≪12  2011-01/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2回 全国エコツーリズム学生シンポジウム 開催しました!
■第2回 全国エコツーリズム学生シンポジウム■

 2011年1月29日(土)、第2回目となる「全国エコツーリズム学生シンポジウム」が東京大学に於いて開催されました。
 今回は研究発表者9団体、ポスターセッション17団体による、学生主体のシンポジウム。
 当日は、シンポジウム(185名)を含め、交流会(93名)、のべ278名の参加がありました。

第2回学生シンポ

弥生講堂アネックスで10:00から開催されたポスターセッション。全17団体のポスターが掲示され、受付け終了後、講演開始までの間にたくさんの方にお立ち寄りいただきました。

第2回学生シンポ

それぞれのポスターの前では、発表者の学生が来場者に対して説明を行なう場面が多くみられました。来場者は学生が多数でしたが、環境や観光業界に従事する方、地域でエコツーリズムに取り組んでいる方なども多く参加されました。

第2回学生シンポ

ポスターセッションの会場である弥生講堂アネックスには、「訪れた方と一緒にエコツーリズムについて考えたい」という学生委員達による情報ブースも設置されていました。
 エコツーリズムの参考図書リストや年表、エコツアー体験記の他、参加者の方の「おすすめエコツアー」を紹介してもらうコーナーも。
 地図に貼られた付箋には、「参加した場所」「おすすめポイント」が書かれています。

第2回学生シンポ

11:00からは、農学部1号館2階8番教室にて日本エコツーリズム協会の愛知和男会長、盛山正仁顧問の挨拶につづき、田川博己副会長(ジェイティービー社長)による基調講演が行なわれました。

第2回学生シンポ

お昼の休憩をはさみ、午後から学生による研究発表が行なわれました。「環境」「地域」「観光」の各テーマそれぞれ3団体、計9団体による発表です。
 持ち時間はひとり15分。質疑応答の時間は別途設けられています。資料を整え、中には映像を流し説明を行なう学生もいました。
 学生によっては発表資料を受付資料に同封していたため、聴講している参加者も手元の資料に書き込みを行なっていました。特に、発表後にワークショップを行なうため、聴講している学生さんもしっかり発表に耳を傾けていたようです。

第2回学生シンポ

今回は学生主体のワークショップを開催するため、学生と一般では座っていただく席を分けての開催になっていました。
 受付時に会場の席の割り振りについてご案内し、1階には学生、2階には一般の方に座っていただきました。その2階席もほぼ満員。みなさん発表に熱い視線を注いでいました。

 各テーマの発表(3団体)が終わると、20分の時間をとりワークショップを行ないました。

第2回学生シンポ

 黄色いカコミが1グループ(8名)、全16グループにわけワークショップを行ないました。
各グループに学生委員がファシリテータとなって入り、ディスカッションテーマにそって話し合いを行ないました。
 そして各グループのまとめをファシリテータが紙に書き出しまとめました。
その後、2.3のグループから発表をし、その後質疑応答を行ないました。
(ファシリテータがまとめた紙は、交流会会場に張り出されました。)

各テーマごとのディスカッションテーマは以下の通りです。
【環境】 エコツーリズムにおける各主体の環境保全への役割と実践のための仕組みとは?
【地域】 地域資源(宝)の観光利用における良い点・悪い点と、その対応策とは?
【観光】 エコツアー参加者の裾野を広めるためには?

第2回学生シンポ

各グループのファシリテータが意見をまとめている様子。この紙は3つのテーマ全てにおいて作成されました。

第2回学生シンポ
研究発表後、東京大学大学院の下村彰男教授(日本エコツーリズム協会理事)より全体講評があり、今回運営を行なった学生委員、そして 坂田道志(まさゆき)学生実行委員長(東京工業大学大学院)から、『学生からの提言』として3つのキーワードが提示されました。

■提言1. つながること
■提言2. 継続すること
■提言3. 書を持って旅に出よう!



 学生委員からは、「シンポジウムを行なうことが目的ではなく、これはあくまできっかけのひとつに過ぎない」という声もあり、エコツーリズムをキーワードにして集った学生達が「つながること、継続すること、そして書を持って旅に出ること」という言葉が掲げられました。

 朝から続いたシンポジウム。最後は発表者、学生委員、当日運営を手伝ってくれた学生達、講評を行なった大学関係者、事務局、それに参加者の方々が集った交流会を行ないました。
発表者にあらためて質問をする方、エコツーリズムに関わる仕事をしたいと考えていると相談する学生、著作を読んでぜひ話をしたかったと研究者に質問をする学生・・・多彩な話題が飛び交う歓談の場となっていました。
 
 あらためて、エコツーリズムをキーワードに集まった数多くの皆様にお礼申し上げます。

 最後に、日本エコツーリズム協会学生部会では、あらたなメンバーを募集しています。エコツーリズムに興味のある学生、旅好きな学生、他大学の学生と交流したい学生、ぜひ日本エコツーリズム協会事務局までご連絡ください。お待ちしています。

第2回学生シンポ

■開催概要
【日 時】2011年1月29日(土)10:00~18:40 (交流会19:00~20:30)
【会 場】東京大学 本郷キャンパス(東京都文京区本郷7-3-1)
使用会場: 農学部1号館2階8番教室および弥生講堂アネックス
【参加費】無料
【主催】第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
【事務局】NPO法人日本エコツーリズム協会
【後援】環境省、観光庁、農林水産省
【協賛】株式会社日本航空


■プログラム
10:00~11:00 開場・受付(農学部1号館2階8番教室)
10:00~18:00 学生によるポスターセッション(弥生講堂アネックス)

11:00~12:00(農学部1号館2階8番教室) 
・日本エコツーリズム協会 愛知和男会長、盛山正仁顧問 挨拶
・基調講演「観光立国の柱・エコツーリズム」
田川博己(日本エコツーリズム協会副会長・株式会社ジェイティービー代表取締役社長) 
13:10 学生による研究発表・ワークショップ・講評

【環境】
13:15~13:30 
「シーニックバイウェイ北海道 シーニックの森の取り組み」
向 未悠(札幌国際大学3年)
13:30~13:45 
「エコツーリズムにおけるガイドと研究者の関係 -東京都小笠原村父島を事例に-」
山菅 香 (首都大学東京大学院修士過程2年)
13:45~14:00 
「我が国のエコツーリズムにおけるガイドの環境保全活動についての考察」
武 正憲 (東京大学大学院博士課程3年)
14:00~14:45 ワークショップ・講評

【地域】
15:00~15:15 
「金谷天満宮例祭と地域振興 ~祭りの変遷と地域住民の意識についての一考察~」
金子 沙織(京都光華女子大学4年)
15:15~15:30 
「宮城県石巻市田代島における猫観光の地域的背景 ―人間と猫の関わりに着目して―」
白柳 かさね(首都大学東京大学院修士課程2年)
15:30~15:45 
「市民参加手法による再フレーミングのための参加型プラットフォーム構築 ―「宝探し」と「市民討議会」を事例に― 」
沢田 宣夫(文教大学大学院修士課程2年)
15:45~16:30 ワークショップ・講評

【観光】
16:45~17:00 
「日本のホエールウォッチング産業の将来性を探る」
名生 華子(東京コミュニケーションアート専門学校)
17:00~17:15 
「五感の視点からみた自然観光体験 裏磐梯レンゲ沼・中瀬沼探勝路での「感覚マップ」調査をもとに」
長塚 涼太(立教大学2年)
17:15~17:30 
「地域と環境に貢献するバイオマスツアーの意義と課題 ~岡山県真庭市を事例に~」
中村 真人(桜美林大学3年)
17:30~18:15 ワークショップ・講評

