≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【北海道】霧多布湿原長ぐつトレッキング
<第14回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: 霧多布湿原長ぐつトレッキング
事業者名: 霧多布湿原センター
推奨期間: 2009年12月1日~2011年11月30日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg
エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

GET14 霧多布 長ぐつトレッキング

このツアーは湿原を見渡せる小高い丘から小川沿い、そして森の中を抜けるという環境の変化に富んだコースとなっています。「子供の頃に長ぐつを履いて以来で懐かしい」と多くの方がおっしゃいますが、長ぐつはまさにこのツアーに最適の道具です。湿原のズブズブと沈み込む感触を足先まで感じる。湿原の空気を体で感じる。どなたでも楽しめる五感を刺激されるツアーです。地元食材を利用したお菓子付きのティータイムも人気の秘訣です。
ツアー情報のURL: http://www.kiritappu.or.jp/center/ecotour/

GET14 霧多布 長ぐつトレッキング


 普段長ぐつを履く機会が滅多にないので、履いた時からワクワクします。 このツアーは、少人数でガイド動向に限り利用されているコースを歩きます。
 そこは、丘の谷間に広がる湿原の中です。小川の脇を歩き、時々泥に足を取られ、長靴が脱げそうになるのも楽しいです。所々に鹿などの足跡もハッキリ観られ、たまには熊の足跡までも観られます。
 ガイドがたまに現れる蛙を手にして、野生の不思議な様子を見せてくれ、また小さな花を見つけて、名前の由来を楽しく解説してくれます。
 やさしいガイドと共に楽しく散歩が出来る、このツアーを私は推薦します。
(ペンションポーチ代表 瓜田氏)

GET14 霧多布 長ぐつトレッキング

【ツアーについて】 推奨期間:2009年12月1日~2011年11月30日
ツアー名: 霧多布湿原 長ぐつトレッキング
場 所:  北海道 霧多布湿原センター脇の小川沿い
日 程:  半日ツアー (・9:30~12:30  ・13:30~16:30)
催行時期: 4月~10月
参加費(税込):4000円
募集定員: 1~10人
これまでの催行実績: 1998年から毎年実施

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名: 霧多布湿原センター
代表者名: 河原淳
連絡担当者:阪野真人
住 所: 〒088-1360 北海道厚岸郡浜中町4番沢20番地
電 話: 0153-65-2779
ファックス:0153-65-2774
e-mail: center@kiritappu.or.jp
ホームページ: http://www.kiritappu.or.jp/center
加入保険: ニッセイ同和損害保険(傷害保険・賠償責任保険)
チェックリスト: チェックリスト



↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。