≪02  2010-03/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会報46号発行 【特集:動物園・水族館とエコツーリズム ~パートナーシップで新しい可能性~】
2010年3月25日に季刊「ECOツーリズム」通巻46号を発行しました。会員の方にはお送りしましたので、ぜひご覧ください。※会員外の方は、日本エコツーリズム協会までご連絡をいただければ1部500円(送料別途)にて販売いたします。

eco46.jpg

【掲載内容】
巻頭インタビュー: せきねきょうこ氏(ホテルから発信するエコ ~旅における本物の贅沢とは何か~
* 特集: 動物園・水族館とエコツーリズム ~パートナーシップで新しい可能性~
* 日本のエコツーリズムサイト : 尾瀬国立公園
* ガイドだより: 木村道紘さん
* 地域団体だより: 阿蘇エコツーリズム協会(熊本県)
* 行ってきました! エコツアー: 奄美を体感 金作原原生林エコツアー(鹿児島県)
* 会員自己紹介: 
* エコツーリズムの現場から: モンゴルへのエコツーリズム推進支援
・ 地域情報
・ JESレポート
・ クリッピング
・ 事務局通信

【発行日】 2010年3月25日
【発 行】 日本エコツーリズム協会
【定 価】 500円(税込)
表紙写真: モルディブのホテル「シャングリ・ラ」では、従業員用ヴィラにもソーラーパネルが搭載されている。リゾートでは世界初の試み。(撮影者:せきねきょうこ氏)

この会報誌は、日本エコツーリズム協会の会員の方へ送付しているほか、通信販売も行なっています。
ご希望の方は下記をご参照の上、事務局までご連絡ください。

【注文方法】氏名、住所、電話番号、希望図書名、部数を明記の上、e-mail・fax・郵便あるいは電話にて、日本エコツーリズム協会まで直接ご連絡ください。入金を確認次第お送りいたします。
(※季刊誌は1部500円(税込)、別途送料がかかります)
e-mail:ecojapan@alles.or.jp
fax:03-5437-3081
tel:03-5437-3080
住所:〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F 日本エコツーリズム協会

振込先:銀行:みずほ銀行 神田支店 普通預金 口座番号1853020
名義: ニホンエコツーリズムキョウカイ
郵便振替:口座番号 00190-2-82228
名義: 日本エコツーリズム協会







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【JICA】東欧地区エコツーリズム研修生受入開始
「東欧地域エコツーリズムと戦略的地域振興」による研修生受入が今年も始まりました。旧ユーゴスラヴィアの国々からの研修生が、これから約1ヶ月エコツーリズムの研修を受けます。

JICA_300_02.jpg
今週から研修がはじまりましたが、すでに和気藹々としています。

JICA_300_01.jpg
自分の名前をカタカナで書いていました。

これから約1ヶ月かけ、北海道や京都などで実地と座学の研修を行ないます。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■エコツーカフェ『ルーマニア』開催のお知らせ
「エコツーカフェ」では、各地の環境や文化、歴史などの紹介や、エコツーリズム事情を情報満載でお届けします。毎回、専門の方においでいただき、「どんなことが楽しめるの?」「街の人々はどんな暮らしをしているの?」など、写真や映像で紹介していきます。お気軽にご参加ください。

第43回エコツーカフェ『ルーマニア』
4月22日(木) 18:30~20:00(開場18:00) 
ゲスト: 川上・L・れいこさん (ライター・投資家コーディネーター・通訳)
 

ブログはこちら⇒http://go2rumania.exblog.jp/

20100422_cafe_05.jpg

ルーマニアと言えば、コマネチ、ドラキュラ、ジプシーやチャウセスクでしょうか。
 最近は日本のテレビ番組でも扱われることも増えましたが、それでもあまり親しみがわかない、暗いイメージを持っている方も多いようです。
 ところが実際は、ラテンで明るい国、各国の融合といえる美食とワインの国、ペリカンが生息するドナウデルタやドラキュラとゆかりのある中世の街など美しい世界遺産にも恵まれている国です。
 2007年にEU加盟を果たし、観光においても発展しつつありますが、ルーマニアらしい素朴さ、不便さも含めた「そのままの魅力」を失わないよう、エコツーリズムに期待するところがたくさんあります。  
 今回はそんなルーマニアの魅力を、味見程度ですがワインの試飲と共に、ちょうど4月にあるイースターについての修道院や民芸品(販売予定有)もご紹介しながらお話したいと思います。

【参加費】1000円(軽食・飲み物付) 【定員】25名 
【会場】Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 )
【対象】どなたでも        
【後援】日本旅行業協会 
【協賛(ワイン提供)】 KJスクェア http://kjsquare.com/
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、所属、連絡先、このイベントを知ったきっかけ、(もしあれば)当日聞きたい話
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 

※資料、お食事はご予約の方優先です。

20100422_cafe_01.jpg







★2010年4月、『エコツーリズム検定』が始まります!
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/02/post-88.html


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 
にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■エコツーカフェ『ミッドウェイ諸島』開催しました
■第42回エコツーカフェ『ミッドウェイ諸島』開催しました。
2010年3月18日(木) 18:30~20:00(開場18:00)
ゲスト: 澤井俊哉さん("interblue"、WIND RELATION主宰)、依光洋志さん("interblue"、よりみつオフィス代表)


