≪09  2010-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エコツーカフェinとば 開催のおしらせ
★エコツーカフェが三重県鳥羽で開催されます★

「エコツーカフェ」では、各地の環境や文化、歴史などの紹介や、エコツーリズム事情を情報満載でお届けします。毎回、専門の方においでいただき、「どんなことが楽しめるの?」「街の人々はどんな暮らしをしているの?」など、写真や映像で紹介していきます。お気軽にご参加ください。<鳥羽市エコツーリズム推進協議会>

【世界遺産】太平洋に浮かぶ「真珠の首飾り」
マーシャル諸島 海の自然と暮らし

世界遺産に登録された、マーシャルの海、ビキニ環礁。太平洋の大海原に浮かぶ小さな環礁国は、真珠の首飾りといわれ、日本ととても絆が深いのです。軍事大国・米国がもたらした核被災問題、新たな植民地化への危機、迫りくる温暖化の脅威―さまざまな苦悩を抱えつつも、自立への道を模索する小さな島国の文化や歴史を美しい写真とともに語っていただきます。

日時: 2010 年11 月24 日(水) 13:00~15:00
場所: インフォメーションセンター遊民
語り手: 竹峰誠一郎さん
料金: 1000 円(プチとばーがー&コーヒー付き)
定員: 20 名様

【竹峰誠一郎(たけみねせいいちろう)さんプロフィール】
1977 年生まれ、三重大学研究員。日本平和学会に分科会「グローバルヒバクシャ」を創設し、共同代表を務める。マーシャル諸島の米核実験被害調査に取り組み、現地にこれまで7 回足を運ぶ。その成果は「マーシャル諸島ハンドブック——小さな島国の文化・歴史・政治」や「隠されたヒバクシャ—<検証>裁きなきビキニ水爆被災」(いずれも凱風社、共著)などにまとめる。第五福竜丸平和協会・専門員、「原爆の図」丸木美術館・評議員などを務める。
書籍情報
『「マーシャル諸島ハンドブック——小さな島国の文化・歴史・政治」
「隠されたヒバクシャ—<検証>裁きなきビキニ水爆被災」
「ヒバクシャと戦後補償」

お申込・お問合せ先:【インフォメーションセンター遊民】
三重県鳥羽市鳥羽1 丁目4-53 Tel:0599-28-0001 E-mail:information-center@oz-group.jp








★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★ほんのはなし他★
ちょっとスキポール空港いってくる・・・!!
衝撃のもとはこれ↓↓
【オランダ政府観光局のブログ: スタッフレポート:新しくなった空港施設】
http://nbtc.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-afc9.html
(なぜかトラックバックアドレスがみつからず・・・)
オランダにあるスキポール空港内に図書館ができたそうです。
空港内に図書館・・・! スキポーに図書館!!
それにデルフト焼陶器のポットとカップをモチーフにした机といすのコーナーがある模様。
空港内の写真は、上記オランダ政府観光局ブログでご覧になれます。
いいなあ。
そんなオランダ事情ですが、12月16日に恵比寿で開催する「エコツーカフェ」にて専門の方にお話していただく予定です。

さて、前にもご紹介しましたが、ほんのはなしなんかしてみようと思います。
上記スキポール空港内図書館の画像にも1冊うつっていましたが、新潮社クレストブックシリーズが好きです。
あの手触りのよいカバー。電車内で立ちながら読んでいても苦にならない軽さ。
とくに内容含め好きなのはこれです↓
シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)
(2003/06)
アンソニー ドーア

商品詳細を見る

短編集で、シェルコレクターというのは一番最初に収録されている話のタイトルでもあります。老貝類学者が流しで貝を洗っている場面から始まります。遠くから船の音がきこえ、その音をききながら、自分が求めているものと世の中が(しかも身内)がもとめているものとの溝にどう対応していけばいいのかと苦悶している場面です。
ちょっと説明に力が入りすぎて気持ち悪くなりました。
問題なのは、この著者の続きの作品が出てこないことだよ・・・。

それとは逆に、凶器になるんじゃないかってくらい頑丈で重い小説があります。凶器レベルとしては、月刊ガンガン(鋼の錬金術師が連載されていた雑誌。ぶあつい。)と同じくらいかと。
厚さが6センチくらいあるのかな、たしか。そして価格も6000円くらい・・・、6300円ですね。なかなかいいお値段です。
ニューヨークニューヨーク
(2004/08/26)
ベヴァリー・スワーリング

商品詳細を見る

ニューヨークという名前になるまえ、マンハッタンに移民がやってきたころの話から時代を追い、独立戦争に入っていく話です。
2人の兄妹が移民としてやってきてからの話なのですが、その兄妹の子孫にまで繋がっていく小説。
内容も濃く、読んでいてたいへん面白いのですが、なによりも厚さが6センチ近くあるので、「もうすぐ読み終わってしまう」というある種の恐怖がやって来るのは遅いです。
あと電車の中では読めない。手首を痛めます。

