≪05  2011-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Spenden für Japan] Gruesse aus Zermatt
[Spenden für Japan]

zermatt_hotelsonnne.jpg

Wir hatten Spenden für Erdbeben in Nordjapan.
Hr und Fr Forster, HOTEL SONNE in Zerimatt, wir danken Ihnen vielmals!

HOTEL SONNE**** superior
ADD Metzggasse 35,
CH3920 Zermatt
SWITZERLAND                 
http://www.sonnezermatt.ch/user/index.php



スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

スイス、ツェルマットのホテルオーナーご夫妻から
世界有数の観光地、スイスのツェルマットでホテルを経営されているオーナーご夫妻から、日本エコツーリズム協会を通じての東北地域支援金を送っていただきました。
ありがとうございます!

zermatt_hotelsonnne.jpg

ホテル・ゾンネのForsterご夫妻。
Leo さんと Käthy さん。
http://www.sonnezermatt.ch/user/
CH-3920 Zermatt. Postfach 121. Switzerland




【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■エコツーカフェ『ロシア・カムチャツカ』
【東京開催】 日本エコツーリズム協会主催
6月30日(木) ※第4木曜日の開催です。 
『ロシア・カムチャツカ』
ゲスト:株式会社ジャパン・エア・トラベル・マーケティング


エコツーカフェロシア

 カムチャッカの手付かずの貴重な大自然では、多くの体験を楽しむことが出来ます。
 希少な高山植物を見ることが出来るフラワーハイキング、火山帯ならではの多くの温泉、雄大な景色を望むことの出来る登山、現地の少数民族との交流、悠久の大河ヴィストラヤ川での川下りと釣り、済んだ空気の生み出す満点の星空、この宝石箱のようなユネスコ世界自然遺産カムチャッカの説明をお楽しみ下さい。

※現地でガイドをされている方にもご登壇いただく予定です。

エコツーカフェロシア

【日 時】 6月30日(木) 18:30-20:00 (開場18:00)
【参加費】1,000円(軽食・資料付) 【定員】25名 
【会場】Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 )
【対象】どなたでも
【主催】 日本エコツーリズム協会        
【後援】日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、所属、連絡先、このイベントを知ったきっかけ、(もしあれば)当日聞きたい話
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp


会場は第三世界ショップ併設のカフェ。テーブルや椅子も全て木製で温かみがあり、エコツーカフェでは、おにぎりセットをみなさまにお出ししています(お味噌汁のかわりにお茶をご提供)。雑穀入りの、とても身体にやさしいメニューです。エコツーカフェ終了後にお店でお買い物もできます。

※資料、お食事はご予約の方優先です。


エコツーカフェロシア










【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第4回エコツーリズム推進方策検討開催のお知らせ(環境省)
第4回エコツーリズム推進方策検討開催のお知らせ(環境省)
(平成23年6月14日発表)

 平成23年6月24日(金)に、第4回エコツーリズム推進方策検討会が開催されます。
傍聴を希望される方は、下記によりお申し込みください。

1.開催日時
平成23年6月24日(金)10:00~12:30

2.開催場所
経済産業省別館10階 1014号会議室
(〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1)
※環境省入居ビルではありません。

3.議題
(1)検討会提言案について
(2)その他

4.傍聴 
検討会は公開です。傍聴を希望される方は、件名に「第4回エコツーリズム推進方策検討会の傍聴希望」と明記し、
【氏名(フリガナ)】
【住所】
【電話番号】
【電子メールアドレスまたはfax番号】
【勤務先または所属団体】
をご記入の上、平成23年6月20日(月)17:00(必着)までに下記の申込先まで電子メールまたはfaxにてお申し込みください。

5.申込先
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
電子メール:Fureai_Prize@env.go.jp
fax: 03-3508-9278