【まとめ】
18:15~18:30 全体講評
18:30~18:35 学生からの提言

【交流会】
19:00~20:30 交流会(弥生講堂アネックス)


■ポスターセッション(全17団体) 弥生講堂アネックスにて開催
【環境】
・日本の大手旅行業においての環境経営への取り組み 
(高田有 富山県立大学短期大学部専攻1年)
・国立公園における観光者の環境保全コスト負担への協力意志の有無とその条件に関する研究 ―小笠原国立公園を題材にして―
(野澤優介 文教大学4年)

【地域】
・住民参加によるインカ道の保全活用に関する参加型農村調査(PRA) ─ペルー国アンカシュ県コンチュコス地域の事例研究─
(大谷博則 奈良大学大学院博士後期過程3年)
・和歌山県における子ども農山漁村交流プロジェクトの取り組み 
(谷脇幹雄 和歌山大学大学院2年)
・都市における農業体験農園の利用形態とその役割―東京都練馬区を事例として―
(飯塚遼 首都大学東京大学院博士前期課程1年)
・日本の農業は観光で生まれ変わる!
(後藤卓 首都大学東京大学院修士課程1年)
・持続可能なまちづくりをめざして 
(工藤裕 札幌国際大学3年)
・「天地人」で町おこし~新潟県の観光への影響~ 
(中野尋香 京都光華女子大学4年)
・地域振興における歴史と文化財の活用とその可能性~大山街道を事例に~
(根本 雅史、富永マリア、荒井一成、美山佑介、木村莉奈、國宗未散 文教大学3年)
・茅ヶ崎北部の活性を目指して ~住民の意識改善のプロセスを中心に~
(小笠原麻結、加藤勇人、相馬祥子、田村真紀、中村友香、羽田英峻、皆川貴広、矢口翠 文教大学3年)
・38度線を越えて~マダンがつなぐもの~
(康あんな 大阪芸術大学4年)
・旅のとば口
(小川佑真 大阪芸術大学4回生)

【観光】
・神津島における島民主体のエコツーリズムのあり方 
(古川裕介 松蔭大学2年)
・新しい持続可能な観光ジオツーリズムに関する実践を通じた考察-糸魚川ジオパークを事例に
(馬場龍一 早稲田大学大学院修士課程)
・小布施町の観光振興
(生田麻紀、遠藤美穂、黒澤梓、沢畠彩花、田中絵美、松野春菜、宗像由顕 文教大学3年)
・新潟県上越市における地域活性化への成功方法
(相葉マナ 文教大学4年)
・観光教育が人に与える影響―パーソナリティとストレスとの関わり―
(中村しほり 文教大学4年)




日本エコツーリズム協会  
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
Tel: 03-5437-3080  fax:03-5437-3081
e-mail: ecojapan@alles.or.jp   
http://www.ecotourism.gr.jp



★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【セミナー】「尾瀬からはじめるエコツーリズム 自然保護の原点から学ぶ」
尾瀬についてのエコツーリズム講座のお知らせが届きました。

「尾瀬からはじめるエコツーリズム 自然保護の原点から学ぶ」開催(東京・3/7~)
ぐんまちゃん家のふるさと講座


尾瀬国立公園は、平成19年8月に「29番目の国立公園」として誕生した、わが国で最も新しい国立公園です。公園の区域は、群馬・福島・栃木・新潟の4県にまたがり、きわめて自然度の高い地域で、尾瀬沼、尾瀬ヶ原に代表される原生自然地域となっています。特に尾瀬ヶ原は、標高1,400メートルに位置する「本州最大の高層湿原」(約760ヘクタール)で、貴重な動植物の宝庫であり、国立公園の特別保護地区に指定されているとともに、文化財保護法により特別天然記念物に指定され保護されています。
 この講座では尾瀬のエコツーリズム、尾瀬の自然保護に加え、尾瀬と麓の地域の自然・文化・歴史、片品村の魅力を広く学びます。


【日 時】 第1回講座(3月7日)~第5回講座(8月1・2日)
全5回開催。バス及び宿泊の手配がありますので、5回全てに出席してください。
【会 場】 ぐんまちゃん家(ぐんま総合情報センター)
東京都中央区銀座5丁目13-19 デュープレックス銀座タワー5/13 2階
http://www.kikaku.pref.gunma.jp/g-info/index.html
【申込締切】 2月21日(月)必着
【詳 細】 http://ozeivent.blog105.fc2.com/blog-entry-207.html
【主 催】 ぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家)、群馬県尾瀬保全推進室
【共 催】財団法人尾瀬保護財団、尾瀬認定ガイド協議会、片品村観光協会




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★全国エコツーリズム学生シンポジウム開催★
環境、観光、地域振興、持続可能型社会などに興味のある学生・一般の方へ。
『第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム』を1月29日に東京大学で開催されました。
詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/10/2-2.html

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【学生シンポ】エコツーリズム情報ブースの準備中!
いよいよ明日にせまった「第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム」
今回は、ポスターセッションが行なわれる東京大学弥生講堂アネックスにて、「エコツーリズム情報ブース」の設置を行ないます。
学生実行委員が作成したエコツーリズムの年表やおすすめ書籍の紹介、エコツアー時の写真の展示や参加レポートを掲示する予定です。

学生シンポ 情報ブース2011
↑用意してきた資料を切り貼りしてパネルに貼っています。

学生シンポ 情報ブース2011
↑テープでとめたり・・・

学生シンポ 情報ブース2011
↑写真の配置を決めたり。

担当学生いわく、「文化祭の準備みたいです」。
参加レポートも手書きでつくるなど、手作り感溢れています。
彼らの力作をぜひご覧ください!

これらが掲示される予定の情報ブースは、29日(土)10:00より東京大学農学部弥生講堂アネックスにてご覧いただけます。
基調講演、研究発表は11:00から農学部1号館2階8番教室で行なわれますが、その間も掲示していますので、お昼時間や休憩時などにお立ち寄りください。

「第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム」は、
1月29日(土)11:00(受付10:00開始)より、東京大学本郷キャンパスにて開催されます。
当日のプログラムについては、下記をご覧ください。
>>第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム概要<<













★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

会員の方が富士山エリアでの観光誘致ポスターで紹介されています!
日本エコツーリズム協会会員で、環境省の第5回エコツーリズム大賞優秀賞を受賞したこともある「富士山登山学校
ごうりき」
の近藤さんからお知らせが届きました。

ごうりきポスター
(提供 富士山・富士五湖観光圏整備推進協議会)

このたび、富士山エリアでの観光誘致ポスターのイメージキャラクターに採用されたそうです。
雲海を背景にした、とても素敵なポスターです。
このポスターは関東各地の道の駅などや、東京、大阪などでも掲示されるそうです。
みかけたら、ぜひ右下のコラムも読んでみてください。

富士山・富士五湖観光圏整備推進協議会とは・・・

平成20年10月、国土交通省より、富士五湖一帯で「富士山・富士五湖観光圏整備地域」の認定を受けました。山中湖村・忍野村・西桂町・富士吉田市・富士河口湖町・鳴沢村の6市町村と観光関連事業者等が連携して富士五湖周辺の“観光圏”を形成し、誘客や滞在促進に広域で取り組み、長期滞在につながる観光地づくりを推進しています。





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【セミナー】エコツアーガイドセミナー(下呂学セミナー)開催
■エコツアーガイドセミナー(下呂学セミナー)ご案内■