秋の夜長に読んでみる本としてはいいのではないかと思います。










★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

今月の事務局★フォトコンやってます★
書くべきネタは多々あれども、外出が続くなどでアップが追いついていません。そしてPCがブルースクリーンで自己主張してくるんですよ・・・(=゚ω゚)ノやぁ 僕ブルースクリーン! ・・・この間知り合いがメモリ12GB積んだと聞いて奪いたくなりました。

ところで、エコツアー写真コンテストを開催しているの、ご存知でしたか? 知らないという方(=゚ω゚)ノ 挙手
>>エコツアー写真コンテスト詳細<<
写真コンテスト、というと「四つ切サイズで提出!」というものが多いようですが、今回日本エコツーリズム協会が行なっているのは、もっと気軽に撮影・応募可能なコンテスト。

たとえば、こんなときにとったもの↓
(=゚ω゚)ルンタッタルンタッタ 「今日はガイドさんと森を歩くんだー」
(=゚ω゚)「お、なんかがさがさしてるぞ」「あ、灰色のどうぶつだ!」
(=゚ω゚)ノ (そっと)「ガイドさん、あれは何ですか?」
ガイドさん「カモシカです。」
(=゚ω゚)★ 「カモシカ! ちょうどカメラ持っていてよかった。そーっと、撮ります」
→こんなふうに、旅先でであった動物をとったものだったり、

(=゚ω゚) 「弟よ、カヌー乗ろう。なに、一人じゃ不安? ガイドさんが一緒だから大丈夫だよ」
(=゚ω゚)ノ (湖面上で)「弟よ、こっちを向け! 楽しそうだな! 写メして親戚に送ろ!」
→こんなふうにツアーの思い出のヒトコマをとったものだったり。
そう、携帯電話のカメラで撮った写真でもご応募可能です。

あとは、学生さんたちのサークルで行った旅行先の写真だったり。
エコツアー参加の楽しさをおさめた写真、お手元にありませんか? 
もしあったら、ご応募してみてくださいね

審査員は、動物写真家の田中光常さん他です。
最優秀賞には、キヤノン様より一眼レフデジタルカメラ(EOS Kiss X4・EF-S18-55 ISレンズキット)をプレゼント、そして優秀賞には、モンベル様よりカメラショルダーバッグ、またはコンパクトカメラケースをプレゼントういたします。
その他グッドエコツアーへご招待などあります。

「写真コンテストなんて応募したことない」
「ツイッターに投稿するような感じでいいのかな」
旅行は楽しいもの。楽しいときにとった写真だったら、思い出に残しつつかつ他の方にもみてもらいませんか?
ご応募はお気軽にどうぞ!
締め切りは11月19日(金)です。







★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/



↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーリズム・オーストラリア事務局長来局
お知らせが遅くなってしまいましたが、9月17日にエコツーリズム・オーストラリア協会よりKym Cheathamさんが日本エコツーリズム協会の事務局にいらっしゃいました。
オーストラリアのエコツーリズム推進事情などを含め、日本エコツーリズム協会の国際担当の理事と情報交換を行いました。

P9170034.jpg

Kym Cheathamさんは、9月16日に仙台で行われたAPECエコツーリズムカンファレンスに出席のため来日、17日に帰国される前に、日本エコツーリズム協会事務局にお立ち寄りいただきました。

>>エコツーリズム・オーストラリア協会サイト(英語)<<
>>APEC JAPAN 2010|日本APECについて/APECにおけるサービス貿易・自然人の移動に関する取り組み(概要)<<


【参考】 仙台開催「エコツーリズム・カンファレンス」

今年日本で開催されているAPEC2010のプロジェクトの一つとして、仙台で実施されました。新たな発展分野として注目されているエコツーリズムについて、豪州やマレーシア、ペルーなどAPEC域内各国のエコツーリズム推進にかかる成功事例を共有し、多くの人々の参加によりエコツーリズムを支えることの重要性を確認することを目的として開催。総合司会を経済産業省田村APEC交渉官が、オープニングリマークスを環境省自然ふれあい推進室堀上室長が務める他、エコツーリズムの著作もあるDr. MarthaHoney、エコツーリズム・オーストラリア協会よりMs. Kym Cheatham、UNWTOよりMr. LuigiCabriniなどの国際的な著名人や国際機関からのゲストが出席されました。また、日本エコツーリズム協会からも、高梨洋一郎理事、小林寛子理事、海津ゆりえ理事、会員の市岡浩子さんがモデレーターやスピーカー等として登壇しました。
※日本エコツーリズム協会会報49号(11月25日発行号)にてレポート掲載予定

【日 時】 9月16日(木)9:00~18:00
【場 所】 ウェスティン仙台(宮城県仙台市)
【参加費】 無料    【言 語】 英語
【主 催】 APEC、経済産業省





