≪06  2013-07/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋葉原で「うち水っ娘」!!

あれは数年前になるでしょうか(曖昧)、季刊「ECOツーリズム」の「エコツーリズムの現場から」のページで、「各地で行われている活動」の紹介として、東京は秋葉原で「圧電素子を駅の改札の床に埋め込めないか」「秋葉原で夏に打ち水イベントをやって、街なかから冷やす」といった野望(?)をもっている方に原稿をお寄せいただいたことがあります。

「秋葉原? エコツーリズムの冊子に秋葉原?」と掲載当時は一部で話題になったのですが、そのうちの「うち水っ娘(うちみずっこ)」の活動が、今年10年目を迎えました。

うち水っ娘とは? (うち水っ娘のサイトから)

『うち水っ娘大集合!』は秋葉原にて、
みんなで「うち水っ娘」に変身して、
楽しく打ち水をして、暑い夏の秋葉原をちょっと冷やす。


浴衣を着た方や、秋葉原のメイドさんたちが桶を持って、いちど使用した水を撒く。
「ただそれだけ?」と思うかもしれませんが、その「ただそれだけ」が実はとても綺麗な景色を生み出すのです。
秋葉原駅は複数の路線が乗り入れ、駅の使用人数も多い街です。
そこで真夏に、日差しを浴びて、イベントらしく打ち水をみんなでやると、撒かれた水がキラキラと輝いて、その水滴ごしに見る街並は、いつもとまた一味違ったものになるのです。
しかも水を撒く方は、秋葉原のメイドカフェのメイドさんや、浴衣姿の方々。夏らしさが一気にアップします。

その「うち水っ娘」が、ボランティアスタッフを募集しています。

「うち水っ娘」は、
2013年8月3日(土)、10:30-11:30に、JR秋葉原西口交通広場にて開催されますが、ボランティアスタッフとして参加ご希望の方は、下記のサイト「ボランティア募集」のところからご連絡下さい。
http://uchimizukko.chu.jp/

【うち水っ娘大集合! 2013 みんなで虹をかけようよ。」
主催: NPO法人秋葉原で社会貢献を行う市民の会リコリタ
後援: 千代田区

↓ 過去開催の様子。(写真提供:NPO法人秋葉原で社会貢献を行う市民の会リコリタ)
うち水っ娘





【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★エコツーカフェ『クジラが館長の美術館 -高知県の砂浜美術館から-』開催しました★
第69回エコツーカフェ   
2013年7月18日(木) 18:30~20:00(開場18:00)   
『クジラが館長の美術館 -高知県の砂浜美術館から-』  
村上健太郎さん、西村優美さん、香庄謙一さん(特定非営利活動法人 NPO砂浜美術館

毎月、東京で開催しているイベント「エコツーカフェ」。
エコツーリズムを軸に、各国・各地域のエコツーリズム事情や自然や文化、歴史などを専門の方にお話をいただいています。

会場はオーガニックカフェで、お客様にはおにぎりセットを出しています。
7月18日には、第5回エコツーリズム大賞(環境省)で優秀賞を受賞した、高知県の「砂浜美術館」の方をお招きして開催しました。

エコツーカフェ20130718砂浜美術館


第5回エコツーリズム大賞(環境省)で優秀賞を受賞した砂浜美術館の方をお招きして開催しました。

お話をしてくださったのは、砂浜美術館の理事長の村上さんと、スタッフの西村さん、そして香庄さん。 (砂浜美術館の館長さんは海を泳ぐニタリクジラなので、お話し頂けないのですが、動画で泳ぐ姿を披露してもらいました)

砂浜美術館は高知県黒潮町にある建物のない美術館です。
長さ4kmの美しい砂浜を美術館に見立て、四季折々のオリジナル企画を行っています。
村上さんに、その取り組みをご紹介いただきました。
たとえば、毎年GWに行われている「Tシャツアート展」。砂浜に杭をたて、Tシャツをひらひらさせる展示会です。 「なんだそれ?」と思う方もいるかもしれませんが、砂浜と、そこにはためく(ひらひらする)Tシャツ。
砂浜と、空と、そしてそこに吹く風を感じられる「美術館」になるのです。

エコツーカフェ20130718砂浜美術館

そして西村さんからは、Tシャツアート展をモンゴルで行った時の話をしていただきました。
おふたりとも、高知には移住をされてきたそうですが、本当にその土地が好きで、色々な活動も、楽しんでやっていることが伝わってきました。

