≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【北海道】霧多布湿原のエコツアーガイド
毎月、東京の渋谷で開催しているイベント「月いちフォーラム」のお知らせです。
今月は和のテイスト満載の落語をお届けしましたが、来月12月ははるばる北海道からやってくるエコツアーガイドさんがゲストです。

 エコツアーガイド!! 「一体どんな職業なのよ」「エコツアーのことはよくわからないけれど、どうしようもなく北海道が好きだ」「実は北海道出身」「北海道のあまり知られていないことを知りたい」などなど、どれかに当てはまる、あるいは、当てはまらなくてもよいのですが、エコツーリズムに興味がある方、みなさまの参加をお待ちしています。
 環境保全の話も出てくる予定です。自然関係の方向に進みたい学生さんにもおすすめです。

-------------
第32回 12月10日(水)
『3100ヘクタールの花の湿原-その魅力と保全とまちづくり』
ゲスト: 阪野真人さん(NPO法人 霧多布湿原トラスト


 北海道の東に位置する霧多布湿原。そこでエコツアーガイドとして活動している阪野さんをお招きします。泥炭地を長靴をはいて歩いたり、地元の食材で料理をしたり・・・・。ガイドさんから直接、エコツアーにかける思いや霧多布湿原の魅力を聞いてみませんか? 
081210.jpg
※NPO法人 霧多布湿原トラストは、昨年「第3回エコツーリズム大賞」(環境省主催)で大賞を受賞しました。

★阪野さんからのメッセージ★ 
北海道の東側に、日本で三番目に大きな湿原があります。東京ドーム700個分の面積を持つこの湿原は、その花の群生の見事さから、「花の湿原」と親しまれ多くの花々が咲き誇ります。
 湿原は、「天然のダム」「海の栄養源」はたまた「ゴミ捨て場!?」。私達がナショナルトラストという手法で保全活動を行っている霧多布湿原について、魅力や課題、また保護とまちづくりを目指した活動の広がりをご紹介します。日本の隅っこで頑張っているNPOの、リアルな活動紹介です。

【プロフィール】
1980年名古屋生まれ。東京環境工科専門学校にて野外活動や動植物の調査を学ぶ。福井県若狭町でのカヤックガイドを経て、現在は霧多布湿原トラストにてエコツーリズムを担当。霧多布湿原の雄大さや繊細さ、また一次産業を営む人々の逞しさから学び、持続可能なまちづくりに向けて、霧多布湿原の保全や地域の課題を解決するエコツーリズムの発展を目指す。

【場 所】モンベルクラブ渋谷店(渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル5F)
【お申込】モンベルクラブ渋谷店 tel:03-5784-4005
【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み)
※日本エコツーリズム協会会員特典有
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!




↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 
にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。