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。


テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

フォトコンテスト 副賞が届きました!
まいどまいど、写真好きな方はこのブログを見るたびに思っているのではないでしょうか・・・

「へったくそなしゃしんだな」

言われなくても! わかってるよ(泣
もはやカメラ云々よりも、とるほうの人間が「早く正確に」の「正確に」が全く出来ていないことが露呈されるだけの事態となっています。たぶん。

さて、現在開催中のエコツアー写真コンテスト
キヤノン様とモンベル様よりご協賛をいただき、その副賞商品が届きました。

まずは優秀賞の、モンベル様よりいただいたカメラショルダーバッグ、コンパクトカメラケースです。
写真コンテスト賞品

ショルダーバッグのほうのなかはこんな感じ。
写真コンテスト賞品

もっと角度変えろ? わかりました。ではこれ↓
写真コンテスト賞品
頑丈な仕切りがついています。さすがカメラを保護するバッグ。

さて、次は最優秀賞、キヤノン様よりいただきました一眼レフデジタルカメラ(EOS Kiss X4・EF-S18-55 ISレンズキット)です。
PA200015.jpg
箱に機能がたくさんかかれています。
違う角度でとった箱の写真もあるのですが、・・・撮った人のゆびが写真にはいっていました・・・
さすがにアップできないので保留。

他に、グッドエコツアーへのご招待などがあります。

写真コンテストは来月19日が締め切りです。














★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第3回 JESフォーラム 『スイスと日本のエコツーリズム』
第3回 JESフォーラムのお知らせです

★★★★転載歓迎★★★★

11月9日(火)18:30~20:00(開場18:00)  
第3回 JESフォーラム 『スイスと日本のエコツーリズム』
ゲスト: 山田桂一郎さん(JTIC.SWISS

※火曜日の開催です

スイス・ツェルマット在住の山田桂一郎さんをお招きします。
観光カリスマの肩書きを持ち、日本とスイスを往復する日々をおくる山田さん。各地の事例をみてきた経験を踏まえ、これからの日本のエコツーリズム、地域づくりについてお話いただく予定です。

【時 間】 18:30~20:00 (開場 18:00)
【参加費】 一般:1,000円、学生(要学生証):500円 (資料、飲み物代込)
※資料はご予約の方優先です。
【会 場】モンベルクラブ渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
tel: 03-5784-4005 fax: 03-5784-4006
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851 【お申込・お問合せ】 日本エコツーリズム協会
下記を記載のうえ、お申込ください。
お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、所属、連絡先、このイベントを知ったきっかけ、(もしあれば)当日聞きたい話
tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 
【主 催】 日本エコツーリズム協会(Japan Ecotourism Society: JES)

★★★★★★★★

■前回の内容はこちらから http://www.ecotourism.gr.jp/event/2009/06/20096.html

日本エコツーリズム協会の「エコツアーガイド養成講習会」などでも「目からウロコ!」と評判の講義をする山田さん。
エコツーリズムは地域の自律に結びつくのかなどなど、お話していただきます。
※スイスの話がききたいんだ! という方もぜひ。ご予約の際に「スイスの話希望!」とお書き添えください。




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第6回エコツーリズム大賞受賞団体関連記事
先日受賞団体が発表された「第6回エコツーリズム大賞」
受賞団体のいくつかが地元のメディアで紹介されていました

■大賞受賞・黒潮実感センター(高知県)
10月14日に映像付で紹介されています。
『イブニング KOCHI』

■特別賞受賞・NPO法人五ヶ瀬自然学校(宮崎県)
『宮崎日日新聞』に写真付で紹介されています。
五ケ瀬自然学校に特別賞 環境省・エコツーリズム大賞

おめでとうございます










★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

学芸出版社セミナー共催「宝探しから持続可能な地域づくりへ」
京都でのセミナーお知らせです。

■学芸出版社セミナー共催「宝探しから持続可能な地域づくりへ」(京都・11/6)

本セミナーでは、観光の最前線に立つ(株)JTB社長の田川氏、地域おこしに取組む西表島の石垣氏、二戸市の小保内氏、高島市の伊庭氏から、持続可能な地域づくりに欠かせない視点・方法を語っていただきます。
※セミナー終了後、紹介された地域の宝である「海の幸・山の幸」に舌鼓を打ちつつ、講師の皆さんと交流できる懇親会を行います。こんな美味しい会はない!