20100318_300.jpg

約9年ぶりに復活するミッドウェイへのツアー情報も含め、コアホウドリが直面する、ミッドウェイの海洋ゴミ問題を写真と共にご紹介いただきました。消化できないプラスチックを魚と間違え飲み込んでしまい、そのまま「満腹状態のまま餓死してしまう」コアホウドリ、山積みにされ放火されてしまったのか、黒焦げになったゴミの山など・・・。綺麗な海や砂浜で起こっていることを、おふたりにお話いただきました。

【参加者のアンケートから】
・貴重なお話を伺えました。子供達に写真を見せて話をしてあげたいと思いました。ありがとうございました。
・いろいろな国でのエコツーリズムへの取り組みを知りたいです。
・全く知らない綺麗な海がこんな問題を抱えているとは思わなかった。詳しく知ることができました。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【北海道】無人島探検ツアー
<第14回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 無人島探検ツアー
事業者名: ペンションポーチ
推奨期間: 2009年12月1日~2011年11月30日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

このツアーは霧多布湿原から約1Kmの所にある嶮暮帰島(けんぼっき島)という無人島へ小舟で渡り、草花や野鳥などを観察しながらハイキングを楽しむものです。この島は国内最大級のウミウの繁殖地になっており、ガイド付きの利用のみが認められ、町がその入島許可証を発行しています。このツアーの最大の魅力は、カモメやウミウのコロニーを見下ろす断崖でランチをとることです。水平線を眺めると地球が丸いことが一目で分かるほどの大パノラマに感動できます。
ツアー情報のURL: http://www6.ocn.ne.jp/~porch/activity/kenbokki.html

GET14 ペンションポーチ

 そもそも無人島という響きがよく、心をくすぐられるツアー名である。島へは小型の昆布漁船で向かうが、15分ほどの短いクルージングを経て島へ到着する。その短い到着時間によって非日常的な環境にたどり着くことができる。島の高台に登れば、エゾカンゾウやヒオウギアヤメといった季節の花が島を彩り、眺めているだけで飽きない。
 決められた散策コースを進んでいくと、途中の休憩ポイントは太平洋の絶景が見える場所。ここでの昼食や昼寝がより一層贅沢さを演出し、やはり非日常的な空間が演出されている。島を知り尽くした地元出身のガイドならではの話に、参加者の興味は最後まで尽きることがない。北海道を代表するエコツアーであることは間違いない。
(NPO法人霧多布湿原トラスト 事業担当主任 阪野氏)

GET14 ペンションポーチ

【ツアーについて】 推奨期間:2009年12月1日~2011年11月30日
ツアー名:無人島探険ツアー
場 所: 厚岸郡浜中町嶮暮帰島(ケンボッキ島)
日 程: 半日ツアー(9時30分から12時30分)
催行時期:毎年4月20日から10月31日まで
参加費(税込):5,250円(昼食付き)
募集定員:10名
これまでの催行実績: 1986年7月から毎年

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名:ペンションポーチ
代表者名:瓜田 勝也
連絡担当者:瓜田 勝也
住 所: 〒088-1531 北海道厚岸郡浜中町仲の浜122
電 話: 0153-62-2772
ファックス:0153-62-2772
e-mail: porch1986@almond.ocn.ne.jp
ホームページ: http://www6.ocn.ne.jp/~porch/
加入保険: 傷害保険・賠償責任保険
チェックリスト: チェックリスト






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。





テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【北海道】霧多布湿原長ぐつトレッキング
<第14回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 霧多布湿原長ぐつトレッキング
事業者名: 霧多布湿原センター
推奨期間: 2009年12月1日~2011年11月30日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

GET14 霧多布 長ぐつトレッキング

このツアーは湿原を見渡せる小高い丘から小川沿い、そして森の中を抜けるという環境の変化に富んだコースとなっています。「子供の頃に長ぐつを履いて以来で懐かしい」と多くの方がおっしゃいますが、長ぐつはまさにこのツアーに最適の道具です。湿原のズブズブと沈み込む感触を足先まで感じる。湿原の空気を体で感じる。どなたでも楽しめる五感を刺激されるツアーです。地元食材を利用したお菓子付きのティータイムも人気の秘訣です。
ツアー情報のURL: http://www.kiritappu.or.jp/center/ecotour/

GET14 霧多布 長ぐつトレッキング


 普段長ぐつを履く機会が滅多にないので、履いた時からワクワクします。 このツアーは、少人数でガイド動向に限り利用されているコースを歩きます。
 そこは、丘の谷間に広がる湿原の中です。小川の脇を歩き、時々泥に足を取られ、長靴が脱げそうになるのも楽しいです。所々に鹿などの足跡もハッキリ観られ、たまには熊の足跡までも観られます。
 ガイドがたまに現れる蛙を手にして、野生の不思議な様子を見せてくれ、また小さな花を見つけて、名前の由来を楽しく解説してくれます。
 やさしいガイドと共に楽しく散歩が出来る、このツアーを私は推薦します。
(ペンションポーチ代表 瓜田氏)

