≪03  2017-04/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第32回JESフォーラム『ヒグマと生きる未来を考える』 開催しました
=開催報告=

■第32回JESフォーラム『ヒグマと生きる未来を考える』
日時: 2015年12月9日(水)18:30-20:00(開場18:00)
ゲストスピーカー:岡本征史さん(公益財団法人 知床財団 企画調整参事)


フォーラム知床20151209

世界自然遺産に登録されている北海道の知床。
「なぜ知床が世界遺産に登録されたのか?」といった基本のお話から、流氷の下に生息する植物プランクトンから陸上のヒグマまで繋がる生態系のお話をしていただき、後半では知床財団の活動の紹介を交えつつ、人の生活圏に出てきてしまうヒグマとそれとどう対峙していくのかをご紹介いただきました。
途中、川べりに現れたヒグマとそれを撮影する人々、そして注意喚起をする知床財団の人々の様子などをまとめた6分程度の映像を流しながら、野生動物と人々とのかかわりをご紹介いただきました。
会場には、「ヒグマトランクキット」を用意。
ヒグマの毛皮や、ヒグマ対策グッズを展示しました。

壁には知床にくらす動物達の足跡をまとめた布を掲示。
色々な動物が暮らす知床の景色を垣間見ることができました。

フォーラム知床20151209


知床財団の皆様、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
★知床財団の活動に興味がある方はサイトもご覧ください。
http://www.shiretoko.or.jp/




【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
★日本エコツーリズム協会ではラジオ番組などで季節のおすすめエコツアーをご紹介しています。

2015年11月27日にラジオ TOKYO FM「よんぱち」内、「エコラム」のコーナーで紹介した【冬のおすすめエコツアー】はこの2つです。気になるエコツアーがあればぜひ参加してみてくださいね。

■新潟県湯沢町で「スノーシューツアー」
湯沢町の大自然のスノーシューコースを森林ガイドがご案内します。
平坦なコース、少しアップダウンの有るコースとバラエティに富んでいますが、雪との触れ合い、雪との戯れを楽しむ初めての方、初心者向けのツアーです。 
深雪の上をスノーシューをはいて、ざくざく歩いてみませんか?
ニホンカモシカやニホンザルと出会えるかもしれません。
湯沢町は温泉の町なので、ツアーの後は温泉につかってのんびりゆったり過ごせます。
エコツアー事業者: 湯沢里山クラブ
料金: 人数によってかわります。3名での参加だとだとおひとりさま3,000円。
スノーシューレンタルやブーツのレンタルもあります。(レンタル料別途)
※小学生以上から参加できます。
ツアー開催日は12月中旬から下記ページで公開されます。
詳細: http://www5.plala.or.jp/sikiyuzawa/newpage1.html


■樹木医と歩く鎌倉「みちくさ部」
北鎌倉の古民家を再生した「たからの庭」に集合。
※次回は2015年12月20日に開催します。
「清右衛門のみちくさ学」
たからの庭の広い敷地を巡りながら、雑草や木々についてのあれこれを楽しく学べる「みちくさ部」。案内してくれるのは「みちくさ部長」こと、植物雑学ハカセ・清右衛門さん。部活動のような気軽さでご参加ください!
★13:30-15:30頃
【料金】2,000円(プチお菓子&お茶付)
【持ち物】筆記具など
【ご注意】迷いやすいので、地図をプリントしてお持ちになると安心です。駐車場はありません。
【申し込み】 『みちくさ部』というタイトルと下記内容をお書きになって>>メール
( takaranoniwa@gmail.com)をお送りください。携帯の方は、@gmail.com からのメールが受け取れるよう設定して下さい。
  1. お名前
  2. 参加希望日
  3. 参加人数
  4. 連絡先メールアドレス
  5. 当日連絡のつく電話番号
  6. お住まいの地域 ※番地は不要です 
◇清右衛門部長から折り返しご連絡いたします。
◇3-4日待っても返信がない場合は、電話かメールでご確認ください。
詳細: 12月のカレンダーを表示→12月20日の「PM みちくさ部」をクリックしてください。
http://takaranoniwa.com/facility/calendar.html



【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。


■第11回エコツーリズム大賞 募集のお知らせ■  
■第11回エコツーリズム大賞 募集のお知らせ■  締切:2015年11月27日(金) ※延長しました

2004年から続く「エコツーリズム大賞」、今年も募集が始まりました!