6.申込みに係る留意事項
・複数名の申込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。
・傍聴希望者が多数の場合は、先着順といたします。なお、当選の発表は傍聴券の発送をもって変えさせていただきます。
・こちらからの返信を傍聴券といたします。当日は、傍聴券を印刷の上、ご本人確認できるものと合わせて必ずお持ちください。
・会議の時間は、会場の都合上、若干前後する可能性があることをご了承ください。
・報道関係者の方は、申込の際に「報道関係者」と記載してください。カメラ撮影を希望の場合は、その旨も記載してください。

7.傍聴での留意事項
以下について守られない場合は退場していただくことがあります。
・申込者の代理の傍聴は認めません。
・事務局の指定した場所以外の場所に立ち入ることはできません。
・静粛を旨とし、審議の妨害となるような行為は慎んでください。
・携帯電話等はマナーモードに設定するなどして呼び出し音が出ないようにして傍聴してください。
・審議中に、写真撮影、ビデオ撮影及び録音をすることはできません。
・会議の開始前後を問わず、会議場内において、委員等に対して抗議又は陳情等はお断りします。
・その他、事務局の指示に従うようお願いします。
・カメラ撮りについては、会議の冒頭のみでお願いいたします。

【連絡先】
環境省自然環境局総務課
自然ふれあい推進室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8271)
室長:堀上 勝(内:6419)
専門官:小林 貞成(内:6421)
担当:小野 宏和(内:6422)


★当日の受付業務等をNPO法人日本エコツーリズム協会が担当します。





【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★杏林大学「観光と環境」特別シンポジウムが開催されました【JES後援】
日本エコツーリズム協会も後援した、杏林大学の「観光と環境 特別シンポジウム」の開催お知らせが届きました。

当日の模様は下記リンクからご覧いただけます。

>>杏林大学: 観光と環境 特別シンポジウム<<

【概要】
■開催日 2011年5月14日(土)
■主催 杏林大学外国語学部
■後援 NPO法人日本エコツーリズム協会、(公社)日本環境教育フォーラム、日本航空(株)、(株)ジェイティービー、(株)アマデウス・ジャパン、NPO法人世界遺産アカデミー

1.基調講演「知床でヒグマに出会って思うこと」
 瀬田信哉氏(元環境庁自然保護担当審議官、元国立公園協会理事長)
2.パネルディスカッション「観光と環境のアプローチ」
 パネリスト:遠藤稔氏(環境省皇居外苑、自然公園の保護と利用)
       南正人氏(麻布大学獣医学部講師、観光と野生生物)
       木村太郎氏(株式会社EGGS、エコツアー)
 ファシリテーター:井手拓郎(杏林大学観光交流文化学科講師)







【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/r9qd3yq21bsp

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

「ポケットのコインを義援金へ」in スイス・ツェルマット
「ポケットのコインを義援金へ」in スイス・ツェルマット

日本エコツーリズム協会の山田桂一郎理事が代表を務めるJTIC.SWISSが発起人となって、東日本大震災への義援金としての募金活動が、スイス・ツェルマットで行われています。
その義援金、第一期分が届きましたのでお知らせします。
なお、募金活動は現在もスイス・ツェルマットにて継続されています。

ツェルマット寄付金
Baeckerei Fuchs(フックス パン店)
Fr Sandra and Hr Philipp FUCHS (社長ご夫妻)    
■Fuchs Bistro (Getwingstrasse 店)前にて撮影

ツェルマット寄付金
Baeckerei Fuchs
オーナーのサンドラさん(左)と販売スタッフ   
■Fuchs Kirchstrasse店内にて撮影

ツェルマット寄付金
Hotel Metropol****
Hotel Alfa**
Fr Franziska und Hr Gabriel Taugwalder(両ホテルのオーナーご夫妻)
■ホテル玄関前にて撮影

ツェルマット寄付金
Restaurant STADEL in Zermatt
オーナー Hr Thomas Moor氏(右)と女性スタッフ
■STADELレストラン内にて撮影

