≪03  2012-04/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★JICA研修でエコツーリズムの講義を受け持ちました★
2012年4月から、約3ヶ月の予定で日本にエコツーリズムを学びに来ている研修生さん達に、エコツーリズムの講義を行いました。
研修生はラオス、インドネシア、スリランカ、サモア、東チモール、キリバス、ソロモン、パラオなどからやってきた面々。
「熱帯・亜熱帯地域におけるエコツーリズム企画・運営」をテーマに、日本各地でエコツーリズム推進のための講義・実習を受ける予定です。

日本エコツーリズム協会が講義をしたのは、日本でのエコツーリズムの歴史や各地の取り組み事例など。
2時間の講義予定でしたが、途中途中で研修生の方からの熱心な質問がいくつもあり、時間が少し押してしまったほど。

全体の受入を担当されたのは、沖縄の団体さんですが、いくつも講義が設定されたうち、日本エコツーリズム協会がそのうちの一つを担当させていただいたのはありがたい限りです。

これから日本エコツーリズム協会もますます国際化(?)に磨きがかかってくるかもしれません。
会員の方はじめ、これからエコツーリズムに関わっていきたい、興味がある、という皆様からのご支援・ご協力に感謝をし、これからも活動していきたいと思います。

↓講義終了後、研修生の皆さんと。
IMG_1349-001.jpg





【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

tag : JICA 国際 国際協力 環境教育 エコ エコツーリズム 観光 環境

第2回「わたしのとっておきエコツアー!」 写真コンテスト開催!
あなたのワンショットお待ちしています! <最優秀賞には一眼レフデジカメプレゼント!>

第2回「わたしのとっておきエコツアー!」 写真コンテスト開催!

日本エコツーリズム協会では「わたしのとっておきエコツアー!」と題してエコツアー写真コンテスト第2弾を実施します。
エコツアーに参加して地域の自然や歴史、文化にふれあった時の喜びや感動、発見した瞬間のあなたのワンショットを募集します。
ご応募いただいた写真は、日本エコツーリズム協会の会報に掲載したり、HP、取材対応時のメディアへの提供など、様々な場面でエコツーリズムの普及に使用させていただきます。
感動の瞬間に出会った時の最高の笑顔をお待ちしています。

【応募要項】
応募者の住所、氏名、電話番号、発表時に記載される場合のハンドルネーム(本名を希望しない場合)、参加したツアーの名称・時期・内容・ツアー主催者名・ツアーの思い出(200字以内)を下記の宛先まで送ってください。
■メールでのご応募:  ecojapan@alles.or.jp
メールの件名には「エコツアー写真コンテスト応募」とお書き下さい。複数作品を応募する場合は、作品ごとに別のメールでお送りください。
■郵送でのご応募: 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F 日本エコツーリズム協会 「エコツアー写真コンテスト係」までお送りください。
応募作品は返却いたしません。

【締切】 2012年11月30日(金) 当日消印有効
【審査】 動物写真家 田中光常先生ほか
【お問合せ】 日本エコツーリズム協会 メール: ecojapan@alles.or.jp 電話:03-5437-3080
【発表】 2012年12月頃に日本エコツーリズム協会HPでの発表を予定しています。

【応募条件】
・最大サイズは2048×1536(1536×2048)ピクセルでファイル形式はJPEGでお願いします。携帯電話のカメラで撮った写真も可です。
・日本エコツーリズム協会会員・非会員、プロ・アマ、国内・海外を問いませんが、応募できる作品は、ご自身が撮影した未発表の作品、他コンテストに応募していない作品に限らせていただきます。
・応募対象はエコツアー参加時の写真。エコツアーとは、ガイドが付き自然や歴史、文化とのふれあいを主要テーマとしたツアーや体験プログラムなど。
・ご自分以外の写真を応募する際は、必ず被写体となっている人のご了承を得てください。日本エコツーリズム協会は、肖像権その他に関するトラブルに関して、一切の責任を負いません。
・ 応募作品の著作権は、撮影者に帰属します。ただし、日本エコツーリズム協会は「エコツーリズム」普及の目的で制作する印刷物、ウェブサイト、展示物などに応募作品を無償で使用できることとし、応募者はこれを承諾するものとします。

【副賞】 
最優秀賞1点 キヤノン EOS Kiss X5 レンズキット
Canon_EOS_Kiss2012_50.jpg

【協賛】 
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

みなさまからのご応募、お待ちしています


>>第1回「わたしのとっておきエコツアー!」の受賞作品<<



【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★インド・シッキム州の森林局の方 来局★
★インド・シッキム州の森林局の方がお見えになりました★

雨が降りしきる中、インドのシッキム州森林局の皆様が、日本エコツーリズム協会の事務局へお越しになりました。
挨拶のあと、日本のエコツーリズムへの取組みや歴史、各地の事例などを担当理事(文教大学の海津理事)から説明を差し上げました。
講義は2時間程度でしたが、インドの方からも質問が都度入り、各テーマ、各事例についてさらに細かいお話をすることが出来ました。

シッキム州のエコツーリズムパンフレットを頂きましたが、開いたときの感想は、何よりもまず景色がきれい!!
豊かな自然に恵まれた地で、その中にも人々の暮らしがきちんとわかる写真が使われていました。
頂いた冊子のうち、「SIKKIM ECOTOURISM POLICY」の冊子に、それらの写真が掲載されていました。

20120427130622_00001.jpg

他にも国立公園の紹介パンフレットなどをいただきました。
英語での表記でしたので、これからがんばって読まなくては(;゙゚'ω゚'):

お越しいただいたのは6名。お若いスタッフや女性のスタッフの方もいらっしゃり、熱心に講義に参加されていました。
IMG_1798.jpg

エコツーリズム関連ニュースを毎日検索していると、インドのニュース、特にシッキムのニュースはよく検索結果で出てきます。頂いた冊子も立派なものでしたし、これからのエコツーリズムへの取り組みには要注目です。






【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★【イベント】みどりフェスタで会員さんのパンフを配架します【続】★
来週日曜日、4月29日に東京都内の「新宿御苑」で開催される、環境省主催「みどりフェスタ」にてブース出展をします。
そこで、各地の日本エコツーリズム協会・会員さんのパンフレットを配架予定です。
4月25日現在、配架予定のパンフはこちらの会員さん方のものです↓
(順不同・敬称略)

■尾瀬保護財団(群馬県他)
■株式会社 風の旅行者(東京都)
■財団法人名古屋市民休暇村管理公社(愛知県・長野県)
■公益社団法人 日本アロマ環境協会(東京都)
■Mt.6(マウントシックス)(東京都)
■裏磐梯エコツーリズム協会(福島県)
■ウッキーズ(北海道)
■Nature Planet(ネイチャープラネット)(栃木県)
■ネイチャーガイド・フォーゲル(東京都)
■ふじざくら企画(山梨県)
■株式会社アートツアー(東京都)
■霧多布湿原トラスト(北海道)
■株式会社美ら地球(ちゅらぼし)(岐阜県)
■株式会社山岳太郎(鹿児島県・屋久島)


それぞれの事業者様から、「1歳からのお子様も参加できるツアーを組んでいますよ」「小さなお子さんがいる方にも自然を楽しんでほしいので、ご要望があればご連絡下さいね」「これからの季節はこの食材がおすすめですよ」など、コメントもいただいています。

日本エコツーリズム協会はブース番号21に出展。
ツシマヤマネコの着ぐるみのと記念撮影や、ルー大柴さんのトークショー、2012ミス日本ネイチャー・片山さんとのネイチャーゲームも予定されています。

お天気に恵まれれば、芝生の上でお弁当も食べられるので、お近くの方はぜひお立ち寄りください







【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★エコツーカフェ 『小笠原諸島』開催しました★
★大人気だった「エコツーカフェ・小笠原諸島」。満席になってしまったため、キャンセル待ちになってしまったみなさま、申し訳なかったです (´;ω;`)
開催報告をアップしますので、当日の空気を少しでも感じていただければと思います★

第59回 エコツーカフェ
2012年4月20日(金) 18:30~20:00(開場18:00)
『小笠原諸島』 
ゲストスピーカー: 根岸康弘さん(小笠原村観光局


2011年6月、ユネスコの世界自然遺産として登録された小笠原諸島。
多くの人が、一度は行ってみたいと感じたのではないでしょうか。

【エコツーカフェ】小笠原諸島 20120420
(↑ :「これが正装なんです」と、小笠原村観光局のロゴ入りジャケットを着て登場した根岸さん。)

今回のエコツーカフェでは、小笠原村観光局の根岸康弘さんをお招きして、「小笠原諸島」についてのお話をして頂きました。
小笠原の魅力、歴史、食文化、さらに、本や雑誌などには載っていない、現地の話、おすすめ情報など、たくさんのお話をして頂きました。

その中でもとくに印象に残っていることは、小笠原のスーパーには、当たり前のように「亀の肉」が売られているということ、小笠原諸島では日本一早い、初日の出を見る事ができるということでした。
余談になってしまいますが、小笠原在住、根岸さんの最寄駅は、JR東日本、東京都港区の「浜松町駅」だそうです! 会場のみなさんお笑いになっていました。(小笠原諸島には電車がありません。)

根岸さんからは、会場の方へのお土産として、母島固有種の鳥「メグロ」と、イルカのポストカードを頂きました。 それに、小笠原諸島に行く前には必ずご一読いただきたい冊子、「小笠原ルールブック」最新版もいただきました。  

1時間30分は本当にあっという間でした。もっと話しを聞きたかったという人が多くいらっしゃったのではないでしょうか。根岸さん、ありがとうございました!
(報告:JESインターン)

★当日は、特別ゲストとして、小笠原村役場でエコツーリズムを推進している渋谷さん、父島のエコツアーガイド「マルベリー」の吉井さんにもお越しいただきました。ありがとうございました!