環境省と日本エコツーリズム協会による「エコツーリズム大賞」、今年で第11回目を迎えます。
この表彰制度は、日本各地でエコツーリズムに取り組む事業者や団体などを対象としています。
前回は岩手県で森と人との繋がりをエコツアーとして醸成した「小岩井農牧株式会社」が大賞を受賞。
過去には、湧き水を巡りつつ伝統的な暮らしを楽しむエコツアーを行っている滋賀県の「針江生水の郷委員会」や、山を巡る古道をトレッキングコースとして再整備している長野県の「信越トレイルクラブ」なども大賞を受賞しています。
また地域の環境保全活動や地域振興活動に携わっている団体も受賞をしています。
第11回目を迎える今回より、「個人部門」と「団体部門」を新たに設立。
各地でエコツアーを行っている個人事業主の方々にもご応募しやすく仕組みを整えました。
受賞者には環境大臣賞と副賞が授与され、活動を紹介する機会が広がると期待されます。
各地でエコツアーを行っている、自然に親しむ活動をしているなどの皆様からのご応募、お待ちしています!

【趣旨】
エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組を表彰し、広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び、情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的としています。

【応募対象】
エコツーリズムに継続的に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象とします。
(例:エコツアー事業者、宿泊事業者、交通事業者、旅行会社、コンサルタント、協議会、教育機関、学生団体、地方公共団体など)
<事業者等の個人部門>
 1.エコツアー事業者 2.企業 3.NPO法人 4.その他
<協議会等の団体部門>
 1.協議会 2.地域団体 3.学校 4.自治体 5.その他

【応募資格】
(1)経験年数、法人格の有無、種類は問いません。
(2)自薦、他薦の別を問いません。(※但し、エコツーリズム継続賞は他薦のみ)
(3)過去の優秀賞・特別賞受賞者も応募可能です。

【審査方法】
次に定める審査基準により、別に設ける「エコツーリズム大賞審査委員会」が、以下の賞について審査を行います。
『エコツーリズム大賞』(環境大臣賞)。。。総合的に優れた取組に対して1件。
『エコツーリズム優秀賞』(環境大臣賞)。。。エコツーリズム大賞に準じて総合的に優れている若しくはリーディング的な取組に対して数件。
『エコツーリズム特別賞』(環境大臣賞)。。。特定分野での革新的・先進的な奨励すべき取組に対して数件。  
『エコツーリズム特別継続賞』(環境大臣賞)新規。。。エコツーリズム大賞を受賞後5年以上継続して意欲的に活動をしている取組であって、受賞時から更に質的向上が認められる取組に対して数件。※他薦のみ

【審査基準】
エコツーリズムに関わる取組の実績を有し、その推進に貢献している事業者、団体、自治体などに対し、次の観点から審査を行います。
(1)地域の体験又は情報が良質に提供されているか。
(2)地域資源の保全と持続的利用に向けた取組がなされているか。
(3)地域の振興や活性化に貢献しているか。

【審査結果の公表および表彰】
審査結果は、環境省及びNPO法人日本エコツーリズム協会のホームページ上で公表します。
表彰状及び、大賞、優秀賞、特別賞受賞者には副賞(大賞10万円、優秀賞5万円、特別賞3万円 相当の商品券)を授与します。
(副賞については、NPO法人日本エコツーリズム協会から授与)
※大賞受賞者には個別取材を実施し、HPにて特集ページを作成します。

【応募方法】
リンク先からより応募用紙をダウンロード、所定の箇所にご記入他をいただきご応募ください。
http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/award/