20100328_gero_02_300[1]

 岐阜県下呂市内にある自然環境、素材を観光資源として行くためには、ガイド団体などの受け入れ態勢を整備するとともに、市内の観光事業者がエコツーリズムについて共通認識を持ち、持続的な観光地づくりを意識した取り組みを、それぞれ情報交換しながら行なっていくことが必要です。
 同時に、観光地としての魅力を更に向上させるには着地型観光の充実が不可欠と考えられ、官民一体となった受入態勢の整備も必要と考えます。 
 つきましては、エコツーリズムに関する講習会並びにガイド技術の向上を目的に、下記日程により講習会を開催しますので、皆様のご参加をお願い申し上げます。 

【日 時】 2011年2月11日(金・祝)13:00~17:00、12日(日)9:00~15:00
【場 所】 ふれあいセンター 3階会議室(下呂市役所前)
岐阜県下呂市森96
【定 員】 40名
【主 催】 下呂市地域雇用創造協議会
【協 力】 日本エコツーリズム協会


【カリキュラム】 
■2月11日(金・祝)13:00~17:00
1)講 師: 真板昭夫氏(京都嵯峨芸術大学芸術学部教授)
テーマ: 「日本型エコツーリズムによる地域おこし」
2)講 師: 加藤 誠氏((株)ジェイティービー旅行事業本部地域交流ビジネス推進部長)
テーマ: 「着地型観光のすすめ」

■2月12日(日)9:00~15:00 
9:00~10:00 ガイド技術講座(自然解説の組立など: その後 小坂へ移動)
11:00~15:00 ガイド実践講座(滝めぐり、途中昼食)
講 師:
松田光輝氏((株)知床ネイチャーオフィス代表 (北海道知床))
東 法彦氏((株)ピッキオ インタープリター(長野県軽井沢))
井上 基氏((株)ピッキオ インタープリター(長野県軽井沢))

第2日目、小坂への移動は下呂市地域雇用創造協議会でバスを準備します。
講習会は野外開催となりますので、暖かい服装でお願いします。
12日の昼食は各自持参か、事前にご注文をいただければ用意が可能です。(料金は11日に徴収)

【お問合せ・お申込】
下記項目を記載のうえ、下呂市地域雇用創造協議会までお申込ください。
1)氏名(フリガナ)
2)住所
3)電話番号
4)(可能であれば)e-mailアドレス
5)年齢
6)性別
7)所属
8)セミナーに期待すること、訊きたいこと


<送付先>下呂市地域雇用創造協議会 
tel/fax: 0576-25-5215
e-mail: gerokoyou@eco.ne.jp







★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【学生シンポジウム】取材申込について【プレス向け】
今週土曜日、東京大学で開催される「第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム」への取材受付を行っています。
当日の取材をご希望の方、あるいは資料をご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡いただくか、下記より申込書をダウンロードのうえ、ファックスあるいはメールにてお申込ください。

>>全国エコツーリズム学生シンポジウム 当日概要および取材申し込みについて 【プレスリリース】※PDFファイル<<

【お申込・お問合せ】
日本エコツーリズム協会 
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
Tel: 03-5437-3080
e-mail: ecojapan@alles.or.jp   
http://www.ecotourism.gr.jp

■プログラム(予定・敬称略)
10:00~11:00 開場・受付(農学部1号館2階8番教室)
10:00~11:00 学生によるポスターセッション(弥生講堂アネックス)
※受付を終えられたら、ポスターセッションをご覧ください! 
基調講演会場とポスターセッション会場は別会場ですが、歩いて2,3分程度です。

【研究発表開会】
11:00~12:00  
日本エコツーリズム協会 愛知会長挨拶
・基調講演「観光立国の柱・エコツーリズム」
田川博己(株式会社ジェイティービー代表取締役社長・NPO法人日本エコツーリズム協会副会長) 
(農学部1号館2階8番教室)
13:10 学生による研究発表・ワークショップ・講評(農学部1号館2階8番教室)

【環境】
13:15~13:30 
「シーニックバイウェイ北海道 シーニックの森の取り組み」
向 未悠(札幌国際大学3年)
13:30~13:45 
「エコツーリズムにおけるガイドと研究者の関係 -東京都小笠原村父島を事例に-」
山菅 香 (首都大学東京大学院修士過程2年)
13:45~14:00 
「我が国のエコツーリズムにおけるガイドの環境保全活動についての考察」
武 正憲 (東京大学大学院博士課程3年)
14:00~14:45 ワークショップ・講評
14:45~15:00 >>休憩<<

【地域】
15:00~15:15 
「金谷天満宮例祭と地域振興 ~祭りの変遷と地域住民の意識についての一考察~」
金子 沙織(京都光華女子大学4年)
15:15~15:30 
「宮城県石巻市田代島における猫観光の地域的背景 ―人間と猫の関わりに着目して―」
白柳 かさね(首都大学東京大学院修士課程2年)
15:30~15:45 
「市民参加手法による再フレーミングのための参加型プラットフォーム構築 ―「宝探し」と「市民討議会」を事例に― 」
沢田 宣夫(文教大学大学院修士課程2年)
15:45~16:30 ワークショップ・講評
16:30~16:45 >>休憩<<

【観光】
6:45~17:00 
「日本のホエールウォッチング産業の将来性を探る」
名生 華子(東京コミュニケーションアート専門学校)
17:00~17:15 
「五感の視点からみた自然観光体験 裏磐梯レンゲ沼・中瀬沼探勝路での「感覚マップ」調査をもとに」
長塚 涼太(立教大学2年)
17:15~17:30 
「地域と環境に貢献するバイオマスツアーの意義と課題 ~岡山県真庭市を事例に~」
中村 真人(桜美林大学3年)
17:30~18:15 ワークショップ・講評

【まとめ】
18:15~18:30 全体講評
18:30~18:35 学生からの提言

【交流会】
19:00~20:30 交流会(弥生講堂アネックス)

※学生による研究発表中も、ポスターセッション会場は開場しています。
ご自由にご覧ください。


■ポスターセッション(全17団体) 弥生講堂アネックスにて開催
【環境】
・日本の大手旅行業においての環境経営への取り組み 
(高田有 富山県立大学短期大学部専攻1年)
・国立公園における観光者の環境保全コスト負担への協力意志の有無とその条件に関する研究 ―小笠原国立公園を題材にして―
(野澤優介 文教大学4年)

【地域】
・住民参加によるインカ道の保全活用に関する参加型農村調査(PRA) ─ペルー国アンカシュ県コンチュコス地域の事例研究─
(大谷博則 奈良大学大学院博士後期過程3年)
・和歌山県における子ども農山漁村交流プロジェクトの取り組み 
(谷脇幹雄 和歌山大学大学院2年)
・都市における農業体験農園の利用形態とその役割―東京都練馬区を事例として―
(飯塚遼 首都大学東京大学院博士前期課程1年)
・日本の農業は観光で生まれ変わる!
(後藤卓 首都大学東京大学院修士課程1年)
・持続可能なまちづくりをめざして 
(工藤裕 札幌国際大学3年)
・「天地人」で町おこし~新潟県の観光への影響~ 
(中野尋香 京都光華女子大学4年)
・地域振興における歴史と文化財の活用とその可能性~大山街道を事例に~
(○根本 雅史、富永マリア、荒井一成、美山佑介、木村莉奈、國宗未散 文教大学3年)
・茅ヶ崎北部の活性を目指して ~住民の意識改善のプロセスを中心に~
(○小笠原麻結、加藤勇人、相馬祥子、田村真紀、中村友香、羽田英峻、皆川貴広、矢口翠 文教大学3年)
・38度線を越えて~マダンがつなぐもの~
(康あんな 大阪芸術大学4年)
・旅のとば口
(小川佑真 大阪芸術大学4回生)

