≪05  2017-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【オーストラリア】ウルルへの登山について
先日、オーストラリアにあるウルル(エアーズロック)への登山規制のニュースが発表されました。今すぐに規制ということではなく、今後時間をおいての規制となるそうです。
その件について、エコツーリズム・オーストラリア協会からニュースリリースが届きました。
日本でもニュースとして取り上げられています。

「エアーズロック」入山禁止も=先住民の意向、政府が計画策定-豪

エコツーリズム・オーストラリア協会から届いたニュースリリースの本文

Media Release
9th July 2009

Ecotourism Australia supports Traditional Owners on Uluru Climb Ban

Closing Uluru to climbers is well overdue, says Ecotourism Australia. Traditional Owners have been asking visitors not to climb the site for some time and it’s a positive step for the Uluru - Kata Tjuta Board of Management to take the initiative in drafting a 10 year management plan recommending its closure.

Environmental issues such as erosion, human waste and rubbish have been long-standing problems associated with people climbing Uluru.

Safety is another factor that needs to be considered with around 35 fatalities recorded from the climb. Parts of Uluru are steep and slippery and can be quite dangerous for inexperienced climbers. Rescuers are often subject to personal danger when aiding those that have been injured on the climb.

The draft management plan states that just over one-third of all visitors chose to do the climb and a high percentage of these were children. The survey also states that 98 percent of travellers would not be deterred from visiting the area if they were not allowed to climb Uluru.

Phil Taylor from Wayoutback Desert Safaris commented that this has been a question they have asked guests for some time. Approximately 80,000 visitors were surveyed by Wayoutback Desert Safaris and less than 5 percent said they didn’t climb the rock. Most confirmed that the reason for not climbing Uluru was for cultural reasons. Phil said that the guests were generally well-educated about the significance of the location and had usually made this decision prior to arriving in Australia.

"Such a change will have to be marketed well to ensure travellers are aware of the reasons behind the closure and implemented with sufficient lead time for tourism businesses to change itineraries and any collateral affected," said Kristie Gray, Acting CEO of Ecotourism Australia. Broadening other experiences and creating alternative activities will be a key factor in ensuring a balance between the viability of tourism businesses and respect to Nguraritja, the Senior Traditional Owners.

Through education and relevant media representation, it’s likely that the impact of such a closure would be minimal.

The closing date for comment on Parks Australia’s Draft Management Plan closes on the 4th of September 2009. Comments can be sent to Uluru.Plan@environment.gov.au

Ecotourism Australia is the peak national body for the ecotourism and cultural tourism industry in Australia. It aims to grow and promote sustainable tourism and to assist tourism operators to become environmentally sustainable, economically viable and socially and culturally responsible.

It is a non-profit organisation with membership that includes tour operators, ecotourism accommodation, tourism planners, protected area managers, academics and students, regional tourism associations and travellers.

Ecotourism Australia administers the Respecting Our Culture, ECO, Climate Action and EcoGuide Certification Programs. It provides objective monitoring and auditing of organisations’ certified businesses and provides travel agents and tourists with an assurance of best practice ecological sustainability, natural area management and quality cultural experiences.

-ENDS-

More information: Kristie Gray +61 7 3252 1530

Ecotourism Australia
www.ecotourism.org.au
PO Box 881, Fortitude Valley, Qld, 4006, Australia
Kristie@ecotourism.org.au








↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

ウルルの魅力は、外周です
先週4日間ウルルリゾートにいました。観光を教えていますので、登ることは考えていませんでした。外周を妻と2人で周りました。ほぼ5時間かかりました。出会った人は、オーストリアの2人ずれと、オーストラリアの4人です。アクセスバスも32人中我々2のみが登りませんでした。アボリジニの遺跡が点在し、泉や水場が存在し、大変楽しみました。在住の方からも、賢明な判断と褒められました。ツアーでは、登ることの方が短時間ですので、されているかと思いますが、魅力は外周です。カタジュタもウォーキングツアーに参加しましたが、日本人は、われわれ2人でした。ウルルは登らず登山は、カタジュタに行くようなエコツーリズムの発展を望みます。
Re: ウルルの魅力は、外周です
中鉢様

コメントをありがとうございます。
ウルルはアボリジニの方々の聖地ということもあり、オーストラリアのエコツーリズム協会も改めてのコメントを出した模様です。(この記事自体は2009年のものですので、若干古くはなっております)
外周が魅力とのこと、上まで登らなくとも、豊かな気持ちになれる旅を味わえるのですね。
またご意見お聞かせください。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。