【日 時】 11月6日(土)午後1時開場、1時30分~午後4時30分頃まで。その後、懇親会
【場 所】 学芸出版社3階
京都市下京区木津屋橋通西洞院東入、京都駅より徒歩約5分
【参加費】 2000円
(『宝探しから持続可能な地域づくりへ』含む。購入済の方は本のご提示により参加費500円)
【詳細・お申込】 http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1011eco/index.htm
【共 催】 学芸出版社、日本エコツーリズム協会、京都嵯峨芸術大学観光デザイン研究センター


宝探しから持続可能な地域づくりへ―日本型エコツーリズムとはなにか宝探しから持続可能な地域づくりへ―日本型エコツーリズムとはなにか
(2010/10)
真板 昭夫

商品詳細を見る




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。




テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第2回JESフォーラム 『アラスカ北極圏の自然と暮らし』 開催しました
10月13日(水)18:30~20:00(開場18:00)  
第2回 JESフォーラム 『アラスカ北極圏の自然と暮らし』
ゲスト: 河内牧栄さん(Nature Image / ネイチャーイメージ)


アラスカ在住の河内さんに、豊富な写真とともにアラスカの自然や暮らしについてお話いただきました。アラスカの新聞や広告も展示いただき、それに自家製シラカバシロップの試食もさせていただきました。

第2回JESフォーラム「アラスカ」

第2回JESフォーラム「アラスカ」
↑アラスカでみつけたというサンゴの化石。

第2回JESフォーラム「アラスカ」

↑自家製シラカバシロップ。わざわざアラスカからもってきていただき、参加者の皆さんで試食しました。ほんのりあまみがあり、でもちょっと酸味も感じられる味でした。

第2回JESフォーラム「アラスカ」

↑これもアラスカならではのもの。現地の新聞や広告、雑誌などです。そして「近所のおばあちゃんがつくってくれた」というビーバーの毛皮の帽子も展示されました。

【参加者からのコメント】
・アラスカの暮らしや風景、動物のことがよくわかりました。ぜひ! 行ってみたいです!!
・次回はさらに深くエコツーリズムについて(産業としてエコツーリズムは発展できるのか、など)聞きたいです。ありがとうございました。













★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【エコツーカフェ】京都・町家エコツーカフェ開催のお知らせ
(この記事は日時指定予約投稿です。日本エコツーリズム協会事務局は土日祝お休みです)

★アラスカのガイドさんをお招きして、京都でイベントを開催します★

【京都開催】 日本エコツーリズム協会主催
10月15日(金)18:30~20:00(開場18:00) 
 『アラスカ』
ゲスト: 河内牧栄さん(NATURE IMAGE / ネイチャーイメージ

ご家族でアラスカに暮らしている河内さん。
北極圏の旅を軸に、そこで出会う動物やオーロラ、
アラスカの人々の暮らしを同じくアラスカに暮らす一人の目線としてお話してくださいます。

20101028_400_01.jpg


【参加費】 1,000円(軽食・資料付)  【定 員】 30名
【場 所】 亀笑邸 
(京都市中京区西ノ京冷泉町4 旧二条通御前西入ル)
【お申込・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、所属、連絡先、このイベントを知ったきっかけ、(もしあれば)当日聞きたい話
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 
【主 催】 日本エコツーリズム協会
【協 力】 自然堂株式会社





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

SNSのmixi コミュ★
■SNSのミクシィにエコツアーガイドのコミュニティがあります■
日本エコツーリズム協会の「エコツアーガイド養成講習会」「エコツアープロデューサー養成講習会」二酸化された方にはお知らせをしたことがありますが、ミクシィにこれらの講習会の修了者およびエコツーリズムに興味のある方を対象にしたコミュニティがあります。

★エコツアーガイドコミュニティ★
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1609207

また、全国エコツーリズム学生シンポジウムのコミュニティもあります。
★エコツーリズム学生シンポジウム★
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4622983

すでにmixiに登録されている方は、ぜひ上記サイトごらんください♪







★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

ほんのはなし
ほんのはなしなんかしてみようと思います。
(この記事は日時指定予約投稿です。日本エコツーリズム協会事務局は土日祝はお休みです。あしからず)

いつだったか、事務局スタッフのおすすめ本やらおすすめDVDの話題を投稿したところ、おもいのほかWEB拍手をいただけたので、ちょっと間があきましたが続編を投げてみようと思います。
わたくし、直木賞作家でもある桜庭一樹さんが大好きで大好きで、新宿の歌舞伎町を歩いているときもいつか遭遇しないかなと思いながらお散歩しています。(※歌舞伎町在住だったらしいので。今もそうなのかは不明)
この間、大山・中海・隠岐エコツーリズム協議会の方がいらしたときも、桜庭一樹さんの著作に出てくる「ぷくぷく茶」の話やら山陰の話を聞いていました。ああ幸せだったヨ!
一昨日くらいまで、「GOSICK」を再読していました。来年アニメ化されるそうです。ヴィクトリカの「金色のターバンをたらしたような」髪がどんなになって出てくるのかが楽しみ。