【観光】
・神津島における島民主体のエコツーリズムのあり方 
(古川裕介 松蔭大学2年)
・新しい持続可能な観光ジオツーリズムに関する実践を通じた考察-糸魚川ジオパークを事例に
(馬場龍一 早稲田大学大学院修士課程)
・小布施町の観光振興
(○生田麻紀、遠藤美穂、黒澤梓、沢畠彩花、田中絵美、松野春菜、宗像由顕 文教大学3年)
・新潟県上越市における地域活性化への成功方法
(相葉マナ 文教大学4年)
・観光教育が人に与える影響―パーソナリティとストレスとの関わり―
(中村しほり 文教大学4年)







★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【テレビ】「共有の森ファンド」「ワリバシファンド」紹介
急ではありますが、本日夜に放送される、テレビ東京「ガイアの夜明け」にて、株式会社トビムシが取り組んでいる「共有の森ファンド」、「ワリバシファンド」が紹介されます。

【番組名】日経スペシャル ガイアの夜明け
【放送日時】 1月25日(火) 22:00から
【放送局】 テレビ東京

※株式会社トビムシ: 日本での森林づくりや、産業としての林業の振興に取り組んでいる企業。
東京の秋葉原の廃校を利用した施設(3331アーツ千代田)に本社を持ち、都会の人が木に触れる機会の提供や、地域に経済的な還元を行なうためのバイテン(売店)を併設。バイデンでは、ショールームや物販機能だけではなく、イベントや商品開発を積極的におこない、大切な地域の宝ものと都市に集まるたくさんの人々の想いと知恵と技術を重ね合せている。

(昨年事務所にお邪魔したのですが、木をふんだんに使った事務所はとても落ち着く空間でした。3331内では、芸術展も開かれていて、都会の中で落ち着けるスペース、というところでした。)



ところで。
秋葉原で歩行者天国が再開されましたね。
さっそく日曜日にいってきたのですが、こちらのゲーセンから道路を渡った向かいのゲーセンへ渡り歩けるので、非常に快適でした。
ガチャポン会館も相変わらず素敵な空間でした。すばらしい。


★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

長崎県対馬市で生物多様性保全担当のスタッフを募集
★長崎県対馬市上県地域活性化センターからのお知らせが届きました★

下記サイトより引用します。

長崎県対馬市では、対馬への移住、離島振興や自然環境保全等に関心を持つ都市住民を、島おこしの新たな担い手=「対馬市島おこし協働隊員」として、積極的に受け入れることになりました。
 島暮らし、離島振興、ツシマヤマネコなど自然環境の保全に関心がある、熱意あふれる皆様の応募をお待ちしています。
 1月27,28日には東京都内で、募集の説明・相談会を開催します。積極的な参加をお待ちしております。

【仕事・業務内容】
特定の重点分野に業務を絞り込み、人材を公募します。都市部の熱意のある人材が、持てる専門性や経験を活かし、明確な使命感を持ちながら業務に携わることで、島おこし施策の強化・充実化を図ります。また、移住した隊員が、島に、新しい文化・技術・知識・発想・人脈・情報等を持たらし、活性化の契機になると期待しています。

(1)生物多様性保全担当(1名)
・絶滅が危惧されるツシマヤマネコ(国内希少野生動植物種・絶滅危惧IA類・国指定天然記念物)、対州馬(日本在来馬8馬種の1つ)をはじめとする自然資源の保全活動。特に、「種の保存に資するための活用方法」を検討し、産業振興・雇用創出に結びつくような施策の企画立案・連絡調整を行う

(2)島デザイナー(1名)
・埋もれた資源の魅力発掘と活用方法の企画立案
・特産品・商品開発を行う上でのデザイン・プロデュース支援
・島の美しい農山漁村景観の保全・形成・活用デザイン

(3)レザークラフトで島おこし担当(1名)
・有害鳥獣(イノシシ、シカ)の有効活用に関する企画立案
・皮革製品の商品化・ブランド化の事業可能性調査、皮革製品の試験的製作・販売
・皮革文化の普及啓発活動の企画

(4)薬草で島おこし担当(2名)
・山草野草の調査研究、採取、薬草リストの作成
・薬草の試験栽培、栽培技術の確立及び普及活動
・薬草の市場動向調査、漢方関連会社・研究機関等との連絡調整


【詳細】 平成23年度 対馬市「島おこし協働隊員」募集要項:対馬市オフィシャルホームページ

お問い合わせは下記へお願いします。
■対馬市上県地域活性化センター地域支援課 (担当;前田氏)
〒817-1602
長崎県対馬市上県町佐須奈甲567番地3
(上県地域活性化センター地域支援課内 島おこし協働隊事務局)
TEL:0920-84-2311 (代表)
URL:http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/index.html 









★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

「モニターツアーの造成によるニューツーリズムの推進に関する調査事業」の採択案件が決定(観光庁)
観光庁が国内観光需要の喚起を図ることを目的に、「モニターツアーの造成によるニューツーリズムの推進に関する調査事業」を実施しています。
 本事業は、地域の発案に基づき、地域活性化に資する旅行商品のモニターツアーを企画・造成し、合わせて、参加者や関係者へのアンケート等を実施することにより、再来訪の意向や消費額等の経済効果を調査し、効果検証を行うものです。
 モニターツアーについて、昨年12月24日から1月7日まで公募が行われ、67件が採択されました。
エコツーリズム関係のツアーがかなりありますした。下記サイトより資料(pdf)にてご覧いただけます。

>>「モニターツアーの造成によるニューツーリズムの推進に関する調査事業」の採択案件が決定<<








★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

2010-2011 年末年始の旅行動向調査(フォートラベル)
フォートラベル株式会社による「2010-2011 年末年始の旅行動向調査」がオンラインで発表されています。
調査対象はフォートラベルのユーザ、母数は1031件です。

国内・海外旅行の手配の方法、平均日数、費用などが発表されています。
詳しくは下記サイトにてご覧いただけます。

フォートラベル「2010-2011 年末年始の旅行動向調査」








★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★全国エコツーリズム学生シンポジウム 発表順決定★
いよいよ来週に迫った「第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム」。
開催が迫るにつれ、驚かされるのが学生さんたちのレベルの高さと熱心さ!
学生実行委員の様子を見ていると、資料作成も、展示物の準備も、当日の人員配置も、その内容といい手際といい、とても熱心に、かつ丁寧にやっています。この学生さんたちのレベル高すぎだろ・・・と彼らの準備風景をみてはびっくりしています。
こういった実行委員達が、裏方で準備をしていてくれているシンポジウム。当日の開催が楽しみです。

ところで、研究発表のタイムスケジュールが出ましたのでお知らせします。
ワークショップも開催予定です。
学生の他、一般、中高生の参加も歓迎です。
ぜひお越しください★


■プログラム(予定・敬称略)
10:00~11:00 開場・受付(農学部1号館2階8番教室)
10:00~11:00 学生によるポスターセッション(弥生講堂アネックス)
※受付を終えられたら、ポスターセッションをご覧ください! 
基調講演会場とポスターセッション会場は別会場ですが、歩いて2,3分程度です。