GET14 霧多布 長ぐつトレッキング

【ツアーについて】 推奨期間:2009年12月1日~2011年11月30日
ツアー名: 霧多布湿原 長ぐつトレッキング
場 所:  北海道 霧多布湿原センター脇の小川沿い
日 程:  半日ツアー (・9:30~12:30  ・13:30~16:30)
催行時期: 4月~10月
参加費(税込):4000円
募集定員: 1~10人
これまでの催行実績: 1998年から毎年実施

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名: 霧多布湿原センター
代表者名: 河原淳
連絡担当者:阪野真人
住 所: 〒088-1360 北海道厚岸郡浜中町4番沢20番地
電 話: 0153-65-2779
ファックス:0153-65-2774
e-mail: center@kiritappu.or.jp
ホームページ: http://www.kiritappu.or.jp/center
加入保険: ニッセイ同和損害保険(傷害保険・賠償責任保険)
チェックリスト: チェックリスト



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

会報発行は25日予定です
今週も出勤日は今日で終わりです。つまりやり残したことが盛大に残っているわけで。そしてそれを一生懸命さっきから片付けているわけで。結局PCとお友達。モニターを見続けることはや何時間か。
ウェルカム★ドライアイです。そしてティッシュの箱には「ようこそ花粉の世界へ」とデカデカと書いて、花粉症連盟を形成しようとしています。そういえば、自分の業務日誌をみていたら、昨年のちょうど今頃の箇所に、「花粉戦隊カフレンジャー」と書いてありました。何がしたかったのか。

近頃、ジョナ子のお顔がなんていうか・・いい具合に変形してきました。マッサージボールになっているせいかしら。
いつもおけつが寒そうなので、ワセリンのケースの上に乗せて冷え対策をさせてみる。だが相変わらずデコラティブ。
来週もジョナに癒やされよう・・・。
P3120522.jpg

ではみなさまよい週末をー。





★2010年4月、『エコツーリズム検定』が始まります!
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/02/post-88.html


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

続きを読む

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツアー総覧URLの変更および登録機能一時停止のお知らせ
日本各地のエコツアー検索ができる「エコツアー総覧」のアドレス変更が行なわれます。
下記ご注意ください。

エコツアー総覧URLの変更のお知らせ(一般利用者の皆様へ)
平成22年4月1日よりエコツアー総覧のホームページアドレス(URL)が下記に変更となりますので、リンクやお気に入りのアドレスを変更いただきたくお願いいたします。
新しいホームページアドレス:http://ecotourism.env.go.jp/
(平成22年4月1日より有効となります)
※閲覧は従来どおり可能です。
 
エコツアー総覧登録機能一時停止のお知らせ(登録事業者の皆様へ)
平成22年4月1日よりエコツアー総覧のホームページアドレス(URL)が変更となるため、その準備作業に伴い、エコツアー総覧へのデータ登録機能が一時停止しますのでお知らせします。
データ登録機能停止期間:平成22年3月25日~3月31日(7日間)
※閲覧は従来どおり可能です。




↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【兵庫県】見つけよう感じよう六甲山の魅力「RCNインタープリテーション」
<第14回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 見つけよう感じよう六甲山の魅力「RCNインタープリテーション」
事業者名: NPO法人 六甲山と市民のネットワーク
推奨期間: 2009年12月1日~2011年11月30日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

GET14 六甲 RCN

 このツアーは、自然散策はもちろんのこと、時代とともに育んできた六甲山地域のさまざまな魅力を存分に体感いただけるツアーとして実施しています。そして、自然と共存した歴史や文化を織り交ぜ、食文化までも含むたエンターテイメント性の高いツアープランで展開しています。
 熟練のガイドが同行し、ガイドブックには紹介されていない六甲山の知られざる魅力を披露します。また普段立ち入ることのできない施設なども見学できるようタイアップし、それぞれの施設では関係者からの貴重なお話を伺うなどスペシャルなプランが満載です。六甲山の知られざるさまざまな魅力を自然と親しみながら存分に体感できるツアーです。また各回それぞれのツアーコースの時代背景にちなんだ食を再現したこだわりの「オリジナルな食」を味わっていただけるのもツアーの楽しみとなっております。時代にタイムスリップした気分を味わいながら、古き良き時代のノスタルジックな雰囲気を楽しんでいただいております。
ツアー情報のURL: http://www.rokkosan-rcn.com/i-tour

GET14 六甲 RCN

■推薦者からの声■
 瀬戸内海国立公園に指定された六甲摩耶築は、神戸市の都心近くに位置しながら、豊かな自然を有し、手軽にハイキングを楽しむのは勿論のこと、関西でも屈指の観光地である。
 環境保全、観光振興、地域振興のそれぞれの推進を両立した持続的な観光形態である「エコツーリズム」を普及定着させる取り組みを進めるため、平成16年6月には、環境省が進める「国立公園等エコツーリズム推進モデル地区」の指定を受け、各種取り組みも行なわれている。
 同地区は、多くの観光入込を記録してきたが、阪神大震災以降、レジャーの多様化やライフスタイルの変化など社会を取り巻く情勢の劣化により、観光入込客数が伸び悩んでいる。
 NPO法人六甲山と市民のネットワーク(以下RCN)は、当地区において、平成13年以降、官民あげた取り組みとして、遊林保養所の転活用による滞在型の芸術文化活動拠点の整備を行い、地域の活性化を図る六甲山芸術文化活動推進モデル事業を展開、その他国立公園啓蒙とともに自然を活用した親子向け環境学習の実施や創作活動の提供。当地区各施設と密接にかかわりながら、六甲山のさまざまな魅力を発信するよう活動している。