取組分野のうち、A~Cは必ず記入し応募してください(Dはあてはまる場合のみ記入)。
エコツーリズムの取組分野 (評価の対象となる取組) 
A.ガイダンス(解説)の手法 必須
■地域の体験又は情報が良質に提供されているか
・エンターティメント(楽しさ)やホスピタリティ(おもてなし)の工夫
・地域の自然や文化歴史を正しく理解し、利用者に分かりやすく提供
・エコツアーにおける安全管理手法の確立
など
B.環境保全の取組 必須
■地域資源の保全と持続的利用に向けた取組がなされているか
・農林水産業等の地場産業体験や地産地消などの取組と連携したエコツアーの実践
・地域への収益還元や地元雇用など地域振興に結びつける仕組みづくり
・地域が主体となる仕組みづくりや、地域の自信や誇りづくり
など
C.地域活性化の取組 必須
■地域の振興や活性化に貢献しているか
・農林水産業等の地場産業体験や地産地消などの取組と連携したエコツアーの実践
・地域への収益還元や地元雇用など地域振興に結びつける仕組みづくり
・地域が主体となる仕組みづくりや、地域の自信や誇りづくり
など
D.その他の取組
・エコツーリズムの担い手育成 (地域のエコツーリズムの定着・理解促進を先導)
・教育機関等との連携 (子どもグループも対象)
・エコツーリズム発展の為の推進団体の設立・運営 (持続的かつ計画性をもった取組)
・外国人旅行者の受入体制づくり(インバウンド対策)
など
エコツーリズムの趣旨に沿った多様な取組を募集しています。
※ エコツーリズムの取組分野の事例については、「エコツーリズム基本方針」も参考にして下さい。
(参考)環境省HP http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/basic_policy.html

■締切: 平成27年11月27日(金)必着 

■提出先およびお問合せ:
NPO法人日本エコツーリズム協会 エコツーリズム大賞審査委員会事務局
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
TEL:03-5437-3088  FAX:03-5437-3081
e-mail:  ecojapan@alles.or.jp
※応募資料(提出物)は、原則として返却しません。
ご応募、お待ちしています!! 

★前回(第10回)、大賞を受賞した岩手県の「小岩井農牧株式会社」様からのメッセージ★
■受賞したことで、こんな変化が
受賞を機に、数多くのマスコミに取り上げていただき今まで以上にご来場される方が増えています。
とりわけ、これまで一観光地、あるいはレジャー施設としての一面のみでとらえられていた方々にとっては、まさしく本物の農場の姿に感動していただくことができ、従事する職員も大きな励みになっています。
さらに、地元の方々にも「地元の宝」として喜んでいただけたうえ、他にも地元の宝が身近なところにあるのではと「地元の宝さがし」に関心が高まっています。
このように、受賞は単に名誉というだけでなく、地域経済の発展に寄与する可能性をも秘めています。
ぜひ、皆様もエコツーリズム大賞の受賞を目指して、応募してみませんか。


【情報提供のお願い】
エコツーリズム大賞にふさわしい取組をしている事業者、団体、自治体をご存じの方からの情報提供も受け付けています。
今までにないユニークな取組などを、事務局までメールにてお知らせください。
事務局から取組主体先に連絡し、応募依頼をさせていただきます。
情報提供先メールアドレス:エコツーリズム大賞審査委員会事務局 e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【情報提供メール記入内容】
・取組の名称 (ツアー名など)
・取組主体の名称
・取組主体の公式サイトURLなど
・取組主体の連絡先電話番号やメールアドレス
・推薦理由
・情報提供いただいた方のお名前、ご連絡先電話番号
ご連絡、お待ちしております!
■第11回エコツーリズム大賞 募集中■  
■第11回エコツーリズム大賞 募集のお知らせ■  
締切:2015年11月27日(金)

11th_taisho_koiwai_re.jpg


2004年から続く「エコツーリズム大賞」、今年も募集が始まりました!