【募金箱設置期間】 2011年3月16日~4月26日(計42日間)
【合計募金額】 CHF.1125.75 / スイスフラン(112,575円 / Japanese yen)
【募金箱設置協力】
・Baeckerei Fuchs  http://www.fuchs-zermatt.ch/
・HOTEL METROPOL**** http://www.reconline.ch/metropol/
・HOTEL ALFA**    http://www.reconline.ch/metropol/
・Restaurant STADEL

ツェルマット寄付金
Baeckerei Fuchs
義援金箱設置の様子

※写真はすべてJTIC.SWISS提供
(C)JTIC.SWISS

------------------

aus Zermatt, in der Schweiz, "Beitrag in der Münze der Tashe"
Vielen Dank für:
*Baeckerei Fuchs
*HOTEL METROPOL * * * *
*HOTEL ALFA * *   
*Restaurant STADEL

■Spenden für Japan
Ab 16. März, 2011 bis 26. April(42 Tage in Gesamtsumme)
【Die Menge von Spende in Gesamtsumme】
CHF.1125.75-
(112,575 JPY)








【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

第7回 「エコツーカフェ北海道」 開催報告
5月21日に、北海道札幌市で「エコツーカフェ北海道」が開催されました。
開催報告が届きましたので、お知らせします。

第7回 「エコツーカフェ北海道・ねおすのエコツーリズム」 
ゲストスピーカー:
荒井 一洋 氏(北海道札幌在住)
2011年5月21日(土)昼の部 14:00 ~ 16:0
0 


<当日のタイムスケジュール>
14:00 ~ 16:00
   ゲストスピーカー紹介 
参加者自己紹介
   スライドを見ながら
   おやつタイム
   質疑応答

20110423_ho_400_20110614135253.jpg

第7回目となった「エコツーカフェ北海道」ですが、北海道出身のガイドでありさまざまなエコツアーを手がけてきたNPO法人ねおすの荒井一洋氏にお話を聞きました。
荒井さんは、海外への留学経験を持ち、帰国後は、大雪山自然学校の立ち上げおよび運営に携わりながらNPO法人ねおすのスタッフとしても大雪山だけでなく道内外で活躍されているガイドさんです。

当日は実際のツアー風景や参加者とのやり取りなどの細かな部分までスライド写真を見ながら、お話ししてくださいました。
印象に残った話は、会の冒頭に「自分たちの目指すライフスタイル(自己実現・持続可能)の提案のために自分たちの得意技を使い活動している その手法が自然体験ということです」とはじまり道内のエコツアーの実例をあげ個々のすばらしい部分を丁寧に紹介くださりました。

「どうしたらよいツアーになるかという?」質問には「ツアーの企画段階から終わるまで常に考えている心のシャッターを開けてあげないとどんなに良い物を見せても参加者の心には伝わらないのです。心に響くようなツアー作りを心がけています」と締めくくりました。 

★次回以降の開催が決まりましたら、随時お知らせしていきます。



【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【ツアー】兼高かおる・山田桂一郎と行く!! 「がんばろう福島」応援ツアー
■ツアー企画のお知らせ■
NPO法人 日本エコツーリズム協会(JES)企画

【兼高かおる・山田桂一郎と行く!! 「がんばろう福島」応援ツアー】

この度の震災により風評被害で困っている福島県内の檜枝岐村、裏磐梯を応援するツアーです。
TBS の長寿番組として知られる「兼高かおる世界の旅」の兼高さんと一緒に行き、現地でエコツアーに参加します!
観光で日本を元気にしましょう!