↓ 「きびなごフィレ」や「さとうきび酢」などが高知から届きました。 
エコツーカフェ20130718砂浜美術館

砂浜美術館、ぜひこの夏(といわず秋も冬も春も)訪れてみてはいかがでしょうか。

■参加されたお客様から■
・素敵なお話をありがとうございます。自分の居場所を魅力的にすることに大変興味があります。
・写真と動画で雰囲気が伝わりました。

↓ 砂浜美術館の「すなびてんぽ」の品々。今回のエコツーカフェでは、特別にここの天日塩を使ったおにぎりをお客様にお出ししました。
エコツーカフェ20130718砂浜美術館

 次回のエコツーカフェ 

第70回 エコツーカフェ
9月18日(木) 18:30~20:00   ※第3木曜日の開催
「アルメニア」

トルコの東に位置するアルメニアで、花や自然、伝統的なワイン造りやお祭りを楽しむツアーを行っている旅行会社の方をお招きします。
日本語が堪能な、アルメニアの方にお話を頂きます。
日本だとなかなか情報が得辛いアルメニア。
この機会にぜひお越し下さい☆



【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム 参加者・発表者募集中★
第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム
参加者・発表者募集中
 


students_2013_400_01.jpg


 2009年から開催している「全国エコツーリズム学生シンポジウム」。
 「エコツーリズムを研究しているけれど、発表の場がなかなかない」という学生達からの声に応えてはじまったものです。
 基調講演ではエコツーリズムに関わる方々をお招きし、そして研究発表では、「環境」「観光」「地域」などのカテゴリーに分かれて学生が発表を行います。また会場ではポスターセッションの場も用意されています。

 このシンポジウムでの研究発表者、ポスターセッション発表者、そして一緒にエコツーリズムについて話をしたいという聴講者(参加者。学生、一般を問いません)を募集しています。

 今年のテーマは?
今回のテーマは、『つたえる・つたわる』。
『つたえる・つたわる』には互いに寄り添い、理解する、そしてそこから、知らなかった「声」や新たな「気づき」を感じてほしい、という想いを込めました。
「人」とつき合うとき、「地域」とつき合うとき、「自然」とつき合うとき、自分の想いだけをぶつけていてはうまくいきません。
その相手が何を思い、何を求めているのか、寄り添うことが大事ではないでしょうか。 皆さんが伝えたい想い、皆さんだけが知っている声を届けてください!そしてその「声」を聴いてください。

 今年の基調講演は?
今年世界文化遺産に登録された「富士山」のエコツーリズムについてです。
誰よりも富士山を近くに感じ、富士山を知る 富士登山ガイド による講演を予定しています。

students_2013_400_03.jpg


【開催概要】
■ 日 時: 
2013年11月30日(土)10:00~18:10、 交流会 18:30~20:00
■ 会 場:東京大学 本郷キャンパス 弥生講堂・一条ホール
      (東京都文京区弥生1-1-1 
      最寄駅:東京メトロ南北線「東大前駅」徒歩1分、東京メトロ千代田線「根津駅」徒歩8分)
■ 参加費:無料(交流会参加費:学生1,000円 一般2,000円)
※マイ食器持参大歓迎!!
■ お申込:氏名、所属、電話またはE-mail、交流会参加の有無をご記入の上、E-mail、またはFAXにて日本エコツーリズム協会まで、お申し込みください。

【お申込・お問合せ】
NPO法人日本エコツーリズム協会(担当:高野)
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
電話: 03-5437-3080
ファクス: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ★(at)を@に変えて送信してください。

■ 主 催: 第5回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
■ 協 賛: 日本航空株式会社 JALロゴ
■ 後 援(予定): 環境省・観光庁・農林水産省・文部科学省
■ 協 力: 東京大学

20110129stu_400_08_20130712175331.jpg

【プログラム】
●10:00~ 開場・受付(弥生講堂・一条ホール)
       [同時進行] 学生によるポスターセッション
●11:00~ 開会・基調講演 
       「富士山のエコツーリズム(仮)」
       ゲスト:近藤光一氏(富士山登山学校ごうりき代表)
●12:20~ 昼休憩
●13:20~ 学生による研究発表
       (発表1人10分程度×3名、講評15分)×3テーマ
     ワークショップ
       (6~8人のグループを作り、会場参加型ワークショップを行います。) 
●17:30~ 意見共有・全体講評・学生からの提言・閉会
●18:30~ 交流会(希望者)