環境省と日本エコツーリズム協会による「エコツーリズム大賞」、今年で第11回目を迎えます。
この表彰制度は、日本各地でエコツーリズムに取り組む事業者や団体などを対象としています。

前回は岩手県で森と人との繋がりをエコツアーとして醸成した「小岩井農牧株式会社」が大賞を受賞。
過去には、湧き水を巡りつつ伝統的な暮らしを楽しむエコツアーを行っている滋賀県の「針江生水の郷委員会」や、山を巡る古道をトレッキングコースとして再整備している長野県の「信越トレイルクラブ」なども大賞を受賞しています。

また地域の環境保全活動や地域振興活動に携わっている団体も受賞をしています。
第11回目を迎える今回より、「個人部門」と「団体部門」を新たに設立。
各地でエコツアーを行っている個人事業主の方々にもご応募しやすく仕組みを整えました。

受賞者には環境大臣賞と副賞が授与され、活動を紹介する機会が広がると期待されます。
各地でエコツアーを行っている、自然に親しむ活動をしているなどの皆様からのご応募、お待ちしています!

【趣旨】
エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組を表彰し、広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び、情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的としています。

【応募対象】
エコツーリズムに継続的に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象とします。
(例:エコツアー事業者、宿泊事業者、交通事業者、旅行会社、コンサルタント、協議会、教育機関、学生団体、地方公共団体など)

<事業者等の個人部門>
 1.エコツアー事業者 2.企業 3.NPO法人 4.その他
<協議会等の団体部門>
 1.協議会 2.地域団体 3.学校 4.自治体 5.その他

【応募資格】
(1)経験年数、法人格の有無、種類は問いません。
(2)自薦、他薦の別を問いません。(※但し、エコツーリズム継続賞は他薦のみ)
(3)過去の優秀賞・特別賞受賞者も応募可能です。

【審査方法】
次に定める審査基準により、別に設ける「エコツーリズム大賞審査委員会」が、以下の賞について審査を行います。

『エコツーリズム大賞』(環境大臣賞)。。。総合的に優れた取組に対して1件。
『エコツーリズム優秀賞』(環境大臣賞)。。。エコツーリズム大賞に準じて総合的に優れている若しくはリーディング的な取組に対して数件。
『エコツーリズム特別賞』(環境大臣賞)。。。特定分野での革新的・先進的な奨励すべき取組に対して数件。  
『エコツーリズム特別継続賞』(環境大臣賞)新規。。。エコツーリズム大賞を受賞後5年以上継続して意欲的に活動をしている取組であって、受賞時から更に質的向上が認められる取組に対して数件。※他薦のみ

【審査基準】
エコツーリズムに関わる取組の実績を有し、その推進に貢献している事業者、団体、自治体などに対し、次の観点から審査を行います。
(1)地域の体験又は情報が良質に提供されているか。
(2)地域資源の保全と持続的利用に向けた取組がなされているか。
(3)地域の振興や活性化に貢献しているか。

【審査結果の公表および表彰】
審査結果は、環境省及びNPO法人日本エコツーリズム協会のホームページ上で公表します。
表彰状及び、大賞、優秀賞、特別賞受賞者には副賞(大賞10万円、優秀賞5万円、特別賞3万円 相当の商品券)を授与します。
(副賞については、NPO法人日本エコツーリズム協会から授与)
※大賞受賞者には個別取材を実施し、HPにて特集ページを作成します。

【応募方法】
下記より応募用紙をダウンロード、所定の箇所にご記入他をいただきご応募ください。
http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/award/

■提出先およびお問合せ:
NPO法人日本エコツーリズム協会 エコツーリズム大賞審査委員会事務局
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
TEL:03-5437-3088  FAX:03-5437-3081
e-mail:  ecojapan@alles.or.jp

※応募資料(提出物)は、原則として返却しません。

ご応募、お待ちしています!! 

