≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきました!針江生水の郷
針江生水の郷(はりえしょうずのさと)
「川端(かばた)と街並コース」(所要時間1時間30分、参加費1000円)

滋賀県琵琶湖のほとりに位置する高島市の針江集落には、川端(かばた)と呼ばれる琵琶湖へ流れる水を利用した暮らしの風景があります。この集落の暮らしをガイドさんの案内のもと歩くツアーに参加してきました!

12月24日(土)、朝10時半に針江公民館の横にある針江生水の郷委員会の受付事務所に集合。この日は、前夜ふった雪が足元に残る中、ガイドさん含め総勢4名でツアーがスタートしました。まずは、公民館の前を流れる針江大川で、初夏にはバイカモの花が咲き、夏には子ども達が筏くだりをする様子をご紹介いただき、集落の間を流れる川のきれいさに初っ端から感嘆しました。

針江公民館前

針江大川

一軒目のかばた。かばたはだいたい、敷地の入口のすぐ脇にあり、母屋とは独立して小屋が作られています。かばたとは、地中に埋め込んだパイプを通って湧き出る地下水を写真のように溜めて利用する形を言います。飲料水としても使える元池(もといけ)、野菜などを洗う壺池(つぼいけ)、道沿いの水路と合流する端池(はたいけ)と、地下水が三段式に流れ落ちるように作られています。端池には鯉が飼われており、ご飯を炊いた後の鍋・釜などをつけておくと鯉がきれいに食べてくれるという仕組みです。端池の水は、集落中に巡らされている水路に流れ込み、針江大川から琵琶湖へと流れていきます。

かばた一軒目

サイン

かばた一軒目2

集落を流れる水路
水路

敷地の入口の脇にあるかばたの小屋
かばた一軒目3

こちらのかばたには漬物の樽や漬物石、収穫したばかりの大根が置かれていました。ここで漬けた漬物はおいしそうですね!
かばた二件目

こちらは母屋が取り壊され、駐車場になってしまった所に残されているかばたです。主人がいなくなってしまったかばたは、今は誰も利用する人がなく寂しそうでした。
駐車場のかばた

これは、200年くらい前に初めて作られたかばただということです。当時は竹筒を使って地下水をあげていたらしいのですが、今は竹は朽ちてなくなり、ふつふつと底から湧いているのが見えました。
最初のかばた1

最初のかばた2

最初のかばた3

こちらは琵琶湖の漁師さんのお宅。お店で買うよりも安く、佃煮や鮒ずしを購入することができます。池には見たこともない程の巨大な鯉が!
漁師の店

こちらは上原豆腐店、創業100年の老舗です。帰りが夜行バスでなければ買ったのに。。。
豆腐屋

豆腐屋2

こちらは通りに面しており、旅人が自由に飲んだりできるようになっています。鮒ずしにするニゴロブナの紹介もあり、こういった旅人を歓迎してくれる気持ちがうれしいですね!
かばた三軒目


かばた三軒目2


そして、再び公民館に到着。公民館横の公園では水車をまわして発電している電灯が1基あり、ゆらゆらと蝋燭のような明かりを灯していました。
水車


かばたはいずれも各家庭の敷地内にあり、ツアーで見学の了解をいただいたご家庭のみを案内しているとのことでした。かばたはNHKで全国に紹介されて以来、訪れる人が増えたため針江生水の郷委員会を立ち上げ、地元の方がガイドを担い、ツアーを行っています。今日の参加者は3名でしたが、夏には大型バスで訪れることもあるとのこと。
案内料金(環境協力費)は地域の環境整備・保全や水に恵まれない世界の子ども達への寄付等に使われています。



【JES東北関東大震災復興支援対策室】

http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students
★『エコツーリズム検定』
http://www.ecotourism.gr.jp/kentei/

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/

↓ポチッと押していただければ励みになります。
    

人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。