【研究発表開会】
11:00~12:00  
日本エコツーリズム協会 愛知会長挨拶
・基調講演「観光立国の柱・エコツーリズム」
田川博己(株式会社ジェイティービー代表取締役社長・NPO法人日本エコツーリズム協会副会長) 
(農学部1号館2階8番教室)
13:10 学生による研究発表・ワークショップ・講評(農学部1号館2階8番教室)

【環境】
13:15~13:30 
「シーニックバイウェイ北海道 シーニックの森の取り組み」
向 未悠(札幌国際大学3年)
13:30~13:45 
「エコツーリズムにおけるガイドと研究者の関係 -東京都小笠原村父島を事例に-」
山菅 香 (首都大学東京大学院修士過程2年)
13:45~14:00 
「我が国のエコツーリズムにおけるガイドの環境保全活動についての考察」
武 正憲 (東京大学大学院博士課程3年)
14:00~14:45 ワークショップ・講評
14:45~15:00 >>休憩<<

【地域】
15:00~15:15 
「金谷天満宮例祭と地域振興 ~祭りの変遷と地域住民の意識についての一考察~」
金子 沙織(京都光華女子大学4年)
15:15~15:30 
「宮城県石巻市田代島における猫観光の地域的背景 ―人間と猫の関わりに着目して―」
白柳 かさね(首都大学東京大学院修士課程2年)
15:30~15:45 
「市民参加手法による再フレーミングのための参加型プラットフォーム構築 ―「宝探し」と「市民討議会」を事例に― 」
沢田 宣夫(文教大学大学院修士課程2年)
15:45~16:30 ワークショップ・講評
16:30~16:45 >>休憩<<

【観光】
6:45~17:00 
「日本のホエールウォッチング産業の将来性を探る」
名生 華子(東京コミュニケーションアート専門学校)
17:00~17:15 
「五感の視点からみた自然観光体験 裏磐梯レンゲ沼・中瀬沼探勝路での「感覚マップ」調査をもとに」
長塚 涼太(立教大学2年)
17:15~17:30 
「地域と環境に貢献するバイオマスツアーの意義と課題 ~岡山県真庭市を事例に~」
中村 真人(桜美林大学3年)
17:30~18:15 ワークショップ・講評

【まとめ】
18:15~18:30 全体講評
18:30~18:35 学生からの提言

【交流会】
19:00~20:30 交流会(弥生講堂アネックス)

※学生による研究発表中も、ポスターセッション会場は開場しています。
ご自由にご覧ください。









★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

クラブオーストラリアQLD大洪水復興支援チャリティイベント開催のお知らせ
日本エコツーリズム協会理事の小林寛子さん(在オーストラリア、プロマークジャパン代表)から、オーストラリアの洪水に関してチャリティイベントを行うお知らせが届きましたのでお知らせします。
(※QLD=クイーンズランド州)

【クラブオーストラリア・QLD大洪水復興支援チャリティーイベント緊急開催のお知らせ】

報道でご存知の通り、オーストラリアQLD州で起こった大洪水のために現地では多くの方が被災されています。
クラブオーストラリアでは、以下の日程で緊急のチャリティーイベントを開催いたします。
募金活動と合わせてQLDの魅力についてもご紹介します。
被災したQLDの経済を支える観光にとっては、現地に行っていただくのも大切な支援となります。
当日は、現地とのスカイプ生中継も予定しております。
また、最近注目のフェイスブックをはじめとするソーシャルメディアの疑問に答えるミニセミナーも同時開催。
チャリティーオークションなどもあります。お知り合いをお誘い合わせの上、ご参加ください。
皆さまのご協力をお願いいたします。

【日 時】 1月28日(金曜日)午後7時半(開場7時)~9時半(閉館10時)
【場 所】 東京都新宿区西新宿7-14-6 西新宿第2高橋ビル3F
【会 費】 1500円 (簡単なスナック、飲み物のみご用意しております。)
※ドリンク類、食べ物などは、持ち込みが可能です。
【詳 細】 http://www.clubaustralia.jp/2011/01/1802
Facebookファンページ:http://www.facebook.com/ca.floodaid 






★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

「海洋生物多様性保全戦略(案)」に対する意見募集(パブリックコメント)について(環境省)
1月20日付けで、環境省よりパブリックコメントの報道発表がありました。以下引用します。

■「海洋生物多様性保全戦略(案)」に対する意見募集(パブリックコメント)について(お知らせ)■

環境省では、海洋の生物多様性の保全及び持続可能な利用について基本的な考え方と施策の方向性を示すため、「海洋生物多様性保全戦略」の作成を進めています。これまで、専門家、関係省庁の協力のもと、海洋生物多様性保全戦略専門家検討会を開催し、戦略案の検討を進めて参りました。
 本案について、広く国民の皆様から御意見を募集するため、平成23年1月20日から平成23年2月10日までの間、意見の募集(パブリックコメント)を行います。

1.意見募集の対象
海洋生物多様性保全戦略(案)
2.意見募集期間
平成23年1月20日(木)~平成23年2月10日(木)(必着)
3.意見の提出方法
 御意見は、下記[1]~[4]までを御記入の上、郵送・ファクシミリ・電子メールのいずれかの方法で、下記[5]の提出先まで御提出ください。
[1]氏名(企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名) [2]住所 [3]電話番号又はメールアドレス [4]御意見(意見ごとに下記事項を記載)
・意見の該当箇所(ページ・目次項目等)
・意見の要約(意見内容は簡潔に記載)
・意見及び理由(意見の根拠となる出典等があれば添付又は併記)
[5]提出先
○郵送:環境省 自然環境局 自然環境計画課
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
○FAX:03-3591-3228
○電子メール:shizen-keikaku@env.go.jp
※電子メールの場合は、件名に、「海洋生物多様性保全戦略(案)に対する意見」と記載ください。
また、氏名・連絡先は必ず本文中に記載願います)
4.注意事項
○御意見は、日本語で御提出ください。
○電話での御意見は受け付けておりません。
○御意見に対する個別の回答はいたしかねますので、あらかじめ御了承ください。
○いただいた御意見については、意見提出者名、住所、電話番号、FAX番号及び電子メールアドレスを除き公開する場合があることを御承知おきください。
○締切日までに到着しなかったもの、上記意見の提出方法に沿わない形で提出されたもの及び下記に該当する内容については無効といたします。
・個人や特定の団体を誹謗中傷するような内容
・個人や特定の団体の財産及びプライバシーを侵害する内容
・個人や特定の団体の著作権を侵害する内容
・法律に反する意見、公序良俗に反する行為及び犯罪的な行為に結びつく内容
・営業活動等営利を目的とした内容
5.閲覧又は入手の方法
○環境省ホームページのパブリックコメント欄(http://www.env.go.jp/info/iken.html)を参照ください。
○環境省自然環境局自然環境計画にて配布
(東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 26 階)
○郵送により入手を希望する場合は、返送先を宛名に明記し200円切手を貼付した返信用封筒(A4版が入るもの)を同封し、意見提出先まで送付してください。



詳細については下記環境省の該当ページをご覧ください。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13389













★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【youtube】環境省動画チャンネル
(=゚ω゚)ノ みなさまお元気ですか。

たまに、「なんでJES(日本エコツーリズム協会)はtwitterアカウント持ってないの?」「サイトで動画を見られるようにすればいいのに」というお言葉をいただきます。
ご意見をありがとうございます!
どうも中にいると、自分達に足りないものがうまく見えてこないときがあるんですよね・・・。
そういうときに、会員の方やいつもブログ・サイトをご覧になっていただいている方からのコメントをいただくとうれしいです。
この間も、エコツーリズム関係の方を、その方とお会いしたいと思っていらした方にご紹介したことがあったのですが、それについてお礼のお電話を頂いたことがありました。
こういうことは多くあるわけではないのですが、それはそれで、とても嬉しい出来事でした。