11th_yuushyuu_ekoro_re.jpg
第32回JESフォーラム『ヒグマと生きる未来を考える』開催のお知らせ
日本エコツーリズム協会主催の「JESフォーラム」では、毎回エコツーリズムを軸に、エコツアーガイド、冒険家、野生動物写真家、研究者、旅行作家の方々など様々な方をお招きし講演をいただいています。(「モンベル渋谷店」にて開催)

第32回JESフォーラム
『ヒグマと生きる未来を考える』
日時: 2015年12月9日(水)18:30-20:00(開場18:00)
ゲストスピーカー:岡本征史さん(公益財団法人 知床財団 企画調整参事)

フォーラム 知床


 日本の端っこにある北海道・知床半島には、少なくとも250頭くらいのヒグマ がいるのではないかと推測されています。
ここは世界的に見てもヒグマが高い密度で生息している場所と言えるでしょう。
一方、知床には1万8千人弱の住民が暮らしており、更に年間120万人以上の観光客が訪れます。

  たくさんのヒグマとたくさんの人が狭いエリアで活動すれば、当然出会う機会も増えます。
事実、2009年以降ヒグマの目撃件数は毎年750件を超えています。

  この目撃件数の中には、人の生活圏に入ってきてしまったものも含まれます。
ヒグマが通学路を歩いていたり、港で人に威嚇突進して来たり、民家のベランダに侵入したりと一つ間違えれば人身事故につながりかねない事例もあります。
ヒグマと私たち人間はこの狭いエリアでどのよ うに折り合いをつけて暮らしていけばよいのでしょうか?

 知床のヒグマの生態、さらには野生動物管理の現状と問題点について、この夏実際に起こったことも交えてお話します。


■開催概要■ ※要予約 
【日時】 2015年12月9日(水)18:30-20:00(開場18:00) 
【場所】 モンベルクラブ渋谷店 (東京都渋谷区宇田川町11-5 渋谷・東急ハンズ向かい)
【参加費】  一般1,200円、日本エコツーリズム協会会員/モンベル会員1,000円 (資料、飲み物付)
※モンベル会員の方は、受付にてモンベル会員カードをご提示ください。
(ドリンクの注文:受付にてお知らせください)
【お申込・お問合せ】 
日本エコツーリズム協会までメール、お電話でお申し込み下さい。
・氏名(ふりがな)
・性別
・連絡先
・居住都道府県
・イベントを知ったきっかけ
・知床に行ったことがあるかどうか
・日本エコツーリズム協会会員あるいはモンベル会員かどうか(※必ずお知らせください)
・(もしあれば)当日聞きたいこと
■以上を日本エコツーリズム協会までメールあるいはお電話などでお知らせください。
メールの場合、受付完了した段階で返信をします。返信がない場合はお手数ですが再度お知らせください。
(※複数名でお申込みの場合、参加される方のお名前全員分をお知らせ下さい。(連絡先は代表の方のみで結構です))

■日本エコツーリズム協会■
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【主催】NPO法人日本エコツーリズム協会
【協力】株式会社モンベル


【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
講習会開催のお知らせ 「自然や文化でもてなすエコツーリズム インバウンド現場のための講習会」
講習会のお知らせです。

■伊勢志摩国立公園指定70周年■
★自然や文化でもてなすエコツーリズム インバウンド現場のための講習会★


12190122_825695104216856_1198055579029285966_n.jpg


地域資源を活用した観光を活かし、日本の宝でもある国立公園でのインバウンド受入を積極的に進めていくことはとても有効だと思われます。
今回の講習会は、現場で安心して受け入れるためのノウハウと効果を上げるための学びとなることを期待してしています。
ガイド・体験事業をはじめ、宿泊業者観光事業に関わる方々もぜひご参加ください!