【エコツーカフェ】小笠原諸島 20120420
(↑ 小笠原の「タコノハ細工」のカゴと、外来種の木「アカギ」で作られたお箸とお盆をお持ちいただきました。それに「小笠原 島かるた」も展示しました)

【お客様アンケートより】
・意外な歴史もわかって、面白く聞かせていただきました。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました
次回の「エコツーカフェ」は、アフリカ・タンザニアの紹介を予定しています。
5月24日(木)18:30-20:00(開場18:00)になります。こちらもぜひご参加お待ちしております

★次回開催予定★
2012年5月24日(木) 18:30~20:00(開場18:00)   
『アフリカ -タンザニアの大地から-』  石原裕介さん(元JATAツアーズ社員・在タンザニア旅行会社)
【日 時】 2012年5月24日(木) 18:30-20:00 (開場18:00)
【場 所】 Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 ) 最寄駅:JR恵比寿駅より徒歩約10分
【対 象】 どなたでも(お子様連れも可能。詳しくはお問い合わせください)
【参加費】 1,000円(軽食・資料付)
【定 員】 25名 
【主 催】 日本エコツーリズム協会        
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
・お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)
・所属(差支えない範囲で)
・連絡先
・このイベントを知ったきっかけ
・(もしあれば)当日聞きたい話
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp
会場は第三世界ショップ併設のカフェ。テーブルや椅子も全て木製で温かみがあり、エコツーカフェでは、おにぎりセットをみなさまにお出ししています。雑穀入りの、とても身体にやさしいメニューです。エコツーカフェ終了後にお店でお買い物もできます。
資料、お食事はご予約の方優先です。






【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

鳥取県の名物「ふろしきまんじゅう」 (*´ω`)
来年、「国際エコツーリズム大会」が鳥取県で開催される予定です。
そんな鳥取県、有名なものと言えば…
「水木しげる!」「妖怪!」などと出てきそうですが、(私は作家の桜庭一樹さんが第一に出てきますが(*´ω`*) )、実はお菓子がとってもおいしい土地なんですよ。

私が特におすすめしたいのは「ふろしきまんじゅう」。あまーい茶色の薄皮で包まれたこしあん、ほんのりと漂う黒糖の甘い香り、しっとりとした皮が魅力のおまんじゅうです。

本日、お客様より頂きましたので写真にてご紹介。
竹皮に包まれた状態でいただきました。ありがとうございます

IMG_1796.jpg

中はこんな感じ。「ふろしきまんじゅう」と書いてあります。
鮮度が大事なこのおまんじゅう、開けたらすぐに食べたいところ。
お茶と一緒に一服するのに最適です
目にする機会がありましたらぜひ試してみてはいかがでしょうか

IMG_1797.jpg

製造している「山本おたふく堂」⇒ http://otafukudo.com/

【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

World Tourism and Travel Council、世界旅行ツーリズム協議会)会議に参加
2012年4月16日-19日まで、宮城県の仙台市、東京の品川でWTTC(World Tourism and Travel Council、世界旅行ツーリズム協議会)の会議が開催されました。
これは「観光のダボス会議」と呼ばれるほど大掛かりな国際会議で、日本での開催は初となります。
この会議のうち、「Tourism for Tomorrow」(明日への旅行賞)の「保全部門」にて、日本エコツーリズム協会はカテゴリースポンサーとなり、開催前からこの会議に関わってきました。
「Tourism for Tomorrow」には国内外からの応募があり、ファイナリストに日本の田辺市が選ばれていたことで、ニュースでご覧になった方もいるかもしれません。
17日夜に最終発表が行われ、保全部門ではペルーの「インカテラ」が最優秀賞を受賞しました。、
★日本エコツーリズム協会では8月25日発行の会報56号にて、このWTTCおよびTourism for Tomorrowについて詳しくお伝えする予定です。

今回のWTTCの様子を、少しですがお伝えします。
WTTC
初日、仙台でのTourism for Tomorrowファイナリスト達との会食。旧伊達邸の鍾景閣で、美しい仙台箪笥とともに食事を楽しみました。

WTTC
出席者と歓談する日本エコツーリズム協会の愛知会長(右)。
左は同じく日本エコツーリズム協会の山田理事です。

WTTC
品川に場所を移しての会議会場にて。Tourism for Tomorrowのカテゴリースポンサーとして日本エコツーリズム協会のロゴもパネルに掲載されました。

WTTC
これからの世界における観光について熱心な議論が交わされました。ステージは「能舞台」をイメージしてつくられています。

WTTC
お客さまもぎっしりです。参加者は日本の方よりも、外国の方の方が多く見受けられました。

WTTC
会議の合間に休憩を取ることができる広間では、日本文化の紹介をするブースがいくつも設置されていました。
煎茶と和菓子を楽しめるブースでは、女将さん達がお客様をおもてなししていました。
皆さん、京都や長崎、それに飛騨高山や鳥取の女将さん達です。

次回のWTTC会議はアブダビで開催される予定です。


【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
★【イベント】みどりフェスタで会員さんのパンフを配架します★
春うららでございますな
本当にもう毎日毎日、素晴らしいほどの花粉にさらされ、くしゃみも止まらぬ日々を過ごしております
ここまで来るといっそすがすがしい

そんな中、今月末に恒例の春イベント、環境省主催の「みどりフェスタ」が東京の新宿御苑にて開催されます。
日本エコツーリズム協会もこのイベントに出展する予定で、ブースではエコツーリズム情報ご紹介の他、粗品付のクイズ、それに日本エコツーリズム協会会員さんからいただいたツアーパンフレット等の配架を行う予定です。

4月18日現在、配架用として今回新たにパンフレットを頂いているのは下記の団体様からです。(順不同、敬称略)
■霧多布湿原トラスト(北海道)
■裏磐梯エコツーリズム協会(福島県)
■株式会社風の旅行社(東京都)
■アルパインツアーサービス・ネイチャリングツアー事業部(東京都)
■公益社団法人 日本アロマ環境協会(東京都)
■NPO法人 フジの森(東京都)
■株式会社アートツアー(東京都)
■Mt.6(長野県)
■財団法人名古屋市民休暇村管理公社(おんたけ休暇村)(長野県)
■株式会社美ら地球(ちゅらぼし)(岐阜県)
■株式会社山岳太郎(鹿児島県・屋久島)

他にも、既に事前にパンフレット類を頂いている会員の方々もいますので、当日はあわせてブース配架いたします。

29日に東京近辺にいらっしゃる予定の方、お天気がよければぜひお越しください。
普段は入園料がかかる新宿御苑も、この日は無料開放されます。
緑の八重桜「御衣黄」や、珍しい「ハンカチの木」なども見ごろを迎えるころです。
ひろびろとした芝生もあるので、外でお昼を食べたい気分の時にもぜひどうぞ。
お待ちしています





【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

ラジオ出演をしました! 【FMラジオ J-WAVE】
★ラジオ番組の取材を受けました★

毎週日曜日朝に関東圏で放送されているラジオ番組、J-WAVE」の「LOHAS SUNDAY」の取材を受けました

4月15日(日)、番組内のコーナー、8:30頃の「LOHAS EVENT INDEX」で「エコツーカフェ・小笠原諸島」の紹介をしていただいたのですが、反響は大きく、同日9:30頃には既に参加希望のご連絡が何通も飛び込んできました。
また月曜日には「ラジオで聞いた」という方からもお電話をいただきました。
ありがとうございます
ただ大変残念なことに、定員に達してしまったため、キャンセル待ちをお願いすることになってしまった方もいらっしゃいました。
せっかく興味を持っていただいたのに、ご期待にそえず心苦しいです

しかしラジオ番組の影響力は大きいですね。
放送後も、「たまたま聞いてたら聞き覚えのある声が聞こえて」とご連絡をしてくださった方もいました

そして今日、J-WAVEのご担当の方から、当日の放送内容を収録したディスクを頂きました。
一緒にラジオ番組表も入れていただきました お心遣いに感謝です

IMG_1718.jpg

さてその「エコツーカフェ・小笠原諸島」、お客様に楽しんでいただきたくて、こちらも
「アレを用意したら面白いんじゃないの
「せっかくだからポスター用意しようよ
「数年間かけてストックしてきた小笠原エコツーリズムの情報誌、持っていくよ あ、でも全部は無理だから一部ね
などと、いそいそと用意をしています。

今のところ、「小笠原 島かるた」は持参予定。
なにせ、制作委員長である父島のエコツアーガイド、「マルベリー」吉井さんが特別参加してくださるときいては、このかるたを持たないでいくわけにはいきません

おそらく、当日は場所もそんなに広くないので、かるた取りはできないと思いますが、「こんなのもあるんだ」とみてもらえると嬉しいです

それでは、20日の「エコツーカフェ」に参加してくださるみなさま、会場でお待ちしています




【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★初学者向け★ エコツーリズム書籍紹介
Twitterの方ではたまに「おすすめ書籍」として紹介を流していたのですが、いかんせん140字の制限付きなので、そんなにいっぺんには紹介できませんでした。
ということで、こちらでおすすめ書籍を紹介しようかなと思います。

4月になり、Twitter のTLでも「エコツーリズムの講義が取れた!ヽ(*´∀`)ノ 」「取れなかった(´・ω・`)」というツイートを見かけることがありましたので、取れた人・取れなかった人にも、少しでもエコツーリズムへの入り口を広く持っていてほしいため、書籍を数冊ご紹介しようと思います