★お申込頂いた本旅行商品の収益の一部(ご旅行代金の3%相当額)を福島県へ寄付致します。

画像 003

■旅行期間: 2011 年7月13 日(水)~7 月15 日(金) 2 泊3 日
■旅行代金: (おとな・こども同額)
お一人様 63,000円(男女別相部屋、3~4 名1 室利用の場合)
◆二人部屋利用追加代金(2泊分)お一人様: 5,000円
◆一人部屋利用追加代金(2泊分)お一人様:12,000円
■添乗員:同行致します
■利用宿泊施設:
7月13日(水) 桧枝岐「旅館ひのえまた」
(和室、定員3~4 名1 室利用)または桧枝岐「かぎや旅館」(和室、定員3~4 名 1室利用)
7月14日(木) 磐梯高原「裏磐梯ロイヤルホテル」
(洋室、3~4名 1室利用)
■食 事 条 件:朝2 回、昼3 回、夕2 回
■ご旅行代金に含まれるもの:貸切バス代、旅行日程に明示した宿泊代・食事代・入場料・ガイド代、添乗員費用
■ご旅行代金に含まれないもの:昼食時飲物代、集合地までの交通費
■最少催行人員:30 名様
■募集人員:60 名様 *募集人員に達した時点で締切となります。
■お申込締切: 6月30日(木)

★詳細は下記お知らせ(pdf)をご覧ください。
>>お知らせ【表面】 <<
>>お知らせ【裏面】<<


201107_Fukushima_Tour_01.jpg

■兼高かおる(東京都港区国際交流協会会長、日本旅行作家協会名誉会長、JES 初代会長)
1959年から1990年にかけて放送された長寿番組「兼高かおる世界の旅」(TBS系)でナレーター、ディレクター兼プロデューサーとして活躍。取材国は約150ヶ国、地球を約180周、1年の半分を海外取材に費やした。

■ 山田桂一郎(JTIC.SWISS 代表、JES 理事、内閣府・国土交通省・農林水産省 認定 観光カリスマ)
「世界のトップレベルの観光ノウハウを各地に広めるカリスマ」として、ヨーロッパにおける環境保全とツアー実施経験を生かし、日本国内の観光振興地域おこし、人材育成、及び環境保全に関する講演会やセミナーで多数講演。地域観光振興のコンサルタントとして様々な事業化を進め、多方面で活動。


<<旅行企画・実施>>
株式会社JTB法人東京
観光庁長官登録旅行業第1767 号
日本旅行業協会正会員
〒163-1066 東京都新宿区西新宿3-7-1
<<お申込み・お問い合わせ>>
JTB法人東京 本社営業部
第五事業部 営業2 課
〒163-1066 東京都新宿区西新宿3-7-1
総合旅行業務取扱管理者:中村 一郎
電話 : 03-5909-8091
fax :03-5909-8101
E メール:t_fukino400@bwt.jtb.jp
担当:佐藤・吹野
営業時間:月~金曜日 9:30-17:30(土日祝日休み)

舞台







【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

小笠原のガイドさん、野田村へ。
JESの支援をうけ、小笠原のガイド、金子さん・島田さんが岩手県野田村で復興支援ボランティアに参加されてきました。
写真を交え、その様子をお知らせします。

【期間】2011年5月22日~26日
【場所】岩手県野田村(岩手県北部)
【報告者】自然体験ガイド・ソルマル(小笠原父島) 金子タカシさん(日本エコツーリズム協会会員)

【金子さんから】

 今回、楠部JES理事にお声を掛けていただき、またJESから旅費交通費の補助をしていただきまして、2名という少人数でしたが小笠原から野田村の支援に参加できたことは、大変良かったと思います。
震災直後から父島では、「未曽有の大災害に見舞われた地域へ何かの支援をしたいが、超遠隔地に住むものとしては出来ることも限られてしまう」と、もどかしく感じている島民の声を少なからず聴いてまいりました。そんな中、遅ればせながら実際に被災地に赴いてお手伝いをさせていただきながら、現地の方々のお話を伺ったりテレビの映像では伝わってこない生の雰囲気(現地の空気)を感じたことは、私にとって大きな糧となりました。

 野田村ではすでに、瓦礫の大部分が撤去・集積されていて「あぁ、かなり片付いているなぁ」というのが第一印象でした。また、お手伝いさせていただいた作業内容も、当初想定していた野外での肉体労働ではなく、支援物資の仕分けや配給の受付窓口など屋内での業務がほとんどでした。