講師:※各講義の後、質疑応答の時間があります。
【講義(1)】伊勢志摩国立公園について(30分)
:志摩自然保護官事務所 雨宮俊氏
伊勢志摩国立公園についての基礎知識を学ぶ。国立公園の歴史、制度など。

【講義(2)】予約時・現地でのオペレーションについて(60分)
:株式会社JTB グローバルマーケティング&トラベル 松林孝治氏
予約の際、実施の際に気を付けること、特に実際のクレームやトラブルを事例に対応方法についてのお話です。世界各地での旅行業展開を行っているJTB GMTでのご経験から、国や文化の違いから準備しておきたい対応を実際の事例に基づいて具体的に学ぶ講義です。また、送客の立場からも、現地との信頼関係の構築と連携体制についてお話いただきます。

【講義(3)】広報におけるリスクマネジメント(60分)
:NPO法人日本エコツーリズム協会 事務局長 辻野 啓一氏
旅行会社のハワイ支社長のご経験から、企業の広報において重要な、事前告知から、事後報告、情報開示におけるリスクマネジメントノウハウを学びます。現地で、ケガをしたり病気を発症したりした場合の対応方法やその備えのための保険についてもお話しいただきます。

【講義(4)】インバウンドマーケットにおけるエコツーリズム(80分) :
ピッキオ 楠部 真也氏
外国人観光客の調査をもとに、国立公園の自然や地域資源を活かした売れる商品づくりやそうした商品の活用のヒントを学ぶ講義

【日時】2015年12月4日(金) 13:00-18:00
【場所】南伊勢町役場南勢庁舎( 重県度会郡南伊勢町五ケ所浦3057)
【参加費】無料
【定員】30名
【対象】伊勢志摩地域で活動するガイド、及び観光事業関係者の他、国立公園・国定公園等で活動するガイドや観光事業関係者の皆さま
【お申込・お問合せ】有限会社オズ(海島遊民くらぶ)
電話:0599-28-0001 FAX:0599-25-1300
メール:kurage@oz-group.jp
下記項目をお知らせ下さい。
氏名(ふりがな)、性別、年齢、ご住所、電話番号、緊急連絡先、ご所属(会社、団体等ご所属がある場合のみ)、担当部署(フロント、接客係、ガイド、インフォメーション等、所属がない場合も活動内容をお知らせください)、懇親会参加希望かどうか
※懇親会:講習会会場周辺にて。会費5,000円、18:30-20:30
【締切】 11月30日
【主催】伊勢志摩国立公園指定70周年事業実行委員会



【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。



第87回エコツーカフェ「アラスカおどろき珍味食べくらべとオーロラの夕べ」開催します!
【エコツーカフェとは】
毎回様々なテーマで「エコツーリズム」を身近に感じていただけるようなイベントとして開催しています。
(※エコツーリズム:自然や文化、歴史的遺産などを守りつつ、それらとの触れ合いをガイドの解説を受けながら楽しみ、地域の経済振興に結び付けようとする旅の考え方。その考えに基づいたツアーはエコツアーと呼ばれています。)

第87回エコツーカフェ ※要予約 
「アラスカおどろき珍味食べくらべとオーロラの夕べ」
【ゲストスピーカー】河内牧栄さん(NATURE IMAGE/ネイチャーイメージ
【日時】2015年10月22日(木)18:30-20:00(開場18:00)


※10月20日追記: 満席となりました。キャンセル待ちを受け付けます。

forum_20151111_03.jpg

昨年に引き続き、アラスカに暮らす、エコツアーガイド兼写真家の河内さんにお話をいただきます。
アラスカ北極圏の先住民の村を旅して食べてきた珍味の数々や、?!感満点の驚笑ワ風日本食などを紹介。
毎年恒例の最新オーロラ映像も上映します。

★アラスカの旬の食材を使ったお料理を出す予定です。夕飯がてら、アラスカの話を楽しんでください!


【日時】2015年10月22日(木)18:30-20:00(開場18:00)
【場 所】  アメリエケイ Amelie et K
東京都目黒区三田2-5-11 吉田ビル2階

■JR 恵比寿駅東口から
動く通路「恵比寿スカイウォーク」で恵比寿ガーデンプレイスへ。写真美術館前の三田橋を通り、目黒三田通りの信号を郵便局側に渡って、左折してすぐ。歯医者隣のビル2階。