今は畠中恵さんの「ゆんでめて」をメインで読んでいるのですが、他のおすすめがこれ。

文盲 アゴタ・クリストフ自伝文盲 アゴタ・クリストフ自伝
(2006/02/15)
アゴタ・クリストフ

商品詳細を見る

「悪童日記」の作者でもあるアゴタ・クリストフの自伝です。ハンガリーからスイスに移民した作者の、「言語が違うために陥った苦しみ」が随所にでてきます。そもそも、冒頭の文章から引き込まれます。4歳のころから身の回りにあるものを読んでいた、と。雑誌、新聞、などなど・・・
活字を追うのが生活のなかで当たり前になっていて、それがないと自我が保てないかのような活字(おそらく)中毒の作者。移民先のスイス(フランス語圏)での、「読めるようになるまでの心の動き」が表れています。けれど、フランス語を使うようになって彼女は「自分の中の母語がフランス語に侵食されていく」思いになったそうです。
自ら望んで身につけた母語以外の言語。さまざまな理由はあれども、生存のための言語獲得のストーリーとして、この書籍は非常に深遠な部分を描いているのだと思います。
よろしければぜひ。

あとはこれ。「少女の友」の昭和11年ごろのものが大好きな(現物読んだことないけど!!)な人にはたまらんと思う。

オトメの祈り―近代女性イメージの誕生オトメの祈り―近代女性イメージの誕生
(1993/12)
川村 邦光

商品詳細を見る


明治後期から大正、昭和初期にかけて、婦人あるいは少女向けの雑誌が続々観光されたのだそうです。
そしてそれらに掲載された読者からの便りや、写真などで、当時の流行やことばづかい、「エス」と呼ばれる擬似姉妹関係のことなどが考察されています。たまに「え、この作者もしかして女の人のこと嫌いなんじゃない?」と思わせる部分もありますが、まぁそれはおいておいて。
当時の紙面の抜粋がそのまま画像として貼り付けられているページがあるのですが、読者からのお便りで「作家の○○先生の住所を教えてください」という問いに、編集者が「東京市本郷区5丁目です」と答えてましたよ。
え、いいの!? と時代のギャップに驚きます。愉快です。正直考察部分を読むより原文読んだほうが楽しいと思う。

それとは別に、ちょっと学生時代にかえりたいなという気分になっている方にはこれ。おそらくはほぼ理系限定

なつかしの理科室―今でも手に入る理科教材154なつかしの理科室―今でも手に入る理科教材154
(2008/07)
高井 ジロル

商品詳細を見る


人体模型高!! でもほしい。胆嚢がすき。あと腎臓のかたちも好き。
知り合いに「このインキュベーター(保温器)がほしい」と申し上げましたら、「何に使うのさ」とあっさり返されました。
確かに・・・何に使うのか・・・観賞用・・・? ←参考書などを「買って安心する」タイプ。

ではまたー。








★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】アラスカのガイドさんが一時帰国中!!
■アラスカのイベントを開催します■

来週13日(水)に、東京・渋谷でアラスカ在住のエコツアーガイドさんによるイベントを開催します

-----------下記転載歓迎------------
第2回JESフォーラム『アラスカ北極圏の自然と暮らし』 開催(東京・10/13)

ご家族と一緒にアラスカでエコツアーガイドをしながら、暮らしている河内さん。北極圏の旅を軸に、そこで出会う動物やオーロラ、アラスカの人々の暮らしを、アラスカに暮らす一人の目線からお話してくださいます。アラスカならではのものも展示していただく予定です。写真だけではなく、アラスカの雰囲気も味わいたい、という方、ぜひお越しください!

【ゲスト】 河内牧栄さん(Nature Image / ネイチャーイメージ)
【日 時】 10月13日(水)18:30~20:00 (開場 18:00)
【参加費】 一般:1,000円、学生(要学生証):500円 (資料、飲み物代込)
※資料はご予約の方優先です。
【会 場】モンベルクラブ渋谷店
渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
tel: 03-5784-4005 fax: 03-5784-4006
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851
【お申込・お問合せ】 日本エコツーリズム協会
下記を記載のうえ、お申込ください。
お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、所属、連絡先、このイベントを知ったきっかけ、(もしあれば)当日聞きたい話
tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【詳 細】 http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/10/200906.html

-----------ここまで------------

★今日、アラスカ観光協会の方にお願いしていた資料が届きました。
アラスカの自然はもちろん、食事についても書いてあります。
そして!!
このアラスカの資料に、今回のゲストの河内さんが何枚か写真を提供されているそうです。
ぜひぜひ手にとってご覧ください!!

では。
うちのジョナサンとその資料をいっしょにとってみました。
(やんごとなき理由により、ジョナサンは今回おしり見せです。)
表紙をめくるとアラスカの地図です。

PA080002.jpg

オーロラ!! 協会のスタッフは「オーロラもいいけど魚眼レンズもうらやましい」といっていました。そこか!
PA080004.jpg

アラスカの動物の写真と説明です。
別のところにハイイロオオカミの写真ものっていて、それがまた背中がりりしくてかっこいいのですよ!
PA080001.jpg

ということで、この資料はアラスカのイベントに来てくださった方に当日資料としてお配りします。数に限りがあるので、「ほしい!」という方は必ず予約してください!!



