≪09  2017-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【石川県】ウミホタルナイトスノーケリング★グッドエコツアー★
<第22回グッドエコツアーにて推奨されたツアーです>
ツアー名: ウミホタルナイトスノーケリング
事業者名: 能登島イルカ・海洋研究所
推奨期間: 2012年8月1日~2014年7月31日

■グッドエコツアー(GET)とは
GET_s.jpg

エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」とは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアーを、日本エコツーリズム協会が“おすすめエコツアー”として推奨する仕組みです。推奨されるツアーには、ロゴがついています。
詳細はこちら⇒グッドエコツアーについて

フィールドとなるそわじ浦は遠浅で砂泥底の海で、昼間は砂泥の中に潜っていて見ることのできない多くの生物が、暗くなると活発に活動を始めます。スノーケリングでこれら夜行性生物を観察します。特にウミホタルが無数に生息しているのがここの海の特徴で、その光やヤコウチュウの光に包まれながらの遊泳はとても幻想的です。また、周囲に民家の光が無いため晴れればおどろく程の星空を観察することができます。

ツアー情報のURL: http://homepage3.nifty.com/notojima-dolphin/program/niget/niget.html

GET15 のとじま PACI


★推薦者の声1★ 
 フィールドとなっているそわじ浦は透明度が高く、藻場をはじめ様々な生き物が生息する多様な環境を作り出しています。近年は野生のイルカのスポットとしても有名です。このそわじ浦のもう一つの醍醐味は夜の海中の美しさを演出するウミホタルのイルミネーションです。そわじ浦にはウミホタルが多く生息しています。ウミホタルは波の静かな外洋に面した内湾の砂泥底に棲む甲殻類の一種で、海岸の埋め立てや護岸などの工事がすすんでいる現在では、ウミホタルの生息地が激減しています。このような現状にも関わらず、そわじ浦は自然環境が保全され、たくさんのウミホタルが生息する素晴しい海で、国内でも絶好のナイトスケーリングのスポットであると確信いたします。
 ウミホタルの発光物質はルシフェリンという物質です。ノーべル科学省を受賞した下村脩先生が初めて結晶化に成功した物質としても有名です。ウミホタルより分泌されたルシフェリンの作用で夜の海が輝き、その発光作用を現場の海で実感する喜びは計り知れないものがあります。
 ウミホタルを顕微鏡で観察し、青の光の軌跡を追っていくことも素晴しい体験となることでしょう。
(2010年2月25日 品川氏(学習院女子大学教授))

★推薦者の声2★ 
 撮影がとっても難しくて写真では皆様にお伝えしにくいのが残念です。
 是非、実際のウミホタルの光を能登島でご覧ください。
 刺激を受けると盛んに青色に発光しますが、これは外敵に対する威嚇です。
 仲間に危険を知らせるサインにもなっていると考えられています。
 また、雄は求愛のために発光します。
 ウミホタルは自分で光ってくれます。少しだけ待っててくださいね。
 能登島の海は穏やかできれいです。だからウミホタルが生息しています。
 ウミホタルは「宝の島 能登島」の宝石です。
(2010年2月25日 瀬川氏(のとじまんの宿 能登 島宿せがわ))

GET15 のとじま PACI


【ツアーについて】 推奨期間:2012年8月1日~2014年7月31日
ツアー名:夜の海が光る!ナイト「ウミホタル」スノーケリング
場 所: 能登島イルカ・海洋研究所
催行時期:初夏のみ。※スケジュールにつきましては、海の状況でできない場合がありますので、能登島イルカ・海洋研究所までお問い合わせください。
参加費(税込):6,000円
募集定員:10名
これまでの催行実績: 年間約120名、2012年度は200名以上の計画

スケジュール:
19:00集合、ブリーフィング、
20:00~20:30ナイトスノーケリング
21:00解散
対象:中学生以上
お申し込み:実施日の3日前までFax/Mailにて
魅力:ウミホタルの青い光、エビ・カニ等の観察、ライトを片手に神秘な海を探検、海の中で仰向けになれば満天の星空も魅惑的。  

【お申込み・お問い合わせ先】(グッドエコツアーをみて、とお伝えください)
事業者名:能登島イルカ・海洋研究所
代表者名:菅原 茂
連絡担当者:元木 雅
住 所: 〒〒926-0211 石川県七尾市能登島そわじ浦
電 話:0767-84-0395
ファックス:0767-84-0395
e-mail: notojimado@ecoquest.co.jp
ホームページ: http://homepage3.nifty.com/notojima-dolphin/
加入保険: 傷害保険・賠償責任保険
チェックリスト: ツアーのチェックリスト




GET15 のとじま PACI





↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。