~研究発表・ポスターセッション発表者募集要項~ 07
研究発表またはポスターセッションの発表者を募集します。
下記の「環境保全」「地域振興」「観光振興」のテーマよりひとつを選びご応募ください。

「環境保全」...生物多様性・国立公園・モニタリング・環境教育…etc
「地域振興」...食・文化・国際協力・コミュニティ・民族・地産地消…etc
「観光振興」...世界遺産・産業観光ホスピタリティ・インバウンド・…etc

発表内容は、各テーマのキーワード例を参考にしてください。ゼミやサークル、個人研究など論文としてまとまっていなくても結構です。ユニークな研究をお待ちしております!
研究発表持ち時間: 約10分
●申込資格:大学、大学院、専門学校などに在籍している学生であればどなたでも。
      (留学生や、海外で学んでいる学生の発表も歓迎!)
●申込方法:下記ページからエントリーシートをダウンロードし、内容を記入した上、Eメール、またはFAX、郵送にてお申込みください。
http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/student

●締め切り:9月30日(月)(必着)
●交通費:研究発表者には国内での実費交通費を支給いたします。(上限規程あり)
※エントリーしていただいた方には研究発表か、ポスターセッションのいずれかの発表の場を用意したいと考えております。発表形態については、エントリーシートをもとに実行委員会にて協議の上、10月15日(火)以降にご連絡いたします。

★日本エコツーリズム協会では、「全国エコツーリズム学生シンポジウム」の運営や、学生部会に興味のある学生を歓迎しています。興味のある方は日本エコツーリズム協会までご連絡下さい。

学生部会facebook: https://www.facebook.com/jes.students
学生部会ブログ: http://ameblo.jp/jesstudents/
学生部会twitter: http://twitter.com/jes_students


students_2013_400_02.jpg










【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★第18回JESフォーラム「建築家ジェフリー・バワから語る『アマン伝説』開催しました★
★第18回JESフォーラム「建築家ジェフリー・バワから語る『アマン伝説』開催しました★

第18回JESフォーラム
2013年7月10日(水) 18:30-20:00
【建築家ジェフリー・バワから語る『アマン伝説』】
ゲストスピーカー: 山口由美さん(旅行作家) 

公式サイト: http://www.yumiyamaguchi.com/


「アマン伝説 創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命」(文藝春秋:2013年4月)著者であり、旅する作家、そして日本エコツーリズム協会の会員でもある山口由美さんに、スリランカの建築家、ジェフリー・バワを軸に、アマン・リゾートとバワの繋がり、その土地の自然をいかしたホテルをつくったバワの生涯についてをお話いただきました。

JESフォーラム20130710山口由美さん


スリランカの国会議事堂を建築したジェフリー・バワは1919年、スリランカ生まれ。建築家としてのデビューは38歳と決してはやくはなく、もとはケンブリッジ大学で学び、弁護士をしていたそう。

 ヨーロッパ系の裕福な家庭に育ち、1939年にケンブリッジ大学に留学しますが、その年に第二次世界大戦が勃発。
 その後、弁護士として活動をしますが、実家の経済状況の悪化もあり、スリランカへ戻ります。

 弁護士をしていたものの、イタリアのガルダ湖で過ごした時間が忘れられなかったバワは、10歳上の兄、デイビスの助言もあり、自らの理想郷、美しい景色と時間を楽しめるような場をスリランカにもつくろうと建築の勉強をはじめます。そしてケンブリッジ大学で建築を学び直し、38歳で建築家としてスタートを切りました。
 
 まわりみちをして建築家となった彼。もし戦争が起こらなかったら、もし実家の経済状況が悪化せず、そのままヨーロッパに滞在していたら... 「歴史の巡り合わせがバワを建築家にした」と山口さん。

 山口さん自身もバワが建築したホテルをまわり、バワゆかりのひとびとに話をきき、今回の著書、「アマン伝説」を書き上げたそう。バワの建築はどこかヨーロッパの面影を感じさせ、「イタリアが熱帯に舞い降りた」と称されることもあるそうです。
 
 その土地にあった岩山を、まるごと大きな2つのウイングで抱きかかえるように建てられたホテル、「カンダラマ・ホテル」、港町ゴールに作られた、海を借景とした「ライトハウス・ホテル」。
 「空間の外と内を感じられるようにした」数々の建築は、西洋のホテルとは違い、ホテルの建物そのものによって外界と隔てられたものではなく、その土地の自然を心から、そして五感で楽しめるもの。

 そして山口さんのお話は、エイドリアン・ゼッカという、アマンリゾーツの創業者にも触れていきます。「ホテルは西洋のもの」とされていた時代に、その土地の風景や食事などをいかに大切にし、お客様を迎え入れていくのか。そんなホテルを建築する人物たちには、一貫した、自然と寄り添っていきたいという思想があるように感じられました。

JESフォーラム20130710山口由美さん

お越しいただいたみなさま、山口様、ありがとうございました!

