≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★エコツーカフェ『エチオピア -世界自然遺産・シミエン国立公園-』 開催しました
2012年9月27日(木) 18:30~20:00(開場18:00)
『エチオピア -世界自然遺産・シミエン国立公園-』
菅野正洋さん(公益財団法人日本交通公社 観光調査部)


今回は、アフリカのエチオピアにある世界自然遺産シミエン国立公園での国際協力プロジェクト"SIMCOT(Simien Community Tourism Project)"についてご紹介していただきました。

シミエン国立公園は、その壮大な地形景観と希少な野生生物の価値が認められ、1978年に世界自然遺産に登録されました。
ですが現在、公園内や周辺に居住する住民の農地・放牧地の拡大によって、公園の自然環境と野生動物の生息域が脅威にさらされているとして、「危機遺産リスト」に掲載されています。

今回ご紹介したプロジェクトでは、従来の農業や畜産業などにかわる、代替生業としてのコミュニティ・ベースド・ツーリズムの開発を支援しており、「公園内の自然環境の回復」と「地域住民の暮らしを向上させる持続可能なコミュニティ・ベースド・ツーリズム」の実現を目標として日々活動しています。
2011年11月から3年間の計画ではじまっているプロジェクトですが、受入れ機関への技術移転を目的とする国際協力の現場は、なかなかスムーズには進みません。

村人の方々への説明会も、電話も何もないため、「伝令」をたてて開催日などを告知していったそうです。そして現地の方を必ず間にはさんでいったとのこと。
そしてエチオピアの人々は銀行を信じておらず、現金の余剰金があったら羊を買うので、あらためて観光事業のためのファンドの設立を考えていくなどしているそうです。

エチオピアは軍事政権だった時代もあり、国立公園の自然もかなり森が伐採されてしまっている経緯があるそう。更なる森林減少をとめるため、既存の産業(牧畜など)かわる観光事業開発に取り組んでいく現場のお話をしていただきました。

20120927エコツーカフェ エチオピア






【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウントhttp://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

スポンサーサイト

テーマ : エコツーリズム
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。