 しかしながら、被災された各家庭からのご要望は非常に多岐に渡り、且つ日々その内容も変化していくようで、そのニーズに応えていく作業は非常に手間と時間がかかるものでした。そのような中、ボランティアに携わる人数はゴールデンウイーク以後はかなり減ってきているとの事。
 今後も多様化していくであろうニーズに対応していくためにはまだまだ人手が必要であり、地域の本格的な復興のためにもまた何かのお手伝いが出来ればと思いました。
 今回のことを元に、これから小笠原でもどんな支援が可能なのか考えていきたいと思っております。

 また、小保内二戸市長をはじめ、岩手県二戸市役所の方々には大変お世話になりなりました。大歓迎していただいたこともとても嬉しかったですし、様々なご支援によりスムーズに現地入りできたことにも感謝いたします。
 10月のエコツーリズム全国大会へ向け、小野寺課長など多くの方々がご尽力されていることも伺い、今後に大きな期待をされているという事で、状況が許せば小笠原からも参加出来ればと思います。
 そして、野田村をはじめ岩手県北部がどのように復興していくのか知りたいと思いました。
 
 現地では、まだまだ復興へ向けての長い活動が必要とされております。今後も我々には何ができるのか、また何が現地で求められているのかを知り、お手伝いできることがあれば積極的にかかわっていきたいと考えております。



【行程】
■5月22日
岩手県二戸駅着、翌日の打ち合わせ・使用車両の引き受け。
■5月23日
二戸市役所にて、小保内市長・小野寺課長らにご挨拶。市役所玄関前での「出陣式」で市長・職員の皆様に盛大に送っていただいた後、野田村へ。
10:30頃 野田村災害ボランティアセンター着。
支援物資の集積場所となっている総合体育館にて、被災家庭向けの日用品を膨大な量の支援物資の中から必要数取り分ける作業に従事。
■5月24日 
9:30頃 野田村災害ボランティアセンター着。
前日より引き続き支援物資の仕分け作業と、新たに各戸への配給米の受付及び引き渡し窓口業務に従事。
15:30終了、二戸市役所へ。
■5月25日 
前日より引き続き、配給米の受付及び引き渡し窓口業務に従事。
小野寺課長と合流後、18:00より地元FM局 「カシオペアFM」の取材。
野田村へ支援活動に入った経緯や現地の様子、二戸市や周辺の印象などについてインタビューを受ける。
■5月26日 
島田・金子 チェックアウト後、8:00宿発。
9:30 野田村ボランティアセンター着。
この日は午前中のみ作業参加の為、「写真保管室」にて瓦礫の中から発見回収されたアルバム類の損傷具合確認と清掃作業に従事。
12:00終了。
お世話になった野田村役場の方やボランティアの方々にご挨拶の後、二戸市役所へ。
小保内市長・小野寺課長をはじめ、お世話になった市職員の方々にご挨拶。二戸駅まで送っていただき、15:08二戸発の新幹線にて東京へ。
■5月31日
小笠原父島へ帰島。

【東北支援】20110522小笠原チーム
瓦礫はかなり片付いているが、それ故に、以前集落があったとは俄かに信じがたい光景。

【東北支援】20110522小笠原チーム
すでに仕分けが終わって、整然と積み上げられた日用品をはじめとする支援物資。

【東北支援】20110522小笠原チーム
ボランティア支援センターから貸し出されるお揃いのウインドブレーカーを着ての作業。

【東北支援】20110522小笠原チーム
津波浸水地域などから回収された写真類を保管・整理している。

【東北支援】20110522小笠原チーム
「天台の湯」で毎日快適に休ませていただき、助かりました。

【東北支援】20110522小笠原チーム
毎日このネームプレートを胸に、作業しました。「負けてたまるか!岩手」



【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。