 平成16年から取り組んでいる「RCNインタープリテーションツアー」においては、自然と共存した歴史や文化などを織り交ぜ、地域資源の魅力をツアープログラムに組み込むことにより、他にはないエコツアーを生み出す努力を行なっている。その他、コースの歴史背景を駆使した「オリジナル弁当」や「オリジナルランチ」も特色であり、参加者にも大変好評を得ております。また、地域と密接にかかわり、地域関係者の理解や参画も得ながら、各施設においても関係者から貴重な話を披露する機会を設けるなどもしている。
 その他、環境省のアクティブレンジャーとも協力しながら、ツアーでは「国立公園の啓蒙」にも取り組んでいる。
国立公園は、自然保護と共に、自然についての知識を深め、自然とふれあうところでもある。
その機会を提供するキッカケとなることも願っている。
(神戸市建設公園砂防部計画課 高橋氏)

GET14 六甲 RCN

【ツアーについて】 推奨期間:2009年12月1日~2011年11月30日
ツアー名: 見つけよう 感じよう六甲山の魅力 「RCNインタープリテーションツアー」
場 所:  六甲山摩耶有馬地域
日 程:  9:30~15:00
催行時期: 3月~11月
参加費(税込): 3,000円(オリジナルランチ・保険・資料) 
募集定員: 30名
これまでの催行実績: 2004年6月に六甲摩耶有馬地区が「国立公園等エコツーリズムス推進モデル地区」の指定を受けることを受け、現場視察を繰り返しながらいち早くツアープログラムを構築し、先駆者的に同年10月より、六甲山摩耶有馬に続く六甲山系をフィールドとし、熟練のガイドを伴うオリジナルツアーを実施してきました。また夏休み期間中には特別企画として、親子対象のツアーも開催。2007年11月に六甲山地域で開催された「自然公園ふれあい全国大会」のプレイベントとして10月に開催し、11月には大会当日に六甲山を代表するツアーとして開催。いずれも好評を得ておリます。その後も各所スペシャルガイドともタイアップ、その他環境省のアクティブレンジャーなども同行し、国立公園の啓蒙も行なうなど、進化させながら充実したプランを提供しております。


【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名: NPO法人 六甲山と市民のネットワーク
代表者名: 理事長 森崎清登
連絡担当者:統括マネージャー 中野真紀子
住 所: 〒653-0827 兵庫県神戸市長田区上池田5-5-18
電 話: 078-691-0101
ファックス:078-691-0103
e-mail: office@rokkosan-rcn.com
ホームページ: http://www.rokkosan-rcn.com
加入保険: 三井住友海上火災保険株式会社(傷害保険・賠償責任保険)
チェックリスト: チェックリスト






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

オーストラリアのエコガイド番組再放送のお知らせ
日本エコツーリズム協会会報に登場したこともある、オーストラリア在住のガイド・藤井慶輔さん。
昨年、NHKの「ファーストジャパニーズ」に出演されていましたが、その番組の再放送があります。
急なお知らせですが、ぜひご覧ください。

タイトル: 関口知宏のファーストジャパニーズ
BS-1 3月12日(金) 午前2時10分~ <11日(木)深夜>

http://www.nhk.or.jp/fjpn/0907/fjpn.html


藤井慶輔さんのブログもあわせてどうぞ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ecoguidect59










★2010年4月、『エコツーリズム検定』が始まります!
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/02/post-88.html


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【青森県】白神山地マタギ小屋泊トレッキングツァー
<第20回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 白神山地マタギ小屋泊トレッキングツアー
事業者名: 白神マタギ舎
推奨期間: 2011年12月1日~2013年11月30日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリア

したツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

GET14マタギ

このツアーの特色は、一般観光客の少ない場所を中心に白神山地の本来の自然を味わっていただくことと、マタギの伝統として今に伝えられている、自然との付き合い方、とくに資源の永続的利用を現場で体験していただくことである。
したがって、ツアーは遺産地域以外の部分も多く利用して使う。夜は森の中に、山の材料だけで建てられたマタギ小屋に泊まり、採ってきた山菜等の料理を味わって頂く。
ツアー情報のURL: http://homepage2.nifty.com/matagisha/Index.html