だがしかし!!
twitterのアカウントは獲得しました!
ここだ!!(えらそう) ⇒http://twitter.com/jes_students
まあ正確には「日本エコツーリズム協会 学生部会」のアカウントだけどネ! だからツイートも学生さんがしてるけどネ!(たまに職員が割り込む)
しかしtwitterサイトが重いのは、こちらのPCのせいなのだろか。やはりそうか。
ということでフォローしてくださいな。たまにしかツイートが出てこないのはご愛嬌★

そしてもうひとつ、動画ですが、いまのところ「動画のストック」はあるくせにその動画を「公開」はまだしていないんですよね・・・いつかしたいところだ。いつかっていつだ、という問に対しては「しばし待て」と。
ところでエコツーリズム関連の動画がネットで見られるんですよ。というか、環境省がyoutubeで動画チャンネルを持ってるんです。
>>環境省動画チャンネル【youtube】<<
右側の検索窓に「エコツーリズム」と入れて検索ボタンを押すと、関連動画が出てきます。
他にも色々でているんで、お時間あるときにぜひ。

それではまた後日~!!









★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

2月のエコツーカフェは『天体と旅について(仮)』です!
ちょっと間があいてしまいましたが、今年初☆の「エコツーカフェ」を2月24日に開催します
2011年初の「エコツーカフェ」は、いままでの国や地域のご紹介からちょっと変更し、テーマに沿った旅の楽しみ方をご紹介しようと思います。
お話をしてくださるのは、元・国立天文台の職員さん。そして実際に都内などで史跡探訪などのツアーをされているかたの2名の予定です。天体の専門家と、実際にツアーをしている方によるお話。
いろいろな方の「興味があること」をいかに「ツアーとして商品化していくか」という話ももしかしたら聞ける・・かも? 
現時点では「光害」のお話を入れていただくようお願いしています。街の明かりが強すぎて、夜空の星が見えにくくなっている、というお話。
でも一番のメインは、昨年6月の小惑星探査機「はやぶさ」の映像でしょうか。
まだお席がありますので、星、天体、はやぶさ、夜空、「宙のまにまに」が好きな方、歓迎です☆
一般だけでなく、高校の天文部の方もいかがでしょう? ご予約お待ちしてます☆

2011年2月24日(木)18:30~20:00(開場18:00) 
 『天体と旅のはなし(仮)』

2010年6月、7年の旅を終え小惑星探査機「はやぶさ」が帰還し、カプセルをオーストラリアの地に放出しました。今回のエコツーカフェでは、初めて国や地域以外のテーマを取り上げ、はやぶさが帰還してきたときの様子や、星に関係するツアーのご紹介、光害についてなどのお話を、専門の方にしていただきます。はやぶさがカプセルを放出したときの色から何が分かるのか? 近々みられる天体ショーは? などなど、様々なお話をしていただく予定です。
※2011年1月のエコツーカフェは、全国エコツーリズム学生シンポジウム開催のためお休みです。

【参加費】1,000円(軽食・資料付) 【定員】25名 
【会場】Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 )
【対象】どなたでも
【主催】 日本エコツーリズム協会        
【後援】日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、所属、連絡先、このイベントを知ったきっかけ、(もしあれば)当日聞きたい話
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 
にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

アラスカの河内さんがTV番組で取り上げられます
昨年、「JESフォーラム」や「エコツーカフェ」でアラスカのお話をしてくださった、アラスカ在住のエコツアーガイド・河内さん。
その河内さんから、明日放送のTV番組で取り上げられるというお知らせが届きました。
明日1月20日(木)放送のTBS「スパモク 世界の果ての日本人!~ここが私の理想郷~ 」という番組です。
オーロラの様子も放送されるのでしょうか? お時間に都合のつく方、ぜひご覧ください!

★河内牧栄さんは、NATURE IMAGE/ネイチャーイメージという事務所を立ち上げアラスカでガイドをしていらっしゃいます。「地球の歩き方」にも寄稿をされています。
⇒昨年のJESフォーラムの様子
⇒昨年のエコツーカフェの様子。東京のエコツーカフェ京都のエコツーカフェ







★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第5回 日本・モンゴル環境政策対話の開催について(環境省)
急ですが、明日20日に東京都内で「第5回 日本・モンゴル環境政策対話」が開催されます。
議題として、主に下記の4つが挙げられています。

○議題:以下に関する日本・モンゴル間の環境協力について議論する予定
・エコツーリズム
・気候変動対策
・生物多様性保全
・JICA事業  他


モンゴルのエコツーリズムについての取組みについては、昨年エコツーカフェでも取り上げましたが、その件含め情報があるかと思いますので、ご都合のつく方はどうぞ。

日時: 平成23年1月20日(木) 10:00~15:30
場所: 三田共用会議所(東京都港区)

詳細: http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13379




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

学生シンポの打ち合わせの様子
1月29日開催の「第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム」のファシリテーター説明会がありました。
当日は発表についてワークショップを行なう予定ですが、そこで各グループに入ってもらう予定です。
2回に分けて説明会を行い、昨日はその1回目を開催しました。

学生実行委員長や実行委員、日本エコツーリズム協会事務局職員も加わり、来週の開催に向けて着々と準備をしていっています。

発表聴講の申し込みも連日頂いています。学生だけでなく、一般の方からのお申込も歓迎です。
ワークショップも予定しているため、できるだけ事前のご予約をお願いします。
(当日参加も可能です。)

20110118_st.jpg


★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

環境関係の活動団体への寄付について
寄附という言葉をよくニュースできくようになりました。
関連情報ということで、ちょっとお知らせをしたいと思います。

■JTBえらべるギフト「えこのこえ」
カタログギフトを通じて各地の環境保護活動(水質保全など)を行なっている団体に寄附ができます。
JTBが行なっているため、観光地で活動している団体も寄附先にはいっています。
>>『えこのこえ』についてはこちら<<
bn_econocoe_142_44.jpg

■家電版および住宅版エコポイント
家電屋さんにいくと、エコポイントの看板がたくさんかかっていますね。
期間限定になっていますが、家電を買う⇒エコポイントで還元、というルートの中で、環境活動を行っている団体への寄附も可能になっています。
日本エコツーリズム協会も寄附先団体に登録されていますので、よろしければぜひ。
詳しくは下記をご覧ください。
>>『エコポイント』についてはこちら<<
kaden_ep_01.gif

■エコウォークを通じての寄附
参加料の一部が、その地域の環境保全、文化保全団体に寄付される仕組みになっている「エコウォーク」。楽しく歩くことで、歩いた地域を守ることに参加していることになります。
詳しくは下記をご覧ください。
>>『エコウォーク』についてはこちら<<
header_logo01.gif






★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

名古屋でフェアトレードとエコツーリズムのシンポジウム
今月末、名古屋で「生物多様性と地域開発」と題されたシンポジウムが開催されます。(主催:国際連合地域開発センター UNCRD)
大きなテーマとして、フェアトレードとエコツーリズムが取り上げられますので、お近くの方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

