FC2ブログ
≪07  2012-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
【石川県】ウミホタルナイトスノーケリング★グッドエコツアー★
<第22回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: ウミホタルナイトスノーケリング
事業者名: 能登島イルカ・海洋研究所
推奨期間: 2012年8月1日~2014年7月31日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg

エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

フィールドとなるそわじ浦は遠浅で砂泥底の海で、昼間は砂泥の中に潜っていて見ることのできない多くの生物が、暗くなると活発に活動を始めます。スノーケリングでこれら夜行性生物を観察します。特にウミホタルが無数に生息しているのがここの海の特徴で、その光やヤコウチュウの光に包まれながらの遊泳はとても幻想的です。また、周囲に民家の光が無いため晴れればおどろく程の星空を観察することができます。

ツアー情報のURL: http://homepage3.nifty.com/notojima-dolphin/program/niget/niget.html

GET15 のとじま PACI


★推薦者の声1★ 
 フィールドとなっているそわじ浦は透明度が高く、藻場をはじめ様々な生き物が生息する多様な環境を作り出しています。近年は野生のイルカのスポットとしても有名です。このそわじ浦のもう一つの醍醐味は夜の海中の美しさを演出するウミホタルのイルミネーションです。そわじ浦にはウミホタルが多く生息しています。ウミホタルは波の静かな外洋に面した内湾の砂泥底に棲む甲殻類の一種で、海岸の埋め立てや護岸などの工事がすすんでいる現在では、ウミホタルの生息地が激減しています。このような現状にも関わらず、そわじ浦は自然環境が保全され、たくさんのウミホタルが生息する素晴しい海で、国内でも絶好のナイトスケーリングのスポットであると確信いたします。
 ウミホタルの発光物質はルシフェリンという物質です。ノーべル科学省を受賞した下村脩先生が初めて結晶化に成功した物質としても有名です。ウミホタルより分泌されたルシフェリンの作用で夜の海が輝き、その発光作用を現場の海で実感する喜びは計り知れないものがあります。
 ウミホタルを顕微鏡で観察し、青の光の軌跡を追っていくことも素晴しい体験となることでしょう。
(2010年2月25日 品川氏(学習院女子大学教授))

★推薦者の声2★ 
 撮影がとっても難しくて写真では皆様にお伝えしにくいのが残念です。
 是非、実際のウミホタルの光を能登島でご覧ください。
 刺激を受けると盛んに青色に発光しますが、これは外敵に対する威嚇です。
 仲間に危険を知らせるサインにもなっていると考えられています。
 また、雄は求愛のために発光します。
 ウミホタルは自分で光ってくれます。少しだけ待っててくださいね。
 能登島の海は穏やかできれいです。だからウミホタルが生息しています。
 ウミホタルは「宝の島 能登島」の宝石です。
(2010年2月25日 瀬川氏(のとじまんの宿 能登 島宿せがわ))

GET15 のとじま PACI


【ツアーについて】 推奨期間:2012年8月1日~2014年7月31日
ツアー名:夜の海が光る!ナイト「ウミホタル」スノーケリング
場 所: 能登島イルカ・海洋研究所
催行時期:初夏のみ。※スケジュールにつきましては、海の状況でできない場合がありますので、能登島イルカ・海洋研究所までお問い合わせください。
参加費(税込):6,000円
募集定員:10名
これまでの催行実績: 年間約120名、2012年度は200名以上の計画

スケジュール:
19:00集合、ブリーフィング、
20:00~20:30ナイトスノーケリング
21:00解散
対象:中学生以上
お申し込み:実施日の3日前までFax/Mailにて
魅力:ウミホタルの青い光、エビ・カニ等の観察、ライトを片手に神秘な海を探検、海の中で仰向けになれば満天の星空も魅惑的。  

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名:能登島イルカ・海洋研究所
代表者名:菅原 茂
連絡担当者:元木 雅
住 所: 〒〒926-0211 石川県七尾市能登島そわじ浦
電 話:0767-84-0395
ファックス:0767-84-0395
e-mail: notojimado@ecoquest.co.jp
ホームページ: http://homepage3.nifty.com/notojima-dolphin/
加入保険: 傷害保険・賠償責任保険
チェックリスト: ツアーのチェックリスト




GET15 のとじま PACI





↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

スポンサーサイト



テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【長崎県】対馬の自然と歴史を満喫するシーカヤックツーリング ★グッドエコツアー★

 <第22回グッドエコツアーにて推奨されたツアーを紹介していきます>

 GET_s.jpg

 

■グッドエコツアー(GET)とは:

エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。
推奨されるツアーには、ロゴがついています。

詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

 

★シーカヤックで自然と歴史欲張り体験★
ツアー名:
対馬の自然と歴史を満喫するシーカヤックツーリング
事業者:(有)対馬エコツアー



第16回GET対馬エコツアー

対馬の中心に広がる浅茅湾(あそうわん。壱岐対馬国定公園)でのシーカヤックによる自然体験ツアー。無人島での食事や、夏の海水浴、島の海岸線を彩る四季の植物の観察、エチゼンクラゲなどの海洋生物や国境を越えて渡ってくる野鳥などの観察を行います。古代より大陸文化の流通経路であり、国境防衛の最前線基地であった対馬の歴史に触れます。また、海岸に漂う漂流ゴミなどの観察を通して、地球規模で拡大する環境問題を体験します。