GET14マタギ

■推薦者からの声■
 白神マタギ舎のエコツアーは、参加される方々の体力や経験に合わせて無理なく白神山地の醍醐味を堪能することが可能な、少人数の優れたツアーです。
 このツアーの最大の特長は、マタギとよばれる日本の伝統文化を有する人々が守り続けてきた暮らしを楽しく体験できることだと思います。マタギは、日々の恵みを授かる豊かな自然を永続的に利用できるよう、古くから受け継いできた様々な習慣を守り続けています。本ツアーで、経験豊富なガイドと共に伝統的なマタギ小屋に泊まり、守られてきた四季折々の白神の素晴らしい自然を味わうという類い稀な体験をすれば、古くからの知恵の中に将来にも立派に通用する先進的な考え方が数多く見出されることにたいへん驚き感心させられることでしょう。まさに東日本大震災を経験し生活の大きな変化をも迫られている今、このツアーには明るい未来への礎となる”確かなもの”を感じ取ることができ、希望の光も見えるのではないかと思います。
 このようなツアーを可能にしているのは、白神山地をあらゆる面で知り尽くした現役のマタギと、豊富な知識を有する営林署担当区OBや大学名誉教授、そして地元の大学出身の若いマタギの後継者など、いずれも卓越した技術と知識を持つメンバーです。皆、長年にわたって、たゆまぬ努力を積み重ね、良き伝統をしっかりと守り続けています。魅力に富んだメンバーばかりでチームワークも良く、ツアーの期間中は楽しい山の話が尽きないことでしょう。一度ツアーに参加すれば、参加された方はどなたも私同様に、白神山地の美しい自然とマタギの文化に強く惹きつけられると思います。
 このように、本ツアーは白神山地の豊かな自然やそこに育まれた文化に関心のあるすべての方にお勧めできる最も優れたエコツアーです。自信を持ってグッドエコツアーに推薦します。
(2011年10月 国立大学法人横浜国立大学大学院工学研究院・准教授 中村氏)

GET14マタギ

【ツアーについて】 推奨期間:2011年12月1日~2013年11月30日
ツアー名: 白神山地マタギ小屋泊トレッキングツァー
場 所:  青森県西目屋村地内白神山地大川上流域
日 程:  1泊2日(日帰りツアーも可能です)
催行時期: 春~秋(5月中旬~11月初旬) 冬(1月~3月)
参加費(税込): 1グループ(5名まで)あたり 春~秋:\40,000~ 冬:\60,000~(食費別)
募集定員: 1日1組 10名まで 
これまでの催行実績: 当協会、グッドエコツアーとしてはすでに3期の実績を持つが、それ以前からの催行経験がある。年間約20組のお客さまをご案内しつねに好評をいただいている。

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名: 白神マタギ舎
代表者名: 工藤光治
連絡担当者: 工藤茂樹(電話・ファックスの場合)・牧田肇(E-mailの場合)
住 所: 〒036-1411 中津軽郡西目屋村田代神田 104-35
電 話: 0172-85-2415
ファックス:0172-85-2415
e-mail: hql06612@nifty.ne.jp
ホームページ: http://homepage2.nifty.com/matagisha/Index.html
加入保険:  東京海上日動火災保険(傷害保険・賠償責任保険)
チェックリスト: どう環境保全に取組んでいるかなど⇒
【白神マタギ舎】白神山地マタギ小屋泊トレッキングツアーチェックリスト(pdfファイル)




GET14マタギ






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

湖水地方のピンバッジ
以前会報41号で取り上げたイギリス・湖水地方のビジター・ペイバックですが、今日続報をいただきました。
湖水地方ツアーに参加して5ポンド環境保全金を支払うと、寄附の証としてカードとピンバッジがもらえるそうです。

P3050520.jpg

詳しくは下記をご覧ください。
Beatrix Potter and Japanese visitors supporting Lakeland conservation(英語)
http://www.ourstolookafter.co.uk/JapanForum.htm






★2010年4月、『エコツーリズム検定』が始まります!
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/02/post-88.html


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【富士山】富士山エコツアー 富士山信仰の吉田口登山道コース
<第20回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 富士山エコツアー 富士山信仰の吉田口登山道コース
事業者名: 富士山登山学校ごうりき
推奨期間: 2011年12月1日~2013年11月30日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

GETごうりき

富士山の登山道のうちの一つ「吉田口(北口)登山道」の起点、北口本宮冨士浅間神社参拝の後、馬返しから吉田口登山道五合目を往復する日帰りコースです。室町時代、「馬返し」から先は聖域とされ鳴り物は禁止され人々は競ってこの北口から富士の山頂を目指しました・・・。                             神社や石仏などの史跡が多く、文化庁選定「歴史の道百選」の奥深い歴史が刻まれた登山道をゆっくり登山します。世界文化遺産登録を目指す今、最も注目すべき登山道といえます。
ツアー情報のURL: http://www.fujitozan.jp/tours/details_personal.htm

