FC2ブログ
≪08  2019-09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10≫
エコツーカフェ 『パプアニューギニア』レポート
エコツーカフェ『パプアニューギニア』 満員御礼!!

27日(木)に行われたエコツーカフェ。予約だけで席が埋まってしまい、参加できなかった方もいらっしゃるのですが、ぜひ次回ははやめにご予約の上、お越しください!!

bn080327.jpg

この間の日曜日に、テレビ番組でニューギニア島がとりあげられたことや、国際サンゴ礁年だということもあり、多くのお客様が足を運んでくださいました。
まず最初に、パプアニューギニア政府観光局の山田氏から、パプアニューギニアの基本情報を教えていただきました。日本からの渡航者は年間3,000人、そのうち観光客が2,300人だそうです。多くの島で成り立ち、かつ海に恵まれたパプアニューギニアでは、一年中ダイビングが楽しめるといいます。
おすすめアトラクションとしては、フィッシング、サーフィン、トレッキング。
「ココダ・トレイル」という、日本軍が作った道があるのですが、ここは相当タフでないと踏破できないといいます。ただ、オーストラリア人には人気があるそうです。ここの道でガイドに求められることは「ケガをさせないでルートを終えること」だそうです。

そしてパプアニューギニアには700種類以上の鳥が生息し、ゴクラクチョウの仲間は36種類いるそうで、オーストラリアから渡ってくるカワセミも20種類以上いるそうです。カワセミを観に、熱心なバードウォッチャーが訪れるそうです。

山田氏の話の後は、実際にパプアニューギニアでツアーを行っているPNGジャパンの山辺氏から、お祭りの話や、エコツアーを催行するに当たっての課題などを話していただきました。会場からは「エコツアーが成功する要素はなにか」という鋭い質問も飛びました。残念ながら時間があまりなく、最後は駆け足になってしまったのですが、山辺さんからの「あなたのエコツアーを見つけてください」という言葉が印象的でした。

次回のエコツーカフェは「イギリス・湖水地方」を取り上げます。
 昨年公開された映画「ミス・ポター」。ご覧になった方もいるのではないでしょうか。あの世界一有名なウサギ、ピーターラビットのふるさと・湖水地方。ここは「ナショナル・トラスト」という環境保護活動にも関わりが深い場所です。 現地で活躍している方をお招きし、お話を伺います。

【日時】 4月24日(木) 18:30-20:00 (18:00開場)
【ゲスト】竹中 正道氏(ツーリズムマーケティングコンサルタンツ)
    カースティ 祖父江氏
   (英国湖水地方ジャパンフォーラム 文化コーディネーター)
【参加費】1000円(軽食・飲み物付)
【会場】Asante Sana 目黒店 (東京都目黒区三田2-7-10-102 )
JR恵比寿駅から徒歩約10分
【対象】どなたでも         【後援】日本旅行業協会 
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
 お名前・連絡先を明記の上、下記までお申込ください。
  tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 
【詳細】 http://www.ecotourism.gr.jp/eco2cafe.html

※資料・お食事は予約の方が優先になります。
また、予約で満席になってしまうこともありますので、参加をご希望の方は、おはやめにご予約ください!!

スポンサーサイト



テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析