第16回GET対馬エコツアー

★推薦者からの声★
 国境の島・長崎県対馬の中央に広がる浅茅湾(あそうわん)は、古代より遣隋使などの大陸航路の要所であり、7世紀には古代山城「金田城」(国指定特別史跡)が築かれ、中世には倭寇の拠点となり、日清・日露戦争の時代には要塞・砲台が築かれるなど、つねに外国との交流と国防の最前線でした。この島が存在しなければ、日本の歴史ひいては東アジアの歴史が今とは大きく異なっていたのは間違いありません。
 古代の小船にも似たシーカヤックは、我々に歴史のロマンを味あわせてくれる貴重なツールです。シーカヤックで金田城のふもとに上陸し、1300年前に築かれた城壁に触れると、万葉集に残された古代の防人の心境にシンクロすることができます。
(有)対馬エコツアーが実施する「対馬の自然と歴史を満喫するシーカヤックツーリング」は、参加者の心を解放し、国境の島・対馬の魅力を存分に伝えることができる優れたツアーです。

以上の理由により、このツアーを推薦します。

(2010年 「対馬観光ガイドの会やんこも」 副会長 小松氏)

第16回GET対馬エコツアー

【ツアーについて】 推奨期間: 2012年8月1日から2014年7月31日
ツアー名:対馬の自然と歴史を満喫するシーカヤックツーリング
場所:長崎県対馬の浅茅湾
日程:半日コース(9:00-12:00、13:00-16:00 3時間)、1日コース(9:30-15:30 6時間)
催行時期: 通年(8/15、12/31~1/3を除く)
参加費(税込): お一人様6,500円~10,000円。(学生・島民割引あり)
募集定員:1~20名程度。
これまでの催行実績:2007年約600人、2008年約600人、2009年約600人、2010年約500人、2011年約500人。
(イベント等での体験ツアーも含む)

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名: (有)対馬エコツアー
代表者名: 上野 芳喜
連絡担当者: 上野 芳喜
加入保険: AIU保険会社(傷害保険、賠償責任保険)
住所:〒817-0435 長崎県対馬市美津島町箕形29
電話:0920-54-3595
ファックス:0920-54-3695
E-mail:seakayak@kacchell-tsushima.net
ホームページ:http://seakayak.kacchell-tsushima.net/
チェックリスト:ツアーのチェックリスト




★グッドエコツアーについては⇒こちら

第16回GET対馬エコツアー




 


 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【小笠原】ホエールウォッチング&ドルフィンスイムツアー ★グッドエコツアー★
<第22回グッドエコツアーにて推奨されたツアーを紹介していきます>
ロゴ
■グッドエコツアー(GET)とは:
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。
推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒⇒グッドエコツアーについて

★自然界への理解を深める★
ツアー名:ホエールウォッチング&ドルフィンスイムツアー
事業者:株式会社シー・タック

 父島列島の周りを船で走り、野生のクジラとイルカを探す一日ツアーです。出逢い次第、船上から観察し、イルカの状況と海況がよければ、スノーケリングで海中からも観察します。スタッフが、彼らの生態や行動について詳しく解説いたします。ツアー中には、海中公園でスノーケリングしていただき、オプションで体験ダイビングもできます。クジライルカに限らず、小笠原の海に棲むいろいろな生きものとの遭遇を楽しみながら、自然への理解を深めていただきます。

dolphinswimming.jpg

★推薦者の声★ 
 現在、日本のホエールウォッチ&スイム界は、様々な問題を抱えています。
たとえば、安全性を度外視したまま大型鯨類対象と泳がせる、動物に過度のストレスを与える、「寒くて辛い中、ただイルカを見せられただけ」と参加者に不満を抱かせるなど、例を挙げれば枚挙に暇がありません。以上のような状況が生まれるベースには利益優先主義の営業法、ホエールウォッチングの教育的価値への理解の欠如、動物や自然に関する知識の不足などがあると考えられます。このような現状を憂慮し、変えていこうとする強い信念がシー・タックにはあります。