★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 
にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
ラオス国家観光庁の方が事務局来訪されました
ブログに掲載したいことは多々あれども、まったく追いついていません
先週の話になってしまうのですが、ラオス国家観光庁のサリー・ピンピニットさんと関係者の方が、日本エコツーリズム協会事務局にいらっしゃいました。

ご来訪くださったのは、
Mr. Saly PHIMPHINITH氏(ラオス国家観光庁ツーリズムマーケティング振興部長)、Mr. Lithisack VORARATH氏(ラオス国家観光庁ツーリズムマーケティング振興部)と関係者の方です。
ラオスの観光振興分野の紹介や日本エコツーリズム協会の紹介などがされました。

P9270003_400.jpg

 ラオスへの観光客は、タイ、ベトナム、中国からが多く、全体の6割を占めている。多くが1泊か2泊で、1日の平均消費額は30ドルだそうです。
 また、ラオスエコツーリズム協会のWebサイトは、観光庁によって運営されているとのこと。そしてラオスのエコツアーといえば、トレッキング、ラフティング、サイクリング、ロッククライミング、エレファントトレッキングであり、特にエレファントトレッキングは、4つのキャンプがあり、人気が出てきているそです。一つのキャンプにはゾウが10から15頭いるのだとか。



 また海外からのお客様がいらしたときには、ブログ等でお知らせしていきます。
(他にもエコツーリズム・オーストラリア協会の方がいらしていますので、後日その様子をアップします)





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

札幌でホットワイン!!
今月、エコツーカフェ北海道が行なわれる「バルコ・サッポロ」。>>第5回エコツーカフェ北海道<<

そのバルコ・サッポロで、すばらしい飲み物が飲めるようです
その名も「ホットワイン」。
よく冬になると、これを出しているお店もありますね。
バルコ・サッポロのブログによると、

ワインに、果物やスパイス・甘み・時にはラムなどのアルコールを加えてバランスをとったお飲み物。
スパイスや糖分が冷えた身体を心から温めるので理にかなってますね。


おいしそう
ドイツでも「グリューヴァイン」というのがありましたが、それに近いかも。香辛料が入っていて、冬、クリスマス市をまわるのにちょっと疲れたときに、屋台で休憩して頼んでいました。甘くて、でもスパイスが効いていてとっても温まる飲み物でした。
作っているところの画像がバルコ・サッポロのブログにも出ています。
果物がたくさんはいっていて、これはただのワインじゃありません
エコツーカフェのときにも飲めるのかどうかは分かりませんが、お近くの方、ぜひバルコ・サッポロへいって試してみてください!

>>バルコ・サッポロのブログ<<





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 
にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【イベント】第5回 エコツーカフェ北海道開催のお知らせ
北海道大学観光学高等研究センター・ゆっくりずむ北海道共催、日本エコツーリズム協会後援

■第5回 エコツーカフェ北海道■
10月20日(水)18:30~20:30 (開場 18:00)
「アラスカ北極圏の自然と暮らし」
ゲストスピーカー: 河内 牧栄 氏 (アラスカ在住・NATURE IMAGE / ネイチャーイメージ

20101020.jpg


ご家族と一緒にアラスカで暮らしている河内氏。北極圏の旅を軸に、そこで出会う動物やオーロラ、アラスカの人々の暮らしを、同じくアラスカに暮らす一人の目線としてお話してくださいます。
アラスカならではのものも展示していただく予定です。写真だけではなく、アラスカの雰囲気も味わいたい、という方、ぜひお越しください! 

【会場】BARCOM SAPPORO(バルコ・サッポロ)
北海道札幌市中央区北2条西2丁目-15 STV北2条ビル1F
【対象】どなたでも
【参加費】1,500円(軽食・飲み物付)
【定員】25名
【お申込み】下記を記載のうえ、e-mailにてお申込みください。
1)お名前(複数参加の場合、お連れ様のお名前)、2)所属、3)連絡先、4)当日聞きたい話
※申し込みメールアドレス : contact(at)hokkaido-terroir.com 
【お問合せ】ゆっくりずむ北海道 tel : 011-211-1954
e-mail : contact(at)hokkaido-terroir.com


エコツーカフェとは:
「エコツーカフェ」では、各地の環境や文化、歴史などの紹介や、エコツーリズム事情を情報満載でお届けします。毎回、専門の方においでいただき、「どんなことが楽しめるの?」「街の人々はどんな暮らしをしているの?」など、写真や映像で紹介していきます。エコツーカフェ北海道は、年4回の開催を予定しています。お気軽にご参加ください。











★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■JATA世界旅行博2010に出展しました■
■JATA世界旅行博2010に出展しました■

2010年9月24日から26日まで、東京ビッグサイトで開催された「JATA世界旅行博」に出展しました。24日はビジネスディ、25.26日は一般開放日でした。
日本エコツーリズム協会は「ジャパンブース・環境省」ブース内にて出展しました。