GETごうりき

■推薦者からの声■ 
 富士山は、富士箱根伊豆国立公園に属する四季折々の素晴しい風景を織り成す場所です。禁煙の富士山への登山者は、夏季のシーズンだけで年間30万人を越え、海外からの登山客も増えています。富士山頂への登頂ばかり目が向きますが、富士山は、足元や周囲にある素晴しい自然や歴史、文化の宝庫です。富士山の吉田口(北口)は、信仰者による富士登山が隆盛を極めた江戸時代、富士登山の「本道」とされていました。
 このツアーは、桃山様式の華麗な拝殿の神社や富士講登山者の残した足跡など富士山の歴史と向き合いながら、その登山道をふもとからゆっくりと登ります。エコツアーガイドと共に、富士山だけでなく、地元の多くの物語や心を動かされるメッセージを聞きながらツアーが進んできます。
 また歴史だけでなく、ツアー内に環境の持続的な保全の必要性や方法を体得できるような観察手法や実体験が含まれています。参加の皆様は、これらの体験を通し、日本人の心のふるさとである「富士山」が更なる特別な山だと気づき、自然への配慮や保全に対する意識の向上のきっかけとなることでしょう。
 このツアーを提供する「富士山登山学校ごうりき」は、少人数で安全に、そしてご参加いただく皆様が安心していただけるような配慮あるツアーを行なっています。
 本ツアーは優れたエコツアーに評価できるものと考え、グッドエコツアーに推薦します。
多くの方々に、このツイアーに参加いただきたいと心から願っています。
(財団法人 ふじよしだ観光振興サービス 事務長 堀内氏)

GETごうりき

【ツアーについて】 推奨期間:2011年12月1日~2013年11月30日
ツアー名: 富士山エコツアー 富士山信仰の吉田口登山道コース
場 所:  山梨県富士吉田市:北口本宮冨士浅間神社~吉田口五合目
日 程:  日帰り
催行時期: 毎年5月中旬~10月下旬
参加費(税込): 9,450円
募集定員: 10名
これまでの催行実績: 2003年6月より実施。

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名: 富士山登山学校ごうりき
代表者名: 近藤 光一
連絡担当者: 池川 利雄
住 所: 〒403-0012 山梨県富士吉田市旭4-1-14
電 話: 0555-24-1032
ファックス:0555-24-1052
e-mail: info@fujitozan.jp
ホームページ: http://www.fujitozan.jp
加入保険: 三井住友海上保険(傷害保険、賠償責任保険)
チェックリスト: どう環境保全に取組んでいるかなど⇒チェックリスト



テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【富士山】富士山エコツアー 富士登山シャイニングコース
<第20回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 富士山エコツアー 富士登山シャイニングコース
事業者名: 富士山登山学校ごうりき
推奨期間: 2011年12月1日~2013年11月30日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

GETごうりき

明け方まで山小屋で休むため、疲労が少なく、暖かく明るくなってゆっくりと頂上を目指します。富士山が朝日に染まる赤富士とご来光が同時にお楽しみ頂けます。 頂上へ向かうころには、登山者が減少していますので、富士山頂と青緑に広がる大地の大展望が楽しめます。頂上一周の「お鉢めぐり」トレックもお楽しみ頂け、開設期間中であれば山頂郵便局に立ち寄り、更に日本最高峰「剣が峰」(3,776m)を目指します。富士山を丸ごと体感できるツアーです。
ツアー情報URL: http://www.fujitozan.jp/tours/details_personal.htm

GETごうりき

■推薦者からの声1■
現在の富士登山では、頂上で御来光を見たいという人が多く、太陽が昇る明け方に頂上付近において登山者の時間的空間な手中が生じてしまう。また、前日の夜に五合目を出発するような強行スケジュールによって登山を開始する人も少なくない。それゆえ、混雑を回避しようとして登山者が道を踏み外し、意図せずして高山植物を踏みつける行為が見られ、富士山を静にゆっくりと楽しんで豊かな登山体験をできる条件はまだ整っていないのが現状である。
 しかし、富士山登山学校ごうりきが定員10名、少人数で実施している「シャイニングコース」のツアーでは、明け方まで山小屋でゆっくりできるようにツアースケジュールが組まれているため、御来光を頂上で見ることはできないものの、混雑を回避でき、充分な休憩時間を確保するなど安全上の配慮がなされており、富士登山が抱えるいくつかの問題点を右とに克服するツアーと考えられる。
 富士登山では、どうしても「頂上に立つ」「御来光を見る」という点に登山者の期待が集まりがちであるが、当ツアーによって
(1)混雑回避によるツアー参加者の心理的負の影響の排除、
(2)混雑回避および少人数による自然環境への負荷の軽減、
(3)余裕のある登山スケジュールによる安全の確保、が実現されており、エコツアーとして質が高いと考えられる。その他、富士講や地域の食に関する解説も充実しており、質の高いガイダンスが実施されていることも付記しておく。
(東京大学大学院農学生命科学研究科・助教 山本氏)

■推薦者からの声2■
 ピークハントを目的としない富士登山。「富士山登山学校ごうりき」のツアーの目的は『富士山の自然、歴史、文化の保全』にある」。こうした想いを参加者間で共有できるのがこのツアーの真骨頂です。
 富士山が朝陽に染まる赤冨士とご来光。そして富士山頂と眼下に広がる大地の大展望を望みながら、自分自身、富士山、果ては地球に思いを馳せる・・・。ツアー終了後の参加者の反応に「美しい富士山を後世まで残していきたい・・・・」こんな思いが芽生えるのもうなずけます。
まさにグッドエコツアーです。
(roots&fruits NATURE TOURS 代表 岩崎氏)

GETごうりき


【ツアーについて】 推奨期間:2011年12月1日~2013年11月30日
ツアー名: 富士山エコツアー 富士登山シャイニングコース
場 所:  富士山 河口湖口五合目~山頂
日 程:  1泊2日
催行時期: 毎年7月~9月中旬
参加費(税込): 25,200円 (山小屋代別途:平日8,610円、金曜日9,450円、土・休前日10,500円、 1泊2食付)
募集定員: 10名
これまでの催行実績: 2003年7月より実施。実施回数約260回 参加人数約2,300人

