≪06  2017-07/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国エコツーリズム大会inびわ湖高島 【レポ2日目】
全国エコツーリズム大会inびわ湖高島 2日目のレポートです。

私にとってのメインの日です。
なぜなら、各地域で開催されるエコツアーに参加できる日なんですよ。私は今回、福井よりの地域、「朽木(くつき)」というところで行なわれる山のツアーに参加しました。

参加コース: Cコース 奥山に生きる「猟師の味」
いったんホテルに集合し、そこから各コースに分かれます。とてもいいお天気で、琵琶湖がきらきら輝いていました。
P2060072.jpg

バスの中には、参加者15名程度が乗り、スタッフの方が今日のコースの説明をします。
自分でつくった「かんじき」で雪原を歩き、あとは猟師の方の話を聞きながら鹿肉を食べます。しかにく。NIKU!! そして温泉!!
私がこのコースを選んだ理由はまさに鹿肉と温泉でしたからね。狩猟免許をかつて持っていたのですが、実際に猟をしたことがない私。猟師さん!! ということで、今日のコースを楽しみたいと思います。
P2060071.jpg
高島森林体験学校の坂井田さん。今日のコースで話をしてくれる方の紹介や、コース内容が変更になったことを説明します。
だんだん眠気に誘われる参加者。坂井田さんの「到着までしばらくお休みください」という言葉に眠りこむ方も。

Cコースメンバーが到着したのは森林公園くつきの森「やまね館」。
森の中にたたずむ施設です。まわりは雪景色。寒い・・・。寒すぎて建物の外観を撮るのを忘れました。
寒さに震えながら建物内に入り、入り口にある火鉢に感動しながら荷物を置き、広間に行くと、こんなものが並べられていました。
P2060073.jpg
人数分の袋と木枠。袋の中には紐がくるくるまきになったものが入っています。あとは針金。
今から「かんじき」を作るのですよ。体験プログラムのひとつ。
参加者でかんじきを実際に作ったことがあるひとは皆無の模様。というか、かんじきを実際の生活で使ったことはないよ? 少なくとも私はない。静岡の海側って雪が降らんでね。製茶はしたことがあってもかんじきをはいたことがないのです。
スタッフの方の手を借りて、もくもくと説明をききながら木枠にロープをまきつけていきます。完成形をみてもさっぱり意味がわからない。一体何がどうなっているのか。「これを考えた人、頭良すぎだろう・・」と思いながらもくもくと、ひたすらもくもくと手を動かす。
P2060080.jpg
けれども、実際にかんじきを使ったことがない私は、要所要所でスタッフの方の手をかり、結果的に私のかんじきは1/3くらいを人の手をかりて作りました。楽しかったけどね! 
「かんじきの枝は夏の間に集めるんです。「冬のことは夏に、夏のことは冬に」という言葉があるんですよ」
「かんじきづくりは、かつてはとても大事な仕事でした。」
スタッフの方の話を聞きながら、ようやく片方だけ作り上げました。

いいかげん集中力も切れ掛かった頃、ついにお昼ご飯の時間です。
おいしいごはんに「せんば汁」という、鯖入りのおつゆ。そして漬物と煮物がでました。
P2060085.jpg

午前はここまで。午後の雪原歩きはまた後日。



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手をおねがいします。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。