JATA世界旅行博2010

国連の生物多様性年にあわせ、ロゴにそった折り紙の作品を環境省の方が作っていました。
JATA世界旅行博2010

お隣では、知床の方がクイズを出題していて、たくさんの方でにぎわっていました。
JATA世界旅行博2010


【開催概要】
日程: 2010年9月24日(金)~26日(日)
場所: 東京ビッグサイト(東京都江東区)
HP: http://ryokohaku.com/pc.html









★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【鳥取】大山・中海地域のおみやげ
会報48号の「日本のエコツーリズムサイト:鳥取県米子市 大山・中海地域」で記事をお寄せくださった方が、地元の方おふたりと一緒にJES事務局にお越しくださいました。
そして記事の裏話もうかがうことが出来ました。
でも一番素敵だったのは、ご本人たちの雰囲気
とても楽しそうで、楽しみながらエコツーリズムに関係するいろいろなことをやっていらっしゃる、という雰囲気でした。
「これは地元の方が作っているんですよ」と、しじみのストラップをくださったり、それに写真がご趣味、という方がポストカードを作っていたり。
かたくるしくなく、「楽しみながらやっていたら、いつのまにかそれがエコツーリズムに繋がっていた」というような雰囲気でした

お話していても、とても楽しく時間を忘れるくらいでした。
おみやげでいただいたポストカードとしじみのストラップ、それに会報に掲載した写真をブログでアップしても良いとお許しいただいたので、アップしておきますね。特に会報で使った写真は、発行後に「この写真をカラーでみたかった」とアンケートで書いてくださった方もいました。事務局でも「これはカラーで載せたいね」と話していた写真です。
こんな景色に会いに、大山・中海に行ってみませんか?
(私は隠岐の島にも行きたいので、おすすめの場所や季節を聞いてきました。たのしそう!!)

20101005_05.jpg
ポストカードとしじみのストラップ

20101005_06.jpg
しじみの黒さがかわいい。


【会報でご紹介した写真のカラー版です】
20101005_01.jpg
趣きのある参道。出雲風土記にも記載されている大山大神山神社の参道です。


20101005_02.jpg
中海の夕陽。「錦海(きんかい)」と呼ばれている場所です。米子市の米子城跡、湊山公園から見ることができるそうです。


20101005_03.jpg
青い空と白い砂、それに紺碧の海! この色のコントラストは、ぜひ実物をみたいですね。


20101005_04.jpg
西日本最大といわれている大山ブナ林。紅葉も、それに春の新緑の季節も綺麗だそうです。





大きな地図で見る





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

深海生物の本でました!!
日本エコツーリズム協会のイベントでも話をしてもらっているJAMSTECの佐藤孝子さんの本がでました!!

DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑 (ブルーバックス)DVD-ROM&図解 動く! 深海生物図鑑 (ブルーバックス)
(2010/08/20)
北村 雄一ビバマンボ

商品詳細を見る


なにゆえあの貝の血は赤いのか!
鯨骨(ゲイコツ。くじらぼねではない)ではなにが行なわれているのか!!
たまに「・・・え・・・」とお目目がポカンになるイラストやらなんやらもありますが、(私が勝手に思い描いている)ブルーバックスの硬さは微塵も感じられません。
すばらしい深海生物! ハオリムシの透き通った赤がたまらん!

あとがきは佐藤孝子さんが書かれています。みんな読もう! 読んで深海への(妄想)旅行にでかけよう!!





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/


↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

学生シンポジウムへの打ち合わせが始まっています★
来年1月に開催予定の「第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム」
学生による開催準備の打ち合わせが始まっています

今日は、この間会場の下見に行ってきたのでその報告と、これからの進行についてです。

学生シンポ打ち合わせ20101004

「ワークショップ」というのは、「発表内容について聴講者も参加して意見をまとめよう」という声から、今回はじめて取り組むことになりました。

学生シンポ打ち合わせ20101004

打ち合わせの様子。実行委員の学生さんが集っています。都合がつかなくて参加できない学生さんもいますが、遠方の学生さんともメールなどでやり取りをしているそうです。
学生実行委員に興味ある! 自分も入りたい! という方は日本エコツーリズム協会(e-mail: ecojapan@alles.or.jp)まで、お名前・大学名・学年を記載のうえ、ご連絡ください。

そして、先日の下見の様子です。場所は東京大学農学部。
学生シンポ打ち合わせ20101004
メイン発表の会場です。

学生シンポ打ち合わせ20101004
ポスターセッションの会場になる予定のアネックス。木材がたくさん使われていてあたたかい雰囲気です。

学生シンポ打ち合わせ20101004
反対側からとるとこんな感じです。


続報はまたお知らせする予定です。
あわせて発表者・一般聴講者の募集もはじまりました
詳しくは下記サイトをご覧ください。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/10/2-2.html