 当日は、文藝春秋様のご協力で「アマン伝説 創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命」の販売とサイン会を行いました。

JESフォーラム20130710山口由美さん









【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

★エコツーリズム国際大会のパンフレット★ 【希望者配布中】
★エコツーリズム国際大会のパンフレット★ 【希望者配布中】

今年10月に鳥取県で開催予定の「エコツーリズム国際大会2013in鳥取」。
鳥取県の美しい景色を切り取った写真など豊富に使ったパンフレットが出来上がりました!

鳥取砂丘や大山、そこに広がる森や里などの写真とともに、エコツーリズム国際大会の「基調講演」や「エクスカーション」などの説明があり、また申込書も付属でついています。
こちらのパンフレットを「欲しい」あるいは「自分のところで配りたい」という方がいらっしゃいましたら、日本エコツーリズム協会まで送り先、ご希望の部数をお知らせ下さい。確認ができしだい対応をいたします。

「エコツーリズム国際大会2013in鳥取」
http://iec2013.daisenwonder.com/
2013年10月19-21日、鳥取県米子市他にて開催

【お問合せ】
日本エコツーリズム協会
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル4F
電話:03-5437-3080 メール:ecojapan@alles.or.jp

■パンフレット(一部)

エコツーリズム国際大会2013in鳥取

エコツーリズム国際大会2013in鳥取

エコツーリズム国際大会2013in鳥取

エコツーリズム国際大会2013in鳥取




【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【会員さんから】ガラパゴス旅行の魅力
 ガラパゴス旅行のお話 

世界自然遺産でもある、ガラパゴス諸島。
太平洋の赤道そばにうかぶこの島々は、南米エクアドル領の島です。

この度、日本エコツーリズム協会の会員で、ガラパゴス諸島旅行を含め、南米旅行を主に扱っている「株式会社アートツアー」様から、ガラパゴス旅行の見どころをお寄せいただきました
写真は全てアートツアー様からのご提供です。

「ガラパゴスの楽しみ方いろいろ」

アートツアーガラパゴス

ガラパゴス諸島は赤道直下に位置し、名前の付いている島だけでも123の大小の島々が分散して諸島を形成しています。
全陸地面積のおよそ97%が国立公園に指定されて、厳正に自然が保全されています。残りの3%程は5島に分散しており、21,000人程の人々もガラパゴスの自然と共に暮らしています。

ガラパゴス諸島のツアースタイルは、宿泊施設の無い島々に固有種の動物たちが生息しているので、船に泊まりながら各島々を見学をする”クルーズスタイル”が一般的です。ほとんどのプログラムは、一日に2箇所の上陸を繰り返しながら15日間で諸島内を周回する定期クルーズとなっています。1航海が15日間では長いので、多くの船が4日間、5日間、8日間のショートプログラムに分割して利用できるようにしています。
クルーズの魅力は広域に分散している島々を効率的に訪れる事ができること。都合の付く限り乗船期間を長くできれば、比例して多くの動物の見学が可能です。

アートツアーガラパゴス

人々の暮らす4島の町にはホテルがあるので、島に宿泊をしてガラパゴスを体験する事も可能です。もともとこのガラパゴスに辿りついた最後の動物が人間なので、町の中でもガラパゴスを代表する動物達が共存していて、驚かされる事も数多くあります。国立公園内には自由気ままに足を踏み入れることができませんが、ホテルに泊まりながらビジターサイトの見学ができるツアーも数多く販売されています。
1日で往復できる範囲の見学しかできなくても、ガラパゴスの魅力は楽しく感じることができます。またホテルに滞在する事で、朝から夜までガラパゴスの社会に身を投じ、離島に漂う空気と時間に浸ることができるのは、最大の魅力のひとつです。プログラムにより島々のホテルを泊まり歩きながらガラパゴスを楽しむツアーもあります。