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名: 富士山登山学校ごうりき
代表者名: 近藤 光一
連絡担当者: 池川 利雄
住 所: 〒403-0012 山梨県富士吉田市旭4-1-14
電 話: 0555-24-1032
ファックス:0555-24-1052
e-mail: info@fujitozan.jp
ホームページ: http://www.fujitozan.jp
加入保険: 三井住友海上保険(傷害保険、賠償責任保険)
チェックリスト: どう環境保全に取組んでいるかなど⇒チェックリスト






↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■後援、協力名義の申請について■
日本エコツーリズム協会の事務局へいただくご質問の中で、よくあるものをお知らせいたします。

■後援、協力名義の申請について■
日本エコツーリズム協会の後援、協力名義の申請につきましては、あらかじめイベントやシンポジウムなどの企画書をお送りください。
こちらで内容を検討させていただき、あらためて名義使用申請の文書をお送りいたします。
お手数をおかけいたしますが、事務手続きとして必要なため、何卒ご理解をお願い致します。

最近の実績:
「エコツーカフェin北海道」(後援)
「健やか 爽やか ウオーク日本 1800 歩いてニッポンを元気に」(後援)
「茅野エコツーリズム協議会人材育成委員会 エコツーリズム講演会」(後援)
「OGASAWARA TRIP」(協力)






★2010年4月、『エコツーリズム検定』が始まります!
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/02/post-88.html


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

最近のジョナ子
最近改めて気づいたんですが、ジョナサンの頭はマッサージボールとして大活躍できる(・∀・)!!
校正紙をチェックしていて、ふと自分の手元をみたら、ジョナの頭をぐりぐり握り締めてた。ジョナすご! ジョナお役立ち!
ジョナサン↓ カナダ土産のエルクのぬいぐるみです。別名マッサージボール。若干リボンによりデコラティブな子になっている。
P2240518.jpg
カナダといえば、オリンピックは観ていてとても楽しかったです。でも時差が何時間あるのか把握していないまま観ていました。
スノーボードのショーン・ホワイト選手が異次元へ飛び立って帰ってきたところも観ました。あれは人間の動きなのか・・・?
各国のユニフォーム観察も、楽しみの要因としてチェックしていたのですが、オランダはさすがですわ。オレンジ! どこまで行ってもオレンジ! 画面にちらりとだけ映っても、「あー・・・オレンジだわ・・・オランダね」と一瞬にして相手に「俺はオランダ代表」と分からせてしまうところは流石です。充分ユニフォームの意義を果たしているとおもう。
なんだかオランダに行きたくなってきた。ハーリングを食べ歩きたい。今年はマウリッツハイス美術館で「若き日のフェルメール」という展示会が行なわれるそうですよ。(010年5月12日から8月22日まで)

ジョナから話がずれちゃったな。
ジョナと一緒に画像にうつっているのは、モルトウイスキーの樽を使用して作られたペンです。ケース付。いただきものなのですが、見せびらかすために持ち歩いています。
年度末でお仕事が忙しいですが、こういったほんわかするものを持ち歩き、ジョナの頭で癒やされ、鼻歌でも歌いながらテンション上げていきたいと思います。(鼻歌はウサビッチの「プーチンの歌」で固定です)


★2010年4月、『エコツーリズム検定』が始まります!
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/02/post-88.html


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★エコツアーガイド養成講習会in下呂温泉開催します★
★エコツアーガイド養成講習会in下呂温泉(下呂観光学セミナー)を開催します★

エコツアーガイドになりたい方、エコツーリズムに興味がある方を対象に、下記の要領で養成講習会を開催します。

gero_100326.jpg

■名 称:エコツアーガイド養成講習会in下呂温泉(下呂観光学セミナー)
■日 時:平成22年3月26日(金)~28日(日) 2泊3日。
 初日(開会13:00)~最終日(解散13:00) 3日間
■対 象:エコツアーガイドの活動、エコツーリズムに興味のある18歳以上の方。エコツーリズムを勉強している学生の方も歓迎です。
■定 員:30名
■会 場:下呂市役所 ふれあいセンター(3階会議室)   
〒509-2295 岐阜県下呂市森960
 TEL 0576-24-2222  FAX  0576-25-3252 
 e-mail info-kankou@city.gero.lg.jp
■参加費: 無料(ただし、2日目の昼食代は実費必要となります。1,000円程度)
■宿 泊:下呂温泉近郊にお住まいの方は、ご自宅からも通っていただけます。
宿泊希望される方には、下呂温泉旅館協同組合へお問い合わせください。
電話:0576-25-2688
下呂温泉旅館協同組合 http://www.gero-spa.or.jp/

■カリキュラム(予定):
日本エコツーリズム協会(JES)「エコツアーガイド養成講習会」の規程に基づく
・エコツーリズム論
・エコツアーの市場と商品化
・エコツーリズムにおける地域論
・ガイド技術
・コミュニケーション・ワークショップ
・解説の方法・ワークショップ(モニターツアー)
・自然解説の組立
・プログラムの企画立案
・環境保全の考え方と仕組み
・知っておきたい環境法規
・リスクマネジメント
・エコツーリズムの実際

