

 ちなみに演奏をしたのは、参加者としてきていた男の子です。ちょっとだけ見本を金子さんに見せてもらったら、すぐに演奏することができました。
 他にもタコの木の実という、2,3kgはあるという実、小笠原の塩飴もいただきました。そして「ぎょさん」というサンダルも。
 会場にはクジラやメグロのポスターも掲示していましたが、それも参加者の方に譲っていただきました。

 今まで大陸と繋がったことのないため、固有種が多く棲息している小笠原諸島。そこで活動しているエコツアーガイドさんから直接お話を聞くことで、「ガイドとは」「自然とは」「自然を守るとは何か」ということを教えていただいたような気がします。

0905_01.jpg
金子さんがフォーラム中に紹介されていた「島ネコ マイケルの大引越し」(環境省)の絵本。
 小笠原で外来種となって、小笠原の野生動物を襲えっている繁殖しているネコを捕獲し本州につれてきて、獣医師さんのもとで人に慣れさせてから、里親をみつけて引き取ってもらっているそうです。
 
参考サイト:
社団法人 東京都獣医師会: http://www.tvma.or.jp/wildanimals/index.shtml
 小笠原動物医療派遣団の募集を行っています。

【参加者からのコメント】
・観光と環境保全は必ず同時進行が必要。
・様々なジャンルのスペシャリストが案内するツアーを企画してください。






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】エコライフ・フェア出展中!
今日から2日間、東京の代々木公園で開催されているエコライフ・フェア2009に出展しています。
午前中はあいにくの雨でしたが、午後からは晴れてきて、お昼過ぎからお客様も増えてきました。日本エコツーリズム協会は、環境省のブース内に出展しています。
協会やグッドエコツアーの紹介をはじめ、国内外のエコツーリズム情報も提供していますので、お近くの方はぜひお散歩がてらお寄りください。
明日は10:00から17:00までの開催です。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

環境ポータルサイト「エコナビ」オープン
EICネットという環境情報満載のサイトがあるのですが、そこのサイトから、新しいページができました!

【エコナビ】
http://econavi.eic.or.jp/top

EICネットというのは、環境問題に関するトピックスや各種ニュース、イベント情報が掲載されている大きなサイトなのですが、6月1日に、エコナビという、あたらしいページができたのです。
「食」「暮らす」「出かける」などそれぞれのカテゴリがあり、そこから情報を見つけ出せるほか、自分のページも作ることができます。「こんなことに取組んでいるよ」という日記や、「ちょっと疑問があるんだ」という質問を投げかけられるコーナーまで盛りだくさんです。
日本エコツーリズム協会もさっそくマイページを作ったので、これからいろいろ書き込んでいこうかと思っています。






↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【TV情報】エコツーリズム関連番組
6月以降のエコツーリズム関連番組のお知らせです。

■滋賀県高島市の針江地区が取り上げられます。
(2月に全国エコツーリズム大会が行なわれたところです)
【番組名】 素敵な宇宙船地球号  「日本こころの百景」 ~其の三 琵琶湖水物語~
【放送局】 テレビ朝日
【放送日】 6月7日 23:15~23:45放送
【詳細】 http://www.tv-asahi.co.jp/earth/
【内容】 

琵琶湖に注ぐ針江大川の河口はコイやギンブナなど在来魚の豊かな漁場として知られています。上流の集落には山の伏流水を引き込んだ「川端(かばた)」と呼ばれる水場があり、家庭の炊事や洗い物、洗顔などの生活用水として使われてきましたが、同時に、琵琶湖の水源の一つにもなっているといいます。水に流された食べくずは川端で飼うコイが食べ、さらに、川端をつなぐ水路にすむ貝や藻によって水が浄化され、針江大川、そして琵琶湖へと流れ込むのです。命豊かな水辺を守ってきた人々の生活を通し、改めて水の大切さを考えます。
(上記番組HPより)



■オーストラリアのエコツアーガイドのドキュメンタリー番組が放送されます。
【番組名】 関口知宏のファーストジャパニーズ
エコガイド・藤井慶輔 オーストラリア・ゴールドコースト
【放送局】 NHK BS-1
【放送日】 7月5日(日) 20:10~21:00
【詳細】 http://www.nhk.or.jp/fjpn/
【内容】 

豊かな自然を誇るオーストラリア。この国では楽しんで学ばせながらその保全にも力を尽くす「エコガイド」が活躍し、その数は現在およそ4000人にもなる。そこでたった一人、エコガイドを認定できる「アセサー」の称号を持つ日本人ガイドがいる。藤井慶輔、33歳。ゴールドコーストの熱帯雨林で独自のツアーを組み立てている。
そのガイド術は独特だ。目を閉じて音を聞かせる。触って匂いを嗅がせる・・・。一度に10種類の鳥の鳴き声を聞き分ける知識を持ちながら、観光客に教えるのではなく「気付かせる」。藤井のツアーは、1ヶ月休みなく1日20人の観光客を案内するほどの人気を誇る。
藤井がガイドを始めたのは19歳のとき。しかし最初はなかなか観光客と会話が続かなかった。訪れる「間」に耐えられず、恐怖のあまり家から出られなくなるほどだった。そんな藤井を支えたのは牧場主のニック・モアーだ。彼は毎日藤井を笑顔で迎え入れ、馬の世話や乗り方を一から教えた。そこで得た知識が話題となり、やがて藤井は観光客との会話にも困らなくなったという。一人でも多くの人にオーストラリアの自然の息吹を感じて欲しい。藤井の試行錯誤が続く。
(NHK BSオンラインHPより)




↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【掲載】QCサークル
QCサークルという冊子に日本エコツーリズム協会が掲載されました。

QC.jpg

このうち「家族でも団体でも人気広がるエコツーリズム」というページで紹介されました。エコツーリズム大賞やグッドエコツアー、エコツアー総覧の紹介がされています。


【掲載誌】 QCサークル6月号 (2009 JUNE No.575)
【定価】 490円(税込)
【発行】 財団法人 日本科学技術連盟
【詳細】 http://www.juse.or.jp/publishing/28/



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。