ガラパゴスの楽しみ方は数多くありますので、目的に合ったツアーを探してお楽しみください。

(意外?かもしれませんが、赤道近くのガラパゴスにもペンギンが生息しているのです)
Bird-Penguin-IsabelaPier.jpg


ガラパゴス旅行のお手配は:株式会社 アートツアー
TEL:03-3862-6363
E-mail:arttour(at)galapagos.co.jp ※(at)を@に変えて送信
URL:www.galapagos.co.jp



ガラパゴスの動物たち。
↓グンカンドリのオス。繁殖行動で赤くなったのどを膨らませていますが、この姿は1年に1週間くらいしか見られないとのこと。
アートツアーガラパゴス

↓鮮やかな青い脚が名前の由来、アオアシカツオドリ
アートツアーガラパゴス

↓ガラパゴスの固有種であるウミイグアナ
アートツアーガラパゴス








【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【求人】長野県飯山市「なべくら高原 森の家」にスタッフ募集
第7回エコツーリズム大賞(環境省・日本エコツーリズム協会)で大賞を受賞した「信越トレイルクラブ」。

日本エコツーリズム協会の会員様もいらっしゃるこの団体様から、スタッフ募集のお知らせが届きました。
募集をしているのは長野県飯山市にある「なべくら高原・森の家」。
いつもスタッフに欠員が出た時に募集をしていますが、先日スタッフの方から、募集をしているというご連絡がありました。

以下転載です。


詳細:  http://www.nabekura.net/about/recruit.html



求めている人は・・・
募集対象:30歳前後の健康な方(男女問わず)

仕事内容:森の家の業務全般
宿泊事務業務・自然体験・田舎体験メニューの提供
クラフト作り・そば打ち体験
森林セラピー事業の推進・信越トレイルクラブ事業の推進
ビジターセンターの運営業務
里山の景観再生の活動・トレッキングルートの整備
信州最北の小さな村の活性化取り組み
宿泊コテージの維持管理
などなど・・・。多岐にわたります!

待遇:給与等については当社規定に基づき決定する
当初は通年雇用の臨時職員
勤務状況を判断してその後、嘱託、正職員への移行。
希望者には社宅を用意します。
(独身者は古民家での共同生活の場合もあります)
社会保険・労働保険・厚生年金加入

勤務時間:月20日、1日8時間のシフト制

応募〆切:決定次第終了
応募者の中から書類選考の後面接を実施します。
(該当者に連絡します)

応募方法:履歴書及び作文1200字程度(内容自由)を下記まで
送付して下さい。履歴書及び作文は直筆のもの。
詳細はお問い合わせ下さい

◆お問い合わせ・書類送付先◆

〒389-2601
長野県飯山市なべくら高原柄山

一般社団法人 信州いいやま観光局
なべくら高原・森の家(高野)

電話:0269-69-2888
mail:k.takano@nabekura.net








【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

【富山県】★ 1周年記念! かみいち時間について
富山県上市町で開催されている「かみいち時間」。

上市町の「エコツーリズム推進員」が中心となって開催し、日本エコツーリズム協会も「協力」として関わっています。

上市町の歴史文化・人・自然環境などに町の新たな魅力を発見したり、エコツーリズムの考え方に親しんでいただける、学びの要素も加わった楽しい時間を共有するイベントとしてがスタートし、1年が経ちました。

その間の参加者数は延べ250名以上。

今回は、1周年を記念し、これまでと趣向を変え、歌でのんびり楽しく過ごすイベントが企画されました。
歌と演奏は、つるぎ恋月や様々な福祉施設等町内でライブ活動を行っているバンド「海風」。
「海風」の人気の秘密に、200を超えるリクエストナンバーがあります。
懐メロ・フォークから、沖縄民謡、そして最近のJポップまでという幅広いレパートリーは、地道な演奏活動によって培われたもの。
この日も、後半はリクエスト大会を予定(当日、レパートリー・リストを配布します)。
大岩門前街のノスタルジックな雰囲気の中での歌と演奏、楽しみです!
皆様奮ってご応募下さい。

【お申し込み・ お問い合わせ】
上市町役場産業課商工観光班 担当:澤井
TEL:(076)472-1111 内線 364
MAIL:kamiichi_jikan@town.kamiichi.toyama.jp


詳細: http://www.town.kamiichi.toyama.jp/event-topics/svTopiDtl.aspx?servno=1083






【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。