以下引用します。


UNCRD一般公開イベント
「生物多様性と地域開発」
主催:国際連合地域開発センター(UNCRD)
共催:国連センター協力会

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)では、生物多様性の保全に国際社会が協力して取り組む必要性が唱えられました。一方、途上国においては、ミレニアム開発目標(MDGs)の達成に向け、持続可能な開発の推進が求められています。これらの課題の実現に向け、国際連合地域開発センター(UNCRD)では、様々な分野の方々をお招きし、途上国における生物多様性を活かした地域開発にかかわる取り組みの紹介や参加型ディスカッション等を行います。

日時: 2011年1月30日(日) 10:30 - 17:00
場所: 名古屋国際センター アネックスホール
(JR名古屋駅から徒歩7分、又は地下鉄桜通線国際センター下車)
言語: 日本語

◎ 参加費無料、当日参加可、250名程度
◎ 事前申し込みは、メールevent@uncrd.or.jp または、Fax 052-561-9374
◎ 問い合わせ:Tel. 052-561-9381


詳細は下記をご覧ください。pdfにて当日のプログラムも見ることができます。
http://www.uncrd.or.jp/ja/event/others/110130.htm




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

環境省の報道発表その他お知らせ
週が明けましたね。
今週もいろいろありそうですが、どんな週明けを過ごされましたか?
(・・・「週」を「年」に置き換えても使えてしまいそうな文句だな・・・)
一時期ピカピカ動く絵文字を多用していましたが、もうあの派手さに目がちかちかしてきたので、ちょっとおとなしくしようと思います・・・。(めんどくさくなったなんて本当のことはいいませんよ)

■関連ニュースページ更新のお知らせ■
2011年1月からの「エコツーリズム関連ニュース」のページを更新しました。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2011/01/201116.html
個人的に気になるのは、
「1月15日(土): EU gives $15m to develop sustainable tourism(ベトナム) 」ですかね。

■環境省からの報道発表■
報道発表があると各省庁のサイトにて掲載がされますが、その中で気になったものをお知らせしようかと思います。
生物多様性保全活動促進法に関する説明会・意見交換会の開催について(お知らせ)【環境省】
1月26日から各地で上記意見交換会が開催されます。
事前申し込みが必要なので、参加をご希望の方は上記リンクより該当ページをご覧の上、申し込みを行なってください。

「平成22年度 鳥獣被害対策優良活動表彰」受賞者の決定及び表彰式について【農林水産省】
「鳥獣被害対策」ときくと、ネガティブなイメージがあるかと思いますが、各受賞者の対策をぜひご覧になってみてください。pdfにてサイトでみることができます。

あとは福岡県からのお知らせです。
「福岡県森林環境税」を活用した「福岡県森林づくり活動公募事業」について


それではみなさま、今週も当ブログをよろしくお願いします。


・・・
全く関係がないのですが、
「クーザ シルク・ドゥ・ソレイユ」のお知らせというか広報映像をみたのですが、
もうジョジョにしかみえない。どうしよう。






★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

国際エコツーリズム協会
今週の日本エコツーリズム協会の動きですが、第2回全国エコツーリズム学生シンポジウムに関係して、学生実行委員の打ち合わせがありました。
当日のワークショップの開催の仕方や、展示スペースなどの確認を行ないました。
すでに一般や学生の方からも参加(聴講)申し込みをいただいていますが、申込はまだまだ受付けています。
ぜひ日程をご確認のうえ、ご参加検討ください。
概要と発表者のテーマなどは下記からご確認ください。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/10/2-2.html

また、アメリカにある国際エコツーリズム協会の方が、日本エコツーリズム協会事務局にいらっしゃいました。
エコツーリズムに関係する世界の動きや、ヨーロッパで開催されたエコツーリズムの会議についてなどのお話を伺えました。
国際エコツーリズム協会については、下記サイトをご覧ください。

The International Ecotourism Society
responsible travel to natural areas that conserves the environment and improves
the well-being of local people.
http://www.ecotourism.org/



ではみなさま、よい週末を。




★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

オーストラリアの洪水について現地からお知らせ


オーストラリア南東部の大洪水について、クイーンズランド州在住で日本エコツーリズム協会のイベントにも出演していただいたことのあるエコツアーガイド・藤井慶輔さんから、下記サイトをお知らせしてほしいというメールが届きました。

現在、オーストラリア政府が洪水への寄付金を募っています。
詳しくは下記サイトをご覧ください。
(日本語)豪人情報:オーストラリア クイーンズランド州の大洪水に伴う救済支援
写真や動画で現地の情報が伝えられています。
(英語)Donate to the flood relief appeal : Queensland Government

サイトによると、「現時点では、物資やサービスの寄付を受け入れる体制は整っていません。」ということです。インターネットバンクや、小切手の送付を受付けているそうです。また、オンラインで振り込まれる際は、必ずURLが「gov.au」(オーストラリア政府)になっていることを確認して欲しいとのことです。

現地の情報については、藤井さんのブログでも紹介されています。
http://ecotourguidekei.go-jin.com/



クイーンズランド大洪水救済支援にご協力お願いします





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

学生部会委員からのお知らせ
今月29日に東京大学で「第2回エコツーリズム学生シンポジウム」が開催されますが、その準備を行っている、日本エコツーリズム協会学生部会からの活動報告が届きましたのでお知らせします。


■学生部会活動報告■
 学生部会では、2011年1月29日の「第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム」に向けて着々と準備を進めています。
 今回は「エコツーリズム情報ブース」と「twitterアカウント取得」についてご報告いたします。
 「エコツーリズム情報ブース」は、学生シンポジウム当日、エコツーリズム初学者の学生にもエコツーリズムを知ってもらうために基本情報を発信するためのブースを設置するという新しい企画です。ブースでは、エコツーリズムの概要を説明するパネルや学生委員によるエコツアー体験記の展示、エコツーリズム団体のパンフレットの設置などを予定しています。エコツーリズムに関する生の情報を得るだけでなく、エコツーリズムを身近に感じることのできる参加型の展示も用意しています。学生ならではの企画が満載です!
 また今回の学生シンポジウムの開催を機に、twitter上で学生部会のアカウントを取得しました。現在は主に学生シンポジウムの宣伝活動を行っていますが、エコツーリズムに関する情報提供やイベントの告知など、これからの学生部会の活動を通してエコツーリズムを広める場として活用していきます。アカウント名は@jes_studentsです。twitterを利用されている方は是非フォローよろしくお願いします!
このように学生シンポジウムの準備では、今までの企画に加えて新しい取り組みにチャレンジしています。今後の学生部会の活動にご期待ください!
(学生シンポジウム実行委員会学生委員)


1月29日開催の「第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム」。ぜひご参加ください!


