≪05  2017-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兼高かおるさんインタビュー(7月15日)
2011年7月13日から15日まで開催された【兼高かおる・山田桂一郎と行く!! 「がんばろう福島」応援ツアー】 の最終日に、日本エコツーリズム協会初代会長で旅行ジャーナリストの兼高かおるさんのインタビューを収録しました。

今回のツアーを企画したきっかけ、10年ぶりに訪れた裏磐梯の感想、そして今後のエコツーリズムに思うこと、、、、。
旅のプロフェッショナルとして旅行業界を長きにわたってけん引されてきた兼高さんの熱い思いが伝わってきます。
インタビューの後でおっしゃっていた言葉が特に印象的でした。
...”最近は口ばかりで行動が伴わない人が多くなりました。どんなに​つまらないと思うことでも、まずは行動してみることです。そこか​ら何かが始まるはず、、、。”

日本には素敵な場所がたくさんあります。行ってみればきっと大事にしなければならない日本の地域の資源にも気がつくはず、、、。​まず第一歩を踏み出すことがこれからの日本を変えていくきっかけ​になるのかもしれません。さあ、この夏あなたは何から行動をはじめますか?

収録日: 2011年7月15日(金)
場所: 裏磐梯ロイヤルホテル(福島県)
インタビュアー: 小林寛子(プロマークジャパン代表、日本エコツーリズム協会理事)









Video streaming by Ustream

動画がご覧になれない方へ:

インタビュー内容:
小林さん:今回このツアーを企画されたきっかけを簡単にお聞かせ願えますか?

兼高さん:いろいろな方がいろいろな形で、それは物ではなくて心からの援助をしていらっしゃいますけれど、私は何もできないし、言葉で感じたことを言っても充分ではないし、やはり行動だと思うんですね。でも、行動もたいしたことはできないし、しかし、このエコツーリズムの人たちの力を借りれば、何かできるかしら、と思ってこちらに来ることにしました。

小林さん:7月13日から15日の2泊3日のツアーでしたけれども、本当にお天気にも恵まれて、きれいな裏磐梯を私たちも見させていただきました。実はここは、国際エコツーリズム大会を2001年にやって、10年ぶりということですけれども、ご覧になっていかがですか?

兼高さん:10年ひとむかしというけれど、そんなに経ったようにように思わないんですよね。日にちの立つのも早いかもしれないけれど。しかし、美しく保たれていて、その点はよかったなと思っています。

小林さん:今回は、裏磐梯もきれいに見えましたしね。

兼高さん:裏磐梯は非常にきれいに見えました。とってもユニークな姿を見せてくださいました。もう、お山様でございます。

小林さん:日本エコツーリズム協会ができて13年になりますが、本当によちよち歩きから、やっと少し、ハイハイくらいになったくらいだと思うんです。初代会長の兼高さんからご覧になって、これからのエコツーリズムに何かアドバイスやメッセージがあったらお願いいたします。

兼高さん:エコツーリズムという名前が広がったと思います。この広がったということは、有意義で、よく皆様が、「エコツーリズムって何をしているんですんか」と言われます。何をするって、私たちだけじゃなくて、エコツーリズムってグループがいて、エコ、ツーリズムのために、考えて行動しています。それは私たちだけがするのではなくて、エコツーリズムという言葉が広がったってことは、皆様もそういう気持ちになっていてくれるだろうと、それが割合に大きな効果だったと思います。我々のグループだけですと、小さなグループの動きですけれど。その名前で多くの人たちが気づいてくれていて、自分なりのエコツーリズムを考えてくださってくれているということで、効果があったのではないかと思っております。

小林さん:東日本大震災の復興支援という形でこれからもエコツーリズムが一つのツールになればいいなということで、私たちもできる限りのご支援をさせていただけたらと思っているのですけれども、そのあたりはいかがですが?

兼高さん:実際に私たちは、言葉だけではなくて、行動ということが大事ですから、こういう風にいろいろなところに来て、そして、たとえばここに10年前に来ても、10年前に来たときと、今との違いを見て我々の効果がどのくらいあったとか、ちょっと少ないとか、そういうときは、反省もできるし喜びもできるます。でも反省というのはとても大事で、物をみる、見る比較をする。こうやって長く仕事を続けていますと、以前と今と、こういう進化があったけれど、こういうところがダメになったとか、こういうところが足りなかったとか、そういうところがみられますので、それが、このエコツーリズムとしても、グループとしても、やはりこういう風に日本をあちこち歩いてみる必要がある。それはエコツーリズムの人たちばかりではなくて、日本人も多くの場所をみて、日本をこんなに汚くしちゃいけない、この自然を守らなきゃならない、そういう気持ちになると思うんですね、見ると。ですから、そのツーリズムっていう意味、ツーリズムって意味にも広い意味で、人間のためにも、日本のためにも世界のためにも役に立つことだってことを気が付いてくださると、うれしく思います。



【JES東北関東大震災復興支援対策室】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。