【エコツアーガイドさんに興味がある方向け】
「エコツアーに参加して、何が良かったかって、とっても素敵なガイドさんに案内してもらったことだよ」というようなコメントをきくことがありますが、本書は日本各地で活躍しているエコツアーガイドさんのインタビューをまとめたもの。
「なぜガイドに?」「これから何をしていきたいのか?」というガイドさん本人についての話を柱とし、それぞれのガイドさんが活動している地域の紹介も地図入りで組み込まれています。


日本エコツアー・ガイドブック日本エコツアー・ガイドブック
(2007/10/30)
海津 ゆりえ

商品詳細を見る


紹介地域は北海道の知床や、福島県の裏磐梯、小笠原諸島や屋久島などなど…
出てくるガイドさんはどの方も魅力的な方々ばかり。
出版は2007年。この書籍では男性のガイドさんが多く紹介されていますが、今ではもう女性ガイドさんも活躍されていますので、この本の続編が出れば、きっと女性ガイドさんももっと紹介されると思います。

ちなみに著者の海津ゆりえさんは、日本エコツーリズム協会の理事でもあります。
現在、神奈川県の文教大学で教鞭を取られています。

私が特におすすめなのは、裏磐梯の伊藤延廣さん。もともと東京の方なのですが、ロケットを作っていたとか。
なにゆえロケット製作からエコツアーガイドになったのか。
その経緯に興味がある方は、ぜひこの書籍を読んでみてくださいね。
ちなみに伊藤延廣さん(通称のぶさん)は、福島県の裏磐梯エコツーリズム協会の会長であり、日本エコツーリズム協会の理事でもあります。


【富士山のガイドさんって、どんなことをしているの? と興味がある方へ】
年が明けると、その年の目標の一つとして「富士山に登る!」と考える方は意外と多いかもしれません。
夏のシーズンに備え、冬-春に準備を整え、いざ富士山へ出発! しようとしている方にぜひ読んでいただきたいのがこの本。
山梨県富士吉田市を拠点にして、富士山の登山ガイドをしている「株式会社合力(ごうりき):富士山登山学校ごうりき」の近藤光一さんが書かれた半自伝です。


世の中への扉 ぼくの仕事場は富士山です世の中への扉 ぼくの仕事場は富士山です
(2011/07/05)
近藤 光一

商品詳細を見る


近藤さんは、富士吉田市で生まれ育ったため、富士山はいつも身近にある山だったのだそうです。
紆余曲折あり、富士山の登山ガイドとして活動されていますが、夏のシーズン以外は大学で講義をしたり、アウトドア用品のモニターをしたり、そして冨士山周辺の文化を伝えていくため、「富士講」に関係したツアーを行ったりしています。
夏前と夏後にお会いすると、まったく風貌がかわる近藤さん。それもそのはず、夏のシーズン中は何十往復も富士山に登るそう。
ただ近藤さんは弾丸ツアーはせず、お客様の体力や、登山道の状態などに気を配り、安全管理の為にお客様にまずは登山靴の紐の結び方を教えたり、ゆっくりと富士山そのものを味わってもらう旅をしているそう。

「もっとエコツアーガイドを目指す子が増えてほしい」との想いから、小学生向けに書かれたこの書籍。
富士山だけでなく、登山ガイドに興味のある方にもおすすめです。



★ガイドさん中心の書籍を2冊ご紹介しましたが、次は【エコツーリズムを体系的に学びたい方向け】の書籍を紹介しようと思います。近々アップしたいところですが、いつもの「upup詐欺」にはならないようにしたいところですね(*´ω`*) 気長に待っていてやってくださいな。












【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■写真コンテスト開催予告■
★第2回 写真コンテスト開催予告★

ご好評を得た第1回に引き続いて、第2回の「エコツアー写真コンテスト」を2012年中に開催します。
詳細は決まり次第お知らせします!

写真コンテストの募集開始や、エコツーリズム関連イベントニュースは、随時メールマガジン(無料・毎週金曜日配信)でお知らせしています。
配信をご希望の方は、ecojapanalles.or.jp (を@に変更)までメールアドレスをお知らせください。


★第1回 エコツアー写真コンテスト 最優秀賞受賞作品

1stPhoto.jpg

応募者:上地智子さん
ツアーの名称:野鳥の森ネイチャーウオッチング(長野県)
ツアーの思い出:
「興味のタイショウ」ヤマアカガエルのおたまじゃくしがいる池での一コマ。
インタープリターのお話を受けて珍しいカエルの話しで盛り上がる人と、おかまいなしに池の中のおたまじゃくしをじーっと観察する人…”自然”を見る視点のきっかけをもらってからの行動は自由。
それぞれ興味を持つ対象がバラバラで対照的、だけど同じ空間で楽しい時間を過ごせている。
そんな様子を映す水鏡がまた対称的でキレイでした。

写真コンテスト開催の詳細は、決まり次第お知らせします










【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

ラジオ番組に出演します(4月15日 関東地域)
 ラジオ番組で「エコツーカフェ」紹介 

本日取材を受けたのですが、下記の日程でラジオ番組で「エコツーカフェ」の紹介が放送されます。

【放送日】 2012年4月15日(日)6:00-9:00
【放送局・番組】 J-WAVE(81.3FM) "LOHAS SUNDAY"内
【内容】 4月20日開催の「エコツーカフェ・小笠原諸島」の紹介
【サイト】 http://www.j-wave.co.jp/original/lohassunday/

J-WAVEが入る方は、ちょっと聞いてみていただけるとうれしいです




【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★メルマガ会員募集中★
★メールマガジン「JESNET」のご案内★
日本エコツーリズム協会(JES)では、協会の最新動向をはじめ、エコツーリズム関連のイベントや会議、JES会員主催のエコツアー情報、などを毎週金曜日に配信しています。
配信をご希望の方は、件名に「メルマガ希望」とお書き添えのうえ、登録希望のメールアドレスを事務局までご連絡ください。

※登録・配信は無料です。
日本エコツーリズム協会会員外の方もご登録いただけます。
お申込は事務局まで: ecojapan@alles.or.jp


★日本エコツーリズム協会会員の皆様へ★
「JESNET」にエコツアー催行情報の掲載を希望される方は、事務局までお知らせください。
掲載に際しては以下の項目、掲載条件に限らせていただきます。
※ツアー情報掲載は日本エコツーリズム協会会員のみに限ります。

【項目】
・エコツアーの名称
・催行日時
・開催地
・参加費
・内容(100字以内)
・対象
・定員
・申込締切
・お問合せ・お申込先(主催者名、住所、電話、ファックス、e-mail)
・詳細リンク先アドレス
・JESのグッドエコツアー(GET)登録の有無

【掲載条件】
・掲載申込時から2ヶ月以内の国内外のエコツアー
・掲載は1事業者様につき1つのエコツアー(「JESNET」1回につき)
・先着3ツアーを優先とし、掲載
・掲載は最大3ツアーとし、締切日までの間で1回以上掲載
※場合によっては掲載をお断りさせていただくこともございますが、ご了承ください。

【お問合せ・登録お申込み】
日本エコツーリズム協会 事務局
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
Tel: 03-5437-3080
e-mail:  ecojapan@alles.or.jp   


------■メルマガ「JESNET」バックナンバー例■------

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
      NPO法人 日本エコツーリズム協会
     JESNET  [Vol.452]   2012.4.6
   旅から始まるエコとの出会い -Travel meets Eco-
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

★2012新宿御苑みどりフェスタにて配布希望の会員様は
 パンフレットをお送りください。

全国の国立公園の紹介や、地元特産品の販売、ステージイベント、
クラフト教室など、様々な催しが行われます。JESもブース出展
しますので、パンフレット等を配布希望の会員様は50部ほどJES
事務局までお送りください。
【日 時】 4月29日(日・祝日)9:00~16:00
【場 所】 新宿御苑(東京都新宿区)※当日無料開園日
【詳 細】 http://www.env.go.jp/press_r/15078.html

~目次~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
■事務局から
1. エコツーカフェ『世界自然遺産-小笠原諸島-』(東京・4/20)
2. 復興支援のための寄付の募集
3. エコツアー向け保険のご案内
4. JTBえらべるギフト「えこのこえ」

■エコツーリズム関連情報
5. 「JATA旅博2012」出展ブース募集中(東京)
6. 「外来魚駆除大会」in琵琶湖(滋賀・4/22)
7. アースデイ東京2012開催(東京・4/21-22)

■JES会員エコツアー催行情報
8. 天ぷらバス ボランティアチーム(福島・4/28-30)
  「いわきコットンプロジェクト」ボランティアツアー募集
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

---------------------------------------------------------------
■事務局から
---------------------------------------------------------------
[ 1 ] 第59回エコツーカフェ  ※金曜日開催
   『世界自然遺産-小笠原諸島-』(東京・4/20)※残席わずか

昨年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島の魅力を、ご紹介します。
小笠原はエコツーリズム推進の先進地でもあります。現地でおすすめ
のエコツアーを知りたい方、ぜひお越しください!
【ゲスト】 小笠原村観光局
【日 時】 4月20日 (金) 18:30-20:00 (開場18:00)
【会 場】 Asante Sana 目黒店(東京都目黒区三田2-7-10-102)
【参加費】 1,000円(軽食・資料付) 【定員】25名 
【お申込・お問合】 日本エコツーリズム協会 tel:03-5437-3080
      e-mail: ecojapan@alles.or.jp
      お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、
      所属、連絡先、イベントを知ったきっかけ、
      (もしあれば)当日聞きたいことをお知らせください。
【詳 細】 http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/cafe/


