≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【イベント】エコツーカフェ『"はやぶさ"の旅、星空への旅』を開催しました
2011年2月24日(木)18:30~20:00(開場18:00) 
 『"はやぶさ"の旅、星空への旅』
ゲストスピーカ: 
大川拓也さん(東京工業大学研究員、"interblue"コラボレイター)
澤井俊哉さん("interblue"コアスタッフ、WIND RELATION主宰)


エコツーカフェ初となる、「国や地域以外」をテーマにしたカフェを開催しました!
お話してくださったのは、元国立天文台の大川さん。2010年6月にオーストラリアに小惑星探査機「はやぶさ」が帰還し、カプセルを放出したその現場にいらっしゃった方です。

「地球の歴史を調べるのは、地球を調べるだけでは足りない」ということもあり、「はやぶさ」は、水や大気がなく、「元の状態」が保存されているだろうイトカワに旅立ったそう。

そんな「はやぶさ」の帰還は、「人工流星」現象の観測にもってこいだったそうです。
理由は、
・構造、素材、質量などが既知である。
・決められた軌道で地球に突入してくる。
この2点。
なおかつ、突入するのが「真夜中、新月、(オーストラリアの)砂漠」のため、明るさ、色なども含め、観測対象としてとてもよかったのだとか。

↓大川さんが、そのときの様子を、豊富な写真と映像で紹介してくださいました。

【カフェ】20110224はやぶさ

今回のカフェは、あくまで「エコツーカフェ」のため、旅行に関する情報も提供され、そして星空観測の旅の時の「光害」(都市の明かりが明るすぎて、星がなかなか観察できない)の説明もしていただきました。
大川さんと一緒にお話をしてくださった澤井さんは、実は「エコツアーガイド養成講習会」の受講生。実際にもうツアーの催行をしていらっしゃいます。

↓会場には、はやぶさの大きなパネル写真も展示されました。
【カフェ】20110224はやぶさ

はじめてのテーマ設定でしたが、お客様には軒並み楽しんでいただけたようです。
ただ、宇宙に興味があり、「はやぶさ」のことをすでによくご存知の方には物足りなかったかも?
ですがこういったイベントを通し、「宇宙」「環境」「エコツーリズム」のことなどに、興味を持っていただける方が増えていったら、と願っています。

【参加者の方のコメント】
■大変興味深いお話をきくことができ、ひきこまれました。お食事もおいしかったです。ありがとうございました。
(事務局から: お越しいただき、ありがとうございました。AsanteSanaカフェのおにぎりセットのご感想もありがとうございます! ぜひまたお越しください。お待ちしております。)
■(今後期待するゲスト)一般の方も含めた、様々な旅行者の話を伺いたいです。
(事務局から: リクエストをありがとうございます! 素敵な案をありがとうございます。他にも、旅行好きな方々による座談会もいいですね。)


★次回以降は「スカンジナビア(ノルウェー、スウェーデン、デンマーク)」や「香港」を取り上げる予定です!









★『エコツーリズム検定』はこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。