 ホエール・ウォッチングは海洋環境を知り・守るために有益な体験教育の場であると提言し、子供や地域住民を対象に国内各地で啓蒙活動を実施している私にとって、体験型ツアーが実現し得る最大限の効果を出そうと努力するシー・タックスタッフの理想の高さと、参加者に最新の知識と最良の経験を与えようと工夫を凝らしたプログラムで作り上げるツアーの質の高さは、常に刺激的なお手本となってくれています。シー・タックのオーナーであるスキッパーとインタープリターは、小笠原のみならず世界各国で積んだ豊かな経験と熟練した技術、高い理想を土台に、彼らのツアーを単なる観光だけではなく骨太で高品質な環境教育活動に昇華させています。加えて、希望に満ちた若いスタッフを積極的に取り入れることで将来のホエールウォッチング界を担うべき芽の育成にも大きく寄与しています。ウォッチングボート↑には、ベテランが生み出す落ち着きと新人の活気がバランスよく配された居心地の良い空間が作り出されています。安全で快適なこの空間で丁寧なスイム技術指導やタイムリーで興味深い解説を受ける参加者達が発見できる小笠原の海の魅力、得られる感動、深められる自然への共感と理解・・これらの多さ、大きさには計り知れないものがあります。鯨類のみならず他の海の生き物たちや地形、海流に関する広く深い知見を以って、長きに亘り、島のホエール・ウォッチング界を牽引してきたシー・タックの取り組みが、観光客たちを々引き寄せるだけでなく、自然発生的に小笠原の海の保全へとつながっていることは疑いようもありません。
 
ホエールウォッチング&スイムが抱える問題を真正面から見据え、その発展と向上を目指すシー・タックのこれまでの実績と今後果たしうる役割の大きさを鑑みるに、資源の保全、地域独自の資源の活用、地域の活性化の3つの目的を満たしているグッドエコツアーに相応するツアーであることに間違いないと判断し、ここに推薦させていただきます。
(2010年7月10日 笹森氏(海洋生物調査家))

GET16 SeaTac

【ツアーについて】推奨期間:2012年8月1日から2014年7月31日
場所: 小笠原諸島父島列島沿岸
日程: 定期船入港翌日、翌々日、出港翌日、翌々日の8時30分から16時頃まで
催行時期: 通年
参加費(税込):12,600円から
募集定員:  16名
これまでの催行実績: 1993年11月より 毎年120~150回催行
ツアー情報のURL: http://www.sea-tac.jp/
チェックリスト: ツアーのチェックリスト



【お申込み・お問い合わせについて】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名: 株式会社 シー・タック
代表者名: 高橋 誠
連絡担当者: 高橋 智子
住所: 〒100-2101 東京都小笠原村父島字宮之浜道
電話: 04998-2-2277
ファックス: 04998-2-3277
E-mail: sea-tac@ogasawara.or.jp
ホームページ: http://www.sea-tac.jp/
加入保険: 傷害・賠責


GET16 SeaTac












 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【長野県】自然湖ネイチャーカヌーツアー ★グッドエコツアー★
<第22回グッドエコツアーにて推奨されたツアーを紹介していきます>
ロゴ
■グッドエコツアー(GET)とは:
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。
推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

GET16 おんたけアドベンチャー

★「癒しを楽しむ」をコンセプトに★
ツアー名: 自然湖ネイチャーカヌーツアー
事業者: おんたけアドベンチャー

1984年長野県西部地震時に発生した土石流が川をせき止めて出来た自然湖。カヌーに乗って散策。歴史的にも価値があり、自然災害に関心を持って頂きながら、水面に立ち並ぶ木々を抜け、水の揺らぎを感じながらカヌーで森林浴を楽しんで頂きます。少人数制で、のんびり落ち着け、新しい癒しの時間を味わうツアーです。

GET16 おんたけアドベンチャー

★推薦者からの声★
 このカヌーツアーは、スポーツのようなアクティブなレクリエーションとは違い、自然との静かな一体感がお客様の心を捉えているようです。自然災害によって出来た場所ということだけでなく、一度破壊してしまった自然が再生されていく姿への畏敬の念からか、ゆったりと時の流れを感じて楽しまれるお客様が増え、定着してきていることは、私達にとっても嬉しいことです。これこそが他のカヌーツアーにはない魅力だと思います。村の自然遺産を大切にしながら、26年前に自然湖を作った長野県西部地震を、カヌーツアーを通して伝えていって下さるおんたけアドベンチャーに深く共感し、ここに推薦させていただきます。
(2010年7月14日 瀬戸氏、田中氏(郷土料理「ひだみ」))

GET16 おんたけアドベンチャー

【ツアーについて】 推奨期間:2012年8月1日~2014年7月31日
場所: 長野県木曽郡王滝村 自然湖
日程: 半日コース 9:30~12:00 13:30~16:00
催行時期: 4月下旬から11月上旬
参加費(税込):  大人(中学生以上)5,000円  子供3,000円
募集定員: 16名(4組程度)
これまでの催行実績: 2005年から4月下旬から11月上旬の間 毎年
チェックリスト: このツアーのチェックリスト


GET22おんたけ



【お申込・お問合せ先】 (グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
業者名: おんたけアドベンチャー      
代表者名: 二宮 隆博
連絡担当者: 二宮 隆博
住所: 〒397-0201 長野県木曽郡王滝村3771-1
電話: 0264-48-1208
ファックス: 0264-48-1208
E-mail: mail@ontake-adv.com
ホームページ: http://www.ontake-adv.com/
加入保険: 傷害・賠責

GET16 おんたけアドベンチャー



★グッドエコツアーについては⇒こちら

 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓他の環境ブログもご覧ください。
人気ブログランキングへ

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析