[ 2 ] 復興支援のための寄付の募集

今後必要になる復興支援のための寄付を募集しております。
皆様のご協力を、宜しくお願い申し上げます。
【振込先口座】
 三井住友銀行 目黒支店 普通 7021778
 特定非営利活動法人日本エコツーリズム協会
※一口1,000円から受け付けています。
支援活動に関する詳細はJESHPをご覧ください。
【詳 細】http://ecotourism.blog10.fc2.com/blog-entry-711.html


[ 3 ] エコツアー向け保険のご案内

JESでは、保険取扱代理店の資格を得てエコツアー向け保険を
取り扱っています。
保険の内容は、エコツアーや体験プログラム等の
●行事参加者の傷害危険補償特約セット普通傷害保険(包括契約)
●施設所有(管理)者賠償責任保険
などを扱っており、海外からのお客様にも対応しています。
お気軽にJES事務局までお問合せください。
【詳 細】
http://www.ecotourism.gr.jp/images/pdf/insurance2011.pdf


[ 4 ] JTBえらべるギフト「えこのこえ」
   売上の一部は、観光地における自然環境保全活動へ寄付

「えこのこえ」は、無農薬、有機農法などの食材や、伝統工芸品、
エコなライフスタイルを提案するアイテムなど38の商品を紹介する
カタログギフトです。売上の一部は、JESを通じて全国8箇所の観光
地における自然環境保全活動に寄付されます。旅行会社による観光
地の自然環境保全活動への貢献にあなたも参加してみませんか。
【価 格】 5,250円(税込)
【詳 細】 http://www.econokoe.com/


---------------------------------------------------------------
■エコツーリズム関連情報
---------------------------------------------------------------
[ 5 ]  「JATA旅博2012」出展ブース募集中(東京)

9月20日(木)~23日(日)に東京 ビッグサイトで開催される
「JATA旅行博2012」への出展ブースを募集中です。
旅行会社の方々、11万人の消費者 へ直接マーケティングを展開
できる好機会です。
【締 切】 4月30日
【対 象】 旅行・観光関係団体・企業
  旅行・観光企業と共同して新たなビジネスチャンス
      を広げていこうとする海外・国内の企業・団体。
【詳 細】 http://www.jata-jts.jp/fairs/application/ja/0201


[ 6 ]  「外来魚駆除大会」in琵琶湖(滋賀・4/22)

琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行います。
【日 時】 4月22日(日)…雨天決行 10:00~15:00
      ※随時参加・随時解散といたします
【受付場所】滋賀県草津市津田江1北湖岸緑地※旧志那中湖岸緑地
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/tsudae/tsudae.html
【参加費】 大人200円,子供100円(保険料等の実費)
【主 催】 琵琶湖を戻す会
【詳 細】 
http://homepage2.nifty.com/mugituku/2012-04-22/2012-04-22a.html


[ 7 ]  アースデイ東京2012開催(東京・4/21-22)

オーガニック&エコロジカルなライフスタイルがより身近なものに
なるように、自然と人との共生の意識がより毎日の暮らしに根付く
ように、様々な出店・展示が集まる場を創り出しています。
【日 時】 4月21日(土)、22日(日)
【場 所】 代々木公園ほか(東京都渋谷区代々木)
【詳 細】 http://www.earthday-tokyo.org/


---------------------------------------------------------------
■JES会員エコツアー催行情報(情報掲載希望の方はご連絡ください。)
---------------------------------------------------------------
[ 8 ]  天ぷらバス ボランティアチーム(福島・4/28-30)
    「いわきコットンプロジェクト」ボランティアツアー募集

原発事故に苦しむ地域へ少しでも役に立つために、オーガニック
コットンを栽培する「いわきコットンプロジェクト」がはじまり、
私たちも仲間に加わることにしました。皆さん、無理をしないで
自分たちでできることを一緒にしてみませんか。
【日 程】 4月28日(土)~30日(月)2泊3日
【場 所】 福島県(須賀川市、いわき市など)
【旅行代金】15,000円
【募集人員】25名(最少催行人員18名)
【お問合】 有限会社リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>
      東京都新宿区新宿2-2-1ビューシティ新宿御苑1203
      Tel: 03-5363-9216
      E-mail: eco-tourism@reborn-japan.com
【詳 細】 http://reborn-japan.com/domestic/5918



JES会員のエコツアー情報を掲載しています。
掲載をご希望の方は、掲載に際しての詳細を以下のサイトでご覧いただ
き、事務局までお知らせください。
会員の皆様の多種多様なエコツアー情報をお待ちしております。
【詳 細】 http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/11/jesnet.html
※ツアー情報掲載は会員に限らせていただきます。


★blog 【JES スタッフブログ】
http://ecotourism.blog10.fc2.com/
★blog 【JES 学生部会ブログ】
http://ameblo.jp/jesstudents/
★twitter 【JES 広報アカウント】
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 【JES 学生部会アカウント】
http://twitter.com/jes_students
★Facebook【JES 東日本大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311

※このメールは送信専用です。
※このメールニュースの配信を中止されたい方はJES事務局
ecojapan@alles.or.jpまでご連絡ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
日本エコツーリズム協会(JES)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
Tel: 03-5437-3080 fax: 03-5437-3081
e-mail:  ecojapan@alles.or.jp   
サイト: http://www.ecotourism.gr.jp
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*







【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

小笠原母島の消印★
 前々から「いつかご紹介したいな」と思っていたものをご紹介(*´ω`*)(*´ω`*) 

小笠原諸島・母島の会員さんから届く封筒に、こんなかわいらしい消印が押してあることがあるんです
固有種の「メグロ」という鳥の図柄です。(メジロではなく、メグロです
どうやら、郵便局でわざわざお願いをしてこの消印を押していただいているようなんです。
母島の会員のみなさま、ありがとうございます

IMG_1717.jpg

日本エコツーリズム協会の事務局では使用済み切手を集めているのですが、この消印の時は、まわりにかなり余裕をもって切り取っています。

ちなみに使用済み切手は、ある程度たまったら>>タンザニア・ポレポレクラブ<<に送っています。
以前、日本エコツーリズム協会でインターンをしてくれていたI君が、ポレポレクラブにも行っていたことがご縁です。

こういった【ご当地消印】、きっとまだまだあるのでしょうね。
期間限定で押してくれるところもあるそうですし
きっと、さらにもらって嬉しいお手紙になるでしょう


【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

学生シンポジウム開催に向け 会場下見!!
今年秋の「第4回全国エコツーリズム学生シンポジウム」開催に向け、開場予定の東京大学農学部に行ってきました

下見に向かったのは、日本エコツーリズム協会学生部会のメンバー。今年の学生実行委員長や、2月から新しく学生部会のメンバーになった学生さん達です
しかも下見に集まったのは、全員女の子という…学生部会にはもちろん男子学生もいますが、この日はたまたま都合が悪く、女の子たちだけで下見に向かいました

今までの学生シンポジウムは、第1回・第2回は農学部の教室で、第3回は弥生講堂で行いました。
シンポジウムではワークショップも行うため、教室タイプの方がいいかもね、ということで教室を下見。

学生シンポ

農学部のこの教室は、2回部分があるタイプ。発表者からはこう見える、ということですね。
上から見るとこんな感じ

学生シンポ

黒板部分にスクリーンをあて、投影ができるようにする予定です。
参考として、前のシンポジウムのとき、上から見た時の様子がこちら

学生シンポ

発表時は照明を落としてあるので、少し薄暗く感じますが、人が入るとやはり見える景色ががらりと変わりますね

昨年使用した弥生講堂も下見をし、さらに福武ホールも下見をし、学生部会のメンバーの中で会場候補が決まったようです。

そして最後に、「東大と言えばここだろう」というお決まりの場所で記念撮影をして下見は終了しました
学生シンポ

これからの学生部会の活動などは、ぜひ学生部会のブログをご覧ください

>>日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ<<

「関東在住じゃないけど、学生部会に入れる?」というお問い合わせを頂きますが、もちろん参加できますよ。
実際に関西地区の学生さんも参加しています。
MLで情報のやり取りをしていますし、自分の都合にあった参加の方法をご検討くださいな。
お問い合わせは日本エコツーリズム協会( ecojapanalles.or.jp を@に )まで



【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■イベント出展■ 4月29日に「みどりフェスタ」(新宿御苑)に出展します!
★毎年出展している、新宿御苑(東京都)でのイベントに今年も出展します★

環境省からのお知らせ↓


2012新宿御苑みどりフェスタ~みどりフェア&国立公園フェア~

 「みどりの月間」(4月15日から5月14日まで)の期間中である4月29日、新宿御苑で「2012新宿御苑みどりフェスタ」を開催します。
 各地の国立公園等の自然を紹介するパネル展示、自然観察会やクラフト教室などの自然ふれあいプログラムの実施、ステージイベント、地元特産品の販売などを行い、自然とのふれあいや生物多様性保全の大切さ、全国の国立公園や自然の魅力を様々な視点から伝えます。

1.  日時 平成24年4月29日(日・祝日)9:00~16:00

2.  場所 国民公園 新宿御苑(東京都新宿区) ※当日無料開園日

3.  主唱 環境省

4.  主催 2012新宿御苑みどりフェスタ実行委員会

5. 実施内容(予定)
(1)みどりフェア
 自然体験プログラムの実施等自然とふれあう機会の提供や関係団体の取組み紹介。また、「生物多様性」の保全についての情報発信を実施します。

