≪09  2017-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月いちフォーラム「霧多布湿原」レポ
第32回 12月10日(水)
『3100ヘクタールの花の湿原-その魅力と保全とまちづくり』
ゲスト: 阪野真人さん(NPO法人 霧多布湿原トラスト


おかげさまで、このブログもみなさんから温かい拍手やご感想を頂いております。ありがとうございます。そして今日もこうやってパチパチとキーボードをタイプすることができます。・・・最近買ったキーボードカバー、なんだか使いにくいんですけどやっぱり汎用タイプの一枚ものだからですかね。

さてさて、先週水曜日に、今年最後となる「月いちフォーラム」が開催されました。ちょうどこの日は「全国エコツーリズム大会in小笠原」とも重なっていました。
今月のスピーカーは、昨年の環境省主催「第3回エコツーリズム大賞」で大賞に輝いた、北海道の霧多布湿原トラストの阪野(ばんの)さんです。阪野さん、実は今までの「月いちフォーラム」のゲストの中で最年少でした。ついに80年代の波がここにも・・・。

PC100016.jpg
が、会場も負けていません。小学生のお客さんから、エコツアーガイドに興味のある学生さん、それに東京在住の霧多布湿原ファンの方など、多くの方に参加していただきました。

まずは、阪野さんの紹介、そして霧多布湿原の紹介からです。会場では冬景色の写真などが上映され、阪野さんが「この中に、ある動物がいます。どこに、なにがいるでしょう?」と質問をなげかけ、分かった方が手を挙げていきました。シマリスや、冬毛になったウサギ・・・北海道の冬の景色を楽しむことができました。
PC100029.jpg
さて、霧多布湿原のある浜中町には、世界最小の哺乳類のひとつである「トウキョウトガリネズミ」(上の画像の中のネズミ)がいます。北海道なのになぜ東京。疑問に思った方はぜひ霧多布湿原センターか、東京・日野市の多摩動物公園へ。説明書きとともにそのネズミくんが飼育されています。

頭胴長約50mm、尾長約30mm、体重約1.5~2gである。(wikipediaより)

↑形態はこんな感じ。素手で触ったら死んでしまうのだそうです。浜辺に植木鉢を埋めて捕獲するのだとか。素手では死んでしまうのに、植木鉢はOKなのはなぜ。

阪野さんは、生息している動物の説明の他に、湿原の歴史や役割、そして一番重要な「湿原を守っていくこと」についてのお話がありました。
湿原を守る、ひとことで言うととても簡単ですが、そこに関わるものごとはとても多く、地元の人、外からやってくる人、この活動を支えている考え・・・などを、堅苦しくなく話していただきました。
「人と自然のいい関係に気付くことは、その自然を好きになることがきっかけにもなる」
「浜中町は少子高齢化が起こっているけれど、それを解決するひとつのツールがエコツーリズムではないかと思う」
「外部からのお客さんを受け入れた漁師さんが、「役に立てて嬉しい。こんなことで喜んでくれるなんて」と感激していた」
いろいろなお話の中で、阪野さんが「壊すの反対、ではなく、残すの賛成、のひとを増やしたい」と話していました。これは、この活動の原点にも近い考え方なのではないでしょうか。
最後にエコツアーガイドの心得として、「ガイドは芸人であれ。コメディアンではなく芸人。笑わせるだけでは駄目なんだと思うのです」と締めくくられました。
エコツアーの効果として、「地域の人と、旅行者の間での『価値観の交換』がある」と話していた阪野さん。北海道の霧多布の地でガイドとして活動している阪野さんに、みなさんも会いに行かれてみてはいかがでしょうか。

PC100041.jpg
漁師さんの網について説明する阪野さん。

PC100007.jpg
恒例の「触れる展示」。何かが来た、何かが・・・・。とぐろを巻いている何かがきましたよ。これは一体なんでしょう?

PC100043.jpg
答えは、「くるくる丸まっていた昆布」。長さ10mもの昆布でした。湿原の恵みたっぷりで、いい出汁がとれるそうです。会場内でほどくと上の写真のようになりました。

【会場で出た質問】
・湿原は歩くとどのくらいの時間がかかるのですか?
⇒2kmくらいの距離を、3時間かけて歩きます。冬になると凍るので、また時間が変わります。
・トウキョウトガリネズミはどこに住んでいるのですか?
⇒海岸線に多く住んでいます。夜行性なんですよ。
・酪農家へのホームステイがあるそうですが、どうやって申込をしたらよいですか?
⇒霧多布湿原トラストに連絡をくれれば大丈夫ですよ。
・阪野さんが自身を持っておすすめするエコツアーはなんですか?
⇒「おいしいエコツアー」です。具体的には漁師さんといっしょにいくものです。秋刀魚とか、いろいろなお魚が味わえます。
・阪野さんは、どういう経緯で霧多布湿原で働くようになったのですか?
⇒友人のすすめで。はじめて行った翌日の、霧多布湿原の朝の景色がとても素晴しかったです。今では霧多布が大好きです。
・一緒に活動しているひとは何人くらいですか?
⇒トラストには8人います。


さて、次回、来年最初の「月いちフォーラム」は2009年1月14日(水)に開催します。
『北海道からのたより -アイヌ文化に触れる-』と題し、弓野恵子さん((財)アイヌ文化振興・研究推進機構アドバイザー) にお越しいただきます。
 
12月から2ヶ月続けて北海道関係のフォーラムを開催します。アイヌ文化アドバイザーの弓野さんをお招きし、北海道の大地に根付いてきたアイヌの文化を、伝統楽器や口承文芸「カムイユカラ」を通して体感します。
詳しくは⇒こちらへ
お申込は、モンベルクラブ渋谷店へ。 tel:03-5784-4005
【参加費】1,000円(資料、飲み物代込み)
※日本エコツーリズム協会会員特典有
★当日申し込み・参加も可能です。お気軽にお越しください!




↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手していただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。