■JR目黒駅から
恵比寿に向かって目黒三田通りを徒歩12分

【対 象】  どなたでも(小学生以上のお子様連れも可能。詳しくはお問い合わせください。
【参加費】  一般1,800円、日本エコツーリズム協会会員1,600円(食事、飲み物、資料付)  ※現金のみの対応
【定 員】  20名 (先着順) 
【主 催】  日本エコツーリズム協会
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
・お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)
・所属(差支えない範囲で)
・連絡先
・性別
・居住都道府県
・アラスカに行ったことがあるかどうか
・日本エコツーリズム協会会員かどうか
・このイベントを知ったきっかけ
・当日聞きたい話
tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp

お食事を出す関係上、当日キャンセルはご遠慮いただいております。


【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
★第31回JESフォーラム『アラスカ北極圏でガイドをするということ2015』開催します!
日本エコツーリズム協会主催の「JESフォーラム」では、毎回エコツーリズムを軸に、エコツアーガイド、冒険家、野生動物写真家、研究者、旅行作家の方々など様々な方をお招きし講演をいただいています。(「モンベル渋谷店」にて開催)

第31回JESフォーラム
『アラスカ北極圏でガイドをするということ2015』
日時: 2015年11月11日(水)18:30-20:00(開場18:00)
ゲストスピーカー:河内 牧栄さん(NATURE IMAGE/ネイチャーイメージ


forum_20151111_04.jpg

北米大陸のアラスカでエコツアーガイド兼写真家として活動している河内さん。今年2月にはオーロラの写真集も発売し、アラスカの自然を伝える仕事を続けています。
毎年秋に一時帰国する際には、この「JESフォーラム」でも必ずお話を頂いています。

今年はいつもと違い、ちょっとまじめなお話をお届けします。
それは「アラスカにいる違法ガイド」のこと。
アラスカはシロクマなどが暮らす地。ここでエコツアーガイドとして活動するために、河内さんはしかるべき機関を通し、いくつもの許可を得てお仕事をしています。
ですが悲しいことに、違法ガイドがいるのも事実だそう。
アラスカを旅する方々にはきちんとしたガイドのもと、旅を楽しんでいただきたい。
そんな河内さんが、ご自身の経験をもとに、「アラスカ北極圏でガイドをするということ」をお話します。

ただしそこは軽快な語り口調にファンが多い河内さん、堅い話も分かりやすく話をし、かつ河内さんがであった野生動物たちの写真もご紹介いただきます。もちろん、最新オーロラ映像もご用意していただきます。

「アラスカが好き」「河内さんのツアーに参加したい」という方だけでなく、「エコツアーガイドに興味がある」という方まで、皆さんのご参加、お待ちしています。

forum_20151111_02.jpg
河内 牧栄(かわうち まきえい)
1966年岐阜県生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。
米国。アラスカ州、フェアバンクス在住。
カヤックで旅したブルックス山脈に魅せられて2003年アラスカへ移住。2009年フェアバンクス郊外に土地を手に入れ、森を開墾し母屋を造りながら、ゲスト用オーロラ観察キャビンを自力で完成させる。極北アラスカを専門にガイドする会社「ネイチャーイメージ」を運営。国立北極圏野生生物保護区では日本人ただ一人の公認ホッキョクグマ観察ガイド。2011年から2年3か月に渡り、中日新聞でフォトコラム「アラスカに暮らす」を毎週連載。2013年に始まった椎名誠企画・プロディースによる雑誌「とつげき!シーナワールド」に執筆。2015年2月には初の写真集「SKYSCAPE PHOTOBOOKオーロラ」(誠文堂新光社)が出版された。「石巻若宮丸漂流民の会」会員。椎名誠隊長率いる「わしらは怪しい雑魚釣り隊」では、アラスカ黒髭マキエイとして登場する。2016年4月、アラスカでの暮らしや旅をつづった痛快エッセイ「オーロラの下で高いびき」(誠文堂新光社)を出版予定。