【予定参加団体(順不同)】
一般財団法人休暇村協会
公益社団法人国土緑化推進機構
財団法人国民公園協会新宿御苑
財団法人国民宿舎協会
株式会社小学館集英社プロダクショ ン
新宿区みどり土木部みどり公園課
特定非営利活動法人新宿環境活動ネット
公益財団法人新宿区勤労者・仕事支援センター
社団法人青少年交友協会
特定非営利活動法人日本エコツーリズム協会
財団法人日本環境協会(こどもエコクラブ全国事務局)
公益社団法人日本環境教育フォーラム
公益財団法人日本自然保護協会・NACS-J自然観察指導員東京連絡会
社団法人日本植物園協会
公益財団法人日本鳥類保護連盟
社団法人日本ネイチャーゲーム協会
財団法人三菱UFJ環境財団
猛禽類保護センター活用協議会
環境省(自然ふれあい推進室
自然環境計画課
国連生物多様性の10年日本委員会・生物多様性施策推進室
生物多様性センター
特殊疾病対策室
新宿御苑管理事務所(パークボランティア、新宿御苑森の会、母と子の森)

(2)国立公園フェア
 新たな国立公園の誕生、三陸復興国立公園に関する取組み、世界遺産登録やジオパークのムーブメントと国立公園の関係など、新しく生まれ変わりつつある国立公園の「今」についての紹介を実施します。
【予定参加団体(順不同)】
一般財団法人自然公園財団
上士幌町観光協会
陸中海岸国立公園協会
那須観光協会
日光地区観光協会連合会
尾瀬ルート活性化委員会
片品村観光協会
小笠原村
信越高原連絡協議会
上高地観光旅館組合
富山県観光連盟立山地区会
白山手取川ジオパーク推進協議会
南アルプス世界自然遺産登録推進協議会
大山国立公園協会
竹富町
環境省(国立公園課、東北地方環境事務所、関東地方環境事務所、中部地方環境事務所、中国四国地方環境事務所、九州地方環境事務所)

(3)イベントステージ(予定)
 ルー大柴さんによるトークショーやミス日本ネイチャーによるネイチャーゲーム、新宿エコレンジャーによるショーなどを行う予定です。

(参考)
・みどりの月間
 「みどりの日」についての国民の関心と理解を一層促進し、「みどり」についての国民の造詣を深めるため、4月15日から5月14日を「みどりの月間」としています。
 期間中は、国立公園や地方公共団体など全国各地で国民が自然に親しむための各種行事が実施されています。








【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

■人材募集■ エコツアーガイド、企画スタッフ募集 =岐阜県飛騨地方=
■岐阜県の日本エコツーリズム協会会員さんからのお知らせです■

エコツアーガイド、企画スタッフ募集 =岐阜県飛騨地方= 【転載歓迎】

飛騨里山サイクリング(第7回エコツーリズム大賞特別賞受賞)を運営する株式会社
美ら地球では、サイクリング始め、里山アクティビティをリードするガイド、またそ
の企画スタッフを募集しております。田舎暮らしに興味のある方、外国人に古きよき
日本の素晴らしさを伝えたい方、ご応募お待ちしております。

【募集期間】 第一次募集:2012年4月末まで
【応募資格】 普通免許お持ちの方、喫煙習慣のない方
通訳ガイド資格(英語)をお持ちの方、アウトドアガイド経験者優遇
【内 容】 ・エコツアーガイド(サイクリング他)、・里山アクティビティの企画
開発(古民家活用、里山文化体験プログラム等)、情報発信等(日英)
【お問合せ】 株式会社美ら地球(ちゅらぼし)(担当:山田)
Tel: 0577-73-2104 e-mail: recruit@chura-boshi.com
【詳細】 http://www.chura-boshi.com/company/recruit.html



募集をしている「美ら地球」は、日本エコツーリズム協会のエコツアー推奨制度「グッドエコツアー」でもサイクリングのツアーが推奨されています。
また、「第7回エコツーリズム大賞」で特別賞を、「五感で楽しむまち大賞」で環境大臣賞を受賞しています。

スタッフさんたちも、明るく朗らかな方ばかりですし、会社がある岐阜県の飛騨市は、古い街並みが残るとても雰囲気のいい町です。山に囲まれたこの町で、エコツアーガイドとして働きたい方は、美ら地球のご担当までご連絡下さい。



【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★エコツーカフェ 『タンザニア -アフリカの大地から-』 開催します★
毎月ご好評をいただいている「エコツーカフェ」のお知らせです

2012年5月24日(木) 18:30-20:00 『タンザニア -アフリカの大地から-』
ゲストスピーカー: 石原裕介さん(元JATAツアーズ社員・在タンザニア旅行会社)



【カフェ】20120524 タンザニア


東アフリカのタンザニアと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 

コーヒーの産地として有名な、アフリカ最高峰のキリマンジャロ山。
果てしなく広がる大サバンナでの、200万頭のヌーの大移動。
それを追う数十頭のライオンの群れ。
その傍らで、煌びやかな衣装を纏い、伝統的な暮らしを営むマサイの人々。
一方、街にはビルが立ち並び、足元では車が大渋滞。
そんな中、スーツに身を包んだサラリーマンが颯爽と街を歩いていく。
日本人には馴染みが薄く、こんなイメージはなかなか沸いてこないかもしれません。
でも、どれもタンザニアで見られる一風景です。
そんなタンザニアを、人々の暮らしから、食べ物や服装、そして観光についてまで、色々な側面から見ていきたいと思います。

「タンザニア人はどんな暮らしをしているの?」「動物に襲われることってないの?」「タンザニアの観光って?」などなど。
みなさまの、そんな疑問にお答えします。

【日 時】 2012年5月24日(木) 18:30-20:00 (開場18:00)
【場 所】 Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 ) 最寄駅:JR恵比寿駅より徒歩約10分
【対 象】 どなたでも(お子様連れも可能。詳しくはお問い合わせください)
【参加費】 1,000円(軽食・資料付)
【定 員】 25名 
【主 催】 日本エコツーリズム協会        
【後 援】 日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
・お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)
・所属(差支えない範囲で)
・連絡先
・このイベントを知ったきっかけ
・(もしあれば)当日聞きたい話
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp
会場は第三世界ショップ併設のカフェ。テーブルや椅子も全て木製で温かみがあり、エコツーカフェでは、おにぎりセットをみなさまにお出ししています。
雑穀入りの、とても身体にやさしいメニューです。エコツーカフェ終了後にお店でお買い物もできます。
※資料、お食事はご予約の方優先です。

東京会場のAsante Sana カフェ。
併設の第三世界ショップでは雑貨やチョコレートも扱っています。
P6300026_20120402170032.jpg

タンザニア旅行をお考えの方はぜひぜひ
石原さんからいただいたツアーの写真です↓
【カフェ】20120524 タンザニア




(4月20日の小笠原諸島の回は満席になってしまいました。ごめんなさい





【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★4月20日の「エコツーカフェ・小笠原諸島」満席です
以前にもお知らせしていました、4月20日に東京・恵比寿で開催予定の「エコツーカフェ・小笠原諸島」
お陰様で本日満席となりました。
(「ちょっと待って!! 今予定調整していたところだったのに!!」という方がいらっしゃいましたら、キャンセル待ちを受け付けていますので、日本エコツーリズム協会(ecojapanalles.or.jp) までご連絡下さい)

日本エコツーリズム協会公式サイトで使用していたこちらの写真、第1回「エコツアー写真コンテスト」で佳作を受賞した作品です。小笠原のイルカさんです。船から見下ろしたら、こんなイルカがいたそうですよ。
フォトコン 小笠原

★エコツーカフェへご予約を頂いた皆様には、小笠原の綺麗な写真満載の冊子や、小笠原に行かれる際にはぜひ事前に読んでいただきたい冊子「小笠原ルールブック」をお渡しします。
イベントでお話を楽しんだ後は、実際にぜひ小笠原旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

↓エコツーカフェ会場の「AsanteSanaカフェ」です。もう5年くらいエコツーカフェでお世話になっています。
P6300026_20120402170032.jpg

ちなみに5月24日のエコツーカフェはアフリカのタンザニア。
あとで予告テキストをアップしますね。




【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★開催予告★ エコツーカフェ「タンザニア」
★エコツーカフェは、毎月第4木曜日に東京都・JR恵比寿駅そばのカフェで開催しています。
東京では毎月、北海道札幌市では年4回、京都市では不定期で開催をしており、毎回様々なテーマでエコツーリズムを身近に感じていただけるようなイベントにしています。

★東京開催★ 日本エコツーリズム協会主催
2012年5月24日(木) 18:30~20:00(開場18:00) 
『アフリカ -タンザニアの大地から-』
ゲストスピーカー: 石原 裕介さん(元JATAツアーズ社員(在タンザニア旅行会社))


東アフリカのタンザニアと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

コーヒーの産地として有名な、アフリカ最高峰のキリマンジャロ山。
果てしなく広がる大サバンナでの、200万頭のヌーの大移動。
それを追う数十頭のライオンの群れ。
その傍らで、煌びやかな衣装を纏い、伝統的な暮らしを営むマサイの人々。

一方、街にはビルが立ち並び、足元では車が大渋滞。
そんな中、スーツに身を包んだサラリーマンが颯爽と街を歩いていく。

日本人には馴染みが薄く、こんなイメージはなかなか沸いてこないかもしれません。
でも、どれもタンザニアで見られる一風景です。
そんなタンザニアを、人々の暮らしから、食べ物や服装、そして観光についてまで、色々な側面から見ていきたいと思います。