■講師陣(予定):
山田桂一郎(やまだ・けいいちろう)氏: JTIC.SWISS代表
松田 光輝(まつだ・みつき)氏: (株)知床ネイチャーオフィス 代表取締役
江崎 貴久(えざき・きく)氏:  海島遊民くらぶ 代表
楠部 真也(くすべ・まさや)氏: (株)ピッキオ取締役
横山昌太郎(よこやま・しょうたろう)氏: (株)ピッキオ、インタプリター、農学博士

■備 考:本講習会の受講生には、NPO法人日本エコツーリズム協会から修了証が授与されます
■応募方法:下記ページより申込用紙をダウンロードし、必要事項を記載のうえ、下呂市観光客特別誘致対策協議会事務局(現地事務局)宛にお申込ください。
申込用紙はメール、FAXまたは郵送にて受付。電話による受付は不可)
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/03/201003.html
【送り先】
下呂市観光客特別誘致対策協議会 事務局
担当:富永哲也(下呂市役所観光商工部観光課 域観光グループ)
TEL : 0576-25-7030 FAX: 0576-25-3252
e-mail tetsuya-t@city.gero.lg.jp 
■応募締切:3月18日(木)(但し、定員になり次第締切ります。)


過去の開催についてはこちらからご覧いただけます↓
養成講習会バックナンバー


★2010年4月、『エコツーリズム検定』が始まります!
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/02/post-88.html


↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【屋久島】原生林ハイク/白谷雲水峡コース
<第20回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 原生林ハイク/白谷雲水峡コース
事業者名: 有限会社ネイチャーガイド オフィスまなつ
推奨期間: 2011年12月1日~2013年11月30日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

GETオフィスまなつ

標高600~1000メートルに位置する白谷の森は、照葉樹林(常緑広葉樹林)から屋久杉の森への移行帯
にあり、変化に富んだ森のありさまをゆっくりと見るには良い場所です。
また屋久島随一の深いコケの森のなかをあちこちに沢が流れ渓流美も楽しめます。その渓流沿いには、水の流れに適応した植物達が生きていて、花の咲くシーズンには私たちの目を楽しまさせてくれます。
手作りのお弁当と、森のなかを流れる沢の水で沸かした飲み物がついています。
ツアー情報のURL:http://www.office-manatsu.com/manatsu%20site/NewFiles/gensenrin.html

■推薦者からの声■
みずみずしい苔に囲まれ、緑に染まるような心地よさで、ゆっくり森歩きを楽しめるツアーです。苔にひそむ小さな宇宙、巨大な屋久杉に寄り添う命、照葉樹や渓流沿いの植物達、流れる美しい水、ヤクシカ、ヤクザル・・・。森での豊かな出会いをサポートしてくれるガイドさんたちは、自ら楽しむことを忘れない、素敵な同行者でもあります。
心づくしのおいしいお弁当も、気持ちのいい一日に彩りを添えてくれますよ!
(2011年10月 ツアー参加者)

GETオフィスまなつ

【ツアーについて】 推奨期間:2011年12月1日~2013年11月30日
ツアー名: 原生林ハイク/白谷雲水峡コース
場 所:  鹿児島県・屋久島の白谷雲水峡
日 程:  9:00~17:00
催行時期: 通年
参加費(税込): 13,000円(家族割りなどがあります)
募集定員: 14名(ガイド1名に7名まで)
これまでの催行実績: 1997年から毎年

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名:(有)ネイチャーガイド オフィスまなつ
代表者名: 真津 昭夫(まなつ あきお)
連絡担当者:真津 昭夫(まなつ あきお)
住 所:〒891−4405 鹿児島県熊毛郡屋久島町小島198−12
電 話:0997−47−2397
ファックス:0997−47−2397
e-mail:yaku@office-manatsu.com
ホームページ:http://www.office-manatsu.com
加入保険: AIU、三井住友海上火災(傷害保険、賠償責任保険)
チェックリスト: どう環境保全に取組んでいるかなど⇒
【オフィスまなつ】原生林ハイク/白谷雲水峡コースチェックリスト(pdfファイル)

GETオフィスまなつ 白谷







↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

インターン募集終了のお知らせ
今年1月にお知らせした日本エコツーリズム協会でのインターン募集ですが、3月1日をもって募集を締め切りました。多くのご応募をありがとうございました。

今月から新たなインターンの学生に来てもらっています。
「学校でエコツーリズムの講義を聞いて、この分野に興味を持ちました」という学生さんや、「国内の観光をもっと盛り上げたいんです。特に若い世代に働きかけたい」という学生さんなど、面接の時点から意欲的な話をしてくれる学生さんたちです。
これから、いろいろな場面で皆様にもお世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

今年度で卒業してしまう学生インターンもいますが、これからもそれぞれの分野で力を発揮していってほしいと思います。

※日本エコツーリズム協会でのインターン募集は不定期に行なっています。次の募集がありましたら、HP、ブログなどでお知らせしていきます。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。