≪10  2014-11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季刊エコツーリズムの最新号、通巻65号を発行しました
★季刊エコツーリズムの最新号、通巻65号を発行しました★

季刊エコツーリズム

*巻頭インタビュー: 楓千里さん(株式会社 JTBパブリッシング 執行役員)
*特集: 島の”資源性”を活かしたエコツーリズム
*世界のエコツーリズムサイト: アイスランド
*エコツーリズムの現場から: グアテマラのエコツーリズム
*行ってきました! エコツアー: JES学生部会関西支部企画・実施エコツアー報告
*各地より「日本の宝」
・日本エコツーリズム協会活動報告
・クリッピング / 海外情報
・事務局通信
【発行日】 2014年11月25日
【発行】 NPO法人日本エコツーリズム協会
表紙写真:アイスランドの間欠泉ストロックル。数分に一度、約20m吹き上げる。(写真提供:グレイ
ラインアイスランド)

【注文方法】
氏名、住所、電話番号、希望図書名、部数を明記の上、e-mail・fax・郵便あるいは電話にて、JESまで直接ご連絡ください。入金を確認次第お送りいたします。
(※季刊誌:1部540円(税込)、別途送料がかかります)

NPO法人 日本エコツーリズム協会
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
fax:03-5437-3081
tel:03-5437-3080
e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【振込先】
■銀行:みずほ銀行 神田支店 普通預金 口座番号1853020
名義: ニホンエコツーリズムキョウカイ
■郵便振替:口座番号 00190-2-82228
名義: 日本エコツーリズム協会



【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。



スポンサーサイト
★第26回JESフォーラム 『もっと知ろう、ヒグマのこと ―世界自然遺産知床にみる人と野生動物の関係とは?―』 開催
日本エコツーリズム協会主催の「JESフォーラム」では、毎回エコツーリズムを軸に、エコツアーガイド、冒険家、野生動物写真家、研究者、旅行作家の方々など様々な方をお招きし講演をいただいています。(「モンベル渋谷店」にて開催)

第26回JESフォーラム
『もっと知ろう、ヒグマのこと ―世界自然遺産知床にみる人と野生動物の関係とは?―』
12月10.日(水)18:30-20:00 (開場:18:00)  
スピーカー:
山本 幸さん(公益財団法人 知床財団


JESフォーラム 知床 20141210

近年、クマについてのニュースをよく耳にするようになりました。
人里のみならず、大都市近郊でのクマの出没は象徴的な出来事です。
「人と野生動物の関係が変わり始めているのでは」と感じる方も多いのではないでしょうか。

北海道の東にある世界自然遺産「知床」(しれとこ)は、世界的にも有数のヒグマの高密度生息地域であると同時に世界自然遺産登録地として、人と野生動物との関係が問われる場所でもあります。
知床財団は20年以上にわたり、知床の自然を「知り・守り・伝える」
ことをミッションとし、野生動物の調査研究・保護管理活動を継続してきました。

実物の標本を詰めた「トランクキット」(下の写真)を用いながら、実際のヒグマに触れてみましょう。
野生動物としてのヒグマの姿が見えてくるはずです。
ヒグマ対策の現場での活動の様子や実際に自身が遭遇した際の対処法についてもお話します。

★開催概要★ ※要予約
【日時】 12月10日(水)18:30-20:00 (開場:18:00) 
【場所】 モンベルクラブ渋谷店 (渋谷・東急ハンズ向かい)
【参加費】  一般1,000円、学生500円(要学生証)、モンベルクラブ会員500円(要会員証)  資料、飲み物付
(飲み物はコーヒー、紅茶、ジュースからお選びいただき、受付スタッフにお知らせ下さい)
【お申込・お問合せ】 
日本エコツーリズム協会までメール、お電話でお申し込み下さい。
・氏名
・性別
・連絡先
・居住都道府県
・イベントを知ったきっかけ
・一般あるいは学生/モンベル会員かどうか
・知床に行ったことがあるかどうか
・(もしあれば)当日聞きたいこと
■以上を日本エコツーリズム協会までメールあるいはお電話などでお知らせください。
(※複数名でお申込みの場合、参加される方のお名前全員分をお知らせ下さい。(連絡先は代表の方のみで結構です))

■日本エコツーリズム協会■
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【主催】NPO法人日本エコツーリズム協会
【協力】株式会社モンベル

★各種エコツーリズム関連イベントの開催情報は、メールマガジン(毎週金曜日配信・登録無料)でもお知らせしています。ご登録を希望の方は、「メルマガ希望」と題して日本エコツーリズム協会事務局( e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp )までお知らせください。

JESフォーラム 知床 20141210





【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

「第6回全国エコツーリズム学生シンポジウム」連動エコツアー
★「第6回全国エコツーリズム学生シンポジウム」連動エコツアーを11月30日に開催★ 募集中

「おかえりなさい、小野路の里 ~見つけよう!道に眠る宝物~ 」

 東京との町田駅周辺は原町田と呼ばれ、その名の通り原っぱばかりの土地だったという。今となっては商業施設や飲食店が立ち並び、多くの人が行き交う若者街だ。その一方で、里山の原風景を今に残しているのが、小野路である。多摩丘陵と谷戸地形が織りなす原風景の中を流れる時間はとても緩やか。歴史の刻まれた道を歩いていくと、小野路の旧宿場町へ。里山交流館では、地元野菜や工芸品が販売され、地元のお母さん方によって地元料理もふるまわれている。初めて訪れた人でも懐かしさを感じられる雰囲気が印象的。

 歴史や木々があふれる原風景の残る里山や小野路のお母さん方が作る地元料理から、ゆったりとした安らぎを感じてほしい。また、参加者がこのツアー経験を通して、自身の現住地や出身地へ関心を持つように促したい。

【開催日時】 11月30日(日) 10:00~14:30
9:15 小田急線「鶴川駅」集合 9:32 バス乗車「鶴川駅」発  9:44 「別所」着 14:30 解散 
※バス時刻 「小野神社」~「鶴川駅」15:02 / 15:52
【開催地】 東京都町田市小野路町
【対象者】 どなたでも
【参加費】 1000円(小野路うどん付)※交通費別途(往復)
【定員】 最少催行人数 2名  最大催行人数 15名 
【お申し込み、お問い合わせ】 日本エコツーリズム協会まで、お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、所属、連絡先、イベントを知ったきっかけをご連絡ください。
tel:03-5437-3080、email: ecojapan@alles.or.jp
【移動手段】 バス(鶴川駅~集合場所 / 解散場所~鶴川駅)、徒歩
【参加者のみなさまへ】 温度調節しやすい服装(長袖・長ズボン)、歩き慣れた靴、飲み物
→起伏のある里山を歩くため。
【 内容「フットパスツアー」】
1. 里山・小野路宿ガイド(「別所」バス停~里山交流館)
2. 里山交流館案内 / 昼食(里山交流館「小野路うどん」)
3. 塗り絵
コース上の景色の絵(白黒)を数パターン用意し、参加者に自由に選んでもらう。参加者はツアー中の景色を思い出しながら、思い思いの色を絵に塗っていく。完成した絵は、こちらが用意する小さい額縁(写真立てのような)と一緒に持ち帰ってもらう。

【主催】 日本エコツーリズム協会(JES)、(JES)学生部会
【協力】 NPO法人みどりのゆび

【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。



プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。