「タンザニア人はどんな暮らしをしているの?」「動物に襲われることってないの?」「タンザニアの観光って?」などなど。
みなさまの、そんな疑問にお答えします。

【日 時】 2012年5月24日(木) 18:30-20:00 (開場18:00)
【場 所】 Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 ) 最寄駅:JR恵比寿駅より徒歩約10分
【対 象】 どなたでも(お子様連れも可能。詳しくはお問い合わせください)
【参加費】 1,000円(軽食・資料付)
【定 員】 25名 
【主 催】 日本エコツーリズム協会        
【後 援】 日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
・お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)
・所属(差支えない範囲で)
・連絡先
・このイベントを知ったきっかけ
・(もしあれば)当日聞きたい話
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp
会場は第三世界ショップ併設のカフェ。テーブルや椅子も全て木製で温かみがあり、エコツーカフェでは、おにぎりセットをみなさまにお出ししています。雑穀入りの、とても身体にやさしいメニューです。エコツーカフェ終了後にお店でお買い物もできます。
※資料、お食事はご予約の方優先です。

東京会場のAsante Sana カフェ。
併設の第三世界ショップでは雑貨やチョコレートも扱っています。
P6300026_20120402170032.jpg








【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★開催予告★ エコツーカフェ「小笠原諸島」
★エコツーカフェは、毎月第4木曜日に東京都・JR恵比寿駅そばのカフェで開催しています。
東京では毎月、北海道札幌市では年4回、京都市では不定期で開催をしており、毎回様々なテーマでエコツーリズムを身近に感じていただけるようなイベントにしています。

★東京開催★ 
2012年4月20日(金) 18:30~20:00(開場18:00)
 ※金曜日開催  
『小笠原諸島』 根岸康弘さん(小笠原村観光局)他 

※都合により、当初の4月26日開催から日程を変更しました。

フォトコン 小笠原
(写真:「私のとっておきエコツアー!」 エコツアー写真コンテスト(2010年)佳作: 小笠原・父島周辺 1 日ボートツアー)

2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島の魅力を、小笠原村観光局の方にご紹介いただきます。
もちろん小笠原でのエコツーリズムへの取り組みについてもご紹介予定。
船の予約の仕方や、現地でおすすめのツアーなどを知りたい方、これから小笠原旅行を考えている方々、ぜひお越しください!

★小笠原諸島でエコツアーを行っている、日本エコツーリズム協会会員の方々のツアー情報もお知らせする予定です。

※エコツーカフェの開催予定はメールマガジン「JESNET」(毎週金曜日配信)でもお知らせしています。
登録をご希望の方は、ecojapanalles.or.jp まで「メルマガ希望」として登録アドレスをお知らせください。(登録無料)

【日 時】 2012年4月20日(金) 18:30-20:00 (開場18:00)
【場 所】 Asante Sana 目黒店 
(東京都目黒区三田2-7-10-102 ) 最寄駅:JR恵比寿駅より徒歩約10分
【対 象】 どなたでも(お子様連れも可能。詳しくはお問い合わせください)
【参加費】 1,000円(軽食・資料付)
【定 員】 25名 
【主 催】 日本エコツーリズム協会        
【後 援】 日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
・お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)
・所属(差支えない範囲で)
・連絡先
・このイベントを知ったきっかけ
・(もしあれば)当日聞きたい話
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp
会場は第三世界ショップ併設のカフェ。テーブルや椅子も全て木製で温かみがあり、エコツーカフェでは、おにぎりセットをみなさまにお出ししています。雑穀入りの、とても身体にやさしいメニューです。
エコツーカフェ終了後にお店でお買い物もできます。
※資料、お食事はご予約の方優先です。

会場のカフェ併設の第三世界ショップでは雑貨やチョコレートも扱っています。

P6300026_20120402170032.jpg




【日本エコツーリズム協会 Facebook】
http://www.facebook.com/jes.311
【日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ】
http://ameblo.jp/jesstudents/
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

エコツーカフェ開催しました >>クロアチア<< 2012年3月
第58回 エコツーカフェ
2012年3月23日(金) 18:30~20:00(開場18:00)
『クロアチア -人気上昇中のリゾートステイ、クロアチアのアグリツーリズム-』 
ゲストスピーカー: エドワード・片山さん(クロアチア政府観光局局長)、朝比奈千鶴さん(トラベルライター)

2012年最初のエコツーカフェは、クロアチア。
ヨーロッパの美しいこの国のお話を、クロアチア政府観光局局長のエドワード・片山さんと、昨年クロアチアで自転車旅行をしてきたトラベルライターの朝比奈千鶴さんのお2人にしていただきました。

エコツーカフェ【クロアチア】20120323
↑とても朗らかなお2人。(右:片山さん、左:朝比奈さん)

今回のエコツーカフェはとても好評で、満席での開催でした。
しかも資料として、クロアチア政府観光局から写真がとてもきれいなパンフレット、それにクロアチアの文字が染め抜かれた布バックをいただきました。ご提供を頂き、ありがとうございます。

「その国の言葉で「ありがとう」や「こんにちは」を言えるようになる」のも、このエコツーカフェの隠れたテーマ。お店やホテルなどで必ず使うこの言葉、片山さんに即席・クロアチア語講座をしていただきました。

エコツーカフェ【クロアチア】20120323

クロアチア語で「こんにちは」は「ドバル ダン」。発音が少し難しいのですが、これを覚えておけば、きっとクロアチアの町でも町の人に気軽に挨拶ができますね。

エコツーカフェ【クロアチア】20120323

片山さんからクロアチアの自然や通貨、歴史や発明家の功績を教えていただきました。
クロアチアの国立公園は8つ、自然公園は11つあり、どれも自然が豊かな地なのだそう。そしておすすめは食事。オリーブオイルにトリュフにワイン。特に白トリュフはクロアチアとイタリアでしかとれず、そしてお料理の中でふんだんに使うそうです。

クロアチアで盛んなのは、古民家を使ったアグリツーリズム。人口170名程度の小さな村を、アグリツーリズムのためにつくったのだそう。
そしてお話はそのまま朝比奈さんが自転車でまわった旅の紹介へ。クロアチアは治安がとてもよく、人を助ける性格なのだそうです。朝比奈さんが参考にしたのは、トリップアドバイザーという旅行のクチコミサイト。ここで知った小さな町に行った時も、いい人ばかりで素敵な滞在になったとか。

最後に、クロアチア政府観光局のご好意で赤ワインをいただきました。みなさまにお出しし、クロアチア語で乾杯をして、最後まで楽しみました。
参加して頂いた皆様、片山さん、朝比奈さん、ありがとうございました!

朝比奈さんによる当日のレポートはこちらです

★朝比奈さんが自転車で訪れた土地の解説ページです★

★日本エコツーリズム協会法人会員、日本アロマ環境協会サイト内、環境カオリスタnetでもご紹介いただきました★



エコツーカフェ【クロアチア】20120323
↑ご提供いただいた赤ワイン。

エコツーカフェ【クロアチア】20120323
↑赤ワインのラベル

エコツーカフェ【クロアチア】20120323
↑クロアチアの地図やポスターを会場内に掲示しました。

第59回のエコツーカフェは「小笠原諸島」。2012年4月20日(金)に開催です。










【日本エコツーリズム協会 Facebook】
http://www.facebook.com/jes.311
【日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ】
http://ameblo.jp/jesstudents/
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【国内】花の観察会 ★グッドエコツアー★
<第21回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 花の観察会
事業者名: アルパインツアーサービス株式会社(新和ツーリスト株式会社)
推奨期間: 2012年4月1日~2014年3月31日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

北海道から沖縄離島まで、日本の自然を観察するツアー。ハイキングや登山ツアーのように目的地を目指すツアーではなく、自生の花や植物の観察を主目的においた自然を楽しむツアーです。
全てのツアーに植物研究者や植物写真家が講師として同行するため、植物の生態や見わけ方などを専門的に解説しながら、時間をかけて植物観察・撮影をします。
ツアー直前には必ず下見を行い、気象条件や花の開花状況によって、その時に最も状態のよい花が観察出来るようにしています。講師とツアーリーダーとの2人体制により、安心な旅を提供し、定員を最大でも20名とすることで、植物自生地を訪れることによる環境への負荷を軽減しています。

ツアー情報のURL:http://www.naturing-tour.com/list/index.html#kokunai

GET第21回 新和ツーリスト 花の観察会


■推薦者からの声1■
 新和ツ―リスト株式会社(2012年4月1日よりアルパインツアーサービス株式会社と合併)は長年に渡り、海外での自然観察ツアー、とりわけ、フラワーウォッチングとバードウォッチングを計画・実施してきた。その経験にもとづき、2005年3月から国内でのフラワーウォッチングツアーを開始している。新和ツーリストのフラワーウォッチングツアーには次のような特色が認められる。
1.専門的なガイドが必ず同行している
 新和ツーリストのツアーでは、著名な植物学者や植物写真家が必ず講師として付く。これらの専門家と植物に詳しいツアーリーダーが協力してツアーを引率する。講師とツアーリーダーが行き届いた世話ができるように、それぞれ参加者は10名、合計20名に限定している。このことによって、講師の系統だった説明が参加者に行きわたり、参加者同士のコミュニケーションを深まる。
2.ツアーにおける学習を実施している
 ツアー実施中は、目的地の自然環境や文化、あるいは現地での注意事項など、自然に関連した話や植物写真の指導などを行っている。宿泊を伴うツアーでは、講師、ツアーリーダー、そして参加者を交えて、その日に見たさまざまなものについて語り合う勉強会も随時開催している。
3.環境保全に対して積極的に配慮している 
 ゴミ事態を削減し、できてしまったゴミは持ち帰るという基本的なことはいうに及ばず、自然を損なわないような配慮を行っている。すなわち、同一シーズンに同一地域にツアーを実施しる場合は原則的に実施を一回に限定し、参加者によって現地の植生を傷めないように配慮している。
4.充分な下見を実施している
 ツアー実施の数日前に講師とツアーリーダーはルートの下見を行い、参加者がより良い場所で、より良い状態の植物を観察できるよう、また目的の観察対象を逃さないよう準備を行っている。以上の理由で、新和ツーリストの標記のツアーをグッドエコツアーに推薦する。
(門田氏 国立科学博物館植物研究部・研究主幹)