★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

exciteウェブニュースで紹介されました
exciteウェブニュースで掲載されました! (2010年10月4日アップ)
http://woman.excite.co.jp/lifeplanning/news/rid_22290/

20101004.jpg

とても分かりやすく、素敵な文章に仕上げていただきました。
やり取りの時間も少なかったのですが、大事なところをすくいあげていただき、女性らしい柔らかさでまとめてもらいました。
このサイトでは、他にも女性向けの保険やマネープランなども紹介されています。
他のページもぜひご覧ください。


★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム開催
■第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム開催!■
参加者・発表者募集中 広げよう! 学生ネットワーク~もっと知ろう、いっしょに考えよう!私たちのエコツーリズム~


本シンポジウムは、学生自身の手でエコツーリズムを盛り上げていく活動の1つとして、「環境」「地域」「観光」3つの視点による研究発表、先生方からの講評、講演等を行います。
より多くの学生にエコツーリズムを知ってもらうと同時に、第2回目は、さらなる学生同士の交流、ネットワーク作りを目指します。エコツーリズムを一緒に学び、考えを伝え合う絶好の機会です。みなさまの参加を、お待ちしております!

【学生シンポ】
(写真は第1回目のものです。(交流会))

■開催概要
【日 時】2011年1月29日(土)10:00~18:40 (交流会19:00~20:30)
【会 場】東京大学 本郷キャンパス(東京都文京区本郷7-3-1)
(最寄り駅: 南北線『東大前』徒歩1分、大江戸線『本郷三丁目』徒歩15分)
使用会場: 農学部1号館2階8番教室および弥生講堂アネックス
【受 付】農学部1号館2階8番教室前 
【参加費】無料
【交流会参加費】学生 1,000円、一般 2,000円(マイ箸・マイ皿・マイカップの持参大歓迎 ! )
※交流会は先着100名様限定とさせていただきます。
【お申込】 NPO法人日本エコツーリズム協会事務局まで、E-mailまたはFAXにて「氏名・所属・住所・電話・メールアドレス・交流会参加の有無」をご記入のうえ、お申込ください。
※当日参加も可能ですが、資料などはご予約の方優先です。


■プログラム(予定)
10:00~11:00 開場・受付(農学部1号館2階8番教室)
10:00~11:00 学生によるポスターセッション(弥生講堂アネックス)
※受付を終えられたら、ポスターセッションをご覧ください! 基調講演会場とポスターセッション会場は別会場ですが、歩いて2,3分程度です。

11:00~12:00 開会 
・基調講演「観光立国の柱・エコツーリズム」
田川博己(株式会社ジェイティービー代表取締役社長・NPO法人日本エコツーリズム協会副会長) 
場所: 農学部1号館2階8番教室
13:10~18:15 
・学生による研究発表・ワークショップ・講評
場所: 農学部1号館2階8番教室
18:15~18:40 
・全体講評・学生からの提言・閉会
場所: 農学部1号館2階8番教室
19:00~20:30 交流会
場所: 弥生講堂アネックス
           
※当日は6~8人程のグループをつくり、会場参加型ワークショップを行う予定です。

【学生シンポ】
(昨年の様子。(ポスターセッション))

■発表者募集! 研究発表・ポスターセッション  

 研究発表またはポスターセッションの発表者を募集します。本シンポジウムは、3つのテーマを設定しました。表のキーワード例を参考に、どのテーマで発表するかを選んで応募してください。
 発表内容は、ゼミやサークル活動、授業などで調査した結果から分かったこと、大学院で研究していることなどで、論文としてまとまっていなくても結構です。ユニークな研究発表を待っています!研究発表は1人15分が持ち時間です。

【テーマ・キーワード例】
1.環境:環境保全・環境管理・生態系・モニタリング・ガイドライン・国立公園・環境教育 など
2.地域:地域振興・食・文化・宝探し・グリーンツーリズム・国際協力・民俗・地産地消 など
3.観光:観光振興・世界遺産・温泉・ホスピタリティ・ヘルスツーリズム・産業観光 など

【申込資格】大学、大学院、専門学校などに在籍している学生であればどなたでも。グループでのお申込みも可能です。
【申込方法】エントリーシートを下記サイトからダウンロードし、ご記入の上、EメールまたはFAX、郵送にてお申込みください。ダウンロードできない方は、事務局までお問合せください。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/10/2-2.html

【締 切】12月10日(金) ※必着
【交通費の支給】研究発表を行なう学生には実費交通費を支給いたします。
※エントリーいただいた皆様には、研究発表かポスターセッションのいずれかの発表の場を用意したいと考えております。
発表は無料です。発表の形態については、エントリーシートをもとに実行委員会にて協議の上決定し12月20日(月)以降にご連絡いたします。


【学生シンポ】
(昨年の様子(研究発表))


=会場の東京大学の地図=

大きな地図で見る





















★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。