forum_20151111_01.jpg

■開催概要■ ※要予約 
【日時】 2015年11月11日(水)18:30-20:00(開場18:00) 
【場所】 モンベルクラブ渋谷店 (東京都渋谷区宇田川町11-5 渋谷・東急ハンズ向かい)
【参加費】  一般1,200円、日本エコツーリズム協会会員/モンベル会員1,000円 (資料、飲み物付)
※モンベル会員の方は、受付にてモンベル会員カードをご提示ください。
(ドリンクの注文:受付にてお知らせください)
【お申込・お問合せ】 
日本エコツーリズム協会までメール、お電話でお申し込み下さい。
・氏名(ふりがな)
・性別
・連絡先
・居住都道府県
・イベントを知ったきっかけ
・アラスカに行ったことがあるかどうか
・日本エコツーリズム協会会員あるいはモンベル会員かどうか(※必ずお知らせください)
・(もしあれば)当日聞きたいこと
■以上を日本エコツーリズム協会までメールあるいはお電話などでお知らせください。
メールの場合、受付完了した段階で返信をします。返信がない場合はお手数ですが再度お知らせください。
(※複数名でお申込みの場合、参加される方のお名前全員分をお知らせ下さい。(連絡先は代表の方のみで結構です))

■日本エコツーリズム協会■
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【主催】NPO法人日本エコツーリズム協会
【協力】株式会社モンベル


【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

第30回JESフォーラム 『幻のユキヒョウを幻にしない』 開催しました
■開催しました

第30回JESフォーラム『幻のユキヒョウを幻にしない』
日時: 2015年10月14日(水)18:30-20:00(開場18:00)
ゲストスピーカー:秋山知伸さん(野生動物写真家)
木下さとみさん(コピーライター) 


フォーラム ユキヒョウ


秋山さんからは野生のユキヒョウの写真を、木下さんからはモンゴルで行っているユキヒョウ保護事業のお話を頂きました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

【参加者アンケートから抜粋
・秋山君のトークは前回前々回にもまして素晴らしかったです。また、シンポジウムでのお姉さまの講演も大変わかりやすく勉強になりましたが、今回の妹様の講演も楽しく、そしてモンゴルの実体験がとても興味深かったです。ありがとうございました。



【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。
★第32回エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」応募受付開始(締切:10月23日)★
★エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」募集受付開始(第32回)★

GET23小坂

『自然を楽しみたい、エコツアーに参加してみたい。でも、どれが良いツアーなの?』と思ってませんか?
そんな方のために、日本エコツーリズム協会(JES)がステキなエコツアーをおすすめします!
楽しいだけでなく、エコツーリズムの概念に基づいた運営がされているかチェックされたツアーが、一目でわかるシステムが「グッドエコツアー」制度です。

この「グッドエコツアー」へのツアー登録受付は、年3回行っています。本日9月8日より、第32回グッドエコツアー応募受付を開始しました。
【締切:2015年10月23日(金)】


グッドエコツアーに登録されるとロゴが使えるほか、日本エコツーリズム協会が各メディアから取材を受けた際、優先的に「おすすめエコツアー」として紹介をします。
応募の方法等、詳細はリンク先をご覧下さい。

http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/get



【日本エコツーリズム協会facebook】
http://www.facebook.com/jes.ecotourism
【日本エコツーリズム協会facebook -東北ページ-】
http://www.facebook.com/jes.311
★twitter 日本エコツーリズム協会 広報アカウント
http://twitter.com/jes_office_PR
★twitter 日本エコツーリズム協会 学生部会アカウント
http://twitter.com/jes_students

↓日本エコツーリズム協会の本家サイトはこちら
http://www.ecotourism.gr.jp/
↓ポチッと押していただければ励みになります。
 にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

↓気に入っていただけたら拍手してくださいな。

プロフィール

*JES*

Author:*JES*
環境に配慮した新しい旅のかたち、「エコツアー」やその考え方である「エコツーリズム」を幅広く知ってもらうための活動をしている団体・NPO法人日本エコツーリズム協会のブログです。
サイト⇒日本エコツーリズム協会
携帯サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
twitter
jes_office_PRをフォローしましょう
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
翻訳
解析
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。