GET第21回 新和ツーリスト 花の観察会


■推薦者からの声2■
 私はかなり以前から欧米でのエコツーリズムに関心をもち、協力もしてきた。日本でもこうしたツアーが広く受け入れられる日が来ることを期待してきたが、ようやく推薦できるツアーに出会った。新和ツーリスト株式会社は長年海外への自然観察ツアーを実施しており、その実績をもとに2005年3月から日本国内でのフラワーウォッチングツアーとして企画されたのが、この『花の観察会』である。言うまでもなく日本は世界でも有数の植物の多様性が高い国であるが、地形的な複雑さもあって地域的な差異が大きく、とても一地域での観察ではその多様性を概観することすらできない。また、日本では古来から多様な植物を資源として利用し、地方色豊かな商品を生産するなど地域の経済活性にも役立ててきた。
 『花の観察会』は良好な自然を維持している全国各地をめぐるもので、参加人数は毎回20名程度と少人数で環境への負荷も少ない。植物に詳しいツアーリーダーに、毎回著名な植物学者や植物写真家が講師として加わる。ツアーは花の多様性を通して植物の多様性を理解することを直接の目的としているが、観察地やそれに向かう途中で講師による植物や自然についての解説や指導を受けての観察を行う。こうして植物への深い理解を通じて、植物だけでなく、植物を育む自然への理解を深めることにも意を用いている。単なる知識だけの自然あるいはそれに育まれ掲載された文化の保全ではなく血肉一体となった理解を目指しているということだ。
 この『花の観察会』では同一地域での観察はシーズン中原則1回とするなど、自然への負荷をかけないための最新の注意が払われている点も優れている。これまでの参加者の評価も私が耳にした範囲では極めて高い。
 ここに自信をもって推薦する次第である。
(大場氏 東京大学名誉教授)

GET第21回 新和ツーリスト 花の観察会

【ツアーについて】 
推奨期間:2012年4月1日~2014年3月31日
ツアー名:花の観察会
場 所: 日本国内各地
日 程: 日帰り~4泊5日まで
催行時期:毎年3月~12月
参加費:11,000円~200,000円程度
募集定員:15名~20名
これまでの催行実績: 22年程前に山と溪谷社の山溪フラワークラブとして活動を開始。
2005年1月より、当社が旅行企画・実施を担当し、活動の場を広げる。
植物の生育環境の保護や維持を考慮し、毎年同じコースとはせず、1年に30ツアー程度実施している。過去7年間で全213ツアーを企画して180ツアーを実施。催行率は84.5%。2011年のツアー参加者の内、リピーターは約73%。

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名:アルパインツアーサービス株式会社ネイチャリングツアー事業部(旧新和ツーリスト株式会社)
代表者名:代表取締役社長 芹澤健一
連絡担当者:ネイチャリングツアー事業部 鈴木純
住 所: 〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-11 第7東洋海事ビル4階
電 話: 03-3503-2611
ファックス: 03-3503-2613
e-mail: nature@alpine-tour.com
ホームページ: http://www.naturing-tour.com/
加入保険: 傷害保険・賠償責任保険(東京海上日動国内旅行総合保険への加入を任意保険としてお客様全員に勧めています。)
チェックリスト: チェックリスト(pdfファイル)

GET第21回 新和ツーリスト 花の観察会

GET第21回 新和ツーリスト 花の観察会





【日本エコツーリズム協会 Facebook】
http://www.facebook.com/jes.311
【日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ】
http://ameblo.jp/jesstudents/
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【鹿児島県】屋久島 島めぐりエコツアー★グッドエコツアー★
<第21回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 屋久島島めぐりエコツアー
事業者名: Earthly Company
推奨期間: 2012年4月1日~2014年3月31日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

屋久島の見所をご案内させていただくエコツアーです。里の名所めぐりから軽登山コースまで、ご希望に応じていろいろなコースが設定可能です。
こちらではリフト付バスと車椅子を用意しており、バリアフリーの名所や身障者用トイレもありますので、身体的にハンディをお持ちの方々にも十分楽しんでいただけます。
ツアーには訓練と安全向上のために救助犬を同行させていただいております。

ツアー情報のURL: http://tetec.jp/islguide.htm

GET15 アースリーカンパニー 島巡り

■推薦者からの声1■
 旅行の計画を立てるために何冊かのガイドブックを読み比べたりしましたが、西部林道のことを詳しく取り上げている本には巡り合えませんでした。
 「世界遺産をドライブ」・・・ガイドさんと一緒でなければ、道路わきに姿を見せてくれる野生のサルや鹿をカメラに収めながら、あっという間に通り過ぎてしまったと思います。
 でも、本当の楽しみ方は違っていました。
 大きなガジュマルの根に潜りこんでみたり、ターザンごっこではしゃいでみたり、ブランコに揺られてロマンティックなひと時を過ごしてみたり。同行してくれた救助犬の訓練として、かくれんぼをしたことも楽しい経験になりました。
 「かわいい」とシャッターを切っていた野生動物と、森や人間との共存の難しさ、世界遺産登録されたことによって生まれている問題点など、ガイドさんの言葉にドキッとし、人として傲慢になっている自分に気が付かされたりもしました。
 ふっと周りを見回すと、自分たち意外に人の姿は見当たりません。
 有名な観光地にいながら森を独り占めしている贅沢を満喫し、屋久島の豊かさに感謝した時間を過ごすことのできたこのツアーをみなさまにもお薦めします。
(鈴木氏(ツアー参加者))

■推薦者からの声2■
屋久島の中央部は九州の最高峰を含む高山群を擁し、麓は亜熱帯の植物が繁茂しています。そのため植物の多様性は目を見張るものがあります。垂直分布をなす植物群は屋久島の植生の特色を物語っています。また海には多種多様な生物が生息しています。この島丸ごとが大切な島の遺産であり、世界自然遺産たる所以なのです。 
 Earthly Companyはこのような特性をアピールすると同時に大切な自然や生活文化を持続可能なものとするため、外来種など障害となるものや負の遺産についても問題を投げかけ、参加者とともに考え、エコツアーによって、より良い観光のあり方を追い求めています。
 また小グループを基本としているため、参加者のニーズに応じ、若者、ファミリー、年配者、障碍者等それぞれに配慮し、安全で楽しいツアーを心掛けているので安心してお奨めできます。
(渡邊氏(民宿春夏秋冬))

GET15 アースリーカンパニー 島巡り

【ツアーについて】 推奨期間:2012年4月1日~2014年3月31日
ツアー名: 屋久島 島めぐりエコツアー
場 所: 屋久島町(ご希望により選定させていただきます)
日 程: 9:00~17:00(ご希望により変更可能です)
催行時期:通年
参加費(税込):
(保険料込み/送迎無料)
1名様……13,500円(繁忙期を除きます)
2名様……20,400円(1名様につき10,200円)
3名様……27,000円(1名様につき 9,000円)
4名様……34,000円(1名様につき 8,500円)
5名様……40,000円(1名様につき 8,000円)
6名様……45,900円(1名様につき 7,650円)
7名様……51,450円(1名様につき 7,350円)
8名様……57,200円(1名様につき 7,150円)
9名様……62,550円(1名様につき 6,950円)
10~14名様……………1名様につき 6,320円
15~20名様……………1名様につき 5,940円
21名様以上……………1名様につき 5,700円
 介助を要する方の場合には、介助者が必ずご同行ください。
介助者のガイド料は頂きません。ただし旅行傷害保険には加入していただきます(1名様につき500円)。
介助犬の同行も歓迎いたします。

これまでの催行実績: 1998年から

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名:Earthly Company
代表者名:木下 大然
連絡担当者:木下 大然
住 所:〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2627-133
電 話:0997-46-3714
ファックス:0997-46-3738
e-mail: eco@tetec.jp
ホームページ: http://tetec.jp
加入保険: 傷害保険・賠償責任保険
チェックリスト: チェックリスト(pdfファイル)



GET15 アースリーカンパニー 島巡り


GET15 アースリーカンパニー 島巡り






【日本エコツーリズム協会 Facebook】
http://www.facebook.com/jes.311
【日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ】
http://ameblo.jp/jesstudents/
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。









テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【鹿児島県】屋久島 沢登りエコツアー★グッドエコツアー★
<第21回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 屋久島 沢登りエコツアー
事業者名: Earthly Company
推奨期間: 2012年4月1日~2014年3月31日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

沢登りで屋久島の沢をご案内させていただくエコツアーです。
屋久島は水の島です。島中いたる所で清流が見られ、そのほとんどは飲むことが出来ます。あたり一面みずみずしく多様なコケやシダに覆われている沢、深い谷にところどころ大きな天然プールや滝が見られる沢、ホルンフェルスと花崗岩の巨岩を流れ落ちる見事な滝と深いポットホールが見られる沢など、屋久島の沢は多種多様で実に変化に富んでいます。春にはいろいろな小鳥がさえずり、まわりはイスノキ、スダジイなど照葉樹林の深い森が広がり、澄んだ水の中ではサワガニ、ヨシノボリ、ボウズハゼ、オオウナギなど様々な水生生物が見られます。
ツアーには訓練と安全向上のために救助犬を同行させていただいております。