★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

生物多様性保全活動の促進に関する検討会(第1回)の開催について(環境省)
環境省からの報道発表に、生物多様性についての検討会開催のお知らせが出ていました。以下引用です。

生物多様性保全活動の促進に関する検討会(第1回)の開催について(お知らせ)

1.日時
平成23年1月19日(水)13:00~15:30

2.場所
中央合同庁舎5号館5階 共用第7会議室
(〒100-8975 東京都千代田区霞ヶ関1-2-2)
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=5549&;hou_id=4917

3.議題
(1)生物多様性保全活動の促進に関する検討会について (2)地域における生物多様性保全活動について (3)地域連携保全活動の促進に関する基本方針の検討について (4)その他


申込方法等は下記の環境省報道発表ページをご覧ください。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13345



★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
学生シンポジウム 発表者が決定しました!
「第2回 全国エコツーリズム学生シンポジウム」の発表者が決定しました

興味ある学生さんの発表がありましたら、ぜひ聞きに来てください
(敬称略)

■研究発表(全9団体)
【環境】
・シーニックバイウェイ北海道 シーニックの森の取り組み
(向未悠 札幌国際大学3年)
・エコツーリズムにおけるガイドと研究者の関係 -東京都小笠原村父島を事例に- 
(山菅香 首都大学東京大学院修士過程2年)
・我が国のエコツーリズムにおけるガイドの環境保全活動についての考察
(武正憲 東京大学大学院博士課程3年)

【地域】
・金谷天満宮例祭と地域振興 ~祭りの変遷と地域住民の意識についての一考察~
(金子沙織 京都光華女子大学4年)
・宮城県石巻市田代島における猫観光の地域的背景 ―人間と猫の関わりに着目して― 
(白柳かさね 首都大学東京大学院修士課程2年)
・市民参加手法による再フレーミングのための参加型プラットフォーム構築 ―「宝探し」と「市民討議会」を事例に― 
(沢田宣夫 文教大学大学院修士課程2年)

【観光】 ○印-主発表者
・日本のホエールウォッチング産業の将来性を探る
(○名生華子、小澤あゆみ、星野直美 東京コミュニケーションアート専門学校)
・五感の視点からみた自然観光体験 裏磐梯レンゲ沼・中瀬沼探勝路での「感覚マップ」調査をもとに 
(長塚涼太、大島徹也、土橋歩美、村越優里 立教大学2年)
・地域と環境に貢献するバイオマスツアーの意義と課題 ~岡山県真庭市を事例に~ 
(○中村真人 他ゼミ学生14名 桜美林大学3年)


■ポスターセッション(全17団体)
【環境】
・日本の大手旅行業においての環境経営への取り組み 
(高田有 富山県立大学短期大学部専攻1年)
・国立公園における観光者の環境保全コスト負担への協力意志の有無とその条件に関する研究 ―小笠原国立公園を題材にして―
(野澤優介 文教大学4年)

【地域】
・住民参加によるインカ道の保全活用に関する参加型農村調査(PRA) ─ペルー国アンカシュ県コンチュコス地域の事例研究─
(大谷博則 奈良大学大学院博士後期過程3年)
・和歌山県における子ども農山漁村交流プロジェクトの取り組み 
(谷脇幹雄 和歌山大学大学院2年)
・都市における農業体験農園の利用形態とその役割―東京都練馬区を事例として―
(飯塚遼 首都大学東京大学院博士前期課程1年)
・日本の農業は観光で生まれ変わる!
(後藤卓 首都大学東京大学院修士課程1年)
・持続可能なまちづくりをめざして 
(工藤裕 札幌国際大学3年)
・「天地人」で町おこし~新潟県の観光への影響~ 
(中野尋香 京都光華女子大学4年)
・地域振興における歴史と文化財の活用とその可能性~大山街道を事例に~
(○根本 雅史、富永マリア、荒井一成、美山佑介、木村莉奈、國宗未散 文教大学3年)
・茅ヶ崎北部の活性を目指して ~住民の意識改善のプロセスを中心に~
(○小笠原麻結、加藤勇人、相馬祥子、田村真紀、中村友香、羽田英峻、皆川貴広、矢口翠 文教大学3年)
・38度線を越えて~マダンがつなぐもの~
(康あんな 大阪芸術大学4年)
・旅のとば口
(小川佑真 大阪芸術大学4回生)

【観光】
・神津島における島民主体のエコツーリズムのあり方 
(古川裕介 松蔭大学2年)
・新しい持続可能な観光ジオツーリズムに関する実践を通じた考察-糸魚川ジオパークを事例に
(馬場龍一 早稲田大学大学院修士課程)
・小布施町の観光振興
(○生田麻紀、遠藤美穂、黒澤梓、沢畠彩花、田中絵美、松野春菜、宗像由顕 文教大学3年)
・新潟県上越市における地域活性化への成功方法
(相葉マナ 文教大学4年)
・観光教育が人に与える影響―パーソナリティとストレスとの関わり―
(中村しほり 文教大学4年)

シンポジウムへの参加申し込みは日本エコツーリズム協会事務局までどうぞ

日本エコツーリズム協会(JES)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
Tel: 03-5437-3080
Fax: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan@alles.or.jp   





★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

「Grazia」で会員の方が紹介されました
講談社から出ている女性向け雑誌「Grazia」の2011年2月号で、日本エコツーリズム協会会員の方のツアーが紹介されました!
★112pにて、NPO法人SHINRAさんのツアーが紹介されています。

Grazia (グラツィア) 2011年 02月号 [雑誌]Grazia (グラツィア) 2011年 02月号 [雑誌]
(2010/12/27)
不明

商品詳細を見る


同誌には、「21世紀への伝言」というコーナーで、日本エコツーリズム協会初代会長の兼高かおるさんの記事も掲載されています。
ぜひご覧ください!



★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

最近のジョナサンさん
一部で人気のジョナサンさんの画像をひさびさにアップしたいと思います。
ほらジョナ。新年のご挨拶。
2010JO.jpg
みかんがおいしい季節ですね。(遠くをみながら)


-----------------------------------


(=゚ω゚)ノ
関東の大学を覚える基準は「箱根を走っているかどうか」になっている地方出身者ですこんにちは。
しかし今年のシード権争いはすごかった。
完全にお昼ご飯を食べ損ねました。
あと東農大の大根踊りも堪能した。
そして一部で話題になっている東洋大学応援団にいたというフリーザ様は、いったいどういうことなのだね・・・?

箱根駅伝をみておりましたら、電気自動車が伴走車として出ていたのですが、見間違いかしら。
あと地元でもプラグインの電気自動車を見かけました。
どこで充電しているのかしら、バスが1日に1本しか通らないような田舎なのに。
EV・pHVタウン構想については、富士山周辺などエコツーリズム関係の地域も入っているので気になるところです。
(え・・・入っていたよね? 不安。)

気にしていけば世の中のあらゆるところでエコツーリズム関係の話のネタを見つけられると思います。
観光振興、地域振興、環境保全をひっくるめた考え方のエコツーリズムは、なかなか広範な可能性を持つ分野じゃないのかしら、と希望的観測を述べてみる。
コンテンツツーリズムも大好きなのですが、今週末(15と16日)に、学園都市マップが多摩市と立川市で配布されるというのでいてもたってもいられません。
アニメでまちおこしがどこまでうまくいくのかはわかりませんが、気にしてみていこうと思います。
え、マップ貰いに行くよ? 

とりあえず、今年のニュースは攻殻の映画をやるということです。
3Dだって。
気になる。気になるついでに観にいく。

ということで、みなさま今年もよろしくお願い致します。






★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/


↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

今年は『国際森林年』です☆
2011年、今年は国連が定めた「国際森林年」です

国際森林年とは・・・(林野庁のHPより)

2011年(平成23年)は、国連が定めた国際森林年(the International Year of Forests)です。国際森林年は、世界中の森林の持続可能な経営・保全の重要性に対する認識を高めることを目的としています。
我が国でも、国際森林年という節目の年に、現在取り組んでいる森林・林業再生や「美しい森林づくり推進国民運動」、途上国の森林保全等に対する国民の理解の促進につなげていくことを目的に、様々な活動を予定しています。


国や民間で様々な取り組みが予定されています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kaigai/2011iyf.html

また、国際森林年の特別賞も観光庁により設定されています。
詳細はこちら⇒http://www.mlit.go.jp/kankocho/news05_000079.html

今年3月に表彰式が行なわれるそうです。
おみやげとなるような国産材商品が対象だそうですが、どんな商品が選ばれるのか楽しみです。






★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/



↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。