ツアー情報のURL: http://tetec.jp/vlyguide.htm

GET15 アースリーカンパニー 沢登り

■推薦者からの声1■
 屋久島に行ったら絶対やりたいと思っていた沢登りツアーに参加しました。ヘルメット・ライフジャケット・沢たびをお借りできたので、気軽に・身軽に参加することができました。
 100%澄みきった水の中をジャブジャブと歩き、周りの木々と石にしげった苔の緑が水流にも自分の体をも包みこみ本当に神秘的な雰囲気が味わえました。
 お昼は沢ガニをつかまえて飯ごうで炊き込みご飯。さらには清流を使って天然の流しソーメン。
 水はペットボトルで買って飲むのがあたり前の子供たちも川の水を手で汲み、そのままおいしく飲める事に感動し目をキラキラさせていました。
 ガイドさんがいれてくれる屋久島茶がほどよく疲れた体をさらにいやしてくれました。
 屋久島の自然を肌で感じられた貴重な体験でした。
(阿部氏(ツアー参加者))

■推薦者からの声2■
屋久島の中央部は九州の最高峰を含む高山群を擁し、麓は亜熱帯の植物が繁茂しています。そのため植物の多様性は目を見張るものがあります。垂直分布をなす植物群は屋久島の植生の特色を物語っています。また海には多種多様な生物が生息しています。この島丸ごとが大切な島の遺産であり、世界自然遺産たる所以なのです。 
 Earthly Companyはこのような特性をアピールすると同時に大切な自然や生活文化を持続可能なものとするため、外来種など障害となるものや負の遺産についても問題を投げかけ、参加者とともに考え、エコツアーによって、より良い観光のあり方を追い求めています。
 また小グループを基本としているため、参加者のニーズに応じ、若者、ファミリー、年配者、障碍者等それぞれに配慮し、安全で楽しいツアーを心掛けているので安心してお奨めできます。
(渡邊氏(民宿春夏秋冬))

GET15 アースリーカンパニー 沢登り

【ツアーについて】 推奨期間:2012年4月1日~2014年3月31日
ツアー名: 屋久島 沢登りエコツアー
場 所: 屋久島の沢(多種多様な沢があるため、ご希望により選定させていただきます)
日 程: 9:00~17:00(ご希望により変更可能です)
催行時期:通年
参加費(税込):
(用具代、保険料込み/送迎無料)
1名様……15,500円(繁忙期を除きます)
2名様……24,400円(1名様につき12,200円)
3名様……33,000円(1名様につき11,000円)
4名様……42,000円(1名様につき10,500円)
5名様……50,000円(1名様につき10,000円)
6名様……57,900円(1名様につき 9,650円)
7名様……65,450円(1名様につき 9,350円)
8名様……73,200円(1名様につき 9,150円)

これまでの催行実績: 1998年から

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名:Earthly Company
代表者名:木下 大然
連絡担当者:木下 大然
住 所:〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2627-133
電 話:0997-46-3714
ファックス:0997-46-3738
e-mail: eco@tetec.jp
ホームページ: http://tetec.jp
加入保険: 傷害保険・賠償責任保険
チェックリスト: チェックリスト(pdfファイル)


GET15 アースリーカンパニー 沢登り





【日本エコツーリズム協会 Facebook】
http://www.facebook.com/jes.311
【日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ】
http://ameblo.jp/jesstudents/
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【鹿児島県】屋久島 カヤックエコツアー【1日/半日コース】★グッドエコツアー★
<第21回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 屋久島 カヤックエコツアー【1日/半日コース】 
事業者名: Earthly Company
推奨期間: 2012年4月1日~2014年3月31日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

カヤックで屋久島の川や海をご案内させていただくエコツアーです。急峻な屋久島でも、安房川などの河口付近ではゆったりとした静かな流れとなります。川の周りは照葉樹林の深い森に囲まれ、ヤクザルやカワセミなどとの出会いも期待できます。
屋久島の魅力の一つは清らかな水がふんだんにあることでしょう。河口付近でスノーケリングをすれば、ユゴイ、ナガノゴリ、ゴクラクハゼなど、汽水域の魚もいろいろ見られます。また経験者の方には、変化に富んだ海岸線を楽しむシーカヤックもお奨めです。
カヤックは上半身だけを使いますので下半身が不自由な方でも参加可能ですが、乗り降り等には介助を要しますので、介助を要する方の場合には介助者が必ずご同行ください。ツアーには訓練と安全向上のために救助犬を同行させていただいております。

ツアー情報のURL: http://tetec.jp/kykguide.htm

GET15 アースリーカンパニー リバー

■推薦者からの声1■
 カヤックは初体験でした。
 基本的な乗り方や注意点をしっかり説明してもらったら、後は実践あるのみばかりと乗り込みます。流れのゆるやかなところで練習をしていると、救助犬としてツアーに同行している犬がちょこんと乗りこんで来てくれて、慣れない不安や緊張を取り除いてくれました。
 それぞれのペースでゆったり・のんびりカヤックを楽しみ、少し腕前に自信がついてきた頃からさらに上流を目指して出発です。
 水深が浅くなるところまで到着すると、カヤックを停泊させてフィンとシュノーケルを装着し、さらに上流を目指します。岩場を乗り越え、流れに逆らい、まるで鮭の遡上気分です。
 どんなことにも動じず、しっかり訓練された同行犬は、内心「職務規定外・・・」と思いながら(?)泳力の弱い子供に尾をつかませて、力強い犬かきでサポートしてくれました。
 ゴール地点には、見事なトンゴの滝。マイナスイオンを全身に浴びながら、その景色に心奪われました。帰りに泳ぎ(立ち)寄った洞窟は、流木からの香りで充満されている最高の天然アロマサロン。胸一杯に杉の香りを吸い込み、心身共に開放されました。
 泳ぎが得意ではありませんでしたが不安も感じず、6歳~60歳までの参加者全員が同じペースで楽しめたツアーでした。体力や希望に合わせて遊び方を調整してもらえますので、幅広い方が楽しめるツアーとしてお勧めします。
(鈴木氏(ツアー参加者))

■推薦者からの声2■ 
 屋久島の中央部は九州の最高峰を含む高山群を擁し、麓は亜熱帯の植物が繁茂しています。そのため植物の多様性は目を見張るものがあります。垂直分布をなす植物群は屋久島の植生の特色を物語っています。また海には多種多様な生物が生息しています。この島丸ごとが大切な島の遺産であり、世界自然遺産たる所以なのです。
 Earthly Companyはこのような特性をアピールすると同時に大切な自然や生活文化を持続可能なものとするため、外来種など障害となるものや負の遺産についても問題を投げかけ、参加者とともに考え、エコツアーによって、より良い観光のあり方を追い求めています。
 また小グループを基本としているため、参加者のニーズに応じ、若者、ファミリー、年配者、障碍者等それぞれに配慮し、安全で楽しいツアーを心掛けているので安心してお奨めできます。
(渡辺氏(民宿春夏秋冬))

GET15 アースリーカンパニー リバー

【ツアーについて】 
推奨期間:2012年4月1日~2014年3月31日
ツアー名:屋久島 カヤックエコツアー【1日ツアー・半日ツアー】
場 所: 鹿児島県・屋久島の川、海(ご経験とご希望により選定させていただきます)
日 程: 1日ツアー:9:00~17:00(ご希望により変更可能です)、半日ツアー:8:00~12:00または13:00~17:00
催行時期:通年
参加費(税込):
【1日ツアー】(用具代、保険料込み/送迎無料/昼食付き)
1名様……17,800円(繁忙期を除きます)
2名様……29,000円(1名様につき14,500円)
3名様……39,900円(1名様につき13,300円)
4名様……51,200円(1名様につき12,800円)
5名様……61,500円(1名様につき12,300円)
6名様……71,700円(1名様につき11,950円)
7名様……81,550円(1名様につき11,650円)
8名様……91,600円(1名様につき11,450円)

【半日ツアー】(用具代、保険料込み/送迎無料)
半日の場合、送迎は安房周辺に限らせていただきます。
2名様……17,200円(1名様につき 8,600円)
3名様……23,640円(1名様につき 7,880円)
4名様……30,320円(1名様につき 7,580円)
5名様……36,400円(1名様につき 7,280円)
6名様……42,420円(1名様につき 7,070円)
7名様……48,230円(1名様につき 6,890円)
8名様……54,160円(1名様につき 6,770円)
介助を要する方の場合には、介助者が必ずご同行ください。
介助者のガイド料は用具代等および旅行傷害保険料(1名様につき1日4,800円/半日2,780円)のみとさせていただきます。介助犬の同行も歓迎いたします。

募集定員:ガイド1名につき8名様くらいまで
これまでの催行実績: 1998年から

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名:Earthly Company
代表者名:木下 大然
連絡担当者:木下 大然
住 所: 〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2627-133
電 話: 0997-46-3714
ファックス: 0997-46-3738
e-mail: eco@tetec.jp
ホームページ: http://tetec.jp
加入保険: 傷害保険・賠償責任保険
チェックリスト: チェックリスト(pdfファイル)


GET15 アースリーカンパニー リバー

GET15 アースリーカンパニー リバー







【日本エコツーリズム協会 Facebook】
http://www.facebook.com/jes.311
【日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ】
http://ameblo.jp/jesstudents/
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。